吉川 貴徳

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/16 18:15
 
アバター
研究者氏名
吉川 貴徳
 
ヨシカワ タカノリ
ハンドル
T_Yoshikawa
eメール
t-yoshikiui.ac.jp
所属
吉備国際大学
部署
地域創成農学部
職名
准教授
学位
博士(農学)(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
吉備国際大学 地域創成農学部 准教授
 
2013年4月
 - 
2017年3月
吉備国際大学 地域創成農学部 講師
 
2009年4月
 - 
2013年3月
東京大学大学院 農学生命科学研究科 特任研究員
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2009年3月
京都大学大学院 農学研究科 農学専攻
 
2000年4月
 - 
2004年3月
京都大学 農学部 資源生物科学科
 

委員歴

 
2014年
 - 
現在
近畿作物・育種研究会  シンポジウム委員
 
2013年
 - 
2016年
日本育種学会  地方幹事
 

受賞

 
2016年2月
順正学園学術交流コンファレンス 総長賞 植物の成長を遺伝子レベルで理解する
 
2012年9月
日本育種学会 優秀発表賞 イネのjaponica-indica品種間においてjuvenile-adult相転換期の分化に関与するQTLの同定
 
2010年9月
日本育種学会 優秀発表賞 イネ細葉遺伝子SLENDER LEAF1の同定
 
2010年3月
日本育種学会 優秀発表賞 イネ細葉変異体slender leafの解析
 

論文

 
Jasmonate regulates juvenile-adult phase transition in rice
Ken-ichiro Hibara, Miyako Isono, Manaki Mimura, Naoki Sentoku, Mikiko Kojima, Hitoshi Sakakibara, Yuka Kitomi, Takanori Yoshikawa, Jun-ichi Itoh, Yasuo Nagato
Development      2016年   [査読有り]
Barley NARROW LEAFED DWARF1 encoding a WUSCHEL-RELATED HOMEOBOX 3 (WOX3) regulates the marginal development of lateral organs
Takanori Yoshikawa, Shin-Ya Tanaka, Yuuki Masumoto, Naoya Nobori, Hiroto Ishii, Ken-Ichiro Hibara, Jun-Ichi Itoh, Takatoshi Tanisaka, and Shin Taketa
Breed. Sci.      2016年   [査読有り]
Morphological and molecular dissection of leaf development in wild-type and various morphogenetic mutants in rice.
Dechkrong, P., Yoshikawa, T., and Itoh, J.
American Journal of Plant Sciences      2015年   [査読有り]
The rice FISH BONE gene encodes a tryptophan aminotransferase, which affects pleiotropic auxin-related processes.
Yoshikawa, T., Ito, M., Sumikura, T., Nakayama, A., Nishimura, T., Kitano, H., Yamaguchi, I., Koshiba, T., Hibara, K., Nagato, Y. and Itoh, J.
Plant J.      2014年   [査読有り]
Rice SLENDER LEAF1 gene encodes cellulose synthase-like D4 and is specifically expressed in M-phase cells to regulate cell proliferation.
Yoshikawa, T., Eiguchi, M., Hibara, K., Ito, J., and Nagato, Y.
J. Exp. Bot.      2013年   [査読有り]
Change of shoot architecture during juvenile-to-adult phase transition in soybean.
Yoshikawa, T., Ozawa, S., Sentoku, N., Itoh, J., Nagato, Y., and Yokoi S.
Planta      2013年   [査読有り]
WAVY LEAF 1, an Ortholog of Arabidopsis HEN1, Regulates Shoot Development by Maintaining microRNA and trans-acting siRNA Accumulation in Rice.
Abe, M., Yoshikawa, T., Nosaka, M., Sakakibara, H., Sato, Y., Nagato, Y., and Itoh, J.
Plant Physiol.      2010年   [査読有り]
Identification of Genes Controlling the Contents of Seed Storage Proteins in Soybean - Fine Mapping of the Quantitative Trait Locus qPro7-.
Teraishi, M., Okumoto, Y., Yoshikawa, T., Endo, R., and Tanisaka, T.
Soy Protein Research, Japan      2010年
Transgressive segregation of isoflavone contents under the control of four QTLs in a cross between distantly related soybean varieties.
Yoshikawa, T., Okumoto, Y., Ogata, D., Sayama, T., Teraishi, M., Terai, M., Toda, T., Yamada, K., Yagasaki, K., Yamada, N., Tsukiyama, T., Yamada, T., and Tanisaka, T.
Breeding Science      2010年   [査読有り]
QTL analysis of seed-flood tolerance of the yellow soybean variety ‘Enrei’.
Hirata, K., Yoshikawa, T., Teraishi, M., Komatsu, K., Takahashi, M., Hirota, N., Nakazaki, T., Sayama, T., Tsukiyama, T., Okumoto, Y., and Tanisaka, T.
Journal of Crop Research      2009年   [査読有り]
QTL analysis of seed-flooding tolerance in soybean (Glycine max [L.] Merr.).
Sayama, T., Nakazaki, T., Ishikawa, G., Yagasaki, K., Yamada, N., Hirota, N., Hirata, K., Yoshikawa, T., Saito, H., Teraishi, M., Okumoto, Y., Tsukiyama, T., and Tanisaka, T.
Plant Science      2009年   [査読有り]
Identification of Genes Controlling the Contents of Seed Storage Proteins in Soybean - Identification and Functional Analysis of the Quantitative Trait Locus qPro1 -.
Yoshikawa, T., Utsumi, S., Fukuda, T., Okumoto, Y., Sayama, T., and Tanisaka, T.
Soy Protein Research      2009年
High isoflavone content mutants induced from the soybean variety ‘Tambaguro’ with gamma irradiation.
Yoshikawa, T., Okumoto, Y., Terai, M., Yamada, K., Teraishi, M., Tsukiyama, T., and Tanisaka, T.
Journal of Crop Research      2009年   [査読有り]
Seed-flooding tolerance genes of the yellow seed coat soybean variety ‘Enrei’.
Hirota, N., Yoshikawa, T., Nakazaki, T., Sayama, T., Tsukiyama, T., Okumoto, Y., Teraishi, M., Hirata, K., and Tanisaka, T.
Journal of Crop Research      2008年   [査読有り]
Identification of Genes Controlling the Contents of Seed Storage Proteins in Soybean.
Yoshikawa, T., Utsumi, S., Fukuda, T., Okumoto, Y., Sayama, T., and Tanisaka, T.
Soy Protein Research      2008年

