今田 千秋

J-GLOBALへ         更新日: 16/07/12 11:34
 
アバター
研究者氏名
今田 千秋
 
イマダ チアキ
eメール
imadakaiyodai.ac.jp
URL
http://www.kaiyodai.ac.jp
所属
東京海洋大学
部署
大学院海洋科学技術研究科 海洋生命科学専攻
職名
教授
学位
農学博士(東京大学)

プロフィール

私は海にすんでいる微生物の諸産業への応用研究を行っています。海の微生物の研究は、陸の微生物に比べるとはるかに立ち遅れています。これは、サンプルを取るために、簡単に外洋や深海に行けないためです。しかし、地球の全表面積の約7割を占める広大な海は、鉛直的にも大きな広がりを持ち、未知の微生物の宝庫と考えられています。幸い、東京海洋大学は海洋科学部だけでも4隻もの研究練習船を保有し、いつでも海洋に出かけることができますので、珍しい海の微生物を発見することは決して夢ではありません。あなたもこのような「海にすんでいる微生物からの宝さがし」に参加してみませんか?今よりも、もっと安全で効果のある化粧品や、様々な病気の治療の特効薬が見つかるかもしれませんよ。

研究分野

 
 

経歴

 
1986年
 - 
1987年
日本学術振興会 特別研究員
 
1987年
 - 
1998年
微生物化学研究所 研究員
 
1998年
 - 
2003年
東京水産大学 大学院助教授
 
2003年
 - 
2004年
東京海洋大学 大学院 助教授
 
2004年
 - 
現在
 東京海洋大学 大学院 教授
 

学歴

 
 
 - 
1986年
東京大学 農学研究科 海洋微生物学
 
 
 - 
1980年
東京水産大学 水産学部 漁業生産工学
 

委員歴

 
2013年10月
   
 
内閣府食品安全委員会  食品安全委員会専門委員
 
 
   
 
日本水産学会  正会員
 
 
   
 
日本放線菌学会  正会員
 
 
   
 
マリンバイオテクノロジー学会  理事
 
 
   
