金岡 晃

J-GLOBALへ         更新日: 16/09/27 15:44
 
アバター
研究者氏名
金岡 晃
 
カナオカアキラ
URL
https://www.klab.is.sci.toho-u.ac.jp
所属
東邦大学
部署
理学部 情報科学科
職名
講師
学位
博士(工学)(筑波大学)
科研費研究者番号
00455924
Twitter ID
akirakanaoka

プロフィール

東邦大学で講師をしています。

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
東邦大学 理学部 情報科学科 講師
 
2011年4月
 - 
2016年3月
情報通信研究機構 招聘専門員
 
2013年4月
 - 
2014年3月
筑波大学大学院 システム情報工学研究科 非常勤講師
 
2008年4月
 - 
2013年3月
筑波大学大学院 システム情報工学研究科 助教
 
2008年4月
 - 
2013年3月
東邦大学 理学部 情報科学科 非常勤講師
 
2007年4月
 - 
2008年3月
筑波大学大学院 システム情報工学研究科 研究員
 
2004年4月
 - 
2007年3月
セコム株式会社 IS研究所 研究員
 
2002年4月
 - 
2004年3月
筑波大学大学院 システム情報工学研究科 コンピュータサイエンス専攻 博士課程
 

論文

 
社会的影響を考慮したパスワード強度メーターの提案
大山敬博, 金岡晃
情報処理学会論文誌      2016年12月   [査読有り]
A KEM/DEM-based Construction for Secure and Anonymous Communication
Keita Emura, Akira Kanaoka, Satoshi Ohta, Takeshi Takahashi
The 39th Annual International Computers, Software & Applications Conference (COMPSAC 2015) <Fast Abstract>      2015年7月   [査読有り]
Privacy Preserved Rule-based Risk Analysis through Secure Multi-Party Computation
Yu Liu, Nasato Goto, Akira Kanaoka, Eiji Okamoto
The 10th Asia Joint Conference on Information Security (AsiaJCIS 2015)      2015年5月   [査読有り]
METRO: Measurement Of End-to-End Route Trust
Nasato Goto, Akira Kanaoka, Masayuki Okada, Eiji Okamoto
Journal of Information Processing   23(5)    2015年   [査読有り]
Secure and Anonymous Communication Technique: Formal Model and its Prototype Implementation
Keita Emura, Akira Kanaoka, Satoshi Ohta, Kazumasa Omote, Takeshi Takahashi
IEEE Transactions on Emerging Topics in Computing      2015年   [査読有り]
New Methods to Ensure Security to Increase User's Sense of Safety in Cloud Services
Yohtaro MIYANISHI, Akira KANAOKA, Fumiaki SATO, Xiaogong HAN, Shinji KITAGAMI, Yoshiyori URANO, Norio SHIRATORI
The International Workshop on New Models, Algorithms and Simulation Tools for Cloud Computing, Cloud Brokering, Internet Shopping, and e-Commerce Trading (BusinessClouds 2014)      2014年12月   [査読有り]
Data Model for Android Package Information and Its Application to Risk Analysis System
Takeshi Takahashi, Koji Nakao, Akira Kanaoka
The first ACM Workshop on Information Sharing and Collaborative Security (WISCS 2014)      2014年11月   [査読有り]
METRO: Measurement Of End-to-End Route Trust
Nasato Goto, Akira Kanaoka, Masayuki Okada, Eiji Okamoto
The 9th Asia Joint Conference on Information Security (AsiaJCIS 2014)      2014年9月   [査読有り]
Transparent Probabilistic Packet Marking
Masayuki Okada, Nasato Goto, Akira Kanaoka, Eiji Okamoto
Journal of Information Processing   55(9)    2014年9月   [査読有り]
HTTPプロキシサーバでのCookie挿入によるバックドア通信の検出
加藤 雅彦、小出 洋、金岡 晃、松川 博英、前田 典彦、岡本 栄司
情報処理学会論文誌   55(9)    2014年9月   [査読有り]
Expressing Security Requirements: Usability of Taxonomy-Based Requirement Identification Scheme
