榎本 珠良

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/25 20:12
 
アバター
研究者氏名
榎本 珠良
 
エノモト タマラ
所属
明治大学
部署
研究・知財戦略機構
職名
共同研究員
学位
博士(東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻「人間の安全保障」プログラム)

プロフィール

オックスファム・ジャパン勤務期間中(2003年9月-2015年8月)の業務時は、当該国際NGOの内部規則に則り、仕事名(夏木碧)を使用した。

研究分野

 
 

経歴

 
2015年9月
 - 
現在
明治大学 研究・知財戦略機構 共同研究員(国際武器移転史研究所)
 
2016年4月
 - 
現在
聖学院大学 政治経済学部 非常勤講師
 
2015年4月
 - 
現在
群馬県立女子大学 国際コミュニケーション学部 非常勤講師
 
2017年4月
 - 
2017年8月
津田塾大学 国際関係学科 非常勤講師
 
2016年4月
 - 
2016年9月
津田塾大学 国際関係学科 非常勤講師
 
2015年8月
 - 
現在
(特活)テラ・ルネッサンス コンサルタント
 
2005年1月
 - 
2015年8月
(特活)オックスファム・ジャパン 人道・安全保障問題 ポリシー・オフィサー
 
2003年9月
 - 
2004年12月
(特活)オックスファム・ジャパン インターン
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2015年2月
東京大学大学院 総合文化研究科 国際社会科学専攻 国際関係論コース 「人間の安全保障」プログラム
 
2002年10月
 - 
2004年6月
University of Leeds School of Politics and International Studies MA in Conflict, Development and Security
 
2001年10月
 - 
2002年11月
University of Leeds School of Politics and International Studies MA in Development Studies
 
1998年4月
 - 
2000年3月
東京大学  教養学部 総合社会科学科 国際関係論専攻
 
1996年4月
 - 
1998年3月
東京大学 教養学部 分科三類
 

書籍等出版物

 
国際政治史における軍縮と軍備管理:19世紀から現代まで
榎本 珠良 (担当:編者)
日本経済評論社   2017年3月   
武力紛争を越える:せめぎ合う制度と戦略のなかで
榎本 珠良 (担当:分担執筆, 範囲:北部ウガンダにおける「伝統」をめぐって)
京都大学学術出版会   2016年3月   
軍縮辞典
榎本 珠良 (担当:分担執筆, 範囲:「アヤクーチョ宣言」,「ECOWAS行動計画」,「ECOWAS小型武器条約」,「キンシャサ条約」,「クラスター弾連合」,「小型武器・軽兵器に関するOSCE文書」,「国際弾薬技術的ガイドライン」,「コントロール・アームズ」,「銃器議定書」,「トレーシング国際文書」,「ナイロビ行動計画」,「武器と弾薬の貿易規制のための条約」,「武器貿易取締条約」,「ブリュッセル協定」,「ブローカリング政府専門家会合報告書」,「欧州連合小型武器共同行動」)
信山社   2015年   
ウガンダを知るための53章
榎本 珠良 (担当:分担執筆, 範囲:第47章「アチョリの伝統的正義:「正義」として語られる実践」,第48章「反政府ゲリラ」LRA(神の抵抗軍)とその歴史:「非合理」を理解するために」)
明石書店   2012年   
国際政治モノ語り:グローバル政治経済学入門
榎本 珠良 (担当:分担執筆, 範囲:第16章:「兵器:善と悪の二項対立を超えて」)
法律文化社   2011年   

