上原 隆司

J-GLOBALへ         更新日: 17/05/10 04:13
 
アバター
研究者氏名
上原 隆司
 
ウエハラ タカシ
eメール
ueharanagoyacollege.ac.jp
所属
名古屋短期大学
部署
保育科
職名
助教
学位
博士(理学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2006年4月
 - 
2009年3月
九州大学大学院 理学府 生物科学専攻 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
 
2009年4月
 - 
2011年8月
総合研究大学院大学 先導科学研究科 生命共生体進化学専攻 日本学術振興会 特別研究員(PD)
 
2010年1月
 - 
2010年7月
釜山大学校 訪問研究員
 
2011年9月
 - 
2015年3月
静岡大学 創造科学技術大学院 環境・エネルギーシステム専攻 特任助教
 
2015年4月
 - 
現在
名古屋短期大学 保育科 助教
 

学歴

 
2000年4月
 - 
2004年3月
九州大学 理学部 生物学科
 
2004年4月
 - 
2006年3月
九州大学大学院 理学府 生物科学専攻 修士課程
 
2006年4月
 - 
2009年3月
九州大学大学院 理学府 生物科学専攻 博士課程
 

Misc

 
幼児の数量的能力とその発達に関する考察
上原隆司
名古屋短期大学研究紀要   55 39-44   2017年3月
東日本大震災から学ぶ子どもの避難と訓練のあり方―日米の防災事例と数学モデルからの検討―
野津牧, 上原隆司, 上野善子, 小島千恵子, 小林舞
名古屋短期大学研究紀要   55 89-110   2017年3月
Koshi Kitamura, Satoshi Kakishima, Takashi Uehara, Satoru Morita, Keiichi Tainaka, Jin Yoshimura, Jin Yoshimura, Jin Yoshimura
PLoS ONE   11    2016年6月   [査読有り]
園芸・農業体験を持続させるために―QOLサポーターに挑戦しよう―
上原隆司, 島田隆道
名古屋短期大学研究紀要   54 71-77   2016年3月
社会的グルーミングによる信頼関係形成のための検討―動物のグルーミングと保育学生への意識調査を通して―
上野善子, 上原隆司
名古屋短期大学研究紀要   54 59-70   2016年3月
Rabajante JF, Tubay JM, Ito H, Uehara T, Kakishima S, Morita S, Yoshimura J, Ebert D
Science advances   2(3) e1501548   2016年3月   [査読有り]
Takashi Uehara, Kazunori Sato, Satoru Morita, Yasunobu Maeda, Jin Yoshimura, Jin Yoshimura, Kei Ichi Tainaka
Physica A: Statistical Mechanics and its Applications   444 213-219   2016年2月   [査読有り]
Satoshi Kakishima, Satoru Morita, Katsuhiko Yoshida, Atsushi Ishida, Saki Hayashi, Takahiro Asami, Hiromu Ito, Donald G. Miller, Takashi Uehara, Shigeta Mori, Eisuke Hasegawa, Kenji Matsuura, Eiiti Kasuya, Jin Yoshimura, Jin Yoshimura, Jin Yoshimura, Jin Yoshimura
Royal Society Open Science   2    2015年10月   [査読有り]
Tubay JM, Suzuki K, Uehara T, Kakishima S, Ito H, Ishida A, Yoshida K, Mori S, Rabajante JF, Morita S, Yokozawa M, Yoshimura J
Scientific reports   5 15376   2015年10月   [査読有り]
Takashi Uehara,Bin Li,Bo-Moon Kim,Sang-Suk Yoon,Quang Kha Quach,Hungsoo Kim,Tae-Soo Chon
Ecological Informatics   29 119-129   2015年9月   [査読有り]
Ito H, Kakishima S, Uehara T, Morita S, Koyama T, Sota T, Cooley JR, Yoshimura J
Scientific reports   5 14094   2015年9月   [査読有り]
Hungsoo Kim, Tuyen Van Nguyen, Takashi Uehara, Muyoung Heo, Tae Soo Chon
Ecological Modelling   306 257-267   2015年6月   [査読有り]
Jomar F. Rabajante, Jomar F. Rabajante, Jerrold M. Tubay, Jerrold M. Tubay, Takashi Uehara, Satoru Morita, Dieter Ebert, Jin Yoshimura, Jin Yoshimura, Jin Yoshimura, Jin Yoshimura
Scientific Reports   5    2015年4月   [査読有り]
Hiroki Yokoi, Takashi Uehara, Tomoyuki Sakata, Hiromi Naito, Satoru Morita, Kei Ichi Tainaka
Physica A: Statistical Mechanics and its Applications   416 361-370   2014年12月   [査読有り]
Lattice and lattice gas models for commensalism: two shellfishes in intertidal zone
Yokoi H, Uehara T, Kawai T, Tateoka Y, Tainaka K
Open Journal of Ecology   4 671-677   2014年8月   [査読有り]
Population dynamics for two-male one-female species
Yokoi H, Uehara T, Sakisaka Y, Miyazaki R, Tainaka K.
Far East Journal of Applied Mathematics   88 35-46   2014年7月   [査読有り]
Tubay JM, Ito H, Uehara T, Kakishima S, Morita S, Togashi T, Tainaka K, Niraula MP, Casareto BE, Suzuki Y, Yoshimura J
Scientific reports   3 2835   2013年10月   [査読有り]
Takashi Uehara, Shigehide Iwata, Rinko Miyazaki, Jin Yoshimura, Jin Yoshimura, Kei Ichi Tainaka
Journal of the Physical Society of Japan   82    2013年9月   [査読有り]
Hiromu Ito, Takashi Uehara, Satoru Morita, Kei ichi Tainaka, Jin Yoshimura, Jin Yoshimura, Jin Yoshimura
Journal of Ethology   31 23-28   2013年1月   [査読有り]
Hiromu Ito, Takashi Uehara, Satoru Morita, Kei Ichi Tainaka, Jin Yoshimura, Jin Yoshimura, Jin Yoshimura
Evolutionary Ecology Research   13 759-764   2011年10月   [査読有り]
統計的最適性から捉える動物の学習
上原隆司
数理解析研講究録   1704 143-150   2010年8月
Takashi Uehara, Yoh Iwasa
Journal of Theoretical Biology   262 223-231   2010年1月   [査読有り]
Takashi Uehara, Yoh Iwasa, Hisashi Ohtsuki, Hisashi Ohtsuki
Evolutionary Ecology Research   9 395-408   2007年3月   [査読有り]
Uehara T, Yokomizo H, Iwasa Y
The American naturalist   165(3) 403-410   2005年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
行動生物学辞典
上原隆司 (担当:分担執筆, 範囲:脅しのディスプレイ・勝ちぐせ負けぐせ・敵対行動)
東京化学同人   2013年11月   

担当経験のある科目