高橋睦子

J-GLOBALへ         更新日: 16/10/05 11:31
 
アバター
研究者氏名
高橋睦子
 
タカハシムツコ
URL
http://kiui.jp/pc/gakubu/gakuin/fukushi/tugaku/
所属
吉備国際大学
部署
保健医療福祉学部 社会福祉学科, 大学院社会福祉学研究科
職名
研究科長, 教授
学位
Filosofian tohtori (Doctor of Philosophy)(University of Tampere, Finland)

プロフィール

TAKAHASHI Mutsuko is:
Professor of Social Policy, Director of Graduate School of Social Welfare Studies, Kibi International University, Okayama Japan.

After graduated from the Osaka University of Foreign Studies (Department of Danish language and culture), she worked at the Japanese Ministry of Foreign Affairs from 1986 to 1990. Shifting her career from diplomat to researcher, she received her Ph.D. from the University of Tampere, Finland in 1995. Currently her main research interests are risks and social justice, ethics in social policy concerning domestic violence and custody issues, and comparative studies of welfare state models. Her recent publications in English include "Risk and Public Policy in East Asia" (co-authors: Raymond K.H. Chan & Lillian Lih-rong Wang), Ashgate 2010, ‘The intimate risk as challenge to welfare state – precarious family and human relationships in Japanese risk society’ (Journal of Asian Public Policy, 2009, 2(3)), and ‘Challenges in Nordic childcare policies: with special reference to Finland’ (Journal of Comparative Economic Studies,2008, 4).
Specialties

welfare policy, child attachment and custody issues in relation to IPV (intimate partner violence)

研究分野

 
 

学歴

 
1991年8月
 - 
1995年10月
タンペレ大学大学院博士課程 社会政策・ソーシャルワーク研究科 博士課程 (1995年10月 博士号取得・社会政策) 
 
1980年4月
 - 
1985年3月
大阪外国語大学(現:大阪大学) 外国語学部 デンマーク語学科
 

委員歴

 
2012年4月
 - 
現在
岡山県  児童相談所スーパーバイズ強化事業専門サポート委員
 
2014年
 - 
2016年
社会政策学会  国際交流委員会委員
 
2016年8月
 - 
現在
社会政策学会  国際交流委員会 アドバイザー
 

論文

 
「日本でのネウボラとオープンダイアローグの解釈 - emic/eticの視座から」
高橋睦子
吉備国際大学 保険医療福祉研究所紀要   17    2016年7月
「アナログで継続的な対話 ―フィンランドからの示唆」
高橋睦子
吉備国際大学 保健福祉研究所紀要   (16) 13-15   2015年4月
「フィンランドの虐待対策:子ども保護とネウボラによる予防の強化」
高橋睦子
『子ども虐待の予防とケアのすべて』第一法規(加除式書籍・2014年1月追録)      2015年1月   [招待有り]
「妊娠期から就学前の子ども家族と予防的支援 ー フィンランドの『ネウボラ』を中心に」
高橋睦子
『世界の児童と母性』   (76) 81-86   2014年4月   [招待有り]
面会交流と子どもの最善の利益─スウェーデンとフィンランドでの展開を中心に
高橋睦子
法律時報   85(4) 63-66   2013年4月   [査読有り][招待有り]
日本の赤ちゃんを包む社会制度
高橋睦子
こころの科学   (166) 64-69   2012年11月   [招待有り]
Making Sense of the Best Interest of Children in Vulnerable Family Relationships
高橋睦子
International Journal of Public and Private Healthcare Management and Economics (IJPPHME)   1(4) 47-52   2011年12月   [査読有り]
高橋 睦子
教育と医学   58(6) 492-501   2010年6月   [招待有り]
高橋 睦子
人権21   (206) 16-22   2010年6月   [招待有り]
高橋 睦子
吉備国際大学 国際社会学研究所研究紀要   (18) 119-137   2010年
「親密性と暴力 —インターセクショナリティ概念への序説」
髙橋睦子
『福祉おかやま』(日本ソーシャルワーカー協会岡山支部・岡山ソーシャルワーカー協会機関誌)   (第26号) 11-20   2009年2月
Intimate risk as challenge to welfare state - precarious family and human relationships in Japanese risk society
高橋睦子
Journal of Asian Public Policy   2(3) 314-329   2009年   [査読有り]
Challenges in Nordic Childcare Policies: with Special Reference to Finland
高橋睦子
The Journal of Comparative Economic Studies   Vol. 4 41-55   2008年12月   [査読有り]
December 2008
高橋 睦子
総合政策論叢   8 125-142   2004年12月
This article explores how the concept of solidarity has been made sense of in relation to the crisis and reforms of the public pension system in contemporary Japan. In particular, the focus of discussion will be placed on the current pension issue...
Beyond crisis and dissonance – the restructuring of the Japanese welfare state under globalization
高橋睦子
Social Policy and Society   3(3) 283-290   2004年6月   [査読有り][招待有り]
高橋 睦子
総合政策論叢   6 31-48   2003年8月
The developments of welfare model in various societies can better be understood through discussions with comparative perspectives as well as through case studies on respective societies. Distinctive features with a specific welfare model can bette...
高橋 睦子, 田邊 和佳子
国立女性教育会館研究紀要   7 45-56   2003年8月   [査読有り]
高橋 睦子
総合政策論叢   5 115-132   2003年3月
The Scandinavian route has often been referred to in the discussions about some characteristics with the Nordic model of welfare state. However, there is ambiguity with the meaning of the Scandinavian route or the Nordic model, as the welfare stat...