書籍等出版物

 
Brewing Technology
Takanori Yoshikawa and Shin Taketa (担当:共著, 範囲:Chapter 1, pp3-28.)
INTECH   2017年7月   
大豆のすべて
谷坂隆俊, 吉川貴徳 (担当:共著, 範囲:第4章, 第1節, pp96-102.)
Science Forum   2010年   
大豆と日本人の健康
吉川貴徳, 谷坂隆俊 (担当:共著, 範囲:第3部, 第1節, pp120-133.)
幸書房   2014年   

講演・口頭発表等

 
’ナルトオレンジ’と’甘夏’の果皮精油成分
遠藤普克、加藤敏英、中川隆哉、吉川貴徳、金沢 功
園芸学会平成28年度秋季大会   2016年9月   
オオムギ細葉変異体narrow leafed dwarf1の解析
田中慎也, 吉川貴徳, 武田 真, 谷坂隆俊
近畿作物・育種研究会第181回例会   2016年5月28日   
イネ胚発生変異体segmented embryoの解析
増本悠樹, 高階泰宗, 森惠憲秀, 桧原健一郎, 伊藤純一, 長戸康郎, 谷坂隆俊, 吉川貴徳
近畿作物・育種研究会第181回例会   2016年5月28日   
ダイズにおけるjuvenile-adult相転換の解析.
吉川貴徳、小澤 傑、佐山貴司、笹間博子、桧原健一郎、伊藤純一、石本政男、横井修司、長戸康郎.
日本育種学会第123回講演会   2013年3月   
イネのjaponica-indica品種間においてjuvenile-adult相転換期の分化に関与するQTLの同定.
吉川貴徳、荒川恵理、桧原健一郎、伊藤純一、長戸康郎.
日本育種学会第122回講演会   2012年9月   
Rice SLENDER LEAF 1 Gene is Involved in Cytokinesis.
T. Yoshikawa, K. Hibara, J. Ito, and Y. Nagato.
日本植物生理学会第53回講演会   2012年3月   
イネ細葉遺伝子SLENDER LEAF 1は細胞分裂に関与する.
吉川貴徳, 桧原健一郎, 伊藤純一, 長戸康郎.
日本育種学会第120回講演会   2011年9月   
イネ細葉遺伝子SLENDER LEAF1の同定.
吉川貴徳, 伊藤純一, 長戸康郎.
日本育種学会第118回講演会   2010年9月   
イネ細葉変異体slender leafの解析.
吉川貴徳, 小野絵里, 伊藤純一, 長戸康郎.
日本育種学会第117回講演会   2010年3月   
ダイズ種子中イソフラボン含量の簡易測定法を用いた丹波黒ガンマ線種子照射系統のイソフラボン含量に関するスクリーニング.
吉川貴徳, 奥本 裕, 寺井雅一, 山田勝重, 寺石政義, 谷坂隆俊.
近畿作物・育種研究会第166回例会   2008年12月   
ダイズ種子タンパク質含量および成分を制御する遺伝的領域の同定.
吉川貴徳, 内海 成, 福田貴子, 奥本 裕, 佐山貴司, 谷坂隆俊.
日本育種学会第112回講演会   2007年9月   
ダイズ品種Pekingの強度SMV抵抗性に関するQTL解析.
吉川貴德, 山田直弘, 奥本 裕, 矢ケ崎和弘, 佐山貴司, 金 世雄, 松井宏允, 中崎鉄也, 谷坂隆俊.
日本育種学会第107, 108回講演会   2005年8月   
ダイズ(Glycine max)のイソフラボン生合成におけるCHSの効果.
吉川貴德, 奥本 裕, 緒方大輔, 金 世雄, 佐山貴司, 松井宏允, 中﨑鉄也, 谷坂隆俊.
第25回種子生理生化学研究会   2004年12月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
イネ活性型転移因子mPingの活性を制御する遺伝子の単離
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 谷坂 隆俊
イネの胚発生に関わるSEGMENTED EMBRYO遺伝子の解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 吉川 貴徳

