金 凡性

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/31 12:30
 
アバター
研究者氏名
金 凡性
 
キム ボムソン
eメール
boumsounggmail.com
所属
広島工業大学
部署
環境学部
職名
准教授
学位
博士(学術)(東京大学)

研究分野

 
 

学歴

 
2001年4月
 - 
2005年3月
東京大学大学院 工学系研究科 先端学際工学(文部科学省研究留学生・国費)
 
1997年3月
 - 
2000年2月
国立ソウル大学大学院 自然 科学史・科学哲学
 
1991年3月
 - 
1997年2月
国立ソウル大学 人文 東洋史(優等卒業)
 

委員歴

 
2017年6月
 - 
現在
日本科学史学会  全体委員
 
2014年6月
 - 
現在
韓国科学史学会  学生論文賞 審査委員長
 
2013年7月
 - 
現在
Historia Scientiarum  editorial board member
 
2013年3月
 - 
現在
日本史学会(韓国)  編集委員
 
2011年10月
 - 
現在
East Asian Science, Technology and Society  editorial board member
 

受賞

 
2007年3月
東京大学出版会 第48回東京大学出版会刊行助成
 

論文

 
Triangular and Metal Standards for Timber Structures: How to Build Earthquake-proof Wooden Houses (or not) in Interwar Japan
金 凡性
Historia scientiarum. Second series : international journal of the History of Science Society of Japan   27(1) 25-41   2017年8月   [査読有り][招待有り]
STAP細胞問題から見る日本の研究環境 ―ポスドク問題及び研究成果の過剰な宣伝を中心に
前田 裕介、金 凡性
広島工業大学紀要 研究編   50 57-60   2016年2月
ジョン・ミルンと地震研究ネットワーク
金 凡性
韓国科学史学会誌   35(1) 189-201   2013年4月   [査読有り][招待有り]
「地震予報」の夢と現実―日本における地震予知研究に関する歴史的考察
金 凡性
日本批評   (7) 140-167   2012年8月   [査読有り][招待有り]
明治日本の地震及び津波をめぐる科学・国家・文明
金 凡性
日本歴史研究   (35) 75-103   2012年6月   [査読有り][招待有り]
戦間期日本における紫外線装置の開発と利用
金 凡性
科学史研究   51(261) 1-9   2012年3月   [査読有り]
Detecting, Recording and Enlarging: Instrumentation of Earthquake and Tsunami Observations in Meiji Japan
金 凡性
Historia Scientiarum   20(3) 179-195   2011年3月   [査読有り][招待有り]
KIM Boumsoung
Historia scientiarum. Second series : international journal of the History of Science Society of Japan   18(2) 121-131   2008年12月   [査読有り][招待有り]
This study explores the spatial contexts (physical and socio-cultural) of gravitational, geomagnetic, and seismological investigations in Meiji Japan. In the 1880s, European and American scientists invited by the Japanese government were intereste...
Seismicity Within and Beyond the Empire: Japanese Seismological Investigation in Taiwan and Its Global Deployment, 1895-1909
金 凡性
East Asian Science, Technology and Society: An International Journal   1(2) 153-165   2007年12月   [査読有り][招待有り]
金 凡性
現代思想   35(12) 187-193   2007年10月   [招待有り]

Misc

 
泊次郎『日本の地震予知研究130年史―明治期から東日本大震災まで』
金 凡性
科学史研究   55(278) 186-189   2016年7月   [依頼有り]
「科学」はどれほど「政治的」なのか―「国家プロジェクト」としての地震予知の行方(泊次郎著『日本の地震予知研究130年史―明治期から東日本大震災まで』)
金 凡性
図書新聞   (3233) 3-3   2015年12月   [依頼有り]
Deborah R. Coen, The Earthquake Observers: Disaster Science from Lisbon to Richter Chicago/London: University of Chicago Press, 2013
金 凡性
科学史研究   54(273) 61-63   2015年4月   [依頼有り]
Shigeru Kobayashi 小林茂, Gaihōzu: Teikoku Nihon no Ajia Chizu 外邦図―帝国日本のアジア地図 [Pictures on Foreign Countries: Japanese Empire’s Maps on Asia]
金 凡性
East Asian Science, Technology and Society: An International Journal   8(4) 483-485   2014年12月   [依頼有り]
任正爀編著『朝鮮近代科学技術史研究 開化期・植民地期の諸問題』
金 凡性
科学史研究   50(260) 230-232   2011年12月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
科学・技術・倫理百科事典
Carl Mitcham (担当:共訳)
丸善出版   2012年1月   ISBN:9784621083871
キーワードで読む東アジア
シン・ユンファン他編 (担当:分担執筆)
ソウル:イメージン   2011年11月   ISBN:9788993985641
如何にして日本の科学者はノーベル賞を受賞できたのか
金 凡性
ソウル:サッリム出版   2010年1月   ISBN:9788952213297
脱キャッチアップ型技術革新の不確実性に関する対応戦略
ソン・ウィジン 他 (担当:分担執筆, 範囲:193-212)
韓国科学技術政策研究院   2007年12月   ISBN:9788961120289
金 凡性
東京大学出版会   2007年1月   ISBN:4130667084
アジアで科学する―長岡半太郎&湯川秀樹
金 凡性
ソウル:キムヨン社   2006年11月   ISBN:9788934921332
科学技術文化活動の進化と特徴に関する国際比較―システム・アプローチ
ソン・ソンス、金凡性、チェ・ジナ (担当:共著, 範囲:68-83)
韓国科学技術政策研究院   2004年12月   ISBN:9788989052395
理系白書
毎日新聞科学環境部 (担当:単訳)
ソウル:サイエンスブックス   2004年6月   ISBN:9788983711472
化学ぎらいをなくす本―化学再入門
米山正信 (担当:単訳)
ソウル:アカデミー書籍   2000年   ISBN:9788976164575

