吉田尚生

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/06 21:40
 
アバター
研究者氏名
吉田尚生
ハンドル
Naoki
URL
https://www.jaea.go.jp/04/anzen/group/fcsrg/index.html
所属
国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
部署
東海研究開発センター 原子力科学研究所
職名
研究員
学位
学士(工学)(独立行政法人 大学評価・学位授与機構), 修士(工学)(東北大学), 博士(工学)(東北大学)

研究分野

 
 

学歴

 
2011年4月
 - 
2014年3月
東北大学 大学院工学研究科バイオ工学専攻 博士課程
 
2009年4月
 - 
2011年3月
東北大学 大学院工学研究科バイオ工学専攻 修士課程
 
2007年4月
 - 
2009年3月
一関工業高等専門学校 専攻科 物質化学工学専攻
 
2002年4月
 - 
2007年3月
一関工業高等専門学校 物質化学工学科 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構 安全研究センター 研究員
 
2013年4月
 - 
2014年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC2)
 
2008年4月
 - 
2009年3月
一関高専・地域共同テクノセンター 研究員
 

競争的資金等の研究課題

 
アマドリ転位反応および無保護糖活性化法を活用する蛋白質への化学酵素的糖鎖導入法
日本学術振興会: 日本学術振興会特別研究員
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 吉田尚生

委員歴

 
2016年5月
 - 
2017年3月
一般社団法人 日本原子力学会 再処理・リサイクル部会  核燃料サイクル施設シビアアクシデント研究ワーキンググループ
 

受賞

 
2014年3月
東北大学大学院工学研究科 研究科長賞
 
2011年7月
優秀ポスター賞 オリゴ糖チオピリジルグリコシドの一段階合成
受賞者: 吉田尚生, 小林厚志, 野口真人, 石原正規, 正田晋一郎
 
平成23年度化学系学協会東北大会
2008年7月
優秀ポスター賞 セルラーゼの有効利用 -高付加価値マテリアル素材の合成と木質バイオマスの糖化-
受賞者: 吉田尚生, 鈴木尊久, 千葉千尋, 蜂谷亮, 二階堂満, 丹野浩一, 竹田匠, 小原実広, 中野友貴, 内宮博文, 戸谷一英
 
