清野 陽一

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/08 09:56
 
アバター
研究者氏名
清野 陽一
 
セイノ ヨウイチ
ハンドル
seino
その他の所属
OSGeo財団OSGeo財団日本支部
科研費研究者番号
10721269
ORCID ID
0000-0003-2090-1060

プロフィール

考古学が専門です。日本古代(飛鳥時代から平安時代)にかけての地方行政に関心があります。分析対象としては、例えば、官衙遺跡や交通関連遺跡、生産遺跡などが挙げられます。一方で、地理情報にも興味があり、ツールとして地理情報システム(Geographical Information System: GIS)を用いて研究を行なっております。それらを組み合わせ、さらに文献史料も参考にしながら、古代の地方のことを明らかにしたいと思っております。現在は、その中でも、「郡」という領域がどのように確定されていったのか、について遺跡の分布と地形との関係性に注目しながら研究を行なっています。

研究分野

 
 

経歴

 
2014年8月
 - 
現在
独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所 都城発掘調査部考古第三研究室 研究員
 
2013年8月
 - 
2014年7月
人間文化研究機構 研究資源共有化事業委員会 特別研究員(特任助教)
 

学歴

 
2005年4月
 - 
2013年7月
京都大学大学院 人間・環境学研究科 共生文明学専攻
 
2002年4月
 - 
2005年3月
三重大学大学院 人文社会科学研究科 
 
2001年4月
 - 
2002年3月
筑波大学大学院 人文社会科学研究科 科目等履修生
 
1997年4月
 - 
2001年3月
筑波大学 第一学群 人文学類
 

委員歴

 
2014年4月
 - 
現在
情報処理学会人文科学とコンピュータ研究会  運営委員
 
2013年8月
 - 
現在
OSGeo Foundation  Charter Member
 
2013年8月
 - 
2015年4月
文部科学省 科学技術・学術政策研究所 科学技術動向研究センター  専門調査員
 
2013年4月
 - 
現在
京都大学地域研究統合情報センター  地域情報学プロジェクト個別共同研究ユニット共同研究員
 
2010年4月
 - 
現在
OSGeo財団日本支部  運営委員
 

論文

 
清野 陽一
地理   59(9) 40-48,図巻頭5   2014年9月   [招待有り]
清野陽一, 魚津知克
情報処理学会シンポジウム論文集   2012(7) 219-224   2012年11月
Revive the Past. Proceeding of the 39th Conference on Computer Applications and Quantitative Methods in Archaeology, Beijing, 12-16 April 2011.   326-333   2012年   [査読有り]
Revive the Past. Proceeding of the 39th Conference on Computer Applications and Quantitative Methods in Archaeology, Beijing, 12-16 April 2011.   334-342   2012年   [査読有り]
清野陽一
情報処理学会シンポジウム論文集   2011(8) 37-42   2011年12月
藤本悠, 近藤康久, 清野陽一, 山口欧志, 阿児雄之
情報処理学会シンポジウム論文集   2011(8) 5-10   2011年12月
FIELDWALK@KOZU: A preliminary report of the GPS/GIS-aided walking experiments for re-modeling prehistoric pathways at Kozushima Island (East Japan)
On the Road to Reconstructing the Past. Computer Applications and Quantitative Methods in Archaeology (CAA). Proceedings of the 36th International Conference. Budapest, April 2-6, 2008.   332-338   2011年   [査読有り]
清野陽一, 金田明大
情報処理学会シンポジウム論文集   2010(15) 159-164   2010年12月
金田明大, 清野陽一
日本文化財科学会大会研究発表要旨集   27th 182-183   2010年6月
GPS/GIS-aided walking experiments and data-driven travel cost modeling on the historical road of Nakasendo-Kisoji (Central Highland Japan)
Making History Interactive. Computer Applications and Quantitative Methods in Archaeology (CAA). Proceedings of the 37th International Conference, Williamsburg, Virginia, United States of America, March 22-26, 2009.   158-165   2010年4月   [査読有り]
Archaeo-GIS Workshopの結成と活動について
清野 陽一
情報考古学   13(2) 29-30   2008年3月

