菅原 淳

J-GLOBALへ         更新日: 15/07/17 13:49
 
アバター
研究者氏名
菅原 淳
URL
http://music.geocities.jp/percussionmuseum/index.html
所属
東京音楽大学
職名
教授
学位
芸術学士(東京藝術大学)

プロフィール

大阪生まれ。東京藝術大学卒業。フランス政府給費留学生として、パリ・コンセルバトワールに留学。J・ドレクリューズ、S・グァルダの両氏に師事。74年、ラ・ロッシェル国際打楽器コンクール第1位。グループ「3マリンバ」、アンサンブル「ヴァン・ドリアン」を結成、作曲家に曲を委嘱し、数多くの日本初演をする。
80年、パリで行われた国際打楽器コンクールの審査員を務める。83年、中島健蔵賞受賞。96年、平成7年度文化庁芸術祭優秀賞受賞。99年、第8回朝日現代音楽賞受賞。2000年、カナリア諸島音楽祭において、石井眞木作曲「アフロ・コンチェルト」を、ゲルト・アルブレヒト指揮、読売日本交響楽団と共演。元読売日本交響楽団首席ティンパニ奏者。現在、東京音楽大学教授。
http://music.geocities.jp/percussionmuseum/index.htmlから転載

書籍等出版物

 
花と星(CD)
共演:森浩司ピアノ
日本赤十字社   
日本赤十字社から出したCDで、マリンバによる名曲が入っており、全国に配られた。

講演・口頭発表等

 
日本におけるソルフェージュ
福士則夫
「演奏と教育に内在するソルフェージュ」   2008年11月15日   
「演奏と教育に内在するソルフェージュ」のパネリスト

Works

 
メサイヤ/演奏会
芸術活動   2010年12月 - 2012年12月
ティンパニ:バッハ・コレギウム・ジャパン主催のメサイヤ
競楽/審査
芸術活動   2010年11月 - 2011年12月
:現代音楽協会主催の現代音楽の演奏コンクール
舘野泉リサイタル/演奏会
芸術活動   2011年2月
パーカッション:舘野泉リサイタルで末吉保雄の新作を初演
洗足ジュニアーコンクール/審査
芸術活動   2011年1月
:
ジルベスター・コンサート/演奏会
芸術活動   2010年12月
ティンパニ:

競争的資金等の研究課題

 
パーカッション・ミュージアム(代表:菅原淳)
日本芸術文化振興会(毎年100万円)  ロームミュージックファンデーション (100万円): 現代舞台芸術創造普及活動      音楽活動
研究期間: 2008年4月   
4月12日に演奏会を開催し、打楽器本来の特徴を生かした作品の発掘・紹介を行った。作曲家に新作を委嘱し、これまでに12曲もの作品が生まれ、打楽器音楽の発展に貢献している。
パーカッション・ミュージアム(代表:菅原淳)
日本芸術文化振興会(毎年100万円)  ロームミュージックファンデーション(50万円〜100万円): 現代舞台芸術創造普及活動      音楽活動
研究期間: 2003年 - 2007年
年1回の演奏会を開催し、打楽器本来の特徴を生かした作品の発掘・紹介を行った。作曲家に新作を委嘱し、これまでに11曲もの作品が生まれ、打楽器音楽の発展に貢献している。

社会貢献活動

 
どれみふぁワンダーランド
【出演】  NHK教育テレビBS2  2010年11月20日
匠の技のコーナーでティンパニ演奏
24時間テレビ
【出演, 助言・指導】  日本テレビ  2010年8月28日
障害者と健常者の合同オーケストラでホルストの「木星」を演奏。
NHK短歌
【出演】  NHK教育テレビ  2010年8月1日
NHK短歌の番組にゲストとして出演。
中国(北京、上海、フフホト)日本音楽家訪中団
【出演】  日中文化交流  2007年11月12日 - 2007年11月19日
北京音楽院、上海音楽院の見学。フフホトではモンゴル地方の民俗音楽に興味を持った。(ホーミーや馬頭琴など)
大阪・三木楽器
【出演】  2007年6月3日
2年生の岩見玲奈とマリンバ2重奏を演奏。