渡部 文子

J-GLOBALへ         更新日: 16/08/23 12:26
 
アバター
研究者氏名
渡部 文子
所属
東京慈恵会医科大学
部署
総合医科学研究センター 神経科学研究部
職名
准教授
学位
博士(医学)

研究分野

 
 

経歴

 
2013年8月
 - 
現在
東京慈恵会医科大学 医学部 准教授
 
2009年
 - 
2013年
東京慈恵会医科大学 医学部 医学部 講師
 

論文

 
Nomoto M, Ohkawa N, Nishizono H, Yokose J, Suzuki A, Matsuo M, Tsujimura S, Takahashi Y, Nagase M, Watabe AM, Kato F, Inokuchi K
Nature communications   7 12319   2016年8月   [査読有り]
Tsuji M, Takahashi Y, Watabe AM, Kato F
Epilepsia   57(3) 495-505   2016年3月   [査読有り]
Sugimura YK, Takahashi Y, Watabe AM, Kato F
Journal of neurophysiology   jn.00946.2015   2016年2月   [査読有り]
Watabe AM, Nagase M, Hagiwara A, Hida Y, Tsuji M, Ochiai T, Kato F, Ohtsuka T
Journal of neurochemistry   136(1) 36-47   2016年1月   [査読有り]
Sato M, Ito M, Nagase M, Sugimura YK, Takahashi Y, Watabe AM, Kato F
Molecular brain   8(1) 22   2015年3月   [査読有り]
Ohkawa N, Saitoh Y, Suzuki A, Tsujimura S, Murayama E, Kosugi S, Nishizono H, Matsuo M, Takahashi Y, Nagase M, Sugimura YK, Watabe AM, Kato F, Inokuchi K
Cell reports   11(2) 261-269   2015年3月   [査読有り]
Hamada S, Ogawa I, Yamasaki M, Kiyama Y, Kassai H, Watabe AM, Nakao K, Aiba A, Watanabe M, Manabe T
The European journal of neuroscience   40(8) 3136-3146   2014年8月   [査読有り]
Nagase M, Takahashi Y, Watabe AM, Kubo Y, Kato F
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   34(7) 2605-2617   2014年2月   [査読有り]
Kinoshita J, Takahashi Y, Watabe AM, Utsunomiya K, Kato F
Molecular pain   9 59   2013年11月   [査読有り]
Watabe AM, Ochiai T, Nagase M, Takahashi Y, Sato M, Kato F
Molecular brain   6 11   2013年3月   [査読有り]
Kato HK, Kassai H, Watabe AM, Aiba A, Manabe T
The Journal of physiology   590(13) 3019-3034   2012年7月   [査読有り]
Nomoto M, Takeda Y, Uchida S, Mitsuda K, Enomoto H, Saito K, Choi T, Watabe AM, Kobayashi S, Masushige S, Manabe T, Kida S
Molecular brain   5 8   2012年2月   [査読有り]
Arima-Yoshida F, Watabe AM, Manabe T
The European journal of neuroscience   33(9) 1637-1646   2011年5月   [査読有り]
Moody TD, Watabe AM, Indersmitten T, Komiyama NH, Grant SG, O'Dell TJ
Learning & memory (Cold Spring Harbor, N.Y.)   18 118-127   2011年   [査読有り]
Yamamoto K, Noguchi J, Yamada C, Watabe AM, Kato F
BMC neuroscience   11 134   2010年10月   [査読有り]
Taniguchi S, Nakazawa T, Tanimura A, Kiyama Y, Tezuka T, Watabe AM, Katayama N, Yokoyama K, Inoue T, Izumi-Nakaseko H, Kakuta S, Sudo K, Iwakura Y, Umemori H, Inoue T, Murphy NP, Hashimoto K, Kano M, Manabe T, Yamamoto T
The EMBO journal   28(23) 3717-3729   2009年12月   [査読有り]
Kato HK, Watabe AM, Manabe T
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   29 11153-11160   2009年9月   [査読有り]
Miwa H, Fukaya M, Watabe AM, Watanabe M, Manabe T
The Journal of physiology   586 2539-2550   2008年5月   [査読有り]
Nakazawa T, Komai S, Watabe AM, Kiyama Y, Fukaya M, Arima-Yoshida F, Horai R, Sudo K, Ebine K, Delawary M, Goto J, Umemori H, Tezuka T, Iwakura Y, Watanabe M, Yamamoto T, Manabe T
The EMBO journal   25(12) 2867-2877   2006年6月   [査読有り]
Bando T, Sekine K, Kobayashi S, Watabe AM, Rump A, Tanaka M, Suda Y, Kato S, Morikawa Y, Manabe T, Miyajima A
Molecular and cellular biology   25(10) 4166-4175   2005年5月   [査読有り]