講演・口頭発表等

 
<見えざる光>の力―紫外線を用いた社会の解剖に向けて
金 凡性
科学文化論研究会 第3 回集会   2017年3月28日   
『紫外線の社会史』に向けて [招待有り]
金 凡性
第7回日韓科学史セミナー   2017年3月25日   
Ultraviolet Utopia? Irradiating Interwar Japan with Invisible Sunlight [招待有り]
金 凡性
Disastrous Pasts: New Directions in Asian Disaster History   2016年11月22日   
戦前日本の大衆科学雑誌における紫外線
金 凡性
日本科学史学会第 63 回年会   2016年5月28日   
20世紀前半のアメリカと日本における人工紫外線と動物
金 凡性
日本科学史学会第19回西日本研究大会   2015年11月21日   
災害に関する記憶と忘却:科学史の観点から
金 凡性
シティカレッジ   2015年10月29日   
Recognizing Terra Incognita: Japanese Geological Surveys of Hot Springs in Colonial Korea
金 凡性
The 14th International Conference on the History of Science in East Asia   2015年7月6日   
戦前の日本における紫外線と農業
金 凡性
日本科学史学会第62 回年会   2015年5月31日   
Memories and Knowledge of Disasters in Japan: A Historical Sketch
金 凡性
Disasters in History: The Philippines in Comparative Perspective   2014年10月   
Forgetting Disasters: A Historiographical Review of the Memories of a Japanese Scientist
金 凡性
International Conference of Historians of Asia 2014   2014年8月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
20世紀後半の日本における紫外線知識・言説の変容に関する研究
一般財団法人広島地球環境情報センター: 研究助成
研究期間: 2017年7月 - 2018年3月    代表者: 金 凡性
戦前日本における紫外線知識・言説の形成と変容に関する科学史・STS的分析
日本学術振興会: 科学研究費補助金・挑戦的萌芽研究
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 金 凡性
帝国日本の知識ネットワークに関する科学史研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金・基盤研究(A)
研究期間: 2012年10月 - 2016年3月    代表者: 愼 蒼健
事故・災害と安全基準構築に関する比較科学技術史的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金・基盤研究(A)
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月    代表者: 橋本毅彦
明治・昭和三陸津波に関する知識・情報・記憶―科学史・科学技術社会論的分析
日本学術振興会: 科学研究費補助金・若手研究(B)
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 金 凡性

社会貢献活動

 
日本の科学分野ノーベル賞受賞者15人の底力は
【情報提供】  聯合ニュース(韓国)  2012年10月9日
地震の神様 命を守る闘い〜関東大震災を予知した男 今村明恒
【取材協力, 情報提供】  NHK  歴史秘話ヒストリア  2011年9月7日
ハン・スジンの今日
【出演】  SBS-FM(韓国)  2011年3月18日
大型災難発生の危機警報、日本は数分、韓国は一時間
【取材協力, 情報提供】  毎日経済新聞(韓国)  2011年3月14日
がらくたから「お宝」 地震学で文化と国力を世界に示す
【情報提供】  朝日新聞  2010年1月16日
地震学育てたのは日本
【インタビュイー, 取材協力, 情報提供】  朝日新聞  2007年3月6日
理系ニホン柱 韓国熱視線
【インタビュイー, 取材協力, 情報提供】  毎日新聞  2004年8月3日