Takeshi Takahashi, Joona Kannisto, Jarmo Harju, Akira Kanaoka, Yuuki Takano, Shin'ichiro Matsuo
2014 IEEE World Congress on Services (SERVICES2014)      2014年7月   [査読有り]
A Secure Genetic Algorithm for the Subset Cover Problem and its Application to Privacy Protection
Dan Bogdanov, Keita Emura, Roman Jagomägis, Akira Kanaoka, Shin'ichiro Matsuo, Jan Willemson
Eighth Workshop in Information Security Theory and Practice (WISTP 2014)      2014年6月   [査読有り]
Building Secure and Anonymous Communication Channel: Formal Model and its Prototype Implementation
Keita Emura, Akira Kanaoka, Satoshi Ohta, Takeshi Takahashi
The 29th ACM Symposium on Applied Computing (SAC 2014)      2014年3月   [査読有り]
Toward Practical Searchable Symmetric Encryption
Wakaha Ogata, Keita Koiwa, Akira Kanaoka, and Shin'ichiro Matsuo
The 8th International Workshop on Security, IWSEC2013      2013年11月   [査読有り]
Detection of Unexpected Services and Communication Paths in Networked Systems
Ichita Higurashi, Akira Kanaoka, Masahiko Kato, Eiji Okamoto
Journal of Information Processing      2013年9月   [査読有り]
Construction of a Multi-Domain Functional Encryption System on Functional Information Infrastructure
Yusuke Niwa, Akira Kanaoka, Eiji Okamoto
The 16th International Conference on Network-Based Information Systems (NBiS-2013)      2013年9月   [査読有り]
A Device for Transparent Probabilistic Packet Marking
Masayuki Okada, Nasato Goto, Akira Kanaoka, Eiji Okamoto
The 4th IEEE International Workshop on Network Technologies for Security, Administration and Protection (NETSAP 2013)      2013年7月   [査読有り]
Risk Visualization and Alerting System for Mobile Devices: Architecture and Proof-of-Concept Implementation
Takeshi Takahashi, Keita Emura, Tadashi Minowa, Akira Kanaoka, Shin'ichiro Matsuo
the First International Workshop on Security in Embedded Systems and Smartphones (AsiaCCS SESP 2013)      2013年5月   [査読有り]
Tracing Attacks on Advanced Persistent Threat in Networked Systems
Masahiko Kato, Takumi Matsunami, Akira Kanaoka, Hiroshi Koide, Eiji Okamoto
5th Symposium on Configuration Analytics and Automation (SafeConfig 2012)      2012年10月   [査読有り]
Discovery of Unexpected Services and Communication Paths in Networked Systems
Ichita Higurashi, Akira Kanaoka, Masahiko Kato, Eiji Okamoto
5th Symposium on Configuration Analytics and Automation (SafeConfig 2012)      2012年10月   [査読有り]
攻撃通信検知のための合成型機械学習手法の一検討
小久保 博崇. 金岡 晃, 満保 雅浩, 岡本 栄司
情報処理学会論文誌   53(9)    2012年9月   [査読有り]
Achieving Identity-based Encryption Enabled SSL/TLS and Its Implementation on the OpenSSL and Apache HTTP Server
Akira Kanaoka, Takuya Houri, Eiji Okamoto
JWIS 2011      2011年10月   [査読有り]
確率的パケットマーキングにおける最適マーキング確率の推定
岡田 雅之, 金岡 晃, 勝野 恭治, 岡本 栄司
情報処理学会論文誌   52(9)    2011年9月   [査読有り]
ネットワークシステムにおける脆弱性影響の測定手法とシステム実装