第2回フロンティア材料機能工学研究発表会
2007年3月
日本化学会 東北支部長賞
 
高専本科における学業優秀者が受賞する賞

論文

 
日本原子力学会再処理・リサイクル部会 核燃料サイクル施設シビアアクシデント研究 ワーキンググループ
   2017年1月
http://www.aesj.or.jp/~recycle/sawg/sawg.html
Experimental Evaluation of Release and Transport Behavior of Gaseous Ruthenium under Boiling Accident in Reprocessing Plant
Naoki YOSHIDA, Shinsuke TASHIRO, Yuki AMANO, Kazuo YOSHIDA, Yuichi YAMANE, Hitoshi ABE
Proceedings of "International Workshop on Developments in Fuel Cycle Facilities (FCFs) after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station (NPS) Accident"      2016年11月   [査読有り]
Direct Introduction of Detachable Fluorescent Tag into Oligosaccharides
Naoki Yoshida, Tsukasa Fujieda, Atsushi Kobayashi, Masaki Ishihara, Masato Noguchi, Shin-ichiro Shoda
Chemistry Letters   42(9) 1038--1039   2013年   [査読有り]
オリゴ糖還元末端の蛍光ラベル化
吉田尚生, 正田晋一郎
Cellulose Communications   20(1) 20-24   2013年3月
化学-酵素法による難水溶性キトオリゴ糖の選択的合成 (再掲載)
瀬野宗, 小林厚志, 野口真人, 吉田尚生, 正田晋一郎,
平成23年度 ナノテク融合技術支援センターによるイノベーション創出支援事業 成果報告書   40-43   2012年
Naoki Yoshida, Tomonari Tanaka, Masato Noguchi, Atsushi Kobayashi, Kumiko Ishikura, Tatsuya Ikenuma, Hiromu Seno, Takeshi Watanabe, Michinari Kohri, and Shin-ichiro Shoda
Chemistry Letters   41(7) 689-690   2012年   [査読有り]
化学 - 酵素法による難水溶性キトオリゴ糖の選択的合成
瀬野宗, 小林厚志, 野口真人, 吉田尚生, 正田晋一郎
巨大分子解析研究センター年報・2012年度   16-21   2012年   [査読有り]
Naoki Yoshida, Masato Noguchi, Tomonari Tanaka, Takeshi Matsumoto, Naoya Aida, Masaki Ishihara, Atsushi Kobayashi, and Shin-ichiro Shoda
Chemistry - An Asian Journal   6(7) 1876-1885   2011年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Experimental Evaluation of Release and Transport Behavior of Gaseous Ruthenium under Boiling Accident in Reprocessing Plant
Naoki YOSHIDA, Shinsuke TASHIRO, Yuki AMANO, Kazuo YOSHIDA, Yuichi YAMANE, Hitoshi ABE
International Workshop on Developments in Fuel Cycle Facilities (FCFs) after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station (NPS) Accident   2016年11月15日   
核燃料サイクル施設における重大事故影響評価研究の現状と今後の課題(2) 蒸発乾固試験研究
吉田尚生, 真崎智郎, 天野祐希, 吉田一雄, 阿部仁
平成27年度安全研究センター報告会   2015年1月22日   
核燃料サイクル施設における重大事故影響評価研究の現状と今後の展開 (2) 蒸発乾固試験研究
吉田尚生, 真崎智郎, 天野祐希, 吉田一雄, 阿部 仁
平成26年度安全研究センター報告会   2014年12月10日   
アマドリ転位反応を経由する化学-酵素法により生成した人工糖タンパク質の解析
吉田尚生, 酒井 謙介, 小林 厚志, 正田 晋一郎
日本農芸化学会2013年度大会   2013年3月26日   
アマドリ転位反応および化学酵素法による配糖化を用いたN結合型糖タンパク質合成法の開発
吉田尚生
有機合成化学若手研究者の仙台セミナー   2012年12月1日   
Effective Chemo-Enzymatic Synthesis of Glycoprotein through Introduction of Oligosaccharide as a Spacer into Surface of Bare Protein
Naoki Yoshida
CAMPUS ASIA: A Cooperative Asian Education Gateway for a Sustainable Society: Expanding the Frontiers in Science and Technology of Chemistry and Material, Research Discussion for DC2 Students   2012年11月17日   
均一な分子量をもつ糖タンパク質の合成 [招待有り]
吉田尚生, 酒井謙介, 小林厚志, 正田晋一郎