論文

 
2017 年9 月の武器貿易条約(ATT)第3 回締約国会議に向けて:第2 回締約国会議およびその後の論点
榎本 珠良
国際武器移転史   (4) 141-158   2017年7月   [査読有り]
Controlling Arms Transfers to Non-State Actors: From the Emergence of the Sovereign-State System to the Present
榎本 珠良
国際武器移転史   (3) 3-20   2017年1月   [査読有り]
2016年8月の武器貿易条約(ATT)第2回締約国会議に向けて:第1回締約国会議およびその後の論点
榎本 珠良
国際武器移転史   (2) 67-84   2016年7月   [査読有り]
武器移転規制と秩序構想:武器貿易条約(ATT)の実施における課題から
榎本 珠良
国際武器移転史   (1) 53-76   2016年1月   [査読有り][招待有り]
Governing the vulnerable self at home and abroad: Peace and justice in northern Uganda and “KONY 2012”
Tamara Enomoto
African Study Monographs   Suppl.50 25-41   2014年   [査読有り]
武器貿易条約(ATT)交渉における対立・摩擦と条約構想の限界
榎本 珠良
軍縮研究   5 17-25   2014年   [招待有り]
Governing the vulnerable self at home and abroad: Peace and justice in northern Uganda and “KONY 2012”
Tamara Enomoto
African Potentials 2013: Proceedings of International Symposium on Conflict Resolution and Coexistence, 5-6 October 2013   35-46   2013年   [招待有り]
武器貿易条約(Arms Trade Treaty)第4回準備委員会の分析
榎本 珠良
軍縮研究   3 51-60   2012年   [招待有り]
通常兵器の移転に関する国際規制の歴史と現状:冷戦終結後の進展とその限界
榎本 珠良
軍事史学   48(2) 4-21   2012年   [査読有り]
Revival of tradition in the era of global therapeutic governance: The case of ICC intervention in the situation in northern Uganda
榎本 珠良
African Study Monographs   32(3) 111-134   2011年   [査読有り]
セラピー統治とその脆弱性:北部ウガンダ・アチョリ地域における「平和構築のための伝統」
榎本 珠良
Kyoto Working Papers on Area Studies   (109)    2010年   [招待有り]
北部ウガンダ紛争と国際刑事裁判所
榎本 珠良
海外事情   57(5) 54-67   2009年   [招待有り]
「アチョリの伝統的正義」をめぐる語り
榎本 珠良
アフリカレポート   (44) 10-15   2007年3月   [査読有り]
北部ウガンダ紛争とアチョリの「伝統的」儀礼:可能性と限界
榎本 珠良
アジ研ワールド・トレンド   (137) 44-47   2007年2月
北部ウガンダ紛争とアチョリ地域における共同体浄化儀式
榎本 珠良
アジ研ワールド・トレンド   (134) 32-35   2006年11月
通常兵器の移転に関する1990年代以降の規制
榎本 珠良
アジ研ワールド・トレンド   (133) 32-35   2006年10月
ライブ・エイドからライブ8へ:20年後のアフリカ・イメージ
榎本 珠良
アフリカレポート   (42) 33-39   2006年3月   [査読有り]
罪に問うべきか,赦すべきか:北部ウガンダにおける国際刑事裁判所の関与をめぐって
榎本 珠良
アフリカレポート   (40) 44-49   2005年3月   [査読有り]

Misc

 
1990年代以降の開発・安全保障言説における人間像をめぐって
榎本 珠良
アフリカNOW   (103) 6-10   2015年9月   [依頼有り]
武器貿易をどう規制するか:第一回武器貿易条約(ATT)締約国会議に向けて
榎本 珠良
世界   873 219-227   2015年   [依頼有り]
Arms control and civil society: Some retrospect
Midori Natsuki
Per La Pau (Peace in Progress)   (13) 4-5   2012年7月   [依頼有り]
2012年7月・武器貿易条約交渉の経緯と今後の展望
夏木 碧
核兵器・核実験モニター   (410) 5-8   2012年   [依頼有り]
2012年7月武器貿易条約交渉: 決裂の背景と今後の見通し
榎本 珠良
日本軍縮学会ニュースレター   (12) 10-11   2012年   [依頼有り]
武器貿易条約(Arms Trade Treaty)国連プロセス:経緯と課題
夏木 碧
核兵器・核実験モニター   (366) 6-7   2010年   [依頼有り]
見落とされる通常兵器移転の問題:武器貿易条約をめぐる歴史と課題
榎本 珠良
外交フォーラム   (253) 70-74   2009年   [依頼有り]
Tatan Mentan, Dilemmas of Weak States: Africa and Transnational Terrorism in the Twenty-First Century
榎本 珠良
アジア経済   47(4) 84-87   2006年4月   [依頼有り]