原田 敏樹, 金岡 晃, 加藤 雅彦, 勝野 恭治, 岡本 栄司
情報処理学会論文誌   52(9)    2011年9月   [査読有り]
32-bit AS Number Based IP Traceback
M. Okada, A. Kanaoka, Y. Katsuno, E. Okamoto
the Fifth International Workshop on Advances in Information Security (WAIS-2011)      2011年6月   [査読有り]
DoS攻撃経路を効率的に再構築するためのトポロジ特性を利用した確率的パケットマーキング手法
金岡 晃, 岡田雅之, 勝野恭治, 岡本栄司
情報処理学会論文誌   52(3)    2011年3月
IDベース暗号の信頼構築フレームワーク
金岡 晃, 島岡政基, 岡本栄司
情報処理学会論文誌   51(9) 1692-1701   2010年9月   [査読有り]
安全なネットワークシステム設計のためのマルチレイヤネットワークモデルの提案と応用
金岡 晃, 原田敏樹, 加藤雅彦, 勝野恭治, 岡本栄司
情報処理学会論文誌   51(9) 1726-1735   2010年9月   [査読有り]
RFC Supported Implementation of Key Generation Center for Identity-based Encryption
A. Kanaoka, T. Houri, E. Okamoto
The 5th Joint Workshop on Information Security (JWIS 2010)      2010年8月   [査読有り]
Identifying Potentially-Impacted Area using CVSS for Networked Systems
T. Harada, A. Kanaoka, E. Okamoto, M. Kato
The First Workshop on Convergence Security and Privacy (CSnP 2010)      2010年7月   [査読有り]
メーリングリストを考慮したマスメール型ワームの感染数理モデル
金岡 晃, 勝野 恭治, 岡本 栄司
情報処理学会論文誌   51(3) 682-690   2010年3月   [査読有り]
FPGA and ASIC Implementations of the ηT Pairing in Characteristic Three
Jean-Luc Beuchat, Hiroshi Doi, Kaoru Fujita, Atsuo Inomata, Piseth Ith, Akira Kanaoka, Masayoshi Katouno, Masahiro Mambo, Eiji Okamoto, Takeshi Okamoto, Takaaki Shiga, Masaaki Shirase, Ryuji Soga, Tsuyoshi Takagi, Ananda Vithanage, and Hiroyasu Yamamoto
Computers and Electrical Engineering   36(1) 73-87   2010年1月   [査読有り]
Extraction of Parameters from Well Managed Networked System in Access Control
. Kanaoka, M. Katoh, N. Toudou, E. Okamoto
Proceedings of The Fourth International Conference on Internet Monitoring and Protection (ICIMP 2009)   56-61   2009年5月   [査読有り]
Propagation Model for a Mass-Mailing Worm with Mailing List
A. Kanaoka, E. Okamoto
Proceedings of World Academy of Science, Engineering and Technology (WASET)   36 99-102   2008年12月   [査読有り]
Networked System Modeling and its Access Control Characteristic Analysis
A. Kanaoka, M. Katoh, N. Toudou, E. Okamoto
Proceedings of World Academy of Science, Engineering and Technology (WASET),   35 125-133   2008年11月   [査読有り]
Multivariate Statistical Analysis of Network Traffic for Intrusion Detection
A. Kanaoka, E. Okamoto
Proceedings of the 14th International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA2003)   472-476   2003年9月   [査読有り]
IETFにおける侵入検知情報交換方式の問題点と対策
金岡 晃, 岡本 栄司
情報処理学会論文誌   44(8) 1830-1837   2003年8月   [査読有り]
On Optimum CDMA System over Additive Colored Gaussian Noise
A.Kanaoka, Y.Sato
The 5th CDMA International Conference & Exhibition      2000年11月   [査読有り]
Blind Equalization with Arbitrarily Fixed Time Delay
A.Kanaoka, Y.Sato
Proceedings of The 30th. ISCIE International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Application   129-133   1998年11月   [査読有り]