Misc

 
「フィンランド雑感」
高橋睦子
『統合失調症のひろば』   (7) 90-92   2016年3月   [依頼有り]
論点・社会福祉:出産・子どもネウボラ 切れ目ない支援を支える対話
高橋睦子
月刊福祉   98(8) 48-49   2015年7月   [依頼有り]
トピック「ネウボラとフィンランドの子育て家族支援」
高橋睦子
母子保健   (673) 9-9   2015年5月   [依頼有り]
解説「フィンランドのネウボラとは」
高橋睦子
月刊 地域保健   46(1) 66-71   2015年1月   [依頼有り]
海外の動向「フィンランドにおける子育て支援(ネウボラ)- リスク予防と多職種間連携」
高橋睦子
社会福祉研究   (119) 113-118   2014年4月   [依頼有り]
高橋 睦子
社会福祉研究   (101) 124-130   2008年4月   [依頼有り]
高橋 睦子
女性労働研究   (47) 140-143   2005年1月   [依頼有り]
高橋 睦子
リポート21   2001 45-53   2001年
高橋 睦子
リポート21   2000 55-61   2000年
「Cultural encounters: Coping with the aftermath of beginner level Japanese course in Tampere」
東海大学ヨーロッパセンター(デンマーク)
『Proceedings of the Nordic Symposium on Teaching Japanese』 (1995年9月9~10日)   38-48   1998年
「Language Teaching in the World of Changing Social and Cultural Environment」
東海大学ヨーロッパセンター(デンマーク)
『Proceedings of Language Symposium August 1993』   142-163   1995年

書籍等出版物

 
『オープンダイアローグを実践する』
高橋睦子(分担執筆) (担当:共著)
日本評論社   2016年9月   
『離別後の親子関係を問い直す - 子どもの福祉と家事実務の架け橋をめざして』
高橋睦子 (担当:共著, 範囲:第1章執筆および編集)
法律文化社   2016年2月   
『ネウボラ フィンランドの出産・子育て支援』
高橋睦子
かもがわ出版   2015年12月   
『子育て世代が住みたいと思うまちに』
林 己知夫 & 高橋睦子 (共著) (担当:共著)
第一法規   2014年7月   
Social Issues and Policies in Asia. Family, Ageing and Work
R. K.H. Chan & L.R.Wang & J.O Zinn (編) 共著 (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 3 (41-54) “Risk Assessment and Prevention in a Child’s Contact with Parents: Japan’s Family Law and Practice in Transition”)
Cambridge Scholars Publishing   2014年6月   
『Risk and Public Policy in East Asia』(共編書:Raymond K.H. Chan, Lillian Lih-rong Wang)
Ashgate Publisher   2010年   
『子どもと家族にやさしい社会・フィンランド ―未来へのいのちを育む』(共著者:渡辺久子、トゥーラ・タンミネン)
明石書店   2009年   
『世界の社会福祉年鑑2009』(共著、担当章「フィンランド」63-91頁)
旬報社   2009年   
『世界の社会福祉年鑑2007』(共著:担当章「フィンランド」)
旬報社   2007年   
『フィンランドの子育てと保育』(共著)
明石書店   2007年   
『フィランドに学ぶ教育と学力』(共著:担当章「家族関係の流動化と福祉国家—家族・ジェンダー政策と社会保障・社会福祉・子供の人権保障」277-307頁)
明石書店   2005年   
『Welfare and the State. Critical Concept in Political Science』 Vol. 1-ii(共著:担当章「Welfare policy in Japan before 1945」(145-173頁), reprint of Chapter 2 (33-54頁) of 『The Emergence of Welfare Society in Japan』
Routledge (London and New York)   2004年   
『World Peace and Disarmament』(共著:担当章「The location of gender in risk regime」43-72頁)
Pointer Publishers, Jaipur, India   2003年   
『The Young, the Old and the State — Social Care Systems in Five Industrial Nations』(共著:担当章「Care for Children and Older People in Japan: Modernizing the Traditional」81-108頁)
Edward Elgar 社(Chelternham, UK, Northampton, MA, USA)   2003年   
『北東アジア研究と開発研究』(共著:担当章「比較社会論としての福祉レジーム理論:国際社会開発の視角からみた日本の位置付けを中心に」(367-395頁)
国際書院   2002年   
『世界の社会福祉年鑑2001』(共著:担当章「フィンランド」241-254頁)
旬報社   2001年   
『北東アジア地域研究序説』(共著:担当章「21世紀の地域福祉社会の課題と展望−『日本型福祉社会』再考」(257-269頁)
国際書院   2000年   
『各国企業の働く女性たち』(共著:担当章「フィンランド企業の働く女性たち」(228- 246頁)
ミネルヴァ書房   2000年   
『Japan and Korea. Contemporary Studies』(共著:担当章「Applying hermeneutics to the studies of discourses on welfare: the case of Japanese welfare discourses」(277-295頁)
デンマーク・オーフス大学出版会   1998年   
『世界の社会福祉』第3巻『スウェーデン・フィンランド』(担当:「フィンランドの社会福祉」383-526頁)
旬報社   1998年   

