水谷真由美

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/02 09:54
 
アバター
研究者氏名
水谷真由美
 
ミズタニ マユミ
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/10756729.ja.html
所属
滋賀医科大学
部署
公衆衛生看護学講座
職名
助教
学位
看護学博士(聖路加国際大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2015年
 - 
現在
滋賀医科大学医学部看護学科 助教
 
 
   
 
WHOインドネシア事務所 インターン
 
 
   
 
聖路加国際病院 看護師
 
 
   
 
滋賀県立総合保健専門学校 実習指導員
 
 
   
 
青年海外協力隊 保健師(ウガンダ)
 
 
   
 
滋賀医科大学医学部附属病院 看護師
 

学歴

 
 
 - 
2015年
聖路加国際大学 博士課程 看護学研究科
 
 
 - 
2012年
聖路加看護大学 修士課程 看護学研究科
 
 
   
 
聖路加看護大学 看護学部 
 

受賞

 
2017年
第33回滋賀医科大学シンポジウム 審査員特別賞
 
2015年
滋賀医学国際協力会 海外渡航助成(看護系研究者海外渡航助成)
 
2015年
日本学生支援機構 第一種奨学金における特に優れた業績による返還免除(半額)
 
2014年
公益信託山路ふみ子専門看護教育研究助成基金
 
2012年
小倉一春記念国際看護奨学基金
 

論文

 
Mizutani M, Tashiro J, Maftuhah
Journal of Shiga University of Medical Science   30(2) 17-24   2017年   [査読有り]
Mizutani M, Tashiro J, Maftuhah, Sugiarto H, Yulaikhah L, Carbun R
Nursing & health sciences   18(1) 15-22   2016年3月   [査読有り]
Development of a preventive and promotive health behaviors model for middle-aged people with hypertension in rural West Java, Indonesia
Mizutani M
Dissertation, St. Luke's International University, Japan      2015年3月   [査読有り]
Mizutani M
Journal of St. Luke’s Society for Nursing Research   18(2) 3-13   2015年1月   [査読有り]
水谷真由美
Jurnal Keperawatan Padjadjaran (Padjadjaran Nursing Journal)   2(2) 98-107   2014年   [査読有り]

Misc

 
アジア,アフリカ,ラテンアメリカの看護教育はいま(第2回) インドネシア 相手の価値観をふまえ国際協働ができる看護教育を
水谷 真由美
看護教育   56(5) 446-451   2015年5月

講演・口頭発表等

 
介護予防基本チェックリスト未返送の在宅高齢者の主観的健康感への関連要因
水谷真由美、永田景子、中島美和
第47回 滋賀県公衆衛生学会   2017年2月   
Predictors of salt reduction for middle-aged Muslims with hypertension in rural West Java, Indonesia.
Mizutani M, Tashiro J, Maftuhah, Heri S, Lily Y, & Riyanto
The 4th World Academy of Nursing Science Congress. Hanover, Germany.   2015年10月   
Promoting factors to establish the successful inter-professional partnership model after the Great East Japan Earthquake
Kubota K, Shimpuku Y, Mizutani M, Otsubo Y, & Ochiai K
International Council of Nurses 2015 Conference. Seoul, Korea.   2015年6月   
Collaborative Reformation for Strengthening Community Health Nursing in Indonesia – Preliminary Analysis of the Curriculum.
Tashiro J, Maftuhah, Mizutani M, Yulaikhah L, Sugiarto H, & Ogata A.
The 10th Conference of the Global Network of WHO Collaborating Centres for Nursing and Midwifery. Coimbra, Portugal.   2014年7月   
Multi-Stakeholder’s Approach for Non-Communicable Diseases in Japan. International Council of Nurses 25th Quadrennial Congress. Melbourne, Australia.
Kubota K, Mizutani M, & Kawazoe T.
International Council of Nurses 25th Quadrennial Congress. Melbourne, Australia.   2013年5月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
【代表】ポジティブデビアンスによるインドネシア農村女性の実現可能な健康増進アプローチ開発
日本学術振興会: 科学研究費(若手研究(B))
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 水谷真由美
【分担】外国人の出身国および我が国のECD事情のデータベース作成
日本学術振興会: 科学研究費(基盤研究(B))
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月    代表者: 森山ますみ
【代表】インドネシア都市・農村における女性の生活習慣病予防・健康増進モデル開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金(研究活動スタート支援)
研究期間: 2015年8月 - 2017年3月    代表者: 水谷真由美
【協力】インドネシア農村部での予防・健康増進転換への協働的看護活動モデル開発
日本学術振興会: 科学研究費(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 田代順子

社会貢献活動

 
How to conduct a qualitative research in Indonesia
【講師】  Indramayu College of Health Science, Indonesia  2015年12月
Pengalaman penelitian bersama di Indonesia (Collaborative research experience in Indonesia)
【講師】  Muhammadiyah University of Yogyakarta, Indonesia  2014年12月
Meningkatkan pencegahan penyakit dan promosi kesehatan untuk masyarakat di kabupaten Indramayu (Improving disease prevention and health promotion for community in Indramayu district)
【講師】  Indramayu College of Health Science, Indonesia  2014年12月
Developing a nursing research in community settings
【講師】  Syarif Hidayatullah State Islamic University Jakarta, Indonesia  2013年12月