Misc

 
Large-scale Measurement Study of BGP Origin Validation Effect against Mis-Origination
Masahito Ando, Masayuki Okada, Akira Kanaoka
The 11th Asia Joint Conference on Information Security (AsiaJCIS 2016) Poster Session      2016年8月   [査読有り]
PointSeeker: 組織内ネットワークにおけるマルウェア被害リスクと対策効果測定
大庭怜於奈, 金岡 晃
マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2016)シンポジウム      2016年7月   [査読有り]
BGPのMis-Originationに対するOrigin Validationの有効性の評価
安藤正仁, 岡田雅之, 金岡晃
信学技報   116(79) 51-56   2016年6月
"I’m Stuck, Too!" Revisiting Difficulties of Using Web Authentication Mechanisms for Visually Impaired Person
Yuta Ota, Akira Kanaoka, Tatsuya Mori
The twelfth Symposium on Usable Privacy and Security (SOUPS 2016) Poster Session      2016年6月   [査読有り]
ジョニーはまだ暗号化できない?:暗号化とユーザビリティに関する研究の調査
緑川達也、金岡晃
研究報告セキュリティ心理学とトラスト(SPT)   2016-SPT-18(13) 1-8   2016年5月
IDベース認証機能付鍵交換のTLS適用とその実装評価
酒見由美、森川郁也、武仲正彦、落合秀也、金岡晃
2016年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2016)      2016年1月
IDベース暗号の鍵ライフサイクルに関する考察
武仲正彦、金岡晃、酒見由美
2016年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2016)      2016年1月
Androidアプリ向けの暗号利用のための新しい鍵管理および実装評価
森山大輔, 金岡 晃, Moti Yung
2016年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2016)      2016年1月
暗号と社会の素敵な出会い:0.編集にあたって
松尾真一郎, 金岡 晃
情報処理   56(11) 1056-1057   2015年11月
"“I’m Stuck!”: A Contextual Inquiry of People with Visual Impairment in Authentication"の紹介
金岡 晃
SOUPS2015論文読破会      2015年10月
可視化を利用したインタラクティブなマルウェア対策提示手法
大庭 怜於奈, 金岡 晃
コンピューターセキュリティシンポジウム2015 (CSS2015)      2015年10月
複数Androidアプリケーションによる情報集約の脅威分析
小野寺 渓太, 金岡 晃
コンピューターセキュリティシンポジウム2015 (CSS2015)      2015年10月
あのころの未来:0.編集にあたって
金岡 晃
情報処理   56(8) 730-731   2015年8月
StorXCrypt: An Architecture for Multi App Multi Device Cryptographic Support for Android and its Implementation
Daisuke Moriyama, Akira Kanaoka, Ryo Takeuchi, Moti Yung
24th USENIX Security Symposium Poster Session      2015年8月   [査読有り]
Password Strength Meters using Social Influence
Takahiro Ohyama, Akira Kanaoka
The 11th Symposium on Usable Privacy and Security (SOUPS 2015) Poster Session      2015年7月
研究者人生を変えるIPSJ-ONE
金岡 晃
情報処理   56(6) 596-599   2015年6月
映像情報メディア関連のセキュリティ(第5回)パスワードの安全性
金岡 晃
映像情報メディア学会誌   69(5) 437-441   2015年5月   [依頼有り]
セキュアマルチパーティ秘密計算法におけるユーザ安心感定量化の試み~情報システムの「安信性理論」の確立を目指して~
宮西 洋太郎 , 韓 嘯公 , 金岡 晃 , 佐藤 文明 , 北上 眞二 , 浦野 義頼 , 白鳥 則郎
研究報告コンピュータセキュリティ(CSEC)   2015-CSEC-68(41) 1-6   2015年2月
実用的な多機能検索可能暗号方式 ~身も蓋もない方式を考えてみた~
尾形わかは, 松尾真一郎, 金岡晃
2015年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS 2015)      2015年1月
IDベース暗号によるIoT向け相互認証方式の提案
酒見由美, 武仲正彦, 金岡晃
2015年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS 2015)      2015年1月
"The Effect of Social Influence on Security Sensitivity"の紹介
金岡 晃
SOUPS2014論文読破会      2014年10月
セキュアマルチパーティ計算に基づくプライバシー保護リスク分析手法
劉 瑜、後藤 成聡、金岡 晃、岡本 栄司
コンピューターセキュリティシンポジウム2014(CSS2014)      2014年10月
サービスへの高機能暗号の適用を容易にするフレームワークと暗号プロトコル記述言語
金岡 晃
コンピューターセキュリティシンポジウム2014(CSS2014)      2014年10月
実数演算可能な軽量秘密計算法の一考察
金岡 晃、宮西 洋太郎、韓 嘯公、北上 眞二、佐藤 文明、浦野 義頼、白鳥 則郎
