谷口亮人

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/14 18:50
 
アバター
研究者氏名
谷口亮人
 
タニグチ アキト
eメール
htrakitonara.kindai.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/10548837.ja.html
所属
近畿大学
部署
農学部 水産学科
職名
講師
学位
博士(農学)(広島大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2013年
   
 
近畿大学 農学部 助教
 

論文

 
Hamasaki Koji, Taniguchi Akito, Tada Yuya, Kaneko Ryo, Miki Takeshi
GENE   576(2) 650-656   2016年2月   [査読有り]
Akito Taniguchi, Takashi Yoshida, Kodai Hibino, Mitsuru Eguchi
Journal of Experimental Marine Biology and Ecology   469 105-112   2015年8月   [査読有り]
© 2015 Elsevier B.V. Coral mucus influences the composition and abundance of bacteria in the surrounding seawater. In this study, the phylogenetic affiliations of actively growing bacteria (AGB) in seawater supplemented with the mucus of Acropora ...
Akito Taniguchi, Takashi Yoshida, Mitsuru Eguchi
Journal of Experimental Marine Biology and Ecology   461 331-336   2014年12月   [査読有り]
© 2014 Elsevier B.V. Coral mucus influences the abundance and composition of microbes in the surrounding seawater. Here, the hypothesis that the mucus of the coral genera Acropora, Favia, Favites, and Goniastrea would influence bacterial growth (p...
Akito Taniguchi, Ryuichiro Aoki, Mitsuru Eguchi
Aquaculture Research   47(2) 370-378   2014年6月   [査読有り]
A major concern in larvae production is a mass mortality caused by fish diseases. In larvae production, pumped-up natural seawater filtered through a sand filter system is used for fish rearing, and microalgae and rotifer cultures. Here, we invest...
Yuya Tada, Ryosuke Makabe, Nobue Kasamatsu-Takazawa, Akito Taniguchi, Koji Hamasaki
Polar Biology   36(5) 691-704   2013年2月   [査読有り]
Roseobacter/Rhodobacter and SAR11, affiliated with Alphaproteobacteria, and the phylum Bacteroidetes constitute a large proportion of marine planktonic bacteria, but information about their growth and distribution patterns in the Southern Ocean is...

Misc

 
Akito Taniguchi, Ryuichiro Aoki, Mitsuru Eguchi
Aquaculture Research   47 370-378   2016年2月
© 2016 John Wiley & Sons Ltd. A major concern in larvae production is a mass mortality caused by fish diseases. In larvae production, pumped-up natural seawater filtered through a sand filter system is used for fish rearing, and microalgae and r...
吉田 隆志, 青木 隆一郎, 西村 翔太, 畔柳 裕樹, 谷口 亮人, 江口 充
日本微生物生態学会講演要旨集   (29)    2013年11月
青木 隆一郎, 小原 紘平, 梶 暁登, 谷口 亮人, 江口 充
日本微生物生態学会講演要旨集   (29)    2013年11月
平井 真弓, 谷口 亮人, 江口 充
日本微生物生態学会講演要旨集   (28)    2012年9月
吉田 隆志, 谷口 亮人, 江口 充
日本微生物生態学会講演要旨集   (28)    2012年9月

講演・口頭発表等

 
田辺湾養殖漁場の底泥に蓄積する有機物量の増減パターン
中瀬 玄徳, 江口 充, 家戸 敬太郎, 宮下 盛, 谷口 亮人, 諏訪 剛
平成24年度日本水産学会春季大会   2012年3月   平成24年度日本水産学会春季大会

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 谷口 亮人
近畿大学奄美実験場のクロマグロ養殖場では、サンゴが群棲している。環境に負荷を与える魚類養殖ときれいな海の象徴であるサンゴが共存しているこの事実は、至妙な物質循環が成立していることを示唆する。本研究では、サンゴが放出する粘液に注目して、この物質循環を支える細菌を解析した。具体的には、海水試料、ならびにサンゴ粘液をシリンジで直接採取した試料(粘液試料)および海水試料と粘液試料を混合した試料(混合試料)を用意した。平成25年度は、既得試料(平成21~24年5月および10月)と新規採取試料(平成2...