石渡 明弘

J-GLOBALへ         更新日: 16/11/16 14:38
 
アバター
研究者氏名
石渡 明弘
URL
http://www.riken.jp/research/labs/chief/synth_cell_chem/
所属
特定国立研究開発法人理化学研究所
職名
専任研究員
学位
博士(理学)(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2007年4月
 - 
現在
独立行政法人理化学研究所 専任研究員
 

委員歴

 
2014年1月
 - 
現在
Forum: Carbohydrates Coming of Age  幹事
 

受賞

 
2009年3月
日本化学会 第23回若い世代の特別講演会講演者証
 

論文

 
N-Glycosylation with synthetic undecaprenyl pyrophosphate-linked oligosaccharide to oligopeptides by PglB oligosaccharyltransferase from Campylobacter jejuni
Ishiwata A, Taguchi Y, Lee YJ, Watanabe T, Kohda D, Ito Y
ChemBioChem   16(5) 731-737   2015年2月   [査読有り]
Synthesis of Highly Glycosylated Hydrophilic Motif of Extensins
Ishiwata A, Kaeothip S, Takeda Y, Ito Y
Angewandte Chemie, International Edition   53 9812-9816   2014年7月   [査読有り]
Crystal structure of glycoside hydrolase family 127 β-L-arabinofuranosidase from Bifidobacterium longum
Ito T, Saikawa K, Kim S, Fujita K, Ishiwata A, Kaeothip S, Arakawa T, Wakagi T, Beckham G T, Ito Y, Fushinobu S
Biochemical & Biophysical Research Communications   447 32-37   2014年3月   [査読有り]
Preparation of p-nitrophenyl β-L-arabinofuranoside as a substrate of β-L-arabinofuranosidase
Kaeothip S, Ishiwata A, Ito T, Fushinobu S, Fujita K, Ito Y
Carbohydrate Research   382 95-100   2013年12月   [査読有り]
Kaeothip S, Ishiwata A, Ito Y
Organic & biomolecular chemistry   11 5892-5907   2013年8月   [査読有り]

Misc

 
重水素発見の経緯と重水素標識による生体関連分子の化学研究への応用
石渡明弘
化学と教育   61(8) 400-403   2013年8月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Stereoselective synthesis of 1,2-cis-β-arabinofuranosylated oligosaccharides and glycoconjugates from plant [招待有り]
Akihiro Ishiwata, Yukishige Ito
The 8th Asian Community of Glycoscience and Glycotechnology, Annual Conference   2016年10月14日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C), 基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 石渡 明弘
本申請では、「多分岐複合糖質糖鎖化学合成へのアプローチ」を取り上げ、合成化学的に極めて構築困難な糖鎖分岐構造の、収斂的糖鎖構築へ向けた新規方法論を開発し、結核菌細胞壁成分のアラビノガラクタンや、腫瘍の転移や浸潤に関与が示唆される複合型糖タンパク質糖鎖などの構築を目的とする。本研究では、1)アラビノガラクタンの多分岐構造、2)分泌系複合型糖タンパク質糖鎖の多分岐構造をターゲットに研究を進める。両者に含まれる多分岐構造構築は反応効率の点で大問題があり、その問題解決は必須である。そこで本年度は昨...