長坂泰勇

J-GLOBALへ         更新日: 13/07/30 00:01
 
アバター
研究者氏名
長坂泰勇
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/30339593
所属
独立行政法人理化学研究所
部署
BSI 適応知性研究チーム
職名
研究員
学位
博士(心理学)

プロフィール

2008-現在 (独)理化学研究所 脳科学研究センター
      適応知性研究チーム 研究員
2006-2008 (独)理化学研究所 脳科学研究センター
      象徴概念発達研究チーム 研究員
2004-2006 米国アイオワ大学心理学部ポスドク
2001-2004 立教大学 文学部助手
2000-2001 立教大学 文学部常勤嘱託
2000    立教大学大学院文学研究科心理学専攻博士課程学位取得修了
     (博士・心理学)

研究分野

 
 

経歴

 
2008年
 - 
現在
(独)理化学研究所・BSI・適応知性研究チーム 研究員
 
2007年
 - 
2008年
(独)理化学研究所・BSI・象徴概念発達研究チーム 研究員
 
2005年
 - 
2007年
University of Iowa Post doctoral researcher
 
2003年
 - 
2004年
立教大学 文学部 助手
 

受賞

 
2010年7月
包括脳ネットワーク 優秀若手賞 霊長類における無意図的な上肢運動の同調
 
2010年6月
Motor Control 研究会 優秀発表賞 複数ニホンザルにおける上肢運動の無意識的な同調
 

論文

 
Wasserman EA, Nagasaka Y, Castro L, Brzykcy SJ
Animal cognition   16(5) 737-753   2013年2月   [査読有り]
Nagasaka Y, Chao ZC, Hasegawa N, Notoya T, Fujii N
Scientific reports   3 1151   2013年   [査読有り]
Zhao Q, Caiafa CF, Mandic D, Chao ZC, Nagasaka Y, Fujii N, Zhang L, Cichocki A
IEEE transactions on pattern analysis and machine intelligence      2012年11月   [査読有り]
Shimoda K, Nagasaka Y, Chao ZC, Fujii N
Journal of neural engineering   9 036015   2012年6月   [査読有り]
Santos GS, Nagasaka Y, Fujii N, Nakahara H
Social neuroscience   7 42-58   2012年   [査読有り]
Nagasaka Y, Shimoda K, Fujii N
PloS one   6 e22561   2011年   [査読有り]
Chao ZC, Nagasaka Y, Fujii N
Frontiers in neuroengineering   3 3   2010年3月   [査読有り]
Yasuo Nagasaka, Daniel I. Brooks and Edward A. Wasserman
Learning and Motivation   41(3) 174-186   2010年   [査読有り]
Fujii N, Hihara S, Nagasaka Y, Iriki A
Social neuroscience   4 73-84   2009年   [査読有り]
Nagasaka, Y., Nakata, R., & Osada, Y.
Japanese Psychological Research   51(3) 132-145   2009年   [査読有り]
Amodal completion of moving objects by pigeons.
Nagasaka Y, Wasserman EA
Perception   37 557-570   2008年   [査読有り]
Prior experience affects amodal completion in pigeons.
Nagasaka Y, Lazareva OF, Wasserman EA
Perception & psychophysics   69 596-605   2007年5月   [査読有り]
Linear Discrimination Analysis of Monkey Behavior in an Alternative Free Choice Task
Takenaka, K., Nagasaka, Y., Hihara, S., Nakahara, H., Iriki, A., Kuniyoshi, Y., and Fujii, N.
Journal of Robotics and Mechatronics   19 416-422   2007年   [査読有り]
リスザルとヒトにおける因果性の知覚
長坂泰勇
基礎心理学研究   25 47-51   2006年
Perceptual grouping in pigeons.
Nagasaka Y, Hori K, Osada Y
Perception   34 625-632   2005年   [査読有り]
Unno S, Kuno R, Inoue M, Nagasaka Y, Mikami A
Primates; journal of primatology   44 177-182   2003年4月   [査読有り]
動物における主観的輪郭、非感性的補間および透明視の知覚
長坂泰勇、長田佳久
動物心理学研究   50 61-73   2000年   [査読有り]

Misc

 
長田佳久, 小林まおり, 長坂泰勇, 豊田恵美
基礎心理学研究   23(2)    2005年3月
長坂泰勇, 堀耕治, 長田佳久
動物心理学研究   52(2)    2002年12月
長坂泰勇, 長田佳久
動物心理学研究   50(2)    2000年12月

講演・口頭発表等

 
Monkey see, Monkey sync.
Yasuo Nagasaka, Zenas C. Chao, Naomi Hasegawa, Tomonori Notoya, Naotaka Fujii
2013年3月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
サル用代替現実(Substitutional Reality; SR)システムの開発
(独)理化学研究所: 平成25年度研究奨励ファンド
研究期間: 2013年5月 - 2014年3月    代表者: 長坂泰勇
感性BMI ー観察している情動の脳内表現とその復号化ー
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 長坂泰勇
無意識的同調行動における脳内統合過程の解明
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 長坂泰勇
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2003年 - 2004年
非感性的補完と透明視の各視覚現象を直接比較可能な刺激を用いることによって,覆っている表面が透明または不透明な場合の覆われている対象の知覚について検討し,二つの現象の関係を考察した。本研究の結果から,被遮蔽表面の知覚に比べ透明な表面に覆われた対象がより正確に知覚されることが明らかになった.透明視実験において,ターゲット刺激は透明なクロスハッチ(傾き45度と135度の格子線分を重ね合わせた刺激図形)を透過して知覚されるよう構成されているため,クロスハッチ線分の幅(CHW)の大きさに関わらずター...
交通行動における認知の発達と個人差
日本私立学校振興・共済事業団学術研究振興資金: 
研究期間: 2002年4月 - 2003年3月    代表者: 芳賀 繁

特許

 
特願7806088 : Primate Restraint Device
長坂泰勇
米国特許第7806088