 
海洋深層水利用学会  理事
 

受賞

 
2015年10月
アグリサイエンスグランプリ 吉野家賞 海洋有用微生物
 
2003年
マリンバイオテクノロジー学会岡見賞 受賞
 

論文

 
Harunari E, Hamada M, Shibata C, Tamura T, Komaki H, Imada C, Igarashi Y
The Journal of antibiotics   69(3) 159-163   2016年3月   [査読有り]
Kobayashi T, Agustini TW, Ibrahim R, Kamei K, Kondo A, Kajiwara M, Ooka Y, Nakamura H, Terahara T, Imada C
World journal of microbiology & biotechnology   32(3) 47   2016年3月   [査読有り]
Uchida R, Nakajyo K, Kobayashi K, Ohshiro T, Terahara T, Imada C, Tomoda H
The Journal of antibiotics      2016年3月   [査読有り]
Terahara T, Yamada K, Nakayama J, Igarashi Y, Kobayashi T, Imada C
Gene   576(2 Pt 1) 696-700   2016年2月   [査読有り]
Ogasawara K, Yamada K, Hatsugai N, Imada C, Nishimura M
PloS one   11(2) e0149084   2016年   [査読有り]
Kobayashi K, Fukuda T, Terahara T, Harunari E, Imada C, Tomoda H
The Journal of antibiotics   68(10) 638-641   2015年10月   [査読有り]
Terahara T, Xu X, Kobayashi T, Imada C
Applied biochemistry and biotechnology   175(7) 3297-3309   2015年4月   [査読有り]
Kim Y, Ogura H, Akasaka K, Oikawa T, Matsuura N, Imada C, Yasuda H, Igarashi Y
Marine drugs   12(7) 4110-4125   2014年7月   [査読有り]
Yoneda Y, Yoshida T, Yasuda H, Imada C, Sako Y
International journal of systematic and evolutionary microbiology   63(Pt 10) 3602-3608   2013年4月   [査読有り]
Harunari E, Imada C, Igarashi Y, Fukuda T, Terahara T, Kobayashi T
Marine drugs   12(1) 491-507   2014年1月   [査読有り]
Terahara T, Kobayashi T, Imada C
World journal of microbiology & biotechnology   29 1677-1684   2013年9月   [査読有り]
岡本良子, 有賀みずえ, 山田勝久, 今田千秋, 小林武志, 寺原猛
海洋深層水研究   14(1) 35-42   2013年3月
寺原猛, 加藤朋, 山田勝久, 小林武志, 今田千秋
海洋深層水研究   14(1) 11-18   2013年3月
Tsukimoto M, Nagaoka M, Shishido Y, Fujimoto J, Nishisaka F, Matsumoto S, Harunari E, Imada C, Matsuzaki T
Journal of natural products   74 2329-2331   2011年11月   [査読有り]
今田 千秋
日本水産學會誌 = Bulletin of the Japanese Society of Scientific Fisheries   76(4)    2010年7月
Isolation and characterization of marine and terrestrial actinomycetes using a medium supplemented with NaCl
C. Imada,S. Masuda, T. Kobayashi, N. Hamada-Sato, and T. Nakajima
Actinomycetologica   24(1) 12-17   2010年
応用微生物学的見地から見た海洋深層水と海底堆積物の有効利用
今田千秋
海洋深層水研究   10(1) 33-40   2009年
Isolation of a bacterium possessing a haloacid dehalogenase from a marine sediment core
Y. Chiba, T. YOshida, N. Ito, H. Nishimura, C. Imada, H. Yasuda, and Y. Sako
Microbes Environ.   24(3) 276-279   2009年
Isolation of a bacterium possessing a haloacid dehalogenase from a marine sediment core.
Chiba Y, Yoshida T, Ito N, Nishimura H, Imada C, Yasuda H, Sako Y
Microbes and environments / JSME   24 276-279   2009年   [査読有り]
Yoshida A, Seo Y, Suzuki S, Nishino T, Kobayashi T, Hamada-Sato N, Kogure K, Imada C
Marine biotechnology (New York, N.Y.)   10 554-563   2008年9月   [査読有り]
Purification and determination of the chemical structure of the tyrosinase inhibitor produced by Trichoderma viride strain H1-7 from a marine environment.
Tsuchiya T, Yamada K, Minoura K, Miyamoto K, Usami Y, Kobayashi T, Hamada-Sato N, Imada C, Tsujibo H
Biological & pharmaceutical bulletin   31 1618-1620   2008年8月   [査読有り]
海洋性発光細菌Shewanella sp.のVBNC状態への誘導および大腸菌とのプロトプラスト融合
日本水産学会誌   74(6) 1082-1084   2008年
海洋由来糸状菌の培養上清添加によるワインの色調変化の防止効果
Journal of ASEV Japan   19(1) 2-9   2008年
Improved method of protoplast fusion between marine luminescent bacterium and Escherichia coli cultivated with fatty acid
Fisheries Science   74 1290-1296   2008年
Actinomycetal community structures in seawater and freshwater examined by DGGE analysis of 16S rRNA gene fragment
Marine Biotechnology   10 554-563   2008年
Purification and determination of the chemical structure of the tyrosinase inhibitor produced by Trichoderma viride strain H1-7 from a marine environment
Biological Pharmaceutical Bulletin   31(8) 1618-1620   2008年
Phenotypic characterization and cultivation conditions of inhibitor-producing fungus isolated from marine sediment
