茂岡 忠義

J-GLOBALへ         更新日: 16/08/25 13:27
 
アバター
研究者氏名
茂岡 忠義
学位
薬学博士

プロフィール

グローバルCOEプログラム「アジア視点の国際生態リスクマネジメント」

研究分野

 
 

受賞

 
2007年6月
(社)日本水環境学会 功労賞
 

経歴

 
 
   
 
横浜国立大学 大学院環境情報研究院 客員教授
 
2010年4月
   
 
横浜国立大学大学院 環境情報研究院 客員教授
 
2009年4月
 - 
2010年3月
横浜国立大学大学院 環境情報研究院 自然環境と情報部門 特任教員(教授)
 
2007年
 - 
2009年
 独立行政法人 製品評価技術基盤機構 技術顧問
 
2004年
 - 
2007年
 横浜国立大学大学院 環境情報研究院 自然環境と情報部門 教授
 

論文

 
茂岡 忠義
日本環境毒性学会誌   11(1) 21-32   2008年
Present status of cytotoxicity studies with fish cell culture and quantitative structure-activity relationships (QSAR) in aquatic toxicology were discussed from the viewpoint of utilization of alternative species or methods for toxicity tests. In ...
A guideline for ecological risk management procedures
Landscape Eco Eng   1 221-228   2005年
残留性・蓄積性評価と新しい化学物質管理の方向
化学物質と環境   71 11-12   2005年
大久保 博充, 劉 鋭, 浦野 紘平, 茂岡 忠義
水環境学会誌 = Journal of Japan Society on Water Environment   26(11) 719-724   2003年11月
A new acute toxicity test method was developed using the larvae of Japanese Medaka (Oryzias latipes). The test was carried out in small glass petri dishes and was found to be feasible for simultaneously testing many chemicals. The most preferable ...
Mutational spectra of benzo[a]pyrene and MeIQx in rpsL transgenic zebrafish embryos.
Amanuma K, Tone S, Saito H, Shigeoka T, Aoki Y
Mutation research   51 383-392   2002年1月   [査読有り]
Embryonic development assay with Daphnia magna: application to toxicity of chlorophenols
茂岡 忠義
Water Sci. Technol   42 297-304   2000年   [査読有り]
斉藤 穂高, 岩見 史郎, 茂岡 忠義
衛生化学   41(3) 194-205   1995年6月
In ecological risk assessment of chemicals, it is necessary to study and evaluate their potencies of exposure and effects on respective biota or ecosystems. The assessment should be based on comparing the predicted environmental concentrations (PE...
斎藤 穂高, 平野 光浩, 茂岡 忠義
日本農薬学会誌   19(2) 93-101   1994年5月
テブフェンピラド〔N-(4-tert-butylbenzyl)-4-chloro-3-ethyl-1-methylpyrazole-5-carboxamide〕のコイにおける吸収・分布・代謝・排泄を検討した.^<14>C標識体濃度1.2μg/lに設定した連続流水式の飼育水中でコイを28日間暴露後, 引き続き清水中で14日間の排泄試験を行なった.全^<14>Cの生物濃縮係数は暴露7日間で平衡に達し, 最大で864倍であったが, テブフェンピラドのそれは最大でも29倍であった.全^<14>Cは...
茂岡 忠義, 山縣 民次, 蓑田 妙子, 山内 文雄
衛生化学   34(4) 343-349   1988年8月
Acute toxicities and hatching inhibitions of embryo by 14 chlorophenols from mono-Cl to penta-Cl and phenol to Japanese Medaka, Oryzias latipes, have been determined as 96 h-LC_<50> and 15 d-EC_<50>, respectively and studied in terms of quantitati...
茂岡 忠義, 山縣 民次, 蓑田 妙子, 山内 文雄
衛生化学   34(3) 274-278   1988年6月
Test conditions for fish early life stage toxicity (ELST) of U.S.EPA were examined and established by use of Japanese Medaka, Oryzias latipes, as a test species. The semi-static method by renewing test water in every 48 h was adopted instead of EP...
茂岡 忠義, 吉田 喜久雄, 保坂 千登勢, 早月 陽子, 山内 文雄
衛生化学   34(3) 266-273   1988年6月
The growth inhibition test method was studied for the hazard evaluation of chemicals to microorganisms which play an important role in an aquatic ecosystem. As a source of microorganisms, "standard activated sludge" which is distributed from Chemi...
茂岡 忠義, 佐藤 保夫, 山内 文雄
衛生化学   34(2) 169-175   1988年4月
Toxicity of phenol and 7 chlorophenols from mono-Cl to penta-Cl on 3 species of daphnia, Daphnia magna, Daphnia carinata and Daphnia pulex has been determined according to OECD guideline for testing of chemicals. The responses of each daphnia to c...
茂岡 忠義, 斎藤 穂高, 山内 文雄
衛生化学   33(1) 1-10   1987年2月
Present status of cytotoxicity studies with fish cell culture and quantitative structure-activity relationships (QSAR) in aquatic toxicology were discussed from the viewpoint of utilization of alternative species or methods for toxicity tests. In ...

Misc

 
茂岡 忠義
講演要旨集   24    1999年3月
水谷 純也, 茂岡 忠義
日本農薬学会誌   5(1) 127-129   1980年2月
鍬塚 昭三, 茂岡 忠義
日本農薬学会誌   5(1) 129-130   1980年2月
茂岡 忠義
日本農薬学会誌   5(1) 130-131   1980年2月

書籍等出版物

 
Bioassay and Bio-infrmatics -for environmental Assessment and Medical Sciences-
茂岡 忠義 (担当:共著)
工学図書   2011年12月   
カーク・オスマー グリーンケミストリーハンドブック
丸善?   2009年   
生態系サービスと人類の将来
オーム社   2007年   
生態環境リスクマネジメントの基礎ー生態系をなぜ、どうやって守るのか
オーム社   2007年   
化学物質の生態リスク評価と規制ー農薬編ー
?アイ・ピー・シー   2006年   
生態影響試験ハンドブック ―化学物質の環境リスク評価−
朝倉書店   2003年   
地球環境調査計測事典 第2巻陸域編
茂岡 忠義 (担当:分担執筆, 範囲:有害性を指標とした評価方法−生態影響試験−)
フジ・テクノシステム(東京)   2003年   
Environmental Hazard Assessment of Chemicals.
1994年   

委員歴

 
2009年10月
   
 
(独)国立環境研究所(環境省委託)  WET手法等による水環境管理懇談会 委員
 
2009年1月
   
 
(独)国立環境研究所(環境省)  水産動植物登録保留基準の運用・高度化検討会委員
 
2007年12月
 - 
2009年3月
横浜国立大学   科学技術連携施策群の効果的・効率的な推進プログラム「事業者の化学物質リスク自主管理の情報基盤」研究運営委員会委員
 
2006年11月
 - 
2009年3月
(独)国立環境研究所(環境省委託)  化学物質の内分泌かく乱作用に関する無脊椎動物試験に係る試験法開発研究委員会委員
 
2006年
   
 
日本水環境学会  編集委員会 査読部会 委員
 
2004年11月
   
 
環境省  水産動植物登録保留基準設定検討会委員
 
2004年4月
   
 
(独)製品評価技術基盤機構(経済産業省委託)  既存化学物質における構造活性相関の行政利用についての検討委員会委員
 
2001年
 - 
2003年
日本水環境学会  理事
 
 
   
 
日本環境毒性学会  幹事・編集委員会副委員長