社会貢献活動

 
一般市民を対象とした公開シンンポジウムの開催
【司会, 講師, 企画, 運営参加・支援】  2017年2月24日
三原高校生を対象とした生物実験講座
【講師】  2016年11月18日
第37回 種子生理生化学研究科の開催
【運営参加・支援】  2016年11月11日 - 2016年11月12日
高校生シンポジウムの開催
【司会, 講師, 企画, 運営参加・支援】  2016年8月24日
青少年のための科学の祭典
【実演】  2016年8月20日 - 2016年8月21日
兵庫県立淡路高校生を対象とした生物学実験
【講師】  2016年8月2日
市民を対象とした生涯学習講座
【講師】  2016年7月28日
兵庫県立洲本高校生を対象とした生物学実験
【講師】  2016年3月16日
南あわじ市立湊小学校への出前授業
【講師】  2015年12月1日
南あわじ市立榎列小学校への出前授業
【講師】  2015年11月13日
三原高校生を対象とした生物実験講座
【講師】  2015年11月6日
柳学園高等学校への出前授業
【講師】  2015年10月28日
高校生シンポジウムの開催
【司会, 企画, 運営参加・支援】  2015年8月24日
市民を対象とした生涯学習講座
【講師】  2015年8月5日
三原高校生を対象とした生物実験講座
【講師】  2015年6月26日
津名高校生を対象とした生物実験講座
【講師】  2015年6月6日
地の拠点シンポジウムにて講演
【講師】  2015年2月20日
中1ギャップ解消プログラム開発事業
【講師】  2015年2月13日
市民を対象としたティータイム講座
【講師】  2014年12月18日
南あわじ市立榎列小学校への出前授業
【講師】  2014年12月10日
南あわじ市立賀集小学校への出前授業
【講師】  2014年11月25日
三原高校生を対象とした生物実験講座
【講師】  2014年11月13日
兵庫県中学校理科研究部会
【助言・指導】  2014年10月31日
兵庫県立淡路高校への出前授業
【講師】  2014年10月30日
南あわじ市立倭文中学校への出前授業
【講師】  2014年10月20日
兵庫県小学校教育研究理科部会
【講師】  2014年8月6日
市民を対象としたランチタイム講座
【講師】  2014年7月9日
市民公開シンポジウムの開催
【講師】  2014年4月19日
南あわじ市立榎列小学校への出前授業
【講師】  2013年12月4日
市民を対象としたランチタイム講座
【講師】  2013年11月20日
南あわじ市立阿万小学校への出前授業
【講師】  2013年11月19日
兵庫県立淡路高等学校への出前授業
【講師】  2013年10月10日

品種育成

 
ダイズ品種丹波黒のガンマ線種子照射系統より高イソフラボン変異体をスクリーニングし、高イソフラボン丹波黒品種(フジクロM10、フジクロM11)を育成