コンピューターセキュリティシンポジウム2014(CSS2014 )      2014年10月
ビブリオ・トーク -私のオススメ-:機動警察パトレイバー 風速40メートル
金岡 晃
情報処理   55(9) 1022-1023   2014年9月
How do you build trust with your user?: Third party framework and its user interface providing trust information of cryptographic protocols
Akira Kanaoka
IWSEC 2014 Poster Session      2014年8月   [査読有り]
匿名性通信チャネルの構築 形式モデルとプロトタイプの実装
江村 恵太、金岡 晃、太田 悟史、高橋 健志
マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2014)シンポジウム      2014年7月   [査読有り]
ランサムウェアの脅威分析と対策検討
金岡 晃、大東 俊博
信学技報      2014年6月
OpenFlow機器間認証へのIDベース暗号の適用
風間 朋子、金岡 晃
信学技報   113(502, ICSS2013-69) 43-48   2014年3月
ネットワークプリンタへのなりすましと中間者攻撃の脅威の考察
榎本 由香、金岡 晃
信学技報   113(502, ICSS2013-68) 37-41   2014年3月
暗号技術の信頼情報を提供するクライアント側機構とユーザインタフェースの提案
岩橋 敏幸, 金岡 晃
情報処理学会 研究報告セキュリティ心理学とトラスト(SPT)   2013-SPT-8    2014年3月
より強いパスワード設定へと導くパスワードメータの提案
黒澤 秀太、金岡 晃
情報処理学会 研究報告セキュリティ心理学とトラスト(SPT)   2013-SPT-8    2014年3月
Android OS端末の情報漏えい通知におけるJust-In-Time Notificationの改良
山方 雄太、金岡 晃
情報処理学会 研究報告コンピュータセキュリティ(CSEC)   2013-CSEC-64(46) 1-6   2014年2月
Android端末のリスク判定フレームワークとそのプロトタイプ構築
高橋 健志、高野 祐輝、中尾 康二、太田 悟史、金岡 晃、坂根 昌一、松尾 真一郎
2014年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS 2014)      2014年1月
動的かつ並列化された検索可能対称暗号の改良方式
小岩 敬太、金岡 晃、岡本 栄司
2014年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS 2014)      2014年1月
"On The Ecological Validity of a Password Study"の紹介
金岡 晃
情報処理学会 研究報告セキュリティ心理学とトラスト(SPT)   2013-SPT-7(13) 1-2   2013年11月
"Your Attention Please: Designing security-decision UIs to make genuine risks harder to ignore"の紹介
岩橋 敏幸, 金岡 晃
情報処理学会 研究報告セキュリティ心理学とトラスト(SPT)   2013-SPT-7(6) 1-2   2013年11月
組織内ネットワークとマルウェアのモデル化データを用いたマルウェア被害分析
金岡 晃、加藤 雅彦、小出 洋、岡本 栄司
コンピュータセキュリティシンポジウム2013(CSS2013)      2013年10月
モバイル端末のリスク分析と対策の自動適用手法
陳 帥、金岡 晃、須賀 祐治、加藤 雅彦、松尾 真一郎、岡本 栄司
コンピュータセキュリティシンポジウム2013(CSS2013)      2013年10月
RSTPを使った透過型PPMシステムの耐障害性向上
後藤 成聡、金岡 晃、岡田 雅之、岡本 栄司
コンピュータセキュリティシンポジウム2013(CSS2013)      2013年10月
HTTP Proxyを使ったCookie挿入による不正通信の検出
加藤 雅彦、小出 洋、金岡 晃、松川 博英、前田 典彦、岡本 栄司
コンピュータセキュリティシンポジウム2013(CSS2013)      2013年10月
現実的なインターネットトポロジを考慮した確率的パケットマーキング手法の提案と評価
後藤 成聡、金岡 晃、岡本 栄司、 岡田 雅之
マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2013)シンポジウム      2013年7月   [査読有り]
利用者の知識レベルに応じたリスクの可視化に関する考察
金岡 晃、石川 尚樹、緒方 悠人、北島 暢曜、韓 海燕
マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2013)シンポジウム      2013年7月   [査読有り]
事前共有鍵に基づくTLSのIDベース暗号による拡張
酒見由美、伊豆哲也、武仲正彦、金岡晃
信学技報 ISEC2013-43   103(135) 315-321   2013年7月
タッチパネルによる手指の行動的特徴を用いた生体認証に関する一考察
居城秀明、金岡 晃、岡本栄司、金山直樹
情報処理学会 研究報告 コンピュータセキュリティ   2013-CSEC-60(15) 1-8   2013年3月
汎用的に利用可能なペアリング暗号C言語ライブラリの開発
石井健太、齋藤和孝、金岡 晃、金山直樹、岡本栄司
2013年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2013)      2013年1月
マーク付きパケット到着確率に基づく確率的パケットマーキング手法の評価
後藤成聡、金岡 晃、岡田雅之、岡本栄司
信学技報      2012年11月
小型サーバー上でのID ベース暗号鍵生成センタの実装
丹羽祐介、金岡 晃、岡本栄司
コンピュータセキュリティシンポジウム2012 (CSS2012)      2012年10月
設計者の意図しないサービスと通信経路の発見手法
日暮一太、金岡 晃、岡本栄司
コンピュータセキュリティシンポジウム2012 (CSS2012)      2012年10月
複数台のおとりマシンによる HTTP-GET Flood 攻撃対策
吉田祥真、三上烈史、小林良太郎、加藤雅彦、金岡 晃
第11回情報科学技術フォーラム(FIT2012)      2012年9月
一時的アクセス権を用いたインターネット予約システムにおけるクライアントのスケジューリング
