数学イノベーションに関するお知らせ

視覚と錯視の数学的研究と新しい応用技術
- 数理視覚科学から発信する産業応用 -

新しい数学イノベーションのガイドブックです.前回のものをさらにバージョンアップして,新しい成果を加え,より読みやすくしました.新しい数学の創出から,脳科学,神経科学,心理学,アートなどとの文理融合研究,そしてソフトウェア開発,産業応用までを概観できます.


 

本研究ならびに本冊子は国立研究開発法人 科学技術振興機構の補助を得ています.



-------------------------------------------- 
数学イノベーションに関する冊子のお知らせです。

 私たちは、数学を駆使して、人の感覚に優しい画像処理技術、そして人の視覚を強化する画像処理技術など新しいイノベーションの創出に取り組んでいます。すでに商品化されたものなどもあります。
 このたび、これまでの成果をまとめた技術紹介の冊子を作成しました。筆者の研究発表の際などにご希望の方に配付しています。本誌は、基礎数学から生まれた数学イノベーションの例としてもご覧いただけます。オールカラー版でビジュアルに技術概要を分り易く解説してあります。
 数学イノベーション関連の講演の機会があったときなどに,ご希望の方に配付しております。



数理視覚科学による画像処理

数理視覚科学から生まれる新しい画像処理技術
ー 数理視覚科学の産業応用のために ー
新井仁之著



 数理視覚科学とは、視知覚や錯覚を先端的数学、脳科学、神経科学、知覚心理学、コンピュータ・ビジョンなどを使って総合的に研究し,さらにその成果を実用的な技術に結晶化する新分野です。本冊子は数理視覚科学の実用的応用研究として生まれた,これまでにない新しい画像処理技術の数々を、ふんだんな図版を用いて解説した冊子です.A4版、全頁オールカラーです。

目次
1章  数理視覚科学と画像処理
2章  視覚の数理モデル - その設計の基本的なアイデア -
3章  かざぐるまフレームレット - 視覚の基盤モデルを支える新しい数学 -
     背景
     かざぐるまフレームレットを構成する多様なフィルタ族
4章  産業上有用な錯視のシミュレーション - 色彩でおこる錯視 -
5章  数理視覚科学の心理学への応用 - キルシュマンの第3法則をめぐって
6章  その他の錯視のシミュレーション例
7章  視覚に優しい画像処理 - 脳内の視覚情報処理に基づいた新しい画像処理技術 -
8章  2次元ディジタルフィルタの新しい構成法 - 視覚の基盤モデルを用いた設計方法 ー
9章  アートに新しい展開をもたらす技術
10章 視覚を強化する画像処理 ー 視覚の数理モデルから生まれる各種特徴抽出技術 -
11章 視覚の基盤モデルによるノイズ除去
12章 立体感のあるエッジ検出法
13章 脳内の視覚情報処理の仮想的なコントロール
14章 幾何的なフィルタリング法 ー 新しいタイプのフィルタと脳の高次機能への挑戦

2013年11月12日発行
(独)科学技術振興機構の補助により作成


これまでに、数学によるイノベーション創出のために取得/出願した特許:

  任意の画像の浮遊錯視画像への変換(新井・新井,特許取得 2012 
         (米国等の海外でも特許取得), JST)、
  媒体、画像データ(新井・新井、特許取得 2013, JST)、
  スーパーハイブリッド画像関連(新井・新井,特許取得 2014, JST)
  文字列傾斜錯視の自動生成(新井・新井,特許出願,2014, JST)、
  色の分析装置(新井・新井,特許取得 2014, JST)、
  新しい画像処理方法(新井・新井,特許取得,2014, JST)、
  新しいディジタル・フィルタ群の設計方法等(新井・新井,特許取得,2014, JST)
  他にも出願中.