Misc

 
平城京と大和三道 探検!奈文研146
清野 陽一
読売新聞 奈良版   2016年7月17日    2016年7月   [依頼有り]
清野 陽一, せいの よういち, Seino Youichi
奈文研ニュース   59 2-2   2015年12月
どっちが近道?
清野 陽一
コラム作寶樓 なぶんけブログ      2015年5月
Organizing diverse and dispersed information on the endangered cultural properties by a voluntary initiative: consortium for the earthquake-damaged cultural heritage (CEDACH)
ISPRS SC Newsletter   5(1) 4-4   2011年5月   [依頼有り]
伊豆・神津島におけるGPSフィールド歩行実験(第1報)
近藤康久・阿児雄之・清野陽一・武田芳雅・平敷イネ・松本剛・山口欧志
日本情報考古学会講演論文集   (5)    2008年   [査読有り]
伊勢における古墳文化の終末—律令制成立期における伊勢国内の地域性理解に向けて—
清野 陽一
かにかくに 八賀晋先生古稀記念論文集   264-272   2004年5月
一志郡白山町二俣城の調査
清野 陽一
伊勢の中世   (99)    2003年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
奈良文化財研究所紀要2016
清野 陽一,廣瀬 覚, 大澤 正吾, 森川 実, 山本崇, 川畑 純, 山本 亮, 大谷育恵 (担当:共著, 範囲:藤原宮大極殿院の調査 ― 第186次)
独立行政法人国立文化財機構 奈良文化財研究所   2016年6月   
Markus Neteler, Helena Mitasova
開発社   2009年11月   ISBN:4759101276
国立文化財機構奈良文化財研究所 (担当:分担執筆, 範囲:常陸国の古墳分布と郡領域)
奈良文化財研究所   2009年1月   ISBN:9784902010695
郡衙周辺寺院の研究 因幡国気多郡衙と周辺寺院の分析を中心に
清野陽一・山中敏史 (担当:分担執筆, 範囲:II 因幡国気多郡の歴史地理的環境(山中と共著)・VI-4因幡国気多郡衙と周辺寺院造営の歴史的背景(1)気多郡域内の古墳分布とその特徴・(2)郡内の主要勢力とその基盤、VI-4(3)気多郡衙と近接寺院の立地と在地勢力(山中と共著))
奈良文化財研究所   2006年11月   
文化財研究所奈良文化財研究所 (担当:共編者)
奈良文化財研究所   2005年   ISBN:4902010321
霞ヶ浦町遺跡分布調査報告書 —遺物編—
清野 陽一 (担当:分担執筆, 範囲:第6部 時代別遺物通覧 V.奈良・平安時代)
霞ヶ浦町教育委員会・筑波大学考古学研究室   2004年12月   
安濃町詳細遺跡分布調査報告書
田中秀和・清野陽一・三品典生 (担当:分担執筆, 範囲:調査成果 第3節 安濃地区の遺跡・第4節 明合地区の遺跡)
安濃町教育委員会   2004年3月   
文化財研究所奈良文化財研究所, 舘野 和己, 田中 広明, 岸本 道昭, 小田 賢, 三浦 純夫, 高橋 美久二, 永田 英明, 馬場 基 (担当:共編者)
文化財研究所奈良文化財研究所   2004年   ISBN:4902010224
宇賀新田古墳群
山中章・三品典生・西川麻野・服部英世・山田真靖・三輪友美・山田智真・清野陽一 (担当:共編者)
大安町教育委員会・三重大学人文学考古学研究室   2003年3月   
霞ヶ浦町遺跡分布調査報告書 —遺跡地図編—
清野 陽一 (担当:分担執筆, 範囲:第3部 時代別遺跡概観 V.奈良・平安時代)
霞ヶ浦町教育委員会・筑波大学考古学研究室   2001年3月   

