宋 文杰

J-GLOBALへ         更新日: 16/10/04 10:50
 
アバター
研究者氏名
宋 文杰
URL
http://srv02.medic.kumamoto-u.ac.jp/dept/physiol2/physiol2.html
所属
熊本大学
部署
大学院生命科学研究部
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
2010年1月
 - 
現在
熊本大学 大学院生命科学研究部(名称変更) 教授
 
2006年9月
 - 
2009年12月
熊本大学 大学院医学薬学研究部 教授
 
1998年12月
 - 
2006年8月
大阪大学 大学院・工学研究科 助教授
 
1996年8月
 - 
1998年11月
大阪大学 基礎工学研究科 助手
 
1994年9月
 - 
1996年7月
テネシー大学医学部 博士研究員
 
1989年4月
 - 
1994年8月
大阪大学 基礎工学部 助手
 

論文

 
Wu M, Takemoto M, Taniguchi M, Takumi T, Okazaki T, Song WJ
American journal of physiology. Cell physiology   311(1) C15-23   2016年7月   [査読有り]
Nishimura M, Sawatari H, Takemoto M, Song WJ
Neuroscience research   99 55-61   2015年10月   [査読有り]
Nishimura M, Song WJ
NeuroImage   89 181-191   2014年4月   [査読有り]
Takemoto M, Hasegawa K, Nishimura M, Song WJ
The Journal of comparative neurology   522 1373-1389   2014年4月   [査読有り]
Lu MH, Takemoto M, Watanabe K, Luo H, Nishimura M, Yano M, Tomimoto H, Okazaki T, Oike Y, Song WJ
The Journal of physiology   590(16) 4029-4044   2012年8月   [査読有り]
Nishimura M, Song WJ
PloS one   7 e46339   2012年   [査読有り]
Sawatari H, Tanaka Y, Takemoto M, Nishimura M, Hasegawa K, Saitoh K, Song WJ
The European journal of neuroscience   34 1944-1952   2011年12月   [査読有り]
Okuda Y, Shikata H, Song WJ
Neuroscience research   71(1) 103-106   2011年9月   [査読有り]
Yamagata K, Senokuchi T, Lu M, Takemoto M, Fazlul Karim M, Go C, Sato Y, Hatta M, Yoshizawa T, Araki E, Miyazaki J, Song WJ
Biochemical and biophysical research communications   407(3) 620-625   2011年4月   [査読有り]
Yano M, Watanabe K, Yamamoto T, Ikeda K, Senokuchi T, Lu M, Kadomatsu T, Tsukano H, Ikawa M, Okabe M, Yamaoka S, Okazaki T, Umehara H, Gotoh T, Song WJ, Node K, Taguchi R, Yamagata K, Oike Y
The Journal of biological chemistry   286(5) 3992-4002   2011年2月   [査読有り]
Saitoh K, Inagaki S, Nishimura M, Kawaguchi H, Song WJ
Neuroscience research   68(2) 107-113   2010年10月   [査読有り]
Sugo N, Oshiro H, Takemura M, Kobayashi T, Kohno Y, Uesaka N, Song WJ, Yamamoto N
The European journal of neuroscience   31 1521-1532   2010年5月   [査読有り]
Nishimura M, Shirasawa H, Kaizo H, Song WJ
Journal of neurophysiology   97 927-932   2007年1月   [査読有り]
Song WJ, Kawaguchi H, Totoki S, Inoue Y, Katura T, Maeda S, Inagaki S, Shirasawa H, Nishimura M
Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991)   16(5) 718-729   2006年5月   [査読有り]
Nishimura M, Shirasawa H, Song WJ
Neuroscience research   54(3) 230-234   2006年3月   [査読有り]
Maeda S, Song WJ, Ishii S
Neural computation   17(1) 115-144   2005年1月   [査読有り]
Otsuka T, Abe T, Tsukagawa T, Song WJ
Journal of neurophysiology   92 255-264   2004年7月   [査読有り]
Dopamine D4 receptor-induced postsynaptic inhibition of GABAergic currents in mouse globus pallidus neurons.
Shin RM, Masuda M, Miura M, Sano H, Shirasawa T, Song WJ, Kobayashi K, Aosaki T
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   23 11662-11672   2003年12月   [査読有り]
Isolation of neural activities from respiratory and heartbeat noises for in vivo optical recording in guinea pigs using independent component analysis.
Inagaki S, Katura T, Kawaguchi H, Song WJ
Neuroscience letters   352 9-12   2003年11月   [査読有り]
Nigral GABAergic inhibition upon cholinergic neurons in the rat pedunculopontine tegmental nucleus.
Saitoh K, Hattori S, Song WJ, Isa T, Takakusaki K
The European journal of neuroscience   18 879-886   2003年8月   [査読有り]
Hattori S, Murakami F, Song WJ
Journal of neurophysiology   90 175-183   2003年7月   [査読有り]
Hattori S, Murakami F, Song WJ
Synapse (New York, N.Y.)   48 57-65   2003年5月   [査読有り]
Song WJ
Neuroscience research   42(1) 7-14   2002年1月   [査読有り]