三上烈史、吉田祥真、小林良太郎、加藤雅彦、金岡 晃
第11回情報科学技術フォーラム(FIT2012)      2012年9月
Tracing Attacks on Advanced Persistent Threat in Networked Systems
Masahiko Kato, Takumi Matsunami, Akira Kanaoka, Hiroshi Koide, Eiji Okamoto
21st USENIX Security Symposium Poster Session      2012年8月   [査読有り]
Transparent Probabilistic Packet Marking: Proposal and Development
Akira Kanaoka, Nasato Goto, Masayuki Okada, Eiji Okamoto
21st USENIX Security Symposium Poster Session      2012年8月   [査読有り]
利用方法に応じたリスクの可視化と適切なセキュリティ対策実施のためのアーキテクチャのグランドデザイン
松尾真一郎・金岡 晃・高橋健志・三輪信介・蓑輪 正
信学技報      2012年7月
Visualization of user’s end-to-end security risks
Takeshi Takahashi, Shin’ichiro Matsuo, Akira Kanaoka, Keita Emura, Yuuki Takano
The eighth Symposium on Usable Privacy and Security (SOUPS 2012) Poster Session      2012年7月
Prototype System for Visualizing Security Risks on Mobile Devices
Shin'ichiro Matsuo, Akira Kanaoka, Takeshi Takahashi, Tadashi Minowa
The eighth Symposium on Usable Privacy and Security (SOUPS 2012) Demo Session      2012年7月
Workshop on Usable Security (USEC12) 参加報告
金岡 晃, 高橋 健志
情報処理学会 研究報告 情報セキュリティ心理学とトラスト(SPT)   2012-SPT-3(18) 1-3   2012年5月
透過型確率的パケットマーキング装置の提案と開発
金岡 晃、岡田雅之、岡本栄司
信学技報      2012年3月
「新しいタイプの攻撃」への対策支援と,そのタスクスケジューリングの手法を用いた並列分散処理化手法の提案
松浪拓海,小出洋,金岡晃,加藤雅彦
情報処理学会 第53回プログラミング・シンポジウム      2012年1月
小型サーバ上でのIDベース暗号鍵発行サーバの開発とユースケースの検討
丹羽 祐介、金岡 晃、岡本 栄司
2012年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2012)      2012年1月
OAuthを利用した属性ベース暗号システムの構成とその実装
國武 大記、金岡 晃、岡本 栄司
2012年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2012)      2012年1月
Toward Practical Probabilistic Packet Marking
Akira Kanaoka, Eiji Okamoto
IWSEC 2011 Poster      2011年11月   [査読有り]
必要なレベルに対して適切にセキュリティを提供する「そこそこセキュリティ」の実現に向けて
金岡 晃
信学技報      2011年11月
確率的パケットマーキング手法の実用化検討
金岡 晃、岡田雅之、岡本栄司
コンピューターセキュリティシンポジウム 2011(CSS2011)      2011年10月
マルチレイヤのネットワークトポロジ抽出手法
日暮一太、金岡 晃、加藤雅彦、岡本栄司
第10回情報科学技術フォーラム(FIT2011)      2011年9月
Searchable symmetrc encryptionはどこまで安全にすべきか?
尾形わかは、金岡 晃、松尾真一郎
2011年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2011)      2011年1月
Web感染型マルウェアリスク評価を可能とするネットワークトポロジ分析
金岡 晃、加藤雅彦、岡本栄司
信学技報      2010年11月
RFCに準拠したIDベース暗号のTLS適用とOpenSSL, Apache HTTP Serverへの実装
祝拓也、金岡 晃、岡本栄司
コンピューターセキュリティシンポジウム 2010 (CSS 2010)      2010年10月
確率的パケットマーキングにおける最適マーキング確率の推定
岡田雅之、金岡 晃、勝野 恭治、岡本栄司
コンピューターセキュリティシンポジウム 2010 (CSS 2010)      2010年10月
ネットワークセキュリティ業界における産業と学術のギャップに関する一考察
金岡 晃
コンピューターセキュリティシンポジウム 2010 (CSS 2010)      2010年10月
トポロジ特性を利用した確率的パケットマーキング手法
金岡 晃, 岡田 雅之, 國分 淳次, 岡本 栄司
マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2010)シンポジウム      2010年7月   [査読有り]
IDベース暗号における鍵生成センタの実装
金岡 晃、祝 拓也、岡本栄司
信学技報   110(113) 133-139   2010年7月
DoS/DDoS攻撃対策に見る学術界と産業界のギャップ
金岡 晃
2010年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2010)      2010年1月
スケールフリーネットワークにおけるQoSの輻輳制御を用いたDDoS攻撃対策
足立 正天、金岡 晃、岡本 栄司
2010年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2010)      2010年1月
向きを持つマルチレイヤネットワークモデルの提案とセキュリティへの応用
金岡 晃、原田 敏樹、加藤 雅彦、岡本 栄司
情報処理学会研究報告   2009-CSEC-47(3)    2009年12月

