青田 庄真

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/05 17:03
 
アバター
研究者氏名
青田 庄真
 
アオタ ショウマ
eメール
bluedenp.u-tokyo.ac.jp
所属
東京大学
部署
大学院教育学研究科
職名
博士課程
学位
修士(教育学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
東京医療保健大学 非常勤講師
 
2016年4月
 - 
現在
日本学術振興会 特別研究員DC
 
2015年4月
 - 
現在
上智大学 短期大学部 非常勤講師
 
2015年4月
 - 
現在
早稲田大学 産業経営研究所 研究協力員
 
2014年4月
 - 
2016年3月
関東第一高等学校 非常勤講師
 

学歴

 
2015年4月
 - 
現在
東京大学 大学院教育学研究科 博士課程
 
2013年4月
 - 
2015年3月
東京大学 大学院教育学研究科 修士課程
 
2009年4月
 - 
2013年3月
和歌山大学 教育学部 
 

委員歴

 
2013年4月
 - 
現在
日本英語教育史学会  幹事
 
2013年4月
 - 
現在
外国語教育メディア学会  関東支部運営委員
 

論文

 
戦後日本の英語教育政策における論点とその変容
青田庄真
日本英語教育史研究   30 45-70   2015年   [査読有り]
日本の国会における英語教育政策過程:時代区分・アクター・特徴語
山田雄司・青田庄真
KATE Journal   29 71-84   2015年   [査読有り]
戦後日本における英語教育政策の決定過程
青田 庄真
東京大学大学院 教育学研究科 修士論文      2015年3月   [査読有り]
Typology of English Language Writing Textbooks at Secondary School in Prewar Japan
AOTA Shoma
EVERGREEN   9 17-22   2015年3月   [査読有り]
2014年度版高等学校英語教科書におけるライティング課題
青田庄真
30 49-61   2015年   [査読有り]

Misc

 
Globalization and Language Learning in a Tourist Destination in Cambodia: Role of Foreign Languages Other Than English in Local Linguistic Ecology
AOTA, Shoma; KISHIMOTO, Saki; Sato, Masato
Conference Proceedings (Sustainable Development Conference 2016)   137-138   2016年7月   [査読有り]
Who Were the Actors in the Policy Making Process for English Language Education in Postwar Japan?
AOTA Shoma
Proceedings of The 20th PAAL Conference   99-100   2015年12月   [査読有り]
書評 寺沢拓敬著『「なんで英語やるの?」の戦後史:《国民教育》としての英語,その伝統の成立過程』(研究社,2014)
青田庄真
日本英語教育史研究   30 133-137   2015年   [依頼有り]
教職大学院・教育系修士大学院 徹底比較
青田庄真
教職課程   増刊号 4-7   2014年   [依頼有り]
大学院生生活を充実させるためのマメ知識
青田庄真
教職課程   増刊号 20-21   2014年   [依頼有り]

講演・口頭発表等

 
Globalization and Language Learning in a Tourist Destination in Cambodia: Role of Foreign Languages Other Than English in Local Linguistic Ecology
AOTA Shoma
Sustainable Development Conference 2016   2016年7月   
『日本英語教育史研究』掲載論文における研究主題の系統的レビュー
青田 庄真
日本英語教育史学会第32回全国大会   2016年5月15日   
A Case Study on the Relationship Between Multiple-university Enrollment and Career Interests of University Students in Cambodia
AOTA Shoma
Joint International Seminar (Education in the Era of Globalization: Towards the Realization of Sustainable Future)   2016年2月   
Who Were the Actors in the Policy Making Processfor English Language Educationin Postwar Japan?
AOTA Shoma
The 20th PAAL Conference   2015年12月6日   
小学校英語の必修化以前における実施率拡大要因:教員調査の2次分析を通して
青田庄真
全国英語教育学会第41回熊本研究大会   2015年8月22日   

競争的資金等の研究課題

 
児童期の外国語(英語)教育および異文化理解教育が児童生徒に及ぼす影響
上智大学: 学内共同研究
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 狩野 晶子
英語教育の政策過程とその影響要因に関する包括的研究
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 青田 庄真
英国教材との比較分析によるグローバルリーダー育成のための英語教材・教授法開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業平成27年度(2015年度)基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 森田 彰
Re-examination of Factors Determining National Policy for Foreign Language Education: The Case of Compulsory English Education for Primary School Pupils in Japan
東京大学大学院教育学研究科: 大学院国際学術研究支援制度
研究期間: 2015年7月 - 2016年3月    代表者: 青田 庄真
カンボジアにおける英語教育の質保証
東京大学大学院教育学研究科付属学校教育高度化センター: 若手研究者育成プロジェクト
研究期間: 2015年6月 - 2016年3月    代表者: 青田 庄真