講演・口頭発表等

 
特別史跡藤原宮跡(大極殿院の調査/飛鳥藤原第186次調査)
清野 陽一
大和を掘る35-2016年度発掘調査速報展-土曜講座   2017年8月5日   奈良県立橿原考古学研究所附属博物館
デジタル地図で読む古代人の「旅」
清野 陽一
第120回奈良文化財研究所公開講演会   2017年6月17日   独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所
Enhancing ISO Standards of temporal attributes in information systems for historical or archaeological objects
Japanese Association for Digital Humanities Conference 2016   2016年9月13日   The Japanese Association for Digital Humanities
頭塔の東大寺式軒瓦
清野 陽一
古代瓦研究会 第16回シンポジウム 8世紀の瓦づくりV ―東大寺式軒瓦の展開―   2016年2月6日   古代瓦研究会
地理情報標準に準拠した時間属性定義の拡張
村尾 吉章, 森本 晋, 清野 陽一, 藤本 悠, 玉置 三紀夫
地理情報システム学会第24回研究発表大会   2015年10月10日   
清野 陽一
情報処理学会研究報告. 人文科学とコンピュータ研究会報告   2015年1月24日   
日本において日本を対象とした考古学研究を行っている研究者にとって,コンピュータの利活用は近いようで遠い存在である.筆者は地理情報システム (GIS) を活用した研究を行っているため,他者と比べれば人文科学とコンピュータ研究やデジタル人文学について親和性を持つが,一般的な研究者にとってはいまだに 「文房具としてのコンピュータ」 の域を出ていないのが実情であろう.現在の日本におけるコンピュータを活用した考古学研究の研究環境,特に若手研究者を取り巻く環境を概観した上で,情報処理学会人文科学とコン...
遺構情報モデルに基づいた不確かな時間属性の適用
村尾 吉章, 碓井 照子, 森本 晋, 清水 啓治, 清野 陽一, 藤本 悠, 玉置 三紀夫
地理情報システム学会第23回研究発表大会   2014年11月8日   
The Construction of Accurate Old Landform Data based on the Collaborative Edit Scientifically
Yoichi SEINO, Mamiko Mataza, Takafusa Iizuka
Japanese Association for Digital Humanities Conference 2014 - Bridging GLAM and Humanities through Digital Humanities   2014年9月20日   
清野 陽一, 山田 太造, 高田 智和, 古瀬 蔵
情報処理学会研究報告. 人文科学とコンピュータ研究会報告   2014年7月26日   
『古事類苑』 および芳賀矢一編 『日本人名辞典』 から抽出した人物等を対象とする 「人名一覧表示システム」 について紹介する.本システムは,近代以前の人名の一覧中に,『日本人名辞典』 に掲載されている 「解説」 を説明文として提示する.また,姓名等をキーワードとして,人間文化研究機構の統合検索システム nihuINT での検索を実行する機能により,人名等に関連した様々な人文科学研究資源にアクセスすることが可能となる.
日本古代におけるヒューマンスケールな空間復元を目指して 附考古学における地理情報管理について [招待有り]
清野 陽一
人文地理学会 第135回歴史地理研究部会   2014年7月5日   
人間文化研究機構の資源共有化事業について: 統合検索システム
清野 陽一
H-GIS研究会共同研究会   2014年2月8日   
The possibility about the collaborative creation of wide area ancient digital terrain database
清野 陽一
The Second International Conference of Asian Network for GIS-based Historical Studies (ANGIS)   2013年12月9日   
Designing the Chronological Reference Model to define temporal attributes
村尾 吉章, 清野 陽一
The Third Annual Conference of The Japanese Association for Digital Humanities   2013年9月21日   
Goshikizuka, the Typical “Tumulus by the Sea” in the Japanese Ancient Period: Geographical Background
魚津 知克, 清野 陽一, 福井 亘
IGU(International Geographical Union) Kyoto Regional Conference   2013年8月7日   
Human-readable or Machine-readable? - The issue of table and database in archaeological report in Japan
CAA 2013(CAA (Computer Applications and Quantitative Methods in Archaeology))   2013年3月26日   
村尾吉章, 碓井照子, 森本晋, 清水啓治, 藤本悠, 清野陽一, 玉置三紀夫
地理情報システム学会講演論文集(CD-ROM)   2013年   
An Attempt at the Geographical Computerization about Nankai Megathrust Earthquakes' Tsunami Monuments
The First International Conference of Asian Network for GIS-based Historical Studies (ANGIS)   2012年12月2日   
Activities in Japan [招待有り]
清野 陽一
The First International Conference of Asian Network for GIS-based Historical Studies (ANGIS)   2012年12月1日   
Between the Publication and Integrity - The issue of GI "Security" in Cultural Resource Management