Misc

 
【痛みと情動-基礎研究の最前線研究と臨床への応用-】 痛みと情動 基礎医学 痛み情動と可塑性 情動を生み出す神経回路の最新知見
渡部 文子
ペインクリニック   37(6) 705-712   2016年6月
「痛み」は身体のどこかに異変があることを知らせる大切な警告信号である。健康な状態では、このような痛みによる苦痛や恐怖は、損傷部位を保護したり、危険を避けるように学習したり、私たちが病院へ行く行動の原動力となる。一方で、慢性疼痛や繰り返す痛み体験は生活の質を著しく損なうのみならず、心的外傷後ストレス障害(PTSD)やうつなどの不安障害や気分障害にもつながり、さらに痛みを増悪させるという負の連鎖を招く。本稿では、痛みや恐怖といった負情動に関与する扁桃体の神経回路を中心に近年の研究成果を概説し、...
【記憶ふたたび】 痛みから捉える情動記憶の神経回路基盤
渡部 文子
生体の科学   67(1) 51-55   2016年2月
West症候群の病歴がある成熟ラットにおけるシナプス特性の変化(Altered synaptic properties in mature rats with a history of cryptogenic infantile spasms)
辻 恵, 高橋 由香里, 渡部 文子, 加藤 総夫
てんかん研究   33(2) 567-567   2015年9月
オプトジェネティクスを用いた侵害受容-情動回路の解析
杉村 弥恵, 高橋 由香里, 渡部 文子, 加藤 総夫
PAIN RESEARCH   30(2) 82-82   2015年7月
辻恵, 高橋由香里, 渡部文子, 加藤総夫
東京慈恵会医科大学雑誌   129(6) 211   2014年11月

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 渡部 文子
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 渡部 文子
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 渡部 文子
情動は、認知・意欲などの発現に深く関与すると共に、危険な場所や刺激を学習することで、個体の生存維持に重要な役割を担う。痛みなどの無条件刺激 (US) と条件刺激 (CS) との連合学習である情動学習のひとつ、恐怖条件付けには、扁桃体外側核が責任領域として注目されてきた。一方、痛みは扁桃体外包中心核(CeC)に直接入力することが知られ、CeCもCS-US連合の場と捉えられる。我々は今まで、CeCシナプスが慢性痛成立後および情動学習依存的に顕著なシナプス増強を示すことを報告してきた。そこで本研...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年 - 2009年    代表者: 渡部 文子
記憶・学習に深く関与する海馬での神経可塑性においてはNMDA型グルタミン酸受容体(NMDAR)が重要な役割を担うことが知られている一方、代謝型グルタミン酸受容体(mGluR)の役割には不明な点が多い。今回我々は、脱分極パルスによりVDCC依存的かつ非ヘブ型のLTPが誘導されること(J. Neurosci. 29 : 11153, 2009)、さらにmGluR5がIP3受容体、L型VDCCと機能的複合体を形成し、このLTPを増強することを見出した(J. Physiol. 2012 in pr...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 渡部 文子
近年情動系の分子生物学は活発に研究され始めているが、電気生理学的解析はかなり遅れているのが現状である。扁桃体におけるシナプス伝達の長期増強(LTP)は情動依存的学習に関与すると考えられているものの、その詳細な分子機序や生理的意義はほとんど分かっていない。我々はこれまで、海馬CA1領域におけるLTP誘導の分子機序とその生理的意義に着目し、関与する様々な機能分子群の解析に従事してきた。その過程で、LTPの大きさそのものよりもむしろ、LTPの誘導閾値の制御が学習行動に重要な役割を担うことが示唆さ...

学歴

 
1990年9月
 - 
1996年11月
カリフォルニア大学ロサンゼルス校 医学校生理学部 博士課程修了 (Ph.D.)
 
1986年4月
 - 
1988年3月
東京大学 農学部農芸化学科栄養科学研究室  
 
1984年4月
 - 
1986年3月
東京大学 理科二類