講演・口頭発表等

 
Humanity and citizenship reconsidered: The case of the Acholi [招待有り]
Tamara Enomoto
Uganda-Japan Joint International Workshop "Situating Universal Concepts to the Reality of Marginalized African Nomads: A Challenge for Area Studies of "Citizenship" and "Humanitarianism""   2017年8月18日   
Challenges facing the implementation of the Arms Trade Treaty [招待有り]
Tamara Enomoto
International humanitarian law in Asia: Regional Conference on Generating Respect for the Law   2017年4月28日   
非国家主体への武器移転問題と国家主権:アフリカに着目して [招待有り]
榎本 珠良
松田科研基盤(S)「アフリカ潜在力」プロジェクト 国家・市民班研究会   2016年11月12日   
Controlling arms transfers to non-state actors: From the 19th century to the present [招待有り]
榎本 珠良
International Workshop: Arms Transfer, Regional Conflicts, And Refugee Crisis in the Balkans and Middle East   2016年7月2日   Meiji University Research Institute for the History of Global Arms Transfer
非国家主体に対する武器移転の問題をめぐって [招待有り]
榎本 珠良
日本安全保障貿易学会第21回研究大会   2016年3月19日   
21世紀の武器貿易は 規制できるか:武器貿易条約(ATT)の実施をめぐる課題から
榎本 珠良
明治大学国際武器移転史研究所設立記念シンポジウム:軍備管理と軍事同盟の<いま>を問う   2015年11月17日   
ATT逐条解説及び第1回締約国会議に向けた課題説明
夏木 碧
武器貿易条約(ATT)発効記念シンポジウム:ATTの意義・課題と第1回締約国会議に向けた論点   2015年1月22日   
UNROCA,ワッセナー・アレンジメント,オタワ・オスロ条約からATTへ:近年の国際規範形成の経緯と背景
夏木 碧
シンポジウム:ロボット関連技術の境界線:発展する無人機の可能性と国際動向   2013年11月8日   
Governing the vulnerable self at home and abroad: Peace and justice in Northern Uganda and “KONY 2012” [招待有り]
Tamara Enomoto
African Potentials 2013: International Symposium on Conflict Resolution and Coexistence   2013年10月6日   
武器移転規制の意味:ATT交渉の結果をふまえて [招待有り]
榎本 珠良
政治経済学・経済史学会常設専門部会:兵器産業・武器移転史フォーラム第38回会合   2013年4月27日   
Role of civil society in the ATT process [招待有り]
Midori Natsuki
The 24th United Nations Conference on Disarmament Issues   2013年1月31日   United Nations
1990年代以降の通常兵器規制における国連とNGO:国連ATTプロセスを中心に
榎本 珠良
日本国際政治学会2012年度研究大会   2012年10月21日   
7月国連交渉会議の争点
夏木 碧
国連・武器貿易条約(ATT)交渉の行方:武器移転規制の意義と課題   2012年6月9日   
ATTをめぐって:通常兵器の国際移転規制の取組みとその展望 [招待有り]
榎本 珠良
日本軍縮学会2011年度研究大会   2011年7月30日   
通常兵器の規制とアフリカ:1990年代以降の移転規制を中心に [招待有り]
榎本 珠良
政治経済学・経済史学会常設専門部会:兵器産業・武器移転史フォーラム第28回会合   2011年6月18日   
Therapeutic governance and its vulnerability: ‘Tradition for peace-building’ in the Acholi sub-region of northern Uganda [招待有り]
Tamara Enomoto
国立民族学博物館国際シンポジウム「日常を構築する:アフリカにおける平和構築実践に学ぶ」   2011年3月6日   
「平和構築」における「伝統」:北部ウガンダ・アチョリ地域の事例から [招待有り]
榎本 珠良
日本政治学会2010年度研究大会   2010年10月10日   
"The traumatised Acholi people": Revival of tradition in the era of global therapeutic governance [招待有り]
Tamara Enomoto
2010 International Research Forum of African Studies, Role of African Area Studies for “African Crisis”: Emerging Approaches to Understanding Violence and Social Transformation in East Africa   2010年7月31日   
"Revival” of tradition in the era of global therapeutic governance: The case of ICC intervention in the situation in northern Uganda
Tamara Enomoto
The British International Studies Association Annual Conference 2009   2009年12月16日   
Promoting discussion on an Arms Trade Treaty [招待有り]
Midori Natsuki
The 21st United Nations Conference on Disarmament Issues   2009年8月27日   United Nations
通常兵器の規制とアフリカ
榎本 珠良
日本アフリカ学会第46回学術大会   2009年5月23日   
近年の兵器移転規制と武器貿易条約 [招待有り]
榎本 珠良
日本安全保障貿易学会第8回研究大会   2009年3月21日   
近年の移転規制イニシアティブ概観:武器貿易条約(ATT)
夏木 碧
The Asia Pacific Regional Conference on an Arms Trade Treaty   2009年2月26日   オックスファム・日本外務省
他者表象と統治:援助組織が用いるイメージの変化から
榎本 珠良
人間の安全保障教育研究コンソーシアム2008年度研究大会   2008年9月21日   
還流し,交錯するまなざし:心理学化した開発・紛争ディスコースとIANSA・CAC
榎本 珠良
日本平和学会2008年度春季研究大会   2008年6月14日   
北部ウガンダ・アチョリ地域における1990年代以降の「伝統復興」
榎本 珠良
日本アフリカ学会第44回学術大会   2008年5月24日   
通常兵器・小型武器に関する1990年代以降の取り組みと日本の「市民社会」
榎本 珠良
日本NPO学会第10回年次大会   2008年3月16日   
「人間」の安全保障:紛争・開発ディスコースの心理学化と「人間」
榎本 珠良
人間の安全保障教育研究コンソーシアム2007 年度研究大会   2007年9月22日   
「アチョリの伝統的正義」をめぐる語り:"We didn't have ‘trauma’ before! It's cen!" [招待有り]
榎本 珠良
日本比較政治学会2007年度大会   2007年6月24日   
北部ウガンダ紛争と「アチョリの伝統的正義」
榎本 珠良
日本アフリカ学会第44回学術大会   2007年5月27日   
Transfer control: From the viewpoint of community protection [招待有り]
Midori Natsuki
Tokyo Workshop on Small Arms and Light Weapons   2007年3月13日   日本外務省
ライブ・エイドからライブ8へ:アフリカ・イメージへの一考察
榎本 珠良
日本アフリカ学会第43回学術大会   2006年5月27日   
北部ウガンダの状況への国際刑事裁判所の関与について
榎本 珠良
日本アフリカ学会第42回学術大会   2005年5月29日   