書籍等出版物

 
プロフェッショナル・セキュリティ・レビュー
アスキー   2008年1月   ISBN:978-4-7561-5103-2
アスキーから出版されたムック。「脆弱性定量化の手法とその課題」部を執筆。

講演・口頭発表等

 
金岡 晃
IPSJ-ONE   2015年3月17日   
金岡 晃
2015年3月11日   
金岡 晃
情報処理学会第67回コンピュータセキュリティ研究発表会   2014年12月5日   
金岡 晃
第2回次世代セキュア情報基盤ワークショップ   2014年9月8日   
Identity-based Crypto's Potential or: How I Pounded rice-cake with Prof. Rivest [招待有り]
金岡 晃
WIDE研究会   2013年12月13日   
金岡 晃
次世代セキュア情報基盤ワークショップ  ~新しい基盤なんかいらない!既存のID管理基盤をうまく使ってより安全な環境を作ろう~   2013年8月29日   
筑波大学 暗号・情報セキュリティ研究室
2013年暗号と情報セキュリティシンポジウム 技術展示   2013年1月22日   
金岡 晃, 岡田 雅之, 日暮 一太, 後藤成聡
オープンルータ・コンペティション   2012年6月   
そこそこセキュリティを語ろう [招待有り]
金岡 晃、齋藤 衛
情報セキュリティシンポジウム道後 ナイトセッション   2012年2月   
楕円曲線暗号におけるPKI
金岡 晃
JNSA PKI Day 2011   2011年9月   
楕円曲線暗号の整備動向+楕円暗号の実装状況
金岡 晃
JNSA PKI相互運用ワーキンググループ   2011年2月   
NIST SP 800-57, SP 800-130ドラフトとそのコメントから鍵管理の全体像を見る
金岡 晃
JNSA鍵管理勉強会   2010年11月   
Probabilistic Packet Marking as a Defense for DDoS Attacks [招待有り]
Akira KANAOKA
2010 Japan-Taiwan Joint Research Symposium on Cryptography and Information Technology toward Next IT-society   2010年11月   
ID連携技術を応用した複数ドメイン間のIDベース暗号利用について+α
金岡 晃
JNSA PKI相互運用ワーキンググループ   2009年12月   
金岡 晃
ペアリングフォーラム   2009年8月   
新井 幹也,金岡 晃,木村 泰司,岡田 雅之
http://www.nic.ad.jp/security-seminar/2005/program2.html   2005年10月   JPNIC・JPCERT/CC
Akira Kanaoka
IETF 62 PKIX   2005年3月   

受賞

 
2016年8月
The 11th Asia Joint Conference on Information Security (AsiaJCIS 2016) Best Poster Award
受賞者: 安藤正仁、岡田雅之、金岡 晃
 
2016年7月
マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2016)シンポジウム ベストカンバーサント賞
 
2016年7月
マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2016)シンポジウム 優秀プレゼンテーション賞
 
2015年9月
電子情報通信学会 貢献賞
 
2015年5月
The 10th Asia Joint Conference on Information Security (AsiaJCIS 2015) Best Paper Award
受賞者: 劉瑜, 後藤成聡, 金岡晃, 岡本栄司
 
2014年10月
CSS×2.0 in CSS 2014 キャンドルスター1等星
 
2014年10月
情報処理学会 山下記念研究賞
 
2014年9月
マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2014)シンポジウム 優秀論文賞
受賞者: 江村 恵太, 金岡 晃, 太田 悟史, 面 和成, 高橋 健志
 
2013年8月
マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2013)シンポジウム 優秀論文賞
受賞者: 金岡 晃, 石川 尚樹, 緒方 悠人, 北島 暢曜, 韓 海燕
 
2013年7月
マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2013)シンポジウム 優秀プレゼンテーション賞
 
