伊藤民武

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/21 16:09
 
アバター
研究者氏名
伊藤民武
ハンドル
Tamitake ITOH
eメール
tamitake-itouaist.go.jp
所属
産業技術総合研究所
部署
健康工学研究部門
科研費研究者番号
00351742

プロフィール

Tamitake Itoh is currently a Senior Researcher of National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST) in Japan. He completed his PhD (2002) degree at Osaka University under supervision of Prof. Hiroshi Masuhara and Prof. Tsuyoshi Asahi. As postdoctoral research positions from 2002 to 2005, he worked at Kwansei Gakuin University. In 2005 April he became a Researcher in AIST and in 2010 April he was promoted as a Senior Researcher. In 2012 for an additional post he was appointed as a visiting Associate Professor at Nagoya University. His research theme is surface enhanced Raman spectroscopy at ensemble- and singleplasmonic nanoparticle levels.

論文

 
プラズモン共鳴によって数ナノメートル程度の空間に局在した電磁場と 1 分子との相互作用
伊藤民武
光化学= Photochemistry: 光化学協会会誌   47(2) 92-95   2016年8月
22aBP-7 銀ナノ粒子-PVA 系における CARS 信号の増強
茅野優也, 長尾将平, 前田健吾, 山本裕子, 伊藤民武, 中西俊介
日本物理学会講演概要集   71(1) 1642   2016年
表面プラズモンの分光学: 表面増強ラマン散乱
伊藤民武
分光研究   64(2) 381-396   2015年
3SAA-01 表面増強ラマン散乱の機構解明と疾病関連分子や細胞表面タンパク質分子の超高感度検出への応用 (3SAA 生物物理学の近未来-バイオ・ラマン研究の効きどころ
伊藤民武
生物物理   53(1) 100   2013年9月
表面増強ラマン散乱の電磁場増強の実証と生細胞> 表面たんぱく質の単分子リアルタイム検出への応用
伊藤民武
表面科学学術講演会要旨集 2016 年真空・表面科学合同講演会   332   2016年
バイオ・ラマン研究の効きどころ
盛田伸一, 伊藤民武
生物物理   53(1) 047-048   2013年
表面増強ラマン散乱による生細胞観察 (特集 物理科学, この 1 年)--(生物物理)
伊賀光博, 伊藤民武
パリティ   27(1) 77-79   2012年1月
表面増強ラマン散乱における電磁増強効果の検証
伊藤民武
光化学= Photochemistry   43(2) 75-82   2012年
表面増強ラマン散乱の 2 段階電磁場増強機構の検証
伊藤民武
ナノ学会会報   8(2) 61-69   2010年3月
SERS 分光とバクテリア観察への応用 (特集 ラマン分光とその応用最新動向)
伊藤民武
オプトロニクス   28(8) 129-135   2009年8月
単一酵母菌の細胞壁の表面増強ラマン散乱分光分析: 細胞表面の単一分子分析
伊藤民武, スジスアチヤナチル, 安部博子, 吉田健一, ビジュバステバンピライ, 石川満
レーザー学会研究会報告= Reports on the Topical meeting of the Laser Society of Japan   382 37-41   2009年1月
水中のチアシアニン分子の時間分解表面増強共鳴 Raman 散乱スペクトル
Yasutaka KITAHAMA, Yuhei TANAKA, Tamitake ITOH, Yukihiro OZAKI
Chem Lett   38(1) 54-55   2009年
30aVD-3 金属微粒子との相互作用による CdSe 量子ドットの発光特性変化 (30aVD 微粒子・ナノ結晶・局在中心, 領域 5 (光物性))
松本祐介, 山岡洋也, 鶴町徳昭, 伊藤寛, 中西俊介, 伊藤民武, 石川満
日本物理学会講演概要集   64(1) 764   2009年
19aZB-10 量子ドット・ポリマー系の発光特性 (微粒子・ナノ結晶, 表面・薄膜, 領域 5, 光物性)
金本嶺泰, 石井さやか, 松本祐介, 菅野恵一郎, 伊藤寛, 鶴町徳昭, 中西俊介, 伊藤民武, 石川満
日本物理学会講演概要集   62(1) 711   2007年2月
SERS の原理とマイクロバイオイメージング応用
伊藤民武, 石川満, 吉田健一, 尾崎幸洋, 福岡隆夫
電気学会研究会資料. BMS, バイオ・マイクロシステム研究会= The papers of Technical Meeting on Bio Micro Systems, IEE Japan   2007(1) 13-19   2007年1月