競争的資金等の研究課題

 
21 世紀の南アフリカと日本におけるシティズンシップ
文部科学省: 二国間交流事業、南アフリカ(NRF)との共同研究
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 波佐間 逸博
「「アフリカ潜在力」と現代世界の困難の克服:人類の未来を展望する総合的地域研究」
文部科学省: 科学研究費 基盤研究(S)
研究期間: 2016年5月 - 2021年3月    代表者: 松田 素二
「紛争の民衆的基盤と技術的基盤:原因論と解決・回避のための規範論」
文部科学省: 科学研究費 基盤研究(B)特設分野
研究期間: 2016年7月 - 2020年3月    代表者: 小野塚 知二
アフリカン・シティズンシップの解明:ウガンダ社会の動態とシティズンシップの関連性
文部科学省: 科学研究費 基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 波佐間 逸博
近年の通常兵器規制の特質と背景:安全保障研究と歴史研究の連携を目指して
文部科学省: 科学研究費 若手研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 榎本 珠良
軍縮・軍備管理と武器移転・技術移転に関する総合的歴史研究
文部科学省: 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
研究期間: 2015年4月 - 2020年3月    代表者: 横井 勝彦
軍縮・軍備管理の破綻に関する総合的歴史研究:戦間期の武器移転の連鎖構造を中心に
文部科学省: 科学研究費 基盤研究(A)
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月    代表者: 横井 勝彦
東アフリカ紛争多発地域において外部介入が生存基盤の再生に果たす役割
京都大学グローバルCOEプログラム「生存基盤持続型の発展を目指す地域研究拠点」: 次世代研究イニシアティブ研究助成
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月    代表者: 佐川徹との共同研究
正義と和平の両立を求めて:北部ウガンダの状況への国際刑事裁判所の関与と「赦し」
庭野平和財団: 平成17年度研究助成
研究期間: 2005年4月 - 2006年3月    代表者: 榎本 珠良

委員歴

 
2015年4月
 - 
現在
日本軍縮学会  編集委員
 

担当経験のある科目

 
 

団体運営など

 
「武器と市民社会」研究会
事務局担当・共同代表(2007年5月 - 現在)
国際小型武器行動ネットワーク
メンバー(2015年4月 - 現在)