2012年7月
DICOMO 2012 ナイトテクニカルセッション 第3位
 
2011年10月
CSSx2.0 in CSS 2011 キャンドルスター1等星
 
2011年10月
JWIS 2011: The 6th Joint Workshop on Information Security Best Paper Awards
 
2010年7月
マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2010)シンポジウム 優秀プレゼンテーション賞
 

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
新世代型暗号における鍵管理手法の研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 金岡 晃

学会活動・各種委員

 
2016年10月   コンピュータセキュリティシンポジウム2016(CSS2016)実行委員、プログラム委員
The 11th International Workshop on Security (IWSEC2016) Local Organizing Committee
The 11th Asia Joint Conference on Information Security (AsiaJCIS 2016) Technical Program Committee
情報処理学会 論文誌「ヒトとモノを中心としたセキュアで信頼できる社会に向けて」特集 編集幹事
IPSJ-ONE 2016 企画・実施委員
情報処理学会 論文誌「社会の変革に挑戦するセキュリティ技術とプライバシー保護技術」特集 編集委員
電子情報通信学会 英文論文誌 小特集号「Internet of Thingsのプライバシー、セキュリティと匿名性」 編集委員
The 9thth International Copnference on Provable Security (ProvSec 2015) Organizing Committee
コンピュータセキュリティシンポジウム 2015 (CSS 2015) 実行委員、プログラム委員
The 10th International Workshop on Security (IWSEC2015) Local Organizing Committee
The 10th Asia Joint Conference on Information Security (AsiaJCIS 2015) Technical Program Committee
情報処理学会 論文誌「ヒューマンファクタを考慮したセキュリティとプライバシ」特集 編集幹事
コンピュータセキュリティシンポジウム 2014 (CSS 2014) 実行委員、プログラム委員
The 9th Asia Joint Conference on Information Security (AsiaJCIS 2014) Technical Program Committee
The 9th International Workshop on Security (IWSEC2014) Local Organizing Committee
The 8th International Workshop on Security (IWSEC2013) Local Organizing Committee
電子情報通信学会 英文論文誌 暗号と情報セキュリティ小特集号 編集幹事(2013-2016)
コンピュータセキュリティシンポジウム 2013(CSS 2013)プログラム委員
The 8th Asia Joint Conference on Information Security (AsiaJCIS 2013) Technical Program Committee
マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2013)シンポジウム 実行委員
電子情報通信学会 和文論文誌 インターネット技術とその応用特集号 編集委員(2012-2013)
電子情報通信学会 英文論文誌 暗号と情報セキュリティ小特集号 編集委員 (2012-2013)
コンピュータセキュリティシンポジウム 2012(CSS 2012) 実行委員、プログラム委員
情報処理学会 会誌編集委員会 コミュニケーションWG 委員(2012.4-2014.3)
情報処理学会 セキュリティ心理学とトラスト研究会 運営委員(2012.4-2016.3)
情報処理学会 コンピュータセキュリティ研究会 運営委員(2012.4-2016.3)
情報処理学会 論文誌編集委員(2012.4-2016.3)
The 7th Asia Joint Conference on Information Security (AsiaJCIS 2012) Technical Program Committee
マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2012)シンポジウム プログラム委員
2012年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2012) 実行委員
The Sixth International Conference on Complex, Intelligent, and Software Intensive Systems (CISIS-2012) Track 11 Program Committee
情報処理学会 コンピュータセキュリティ研究会 運営委員(2011.6-2012.3)
IPA(情報処理推進機構)脅威と対策研究会 脅威の分析ワーキンググループ 主査(2010.12-2012.3)
IPA(情報処理推進機構) 情報セキュリティ技術動向調査タスクグループ 委員(2010.4-2012.3)
電子情報通信学会 情報通信システムセキュリティ研究専門委員会 専門委員(2007-)   
Joint Workshop on Information Security(JWIS) Technical Program Committee (2008, 2009, 2010, 2011)   
CRYPTREC 暗号技術調査ワーキンググループ(リストガイド)委員(2009.10-2011.03)
The first Asia-Pacific Workshop on Cyber Security (APWCS 2010) Program Committee
Asiacrypt 2009 Local Organizing Committee (2009)
2009 Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference (APSIPA ASC 2009) Sub-Track Technical Program Committee (2.2 Information and network security) (2009)
Pairing 2007 Organizing co-Chairs(2007)