長谷川英祐

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/17 22:23
 
アバター
研究者氏名
長谷川英祐
 
ハセガワ エイスケ
eメール
ehasres.agr.hokudai.ac.jp
URL
http://www.agr.hokudai.ac.jp/ecosys/ecolgy/aml.htm
所属
北海道大学
部署
大学院・農学研究院
職名
准教授
学位
博士(理学)(東京都立大学)
ORCID ID
0000-0002-5782-4225

プロフィール

北海道大学大学院・農学研究院・生物生態体系学分野・動物生態学研究室所属。
進化生物学、動物生態学を専門に研究をすすめる。
Nature Communications, Science Advances, Scientific Reports, Evolutionなどをはじめとして、2017.4.17現在、査読付き原著英文論文67本。著書に「働かないアリに意義がある」(メディアファクトリー新書)など多数。

研究分野

 
 

経歴

 
2010年
   
 
北海道大学 大学院・農学研究科 准教授
 

受賞

 
2014年8月
日本進化学会 日本進化学会教育啓蒙賞
 
2013年11月
日本動物行動学会 日本動物行動学会日高賞
 
2007年9月
日本昆虫学会 日本昆虫学会賞
 

論文

 
Response threshold variance as a basis of collective rationality.
Yamamoto, T., Hasegawa, E.
Royal Society Open Science   4 170097   2017年   [査読有り]
The promotion of cooperation by the poor in dynamic chicken games.
Ito, H., Katsumata, Y., Hasegawa, E., Yoshimura, J.
Scientific Reports   7 43377   2017年   [査読有り]
Morph-specific weapon-correlated traits in a male dimorphic stag beetle Prosopocolilus inclinatus, (Coleoptera: Lucanidae).
Ito, J., Ohkubo, Y., Hasegawa, E.
Annals of Entomological Society of America   1-5   2017年   [査読有り]
A female-biased sex ratio reduces the twofold cost of sex.
Kobayashi, K., Hasegawa, E.
Scientific Reports   6 23982   2016年   [査読有り]
Difference in evolutionary patterns of strongly or weakly selected characters among ant populations.
Imai, S., Kobayashi, K., Ohkubo, Y., Yagi, N., Hasegawa, E.
Scientific Reports   6 39451   2016年   [査読有り]
Color polymorphism in an aphid is maintained by attended ants.
Watanabe, S., Murakami, T., Yoshimura, J., Hasegawa, E.
Science Advances   2 e16000606   2016年   [査読有り]
Co-occurrence of ecologically equivalent cryptic species of spider wasps.
Krushima, H., Yoshimura, J., Kim J-Ky., Kim, J-Ku., Nishimoto, Y., Watanabe, K., Hasegawa, E., Roff, D. A., Shimizu, A.
Royal Society Open Science   3 160119   2016年   [査読有り]
What Is true having in the payoff matrix of game theory?
Yoshimura, J., Ito, H., Katsumata, Y., Hasegawa, E.
PLoS ONE   11 e0159670   2016年   [査読有り]
Female preference for both behavior and morphology of males in the Japanese newt, Cynops pyrrhogaster.
Kutsuki, T., Hasegawa, E.
Journal of Ethology   34 337-342   2016年   [査読有り]
Male guppies change courtship behaviour in response to their own quality relative to that of a rival male.
Yoshikawa, T., Ohkubo, Y., Karino,K., Hasegawa, E.
Animal Behaviour   118 33-37   2016年   [査読有り]
Lazy workers are necessary for long-term sustainability in insect societies.
Hasegawa, E., Ishii, Y., Tada, K., Kobayashi, K., Yoshimura, J.
Scientific Reports   6 20846   2016年   [査読有り]
The contribution of seed dispersers to tree species diversity in tropical rainforests.
Kakishima, S., Morita, S., Yoshida, K., Ishida, A., Hayashi, S., Asami, T., Ito, H., Miller, III., D. G., Uehara, T., Mori, S., Hasegawa, E., Matsuura, K., Kasuya, E., Yoshimura, J.
Royal Society Open Science   2 150330   2015年   [査読有り]
Sexual and asexual reproduction of queens in a myrmicine ant, Vollenhovia emeryi (Hymenoptera: Formicidae).
Okamoto, M., Kobayashi, K., Hasegawa, E., Ohkawara, K.
Myrmecological News   21 13-17   2015年   [査読有り]
A new host record of Blaesoxipha rufipes (Diptera: Sarcophagidae) in Japan.
S. Watanabe, E. Hasegawa
Entomological News   124 139-140   2014年   [査読有り]
Evolutionary optimality in sex difference of longevity and athretic performances.
Asanuma, H., Kakishima, S., Ito, H., Kobayashi, K., Hasegawa, E., Asami, T., Matsuura, K., Roff, D. A., Yoshimura, J.
Scientific Reports   4 5425   2014年   [査読有り]
Coexistence of sexual individuals and genetically isolated asexual counterparts in a thrip.
Kobayashi, K., Yoshimura, J., Hasegawa, E.
Scientific Reports   3 3286   2013年   [査読有り]
アリの行動と化学物質.
長谷川英祐
化学と生物   43 817-824   2005年   [査読有り]
分子情報に基づくアリの系統樹.
長谷川英祐
昆虫と自然.   32 12-16   1997年
兵隊アリは闘うか? −ヒラズオオアリのカストの役割−.
長谷川英祐
インセクタリウム   29 22-27   1992年
千葉県天津小湊町内浦にみられた樹上営巣性のアリについて.
長谷川英祐
千葉大学理学部海洋生態系研究センター年報   12 91-92   1992年
小笠原群島のアリ相.
寺山守, 長谷川英祐
小笠原研究年報   15 40-51   1991年
ヒラズオオアリの婚姻飛行について.
長谷川英祐
千葉大学理学部海洋生態系研究センター年報   11 75-78   1991年
小笠原諸島のオカヤドカリ:特にムラサキオカヤドカリの巨大化と矮小化
林文男、岡輝樹、石井裕之、長谷川英祐、富山清升、草野保
小笠原研究年報   14 1-9   1990年

Misc

 
長谷川 英祐
化学と生物   43(12) 817-824   2005年12月

書籍等出版物

 
コミュニケーションの認知科学 第4巻 社会の中の共存
長谷川英祐 (担当:分担執筆, 範囲:第4章 動物の集団的意思決定におけるコーディネーション問題)
岩波書店   2014年6月   
科学の罠 -美と快楽と誘惑-
長谷川英祐
青志社   2014年   
面白くて眠れなくなる生物学
長谷川英祐
PHP   2014年   
働くアリに幸せを
長谷川英祐
講談社   2013年   
縮む世界でどう生き延びるか?
長谷川英祐
メディアファクトリー   2013年