山下哲

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/02 11:39
 
アバター
研究者氏名
山下哲
 
ヤマシタ アキラ
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/40740197.ja.html
所属
鹿児島大学
部署
医歯学総合研究科 統合分子生理学
職名
助教
学位
博士 (薬学)(星薬科大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2015年10月
 - 
現在
鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 統合分子生理学 助教
 
2014年4月
   
 
名古屋大学 環境医学研究所 神経系分野Ⅱ 研究員
 

学歴

 
2011年4月
 - 
2014年3月
星薬科大学大学院 博士課程 
 
2009年4月
 - 
2011年3月
星薬科大学大学院 修士課程 
 
2005年4月
 - 
2009年3月
星薬科大学 薬学部 
 

受賞

 
2016年10月
第67回 西日本生理学会 日本生理学会九州奨励賞 ファイバーフォトメトリー法を用いた急性ストレス負荷による循環応答時におけるオレキシン神経活動の測定
 
2016年7月
第15回九州脳・高血圧・循環制御研究会 最優秀発表賞 ストレス負荷による循環応答時におけるオレキシン神経活動の自由行動マウスからの計測
 
2016年3月
宮田心臓病研究振興基金 未成年心臓血管病の学究等に対する奨励賞 光遺伝学を用いた心筋の遠隔操作による無線ペーシング技術の開発
 
2015年1月
新学術領域「共感性の進化・神経基盤」第2回領域会議  若手優秀発表賞 神経障害性疼痛に伴う睡眠障害発症時における前帯状回アストロサイトの関与
 
2013年5月
星薬科大学大谷記念研究助成金 大谷賞 神経障害性疼痛に伴う睡眠障害発現における脳神経ネットワーク異常の解析
 

論文

 
Hamada Y, Yamashita A, Tamura H, Narita M, Kuzumaki N, Narita M
Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica   148(3) 128-133   2016年9月   [査読有り]
Hori N, Narita M, Yamashita A, Horiuchi H, Hamada Y, Kondo T, Watanabe M, Igarashi K, Kawata M, Shibasaki M, Yamazaki M, Kuzumaki N, Inada E, Ochiya T, Iseki M, Mori T, Narita M
Synapse (New York, N.Y.)   70(8) 317-324   2016年8月   [査読有り]
Inutsuka A, Yamashita A, Chowdhury S, Nakai J, Ohkura M, Taguchi T, Yamanaka A
Scientific Reports   6 29480   2016年7月   [査読有り]
Sakai H, Sato K, Kai Y, Shoji T, Hasegawa S, Nishizaki M, Sagara A, Yamashita A, Narita M
Canadian journal of physiology and pharmacology   92 789-796   2014年9月   [査読有り]
Yamashita A, Hamada A, Suhara Y, Kawabe R, Yanase M, Kuzumaki N, Narita M, Matsui R, Okano H, Narita M
Synapse (New York, N.Y.)   68 235-247   2014年6月   [査読有り]

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
情動ストレス負荷に対する自律神経応答の脳神経回路メカニズム解明
KAKEN: 若手(B)
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 山下哲
青斑核ノルアドレナリン神経機能の全解明
KAKEN: 若手研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 山下哲
光遺伝学を用いた心筋の遠隔光操作による無線ペーシング技術の 開発
宮田心臓病研究振興基金医学研究の学究等に対する奨励金: 未成年心臓血管病の学究等
研究期間: 2015年12月 - 2016年12月    代表者: 山下哲
意識下活動動物からの特定神経活動記録法によるオレキシン神経の生理機能解明
児玉記念基礎医学研究助成基金: 新規研究助成
研究期間: 2015年11月 - 2016年11月    代表者: 山下哲
意識下に自由行動するマウスを用いた青斑核ノルアドレナリン神経機能の解明
KAKEN: 研究活動スタート支援
研究期間: 2014年8月 - 2015年3月    代表者: 山下哲