Misc

 
宋文杰
Clin Neurosci   29(12) 1401-1404   2011年12月
田野保雄, 瓶井資弘, 生野恭司, 辻川元一, 坂口裕和, 西田健太郎, 方肖雲, 杜兆江, 謝平, 不二門尚, 日下俊次, 森本壮, 中内一揚, 別所建一郎, 下條裕史, 大川賀孝, 北口善之, 福田淳, 澤井元, 三好智満, 八木哲也, 小山内実, 宋文杰, 三宅養三, 近藤峰生, 子安俊行, 坂井隆夫, 栗本幸英, 平形明人, 大路正人, QUIROZ‐MERCADO Hugo, USTARIZ‐GONZALEZ Orlando, CECILIA‐GONZALEZ Carmen, 太田淳, 徳田崇, 小澤素生, 古野間邦彦, 鐘堂健三, 大澤孝治, 中谷正義
日本眼科学会雑誌   113(3) 315-343   2009年3月
齋藤和也, 西村正孝, 宋文杰
聴覚研究会資料   38(3) 249-254   2008年5月
齋藤和也, 西村方孝, 宋文杰
聴覚研究会資料   37(10) 823-827   2007年12月
小山内実, 榮原晴子, 澤井元, 宋文杰, 八木哲也
電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society   127(10) 1595-1602   2007年10月
To develop a retinal prosthesis for blind patients using an implanted multielectrode array, it is important to study the response properties of retinal ganglion cells and of the visual cortex to localized retinal electrical stimulation.Optical ima...

競争的資金等の研究課題

 
聴覚視床‐皮質間の並列回路と回路間クロストークに関する研究
文部科学省: 新学術領域研究
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 宋 文杰
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2009年
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年 - 2007年
現在、神経細胞の電気信号を計る最も直接的な方法はガラス微小電極を用いる方法であるが、これでは細胞体からの記録に限られる。しかし、神経細胞の主な入力を受ける部位は樹状突起で、そこでの信号を計ることが重要である。本研究では、カーボンナノチューブをベースにしたナノプローブを開発し、膜電位を神経細胞の任意の部位から計測できる方法を開発することを研究目的とした。これを達成させるために、タングステン線または白金イリジューム線を電気研磨によって先端の曲率半径を数十nmにし(以下金属電極と呼ぶ)、その先端...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2006年 - 2007年
純音刺激と腹側被蓋領域ドーパミンニューロンの刺激と組み合わせると、刺激に用いた純音に応答する皮質一次聴覚野の領域が拡大することが知られている。このような可塑性は音声学習の神経基盤になる可能性が考えられるが、その機構は明らかにされていない。本研究では、皮質一次聴覚野におけるドーパミンの神経修飾作用を解明することを研究目的としている。一次聴覚野における神経修飾を調べるにあたって、一次野の同定が曖昧であったことに気づき、まずin vivo光イメージング法で一次聴覚野を同定することにした。その結果...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2004年 - 2004年
神経細胞の発火パタンはその細胞の持っているイオンチャネルによって決定される。チャネルの機能を決定する因子はチャネルの密度と性質であるが、神経細胞はどのようにこれらの因子を調節して正常な機能を実現しているのかは明らかになっていない。本研究代表者らは、線条体コリン作動性ニューロンをモデルに、K+チャネルの密度と性質が発達過程において調節される機構について調べてきた。今回は遅延整流性電流についてその性質とそれをコードする候補遺伝子、及び電流とmRNAレベルの生後発達を調べた。線条体スライスにおい...