相木秀則

J-GLOBALへ         更新日: 16/04/28 00:50
 
アバター
研究者氏名
相木秀則
 
アイキ ヒデノリ
URL
http://co2.hyarc.nagoya-u.ac.jp/labhp/member/aiki/
所属
名古屋大学
部署
宇宙地球環境研究所
職名
准教授
学位
理学(東京大学)
その他の所属
海洋研究開発機構

プロフィール

http://profs.provost.nagoya-u.ac.jp/view/html/100008775_ja.html
http://www.jamstec.go.jp/frcgc/research/d1/aiki/

研究分野

 
 

経歴

 
2016年
 - 
現在
名古屋大学 宇宙地球環境研究所 准教授
 
2010年
 - 
2015年
海洋研究開発機構 APL 主任研究員
 
2005年
 - 
2009年
海洋研究開発機構 RIGC 研究員
 
2007年
 - 
2008年
ハワイ大学 国際太平洋研究センター 客員研究員(兼任)
 
2007年
 - 
2008年
日本学術振興会 海外特別研究員(兼任)
 
2003年
 - 
2004年
海洋科学技術センター FRCGC ポスドク研究員
 
2001年
 - 
2002年
宇宙開発事業団 FRCGC 招聘研究員(常勤)
 
1998年
 - 
2000年
日本学術振興会 特別研究員DC1
 

受賞

 
2015年
米国地球物理学会 優秀査読者賞
 
https://eos.org/agu-news/2014-editors-citations-for-excellence-in-refereeing
2004年
日本流体力学会 竜門賞
 

論文

 
A new expression for the form stress term in the vertically Lagrangian mean framework for the effect of surface waves on the upper ocean circulation
AIKI Hidenori, GREATBATCH Richard J.
J Phys Oceanogr   44(1) 3-23   2014年1月   [招待有り]
HUA Bach Lien, MENESGUEN Claire, LE GENTIL Sylvie, SCHOPP Richard, MARSSET Bruno, AIKI Hidenori
J Fluid Mech   731 418-442   2013年9月
AIKI Hidenori, GREATBATCH Richard J.
J Phys Oceanogr   42(5) 725-747   2012年5月
Aiki H, Richards K, amp; Sakuma H
61(5) 675-700   2011年   [査読有り]
Aiki, H, Richards, K & Sakuma, H, 2011, 'Maintenance of the mean kinetic energy in the global ocean by the barotropic and baroclinic energy routes: the roles of JEBAR and Ekman dynamics', vol. 61, no. 5, pp. 675-700.
AIKI Hidenori, RICHARDS Kelvin J.
J Phys Oceanogr   38(9) 1845-1869   2008年9月
JACOBSON Tivon, AIKI Hidenori
J Phys Oceanogr   36(3) 558-564   2006年3月
Aiki H, Takahashi K, amp; Yamagata T
26(12-13) 1448-1468   2006年   [査読有り]
Aiki, H, Takahashi, K & Yamagata, T, 2006, 'The Red Sea outflow regulated by the Indian monsoon', vol. 26, no. 12-13, pp. 1448-1468.
Aiki H
31(19.)    2004年   [査読有り]
Aiki, H, 2004, 'Parameterizing ocean eddy transports from surface to bottom', vol. 31, no. 19.
Aiki H, amp; Yamagata T
92(1-2) 1-29   2000年   [査読有り]
Aiki, H & Yamagata, T, 2000, 'Successive formation of planetary lenses in an intermediate layer', vol. 92, no. 1-2, pp. 1-29.

講演・口頭発表等

 
久保圭之, 篠田太郎, 相木秀則, 吉岡真由美, 加藤雅也, 坪木和久
日本気象学会大会講演予稿集   2013年10月31日   
相木秀則, GREATBATCH R.J.
日本海洋学会大会講演要旨集   2013年8月30日   
金澤太哉, 森本昭彦, 加藤雅也, 吉岡真由美, 相木秀則, 坪木和久
日本海洋学会大会講演要旨集   2013年8月30日   
吉岡真由美, 美山透, 飯塚聡, 万田敦昌, 川合義美, 中村尚, 相木秀則, 坪木和久, 榊原篤志
日本気象学会大会講演予稿集   2013年4月30日   
相木秀則, GREATBATCH Richard
日本海洋学会大会講演要旨集   2013年3月11日   
篠田太郎, 加藤雅也, 吉岡真由美, 相木秀則, SMEDSTAD Lucy F., 米山邦夫, 勝俣昌己, 坪木和久, 上田博
日本気象学会大会講演予稿集   2012年9月30日   
加藤雅也, 吉岡真由美, 相木秀則, 篠田太郎, 坪木和久
日本気象学会大会講演予稿集   2012年9月30日   
相木秀則, 田村仁, 吉岡真由美, 坪木和久
日本海洋学会大会講演要旨集   2012年9月1日   
吉岡真由美, 相木秀則, 坪木和久, 榊原篤志
日本気象学会大会講演予稿集   2012年4月30日   
相木秀則, GREATBATCH Richard
日本気象学会大会講演予稿集   2012年4月30日   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 相木 秀則
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 相木 秀則
雲解像大気モデル(CreSS:Croud Resolving Storm Simulator:名古屋大学)と非静力海洋モデル(NHOES:Nonhydrostatic Ocean model for the Earth Simulator:海洋研究開発機構)の結合モデルをベースにしてモデル開発を進めた.従来の結合モデルでは大気海洋間の各種フラックス(風応力や熱フラックス)が単純なバルク式によって見積もられ、海面の波浪の砕波などの情報が考慮されていなかった。そこで新たに波浪モデルをコーディン...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 相木 秀則
海流と地形の作用および波と平均流との相互作用を対象とした統一的なエネルギー解析のフレームワークを開発した.このフレームワークを用いて各種海洋シミュレーションの結果の診断を行い,南極周回流がドレーク海峡で受ける地形の効果やインドネシアの潮汐流による非静力内部重力波の形成に関する素過程と類似性について考察した.また傾圧不安定渦のパラメタリゼーションで培った残差平均手法を海面波に応用するための理論基盤を構築した.
海洋内部の渦形状抵抗の解析とインド太平洋域の中深層循環のモデリング研究
日本学術振興会: 海外特別研究員
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 相木 秀則
海洋の中層孤立渦の連続生成に関する研究
日本学術振興会: 特別研究員
研究期間: 1998年 - 2001年    代表者: 相木 秀則