The 4th International Conference on Remote Sensing in Archaeology (ICRSA4)   2012年10月25日   
The spatial analysis about the Gun-ga distribution in the Ancient Japanese History
清野 陽一
The Japanese Association for Digital Humanities 2012 "Inheriting Humanities"   2012年9月16日   
Is It Really The "GOOD" Place? -The spatial analysis about the distribution of the Japanese Ancient Local government office "Gunga"
清野 陽一
CAA 2012(CAA (Computer Applications and Quantitative Methods in Archaeology))   2012年3月29日   
From system to society and safety: Twelve months of Consortium for the Earthquake-Damaged Cultural Heritage of Japan
CAA 2012(CAA (Computer Applications and Quantitative Methods in Archaeology))   2012年3月27日   
村尾吉章, 碓井照子, 森本晋, 清水啓治, 清野陽一, 藤本悠, 玉置三紀夫
地理情報システム学会講演論文集(CD−ROM)   2012年   
日本古代史における移動コスト分析のシミュレーション結果とGPSを活用した実地データの比較検討 - 藤原仲麻呂の乱における東山道と田原道の比較実験から
清野 陽一・金田 明大
地理情報システム学会第20回研究発表大会   2011年10月16日   
FLOSSによるデスクトップGIS [招待有り]
清野 陽一
GIS上級技術者教育講座(通称:GISブラッシュアップ・セミナー)   2011年9月24日   
Read Between The Lines - The Application of GIS to the Japanese Ancient Historical Study –
CAA 2011(CAA (Computer Applications and Quantitative Methods in Archaeology))   2011年4月   
Cultural resource management in the disaster zone: A report on a voluntary initiative for the information-gathering of the earthquake-damaged cultural heritage in Japan
CAA 2011(CAA (Computer Applications and Quantitative Methods in Archaeology))   2011年4月   
村尾吉章, 碓井照子, 森本晋, 清水啓治, 清野陽一, 藤本悠, 玉置三紀夫
地理情報システム学会講演論文集(CD−ROM)   2011年   
岩崎亘典, 今木洋大, 臼田裕一郎, 大澤剛士, 大島英幹, 岡田明浩, 嘉山陽一, 清野陽一, 瀬戸寿一, 田口仁, 寺元郁博, 奈良崎優, 林博文, 古川泰人, 松浦慎平, 森亮, 山北剛久, 山口高志, 山手規裕, 吉田大介
地理情報システム学会講演論文集(CD−ROM)   2011年   
近藤康久, 藤本悠, 清野陽一, 山口欧志
地理情報システム学会講演論文集(CD−ROM)   2011年   
考古学とFOSS4G [招待有り]
清野 陽一
第15回 遺跡GIS研究会   2010年11月29日   
大規模で構造的な遺構への遺構情報モデルの適用
村尾吉章・碓井照子・森本晋・清水啓治・清野陽一・藤本悠
地理情報システム学会第19回研究発表大会   2010年10月23日   
日本古代史研究におけるGIS利用の可能性について [招待有り]
清野 陽一
第201回近江貝塚研究会7月例会   2010年7月24日   
GISによる景観形成史研究への一案 [招待有り]
清野 陽一
総合地球環境学研究所「東アジア内海の新石器化と現代化:景観の形成史」プロジェクト2009年度第7回景観セミナー   2010年2月26日   
村尾 吉章, 碓井 照子, 森本 晋, 清水 啓治, 藤本 悠, 清野 陽一, 山本 由佳
地理情報システム学会講演論文集 = Papers and proceedings of the Geographic Information Systems Association   2009年10月15日   
Born Digital, Liberate from the Paper: A Case Study and Perspectives about Applications of Voice Recording and other Digital Recording Methods for the Archaeological Fieldwork
22nd CIPA Symposium   2009年10月13日   
歩行データに基づく移動コスト計算方試案 ―中山道木曽路におけるGPSフィールド実験から―
近藤康久・清野陽一
日本情報考古学会第26回大会   2009年5月30日   
「野外調査における音声情報を活用したリアルタイム・レコーディングの試みと展望について
清野 陽一・近藤康久
第4回文化遺産のデジタルドキュメンテーションと利活用に関するワークショップ   2009年3月15日   

Works

 
人名一覧表示システム
清野 陽一   データベース   2014年7月

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 清野 陽一
本研究の目的は、各種歴史的史資料を分析することで、地理情報システム (GIS) を用いた古代日本における人間の移動時間(およびそれで表現される移動コスト)の最適な計算条件を発見することである。
現在一般的に使われる地理情報システム (GIS) では海外の近現代のデータに基づいて算出されたパラメータを用いて計算されてしまうため、無条件での計算では妥当な計算結果が求められない問題がある。実際の古代日本に関する史資料を分析し、当時の人々に即したパラメータを求めることで、実際の地形を考慮して人々が...

社会貢献活動

 
遺跡管理のためのGIS(地理情報システム)構築に向けた実習
【講師】  東京文化財研究所  (タンロン遺産保存センター, ハノイ, ベトナム)  2013年5月15日 - 2013年5月18日