講演・口頭発表等

 
Politics of gender and child care: Japanese family as policy agenda
高橋睦子
13th International Conference of EASP (East Asian Social Policy reserach network)   2016年7月1日   
北欧における地域社会の多文化共生 - フィンランドを中心に [招待有り]
高橋睦子
多文化関係学会 第14回年次大会 学際シンポジウム   2015年11月15日   
The impacts of European family law reforms on Japanese policy-making on child's contact with non-resident parent in post-divorce/separation life
高橋睦子
ESA 2015 Prague   2015年8月26日   
「子育てへの切れ目ない支援:フィンランドのネウボラに学ぶ」 [招待有り]
高橋睦子
子育て支援講演会&ワールドカフェ (大学女性協会岡山支部・岡山市)   2014年11月9日   
Changing location of the childcare in social security scheme in Japan
高橋睦子
Investing in Children - in search for innovative solutions to improve children's well-being   2014年10月23日   

Works

 
訳書:ランディ・バンクロフト『別れる? それともやり直す?カップル関係に悩む女性のためのガイド』明石書店
高橋睦子(監訳), 449頁   その他   2016年3月
訳書:タルヤ・ホンカネンほか『フィンランド中学校現代社会教科書ー15歳 市民社会へのたびだち』明石書店
高橋睦子(監訳)   その他   2011年4月
訳書:マニュエル・カステル、ペッカ・ヒマネン『情報社会と福祉国家:フィンランド・モデル』ミネルヴァ書房
2005年
訳書:ランディ・バンクロフト『DV・虐待 加害者の実体を知る:あなた自身の人生を取り戻すためのガイド』明石書店
髙橋睦子(監訳)   2008年

競争的資金等の研究課題

 
切れ目ない子育て支援:フィンランドのネウボラからの示唆
日本学術振興会: 科学研究費補助金・挑戦的萌芽研究
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 高橋睦子
離婚・別居後の面会交流と子どもの最善の利益についての国際比較研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金・基盤研究B
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 高橋睦子
親権制度の国際比較研究—子どもの発達に資する政策提言に向けて
トヨタ財団: 共同研究1: 社会的課題の解決に資する実践席な研究
研究期間: 2011年11月 - 2013年10月    代表者: 高橋睦子
本プロジェクトは、日本の近未来において、子どもの健全な発達によりよく資するような親権制度の整備に向けて、科学的な研究知見に基づいて具体的な政策提言を行う。そのために、離婚・別居後の親子関係において子どもの健全な発達を確保するためには、どのような選択肢や政策手法があるかを国際比較研究を通じて明らかにする。離婚・別居後の子どもの監護や非同居親と子どもの面会交流のありかたについて、国際比較研究を通じて多角的・学際的に検討する。比較研究の主な対象には、日本、韓国、台湾、フィリピン、オーストラリア、...
子ども家庭の安全保障:暴力問題の複合性分析と社会政策
日本学術振興会: 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 高橋 睦子
本研究の目的は、暴力や虐待に対する「子ども家庭の安全保障」の確保のために有用な理論的枠組みの考察と実践における包括的支援のありかたを探求することである。子ども家庭での暴力問題の複合性を解明するためにインターセクショナリティ概念についての理論研究に取り組み、国内外の研究者や専門家たちとの共同研究を通じて、支援の実践における子ども家庭の暴力問題への包括的な対応体制、および暴力の世代間連鎖の克服のための戦略的な施策の選択肢について政策提言を提示する。
フィンランドにおける不登校児支援 —日本へのインプリケーション
日本学術振興会: 科学研究費補助金・基盤研究B
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 高橋睦子
本研究は、フィンランドの不登校児支援についての現地調査を実施し、不登校問題の実態と不登校児支援の実情と課題について、日本での不登校の現状との対比を含め考察・分析することを目的とする。現地調査のフィールドはフィンランドの基礎学校(日本の義務教育/小中学校に相当)であり、4年の研究を通じて、状態像の総称とされる不登校の多様性と社会的支援の取り組みの選択肢を明らかにする。不登校児支援について、既存の学校コミュニティの組織秩序にいかに子どもを適応させるかという「大人社会の論理」だけではなく、むしろ...

社会貢献活動

 
「子育て家族のための切れ目ない支援」
【講師, 運営参加・支援】  鳥取県教育委員会  鳥取県家庭教育支援者交流研修会(西部)  2015年5月22日 - 2015年5月22日