2012高分子学会東北支部研究発表会   2012年11月15日   
アマドリ転位反応を経由するタンパク質への化学酵素的糖鎖導入プロセス
小林厚志, 吉田尚生, 酒井謙介, 相沢健太, 正田晋一郎
日本応用糖質科学会平成24年度大会   2012年9月20日   
水溶液中における無保護糖の直接チオピリジル化
吉田尚生, 石原正規, 野口真人, 小林厚志, 正田晋一郎
第22回 万有仙台シンポジウム   2011年12月19日   
オリゴ糖チオグリコシドの一段階合成法の開発と糖鎖のラベル化
吉田尚生, 小林厚志, 野口真人, 石原正規, 正田晋一郎
第5回 東北糖鎖研究会   2011年12月9日   
脱水縮合剤を利用した無保護オリゴ糖チオグリコシドの一段階合成
吉田尚生, 野口真人, 石原正規, 小林厚志, 正田晋一郎
グローバルCOEプログラムシンポジウム2011   2011年11月18日   
脱水縮合剤を用いるオリゴ糖の直接ラベル化
吉田尚生, 小林厚志, 野口真人, 石原正規, 正田晋一郎
2011 高分子学会東北支部研究発表会   2011年11月17日   
オリゴ糖チオピリジルグリコシドの一段階合成
吉田尚生, 小林厚志, 野口真人, 石原正規, 正田晋一郎
平成23年度化学系学協会東北大会   2011年9月18日   
Direct Dehydrative Pyridylthio -glycosidation of Unprotected Oligosaccharides in Aqueous Media Using 2-Chloro-1,3-dimethylimidazolinium Chloride as a Condensing Agent
N. Yoshida, A. Kobayashi, M. Noguchi, M. Ishihara, S. Shoda
The 6th Taiwan-Japan and 1st Asia International Symposium on Chemical-Environmental-Biomedical Technology (isCEBT)   2011年9月5日   
チオピリジルグリコシドの一段階合成
吉田尚生, 瀬野宗, 石原正規, 野口真人, 小林厚志, 正田晋一郎
2010年度高分子学会東北支部研究発表会   2010年11月18日   
Direct Synthesis of Aryl 1-Thio--glycosides from Unprotected Sugars in Aqueous Media Using 2-Chloro-1,3-dimethylimidazolinium Chloride
N. Yoshida, N. Aida, M. Ishihara, T. Tanaka, M. Noguchi, A. Kobayashi, S. Shoda,
The 5th International Symposium on Chemical- Environmental-Biomedical Technology for Young Researchers (isCEBT)   2010年9月   
チオピリジルグリコシドの一段階合成
吉田尚生, 相田尚也, 野口真人, 田中知成, 石原正規, 小林厚志, 正田晋一郎
FCCAグライコサイエンス若手フォーラム2010   2010年8月7日   
Direct Synthesis of Pyridyl 1-Thio--glycosides from Unprotected Sugar in Aqueous Media Using 2-Chloro-1,3-dimethylimidazolinium Chloride
N. Yoshida, N. Aida, M. Ishihara, T. Tanaka, M. Noguchi, A. Kobayashi, and S. Shoda
The 25th International Carbohydrate Symposium (ICS 2010)   2010年8月2日   
Direct Synthesis of Sugar Oxazoline Derivatives in Water
N. Yoshida, M. Noguchi, T. Tanaka, A. Kobayashi, S. Shoda
Chemical-Environmental International Student Workshop 2009   2009年11月27日   
無保護糖からの一段階アリールチオグリコシドの合成反応
吉田尚生, 伊藤志保, 田中知成, 石原正規, 野口真人, 小林厚志, 正田晋一郎
第6回 東北大学バイオサイエンスシンポジウム   2009年6月   
環境負荷低減技術によるキチン系バイオマス資源の高度利用-メカノケミカル粉砕処理と酵素糖化メカニズム
吉田尚生, 昆展子, 二階堂満, 貝原巳樹雄, 丹野浩一, 碓氷泰市, 猪股尚治, 粉川潤, 増井彩乃, 川口光朗, 又平芳春, 戸谷一英
日本農芸化学会2009年度大会   2009年3月   
セルラーゼの有効利用 -高付加価値マテリアル素材の合成と木質バイオマスの糖化-
吉田尚生, 鈴木尊久, 千葉千尋, 蜂谷亮, 二階堂満, 丹野浩一, 竹田匠, 小原実広, 中野友貴, 内宮博文, 戸谷一英,
第2回フロンティア材料機能工学研究発表会   2008年7月18日   
Trichoderma reesei由来 EG IのE. coli発現触媒ドメインによる二糖縮合活性
吉田尚生, 昆展子, 戸谷一英, 中澤光, 小笠原渉,岡田宏文, 森川康
日本農芸化学会2008年度大会   2008年3月   
Trichoderma reeseiの産生する二糖縮合型酵素の同定と諸性質
吉田尚生, 高橋礼, 戸谷一英, 小泉英誉, 吉田孝, 岡田宏文, 森川康, 村田健臣, 碓氷泰市
日本応用糖質科学会平成19年度大会(第56回)   2007年8月   

特許

 
特願2008-048105 : 糖転移能が改善された欠失変異酵素を用いた配糖体の製造方法
戸谷一英、吉田尚生、岡田宏文、小笠原 渉、森川 康

その他

 
2017年   震災で変わったもの、変わらないもの
三陸新報連載 出身者より激励投稿③
2013年6月
日本学生支援機構第一種奨学金 特に優れた業績による返還免除