照井 章

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/20 10:01
 
アバター
研究者氏名
照井 章
 
テルイ アキラ
ハンドル
aterui
eメール
teruimath.tsukuba.ac.jp
URL
http://www.math.tsukuba.ac.jp/~terui/
所属
筑波大学
部署
数理物質系 数学域
職名
准教授
学位
博士(理学)(筑波大学)
Twitter ID
atelieraterui
ORCID ID
0000-0003-0846-3643

プロフィール

専門は計算代数・数式処理。数式・数値融合計算の理論と応用、数式処理による自動推論。計算代数と数値計算やAIの間を行ったり来たりしています。

研究分野

 
 

経歴

 
2011年12月
 - 
現在
筑波大学 数理物質系 准教授
 
2011年10月
 - 
2011年11月
筑波大学 数理物質系 助教
 
2010年3月
   
 
博士(理学), 筑波大学
 
2007年4月
 - 
2011年9月
筑波大学 数理物質科学研究科 助教
 
2004年4月
 - 
2007年3月
筑波大学 数理物質科学研究科 助手
 
1999年10月
 - 
2004年3月
筑波大学 数学系 助手
 
1997年3月
   
 
修士(理学), 筑波大学
 
1995年4月
 - 
1999年9月
筑波大学 大学院 数学研究科(一貫制博士課程)(中退)
 
1991年4月
 - 
1995年3月
筑波大学 第一学群 自然学類
 

論文

 
Yumi Wada, Takuya Matsuzaki, Akira Terui, Noriko H. Arai
Mathematical Software - ICMS 2016 - 5th International Conference, Berlin, Germany, July 11-14, 2016, Proceedings   82-89   2016年   [査読有り]
Shinichi Tajima, Katsuyoshi Ohara, Akira Terui
Mathematical Software - ICMS 2014 - 4th International Congress, Seoul, South Korea, August 5-9, 2014. Proceedings   346-351   2014年   [査読有り]
Katsuyoshi Ohara, Shinichi Tajima, Akira Terui
Mathematical Software - ICMS 2014 - 4th International Congress, Seoul, South Korea, August 5-9, 2014. Proceedings   321-324   2014年   [査読有り]
Akira Terui
Theor. Comput. Sci.   479 127-149   2013年   [査読有り]
Akira Terui
Computer Algebra in Scientific Computing (Proc. CASC 2010), Lecture Notes in Computer Science   6244 238-249   2010年9月   [査読有り]
We present an extension of our GPGCD method, an iterative method for
calculating approximate greatest common divisor (GCD) of univariate
polynomials, to multiple polynomial inputs. ...
Akira Terui
The Joint Conference of ASCM 2009 and MACIS 2009   212-221   2009年12月   [査読有り]
We present an extension of our GPGCD method, an iterative method for
calculating approximate greatest common divisor (GCD) of univariate
polynomials, to polynomials with the complex coefficients. ...
Tateaki Sasaki and Akira Terui
Proceedings of The 3rd International Workshop on Symbolic-Numeric Computation (SNC 2009)   177-184   2009年8月   [査読有り]
Given a univariate polynomial having well-separated clusters of close roots, we give a method of computing close roots in a cluster simultaneously, without computing other roots. ...
Akira Terui
Proceedings of 2009 International Symposium on Symbolic and Algebraic Computation (ISSAC 2009)   351-358   2009年7月   [査読有り]
We present an iterative algorithm for calculating approximate greatest common divisor (GCD) of univariate polynomials with the real coefficients. ...
Jun Morita and Akira Terui
Hiroshima Math. J.   39(1) 37-60   2009年3月   [査読有り]
We will introduce some combinatorics for given words. Such combinatorics can essentially determine the exact information of letters as well as the patterns of words. ...
Akira Terui
Journal of Algebra   320(2) 633-659   2008年6月   [査読有り]
We introduce concepts of "recursive polynomial remainder sequence (PRS)" and
"recursive subresultant," along with investigation of their properties. A
recursive PRS is defined as, if there exists the GCD (greatest common divisor)
of initial polyno...
Akira Terui
Computer Algebra in Scientific Computing (Proc. CASC 2005), Lecture Notes in Computer Science 3718, Springer   445-456   2005年9月   [査読有り]
We give two new expressions of subresultants, nested subresultant and reduced
nested subresultant, for the recursive polynomial remainder sequence (PRS)
which has been introduced by the author. ...
Akira Terui
Proceedings of The 6th International Workshop on Computer Algebra in Scientific Computing: CASC 2003, Institute for Informatics, Technische Universitat Munchen, Garching, Germanay   363-375   2003年9月   [査読有り]
We introduce concepts of "recursive polynomial remainder sequence (PRS)" and
"recursive subresultant," and investigate their properties. ...
Akira Terui and Tateaki Sasaki
Japan Journal of Industrial and Applied Mathematics   19(1) 19-38   2002年2月   [査読有り]
Akira Terui and Tateaki Sasaki
IPSJ Journal (情報処理学会論文誌)   41(4) 974-989   2000年4月   [査読有り]

Misc

 
田島 慎一, 照井 章
数理解析研究所講究録   1955 188-197   2015年7月
田島 慎一, 小原 功任, 照井 章
数理解析研究所講究録   1976 81-90   2015年12月
田島 慎一, 小原 功任, 照井 章
数理解析研究所講究録   1930 26-38   2015年1月
田島 慎一, 小原 功任, 照井 章
数理解析研究所講究録   1930 51-59   2015年1月
照井 章
数理解析研究所講究録   1930 60-72   2015年1月
田島 慎一, 照井 章
数理解析研究所講究録   1907 50-61   2014年7月
照井 章
数理解析研究所講究録   1759 15-25   2011年9月
太刀川 弘幸, 照井 章
数理解析研究所講究録   1652 146-154   2009年6月
照井章
数理解析研究所講究録   1572 82-93   2007年10月
照井 章
数式処理   10(3) 38-44   2004年10月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2007年 - 2009年
本年度は、数値計算における反復解法に基づき、記号的Newton法において、以下の同時反復公式を与えた。
1)Aberthによる3次収束の同時反復公式を用いることにより、記号的Newton法における3次収束の同時反復公式を与えた。
2)櫻井らによる、Pade近似を用いた任意の収束次数をもつ同時反復公式を用いることにより、記号的Newton法の意味で等しい次数の収束次数をもつ同時反復公式を与えた。
なお、2)任意の収束次数をもつ同時反復公式にっいては、1)3次の同時反復公式を含む。
後者の任意...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2002年 - 2003年
本年度はまず、係数に有界な誤差をもつ1変数代数方程式に対し、係数の摂動によって取りうる実根の最大個数を、m重根をm個の根と数えた上で見積もるための実際的な方法について研究を行った。
前年度までの研究で、多項式剰余列を繰り返し計算した「再帰的な多項式剰余列」に対し、通常の部分終結式と同様の性質をもつ「再帰的な部分終結式」を定義し、再帰的な部分終結式の係数を与えられた多項式の係数を要素とする行列式の定数倍で表せることを導いていた。そこで、与えられた多項式の再帰的な部分終結式において、係数を表す...

特許

 
森田 純, 照井 章, 小副川 健, 清水 健一, 岡本 弘仁, 末久 高平