戸次大介

J-GLOBALへ         更新日: 13/03/21 16:28
 
アバター
研究者氏名
戸次大介
ハンドル
bekki
所属
お茶の水女子大学
部署
大学院人間文化創成科学研究科
職名
准教授
学位
博士(理学)
その他の所属
理学部情報科学科

プロフィール

http://www.is.ocha.ac.jp/~bekki/
http://www.linkedin.com/in/daisukebekki

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2008年4月
 - 
現在
お茶の水女子大学 大学院人間文化創成科学研究科 准教授
 
2005年4月
 - 
2008年3月
東京大学総合文化研究科 研究拠点形成特任研究員
 
2000年10月
 - 
2003年9月
科学技術振興機構戦略的創造研究推進事業さきがけプログラム「情報と知」領域 専任研究員
 

論文

 
Combinatory Categorial Grammar as a Substructural Logic - Preliminary Remarks -
Daisuke BEKKI
In Proceedings of the Seventh International Workshop on Logic and Engineering of Natural Language Semantics (LENLS 7), JSAI International Symposia on AI 2010, Campus Innovation Center, Tokyo, Japan.   70-83   2010年11月   [査読有り]
This paper aims to provide a logical background for Combinatory Categorial Grammar (CCG) and its typological discussions. Based on the Curry-Howard correspondence between Gentzen-style proof systems and Lambek Lamda Calculi, and those between Hil...
Daisuke BEKKI, Kenichi ASAI
New Frontiers in Artificial Intelligence (JSAI-isAI 2009 Workshops, Tokyo, Japan, November 2009, Selected Papers), Springer, Heidelberg   LNAI 6284 161-180   2010年   [査読有り]
In phenomena which have been claimed to require “covert movements” in generative terms, a relevant lexical item seems to require a means to somehow refer to the meaning of its surroundings in order for the meaning of the whole sentence to be prope...
Daisuke BEKKI
New Frontiers in Artificial Intelligence (JSAI 2008 Conference and Workshops, Asahikawa, Japan, June 2008, Revised Selected Papers), Springer   LNAI 5447 193-208   2009年   [査読有り]

書籍等出版物

 
数理論理学
戸次大介
東京大学出版会   2012年3月   ISBN:4130629158
http://www.amazon.co.jp/dp/4130629158/
日本語文法の形式理論-活用体系・統語構造・意味合成-
戸次大介
くろしお出版   2010年3月   ISBN:4874244688
http://www.amazon.co.jp/dp/4874244688/

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
メタラムダ計算とモナドによる自然言語の意味・文脈情報の統合
日本学術振興会: 科学研究費補助金(若手(A))
研究期間: 2010年 - 2014年    代表者: 戸次大介
CCGと高階動的論理による等位接続構文の形式的記述
日本学術振興会: 科学研究費補助金(若手(B))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 戸次大介
確実性アノテーション:『確実性判断を表す意味的文脈』を記述したコーパスの構築
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2010年    代表者: 川添愛
プログラミング言語としての自然言語~推論システムと人間の思考~
科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業さきがけプログラム「情報と知」領域
研究期間: 2000年 - 2003年    代表者: 戸次大介
単一化文法を用いた日本語の統語的・意味的・談話的制約の統合的記述とその処理
日本学術振興会: 特別研究員(DC1)
研究期間: 1997年 - 2000年    代表者: 戸次大介