研究ブログ

1234
2016/09/02

学会出没情報・日本応用糖質科学会平成28年度大会(第65回)

Tweet ThisSend to Facebook | by 小林厚志
日本応用糖質科学会平成28年度大会(第65回)で学生が発表いたします。たくさんのご意見をお待ちしております。

澱粉のゲル形成に対する各種塩基添加効果
日大・工
○星野優人, 伊藤博, 小林厚志

酵素反応解析モデルを活用した疎水性アグリコン部位を有する配糖体への糖鎖導入法
日大・工・生命応用化学
○伊藤博, 小林厚志

12:33 | 投票する | 投票数(0) | コメント(1)
2016/09/01

学会出没情報(化学系学協会東北大会)

Tweet ThisSend to Facebook | by 小林厚志
2016年度化学系学協会東北大会に参加します。
学生3名がポスター発表です。
http://tohoku.chemistry.or.jp/taikai.html
2P052
澱粉を原料とする高効率酵素的配糖化実現のための反応シミュレーショ
ン(日大工)○伊藤博, 小林厚志

2P056
グルコース残基を認識する加水分解酵素の芳香族配糖体に対する基質特
異性(日大工)○鈴木大樹, 小林厚志, 伊藤博

2P089
澱粉ゲル形状に対する各種塩基の添加効果
(日大工)○星野優人, 伊藤博, 小林厚志


17:21 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2015/04/01

転職しました

Tweet ThisSend to Facebook | by 小林厚志
本日より、日本大学工学部生命応用化学科准教授として勤務することになりました。
研究活動はまだこれからというところですが、ゆっくり、ただし着実と進めて参ります。
今後ともどうぞよろしくお願いします。
09:13 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2015/04/01

転職しました

Tweet ThisSend to Facebook | by 小林厚志
本日より、日本大学工学部生命応用化学科准教授として勤務することになりました。
研究活動はまだこれからというところですが、ゆっくり、ただし着実と進めて参ります。
今後ともどうぞよろしくお願いします。
09:13 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2015/01/14

さんわかイベント告知

Tweet ThisSend to Facebook | by 小林厚志@東北大院工
農芸化学会の"さんわか"活動をしておりますので、ここに会告を掲載いたします。
会場は農工大(府中)ですので、東京近郊の方は比較的参加しやすいのではないかと思います。
是非ともご参加くださいませ。

さんわか第23回ワークショップ「食糧問題に挑む農芸化学者たち」

概要

タイトル「食糧問題に挑む農芸化学者たち」
主催日本農芸化学会 産学官若手交流会(さんわか)
開催趣旨世界の爆発的な人口増加に伴い、現在の地球的規模での問題である食糧問題がさらに深刻となっていくことが推測されます。この問題の解決のため、世界に安全で美味しい食を提供することに挑んでいる農芸化学者からご講演を頂き、将来に渡って豊かな食生活を確保するために今何をすべきかを活発に議論したいと考えております。
日時2015年1月28日(水)12:30~ 受付、13:00~ ワークショップ、17:30~ 技術交流会
会場 東京農工大学府中キャンパス 2号館1階多目的講義室
(京王線「府中駅」下車、バス約7分 または JR武蔵野線「北府中駅」下車、徒歩約12分)
講演者味の素株式会社 五十嵐大亮 氏
独立行政法人農業 生物資源研究所 内藤健 氏
独立行政法人理化学研究所 関原明 氏
国立大学法人東京農工大学 豊田剛己 氏
参加費ワークショップ参加費:無料
技術交流会参加費:4,000円
参加申込件名を「ワークショップ参加申し込み」とし、
・氏名
・所属
・連絡先メールアドレス
・交流会参加の有無
をE-mailにて、下記のアドレスへご連絡ください。

※申し込み先着順で定員に達し次第、締め切りとさせていただきます。
※お申込みいただいた個人情報は、参加確認および今後のさんわかワークショップご案内以外の目的には使用いたしません。
問い合わせ先株式会社カネカ 鷲田元久  (さんわか幹事)
E-mail: sanwaka_open@jsbba.or.jp
(@を半角の@に置き換えてください)

14:59 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2014/08/25

Glycoscience: Biology and Medicineに掲載されました。

Tweet ThisSend to Facebook | by 小林厚志@東北大院工
オキサゾリンの合成法に関するプロトコルが掲載されました。
http://link.springer.com/referenceworkentry/10.1007/978-4-431-54836-2_41-1

お時間のあるときに是非ご覧ください。
12:30 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2014/07/07

応用糖質科学会・東北支部のFBページを新設しました。

Tweet ThisSend to Facebook | by 小林厚志@東北大院工
7月4日に、日本応用糖質科学会・東北支部講演会があり、出席してきました。
http://jsag.jp/jp/htmls/branch/touhoku.html

久々に化学化学していないお話だったので、堪能することができました。

で、東北支部活性化の一環として、FBページを新設し、広報活動を活発化させることとなりました。
是非皆さんご覧になってください。と言っても、更新はこれからですが。
16:44 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2014/06/17

2014年度有機合成化学協会・東北支部・仙台地区春の講演会

Tweet ThisSend to Facebook | by 小林厚志@東北大院工
14日に行われた万有シンポジウムも非常におもしろい講演でいっぱいでしたが、28日に行われる有機合成学協会の講演会も興味深い先生方にご講演をお願いしました。
まだ28日(土)に予定の入っていない仙台付近在住の方、ぜひご参加ください。

13:58 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2014/04/07

学術雑誌のエディターの仕事を始めました。

Tweet ThisSend to Facebook | by 小林厚志@東北大院工
2014年より、二つの学術雑誌のエディターを拝命しました。
Frontiers in Materials, Colloigal Materials and Interface Review Editor
http://www.frontiersin.org/Colloidal_Materials_and_Interfaces/editorialboard
Trends in Glycoscience and Glycotechnology Assosiate Editor
http://www.fcca.gr.jp/TIGG/Editorials.html
是非とも、関連分野の研究者の方は論文をどしどし出してください。
10:45 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2014/03/12

平成25年度東北地区先端高分子セミナー

Tweet ThisSend to Facebook | by 小林厚志@東北大院工
昨日、標記イベントが無事終了しました。
高分子をキーワードに、良い意味での異分野交流ができたのではないかと思います。
次年度もおそらく仙台近郊で開催される予定です。
高分子・東北に関わらずご興味のある方にご参加いただければと存じます。

17:32 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
1234

カウンタ

COUNTER20849