實松寛晋

J-GLOBALへ         更新日: 13/09/30 16:07
 
アバター
研究者氏名
實松寛晋

プロフィール

専門は精神医学、神経画像、行動療法。
主に、強迫性障害などの不安障害に関する臨床及び脳画像研究を行っています。

受賞

 
2012年2月
日本不安障害学会 若手優秀演題賞 最優秀賞 強迫性障害患者における神経心理機能と治療反応性の関連について
 

論文

 
Sanematsu H, Nakao T, Yoshiura T, Nabeyama M, Togao O, Tomita M, Masuda Y, Nakatani E, Nakagawa A, Kanba S
Journal of psychiatric research   44(4) 193-200   2010年3月   [査読有り]
Nakao T, Nakagawa A, Nakatani E, Nabeyama M, Sanematsu H, Yoshiura T, Togao O, Tomita M, Masuda Y, Yoshioka K, Kuroki T, Kanba S
Journal of psychiatric research   43 784-791   2009年5月   [査読有り]
Nakao T, Nakagawa A, Yoshiura T, Nakatani E, Nabeyama M, Sanematsu H, Togao O, Yoshioka K, Tomita M, Kuroki T, Kanba S
Depression and anxiety   26 814-823   2009年   [査読有り]

Misc

 
實松寛晋, 中尾智博
精神科   14(2) 105-111   2009年2月
實松寛晋, 中尾智博
分子精神医学   8(4) 327-332   2008年10月

講演・口頭発表等

 
強迫性障害患者における神経心理機能と治療反応性の関連について
實松寛晋
第4回日本不安障害学会学術大会   2012年2月