Fisheries Science   74 662-669   2008年
Miyamoto K, Okunishi M, Nukui E, Tsuchiya T, Kobayashi T, Imada C, Tsujibo H
Archives of microbiology   188 619-628   2007年12月   [査読有り]
Regulator CdsS/CdsR two-component system modulates expression of genes involved in chitin degradation of Psedoalteromonas piscicida strain O-7
Archieves of Microbiology   188(619) 628   2007年
海洋環境より分離された糸状菌培養液の美白素材への応用研究
山田勝久、今田千秋、土屋孝弘、宮本勝城、辻坊裕、小林武志、濱田(佐藤)奈保子
日本化粧品技術者会誌   41(4) 254-261   2007年
Isolation and characterization of antibacterial substances produced by marine actinomycetes in the presence of seawater
C. Imada, N. Koseki, M. Kamata, T. Kobayashi, and N. Hamada-Sato
Actinomycetologica   21 27-31   2007年
海洋環境より分離した糸状菌培養上清の生鮮食材変色防止効果
山田勝久、今田千秋、小林武志、濱田(佐藤)奈保子
日本食品科学工学会誌   54(6) 274-279   2007年
Wada M, Kamiya A, Uchiyama N, Yoshizawa S, Kita-Tsukamoto K, Ikejima K, Yu R, Imada C, Karatani H, Mizuno N, Suzuki Y, Nishida M, Kogure K
FEMS microbiology letters   260 186-192   2006年7月   [査読有り]
海洋細菌と大腸菌の細胞融合および得られた融合株の性状
張恩実、今田千秋、鎌田正純、小林武志、濱田(佐藤)奈保子
日本水産学会誌   72(4) 743-745   2006年
Relationship between temporary inhibition and structure of disulfide-linkage analogs of marinostatin, a natural ester-linked protein protease inhibitor
M. Taniguchi, K. Kamei, K. Kanaori, T. Koyama, R. Takano, S. Harada, C. Imada, and S. Hara
Journal of Peptide Research   66 49-58   2005年
Enzyme inhibitors and other bioactive comopounds from marine actinomycetes
Antotie van Leewenhoek   87 59-63   2005年
Degradation of Ferric Chelate of Ethylenediaminetetraacetic acid by Bacterium Isolated from Deep-Sea Skalked Barnacle
Marine Biotechnology   7 21-25   2005年
Effect of Culture Conditions on Lactic Acid Production of Tetragenococcus species
Journal of Applied Microbiology   96 1215-1221   2004年
Construction of a Glucose Sensor Based on a Screen-Printed Electrode and a Novel Mediator Pyocyanin from Pseudomonas aeruginosa
Biosensors and Bioelectronics   19 1237-1244   2004年
Occurrence of Metalloprotease (Thermolysin) Inhibitor among Brevibacillus Species and Purification of Such Inhibitor from Brevibacillus reuszeri IFO 15719T
Fisheries Science   70 299-305   2004年
Enzyme Inhibitors of Microbial Origin with Pharmaceutical Importance
Marine Biotechnology   6 193-198   2004年
Amperometric Determination of Laminarin by using Immobilized β-1, 3-Gliucanase
Biosensors and Bioelectronics   19(6) 557-562   2003年
Development of a D-Alarine Sensor for the Monitoring of a Fermentation Using a D-Amino Acid Oxidase with Low Substrate Specificity Low
Biosensors and Bioelectronics   (19) 423-431   2003年
Pseudoalteromonas sagamiensis gev. nov., sp. nov., Novel Protease Inhibitors Producing Marine Bacterium.
International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology   (53) 1807-1811   2003年
Development of an Amperometric L-Alarine Sensor Using L-Amino Acid Oxidase from Neurospora crassa
Sensors and Materials   15(4) 225-238   2003年
The Action Modes of an Extracellular β-1, 3-Glucanase Isolateded from Bacillus clausii NM-1 on β-1, 3-Glucooligosaccharides
Journal of Bioscience and Bioengineering   96(1) 32-37   2003年
Application of a Contract Dehydrating Sheet to the Preparation of an Immobilized Enzyme Membrane for Biosensor
Journal of Packaging Science and Technology   12(6) 351-360   2003年
Isolation and Characterization of Halophilic Lactic Acid Bacteria Isolated from "Terasi" Shrimp Paste:A Traditional Fermented Seafood Product in Indonesia
Journal of General Applied Microbiology   (49) 279-286   2003年
Determination of D- and L- alanine concentrations using a pyruvic acid sensor
Biosensors and Bioelectronics   (18) 963-971   2003年
Purfication and characterization of a novel extracellular β-1, 3-Gglucanase produced by Bacillus Clausii NM-1 isolated from abalone Haliotis discus hannai
Journal of Bioscience and Bioengineering   95(1) 45-51   2003年
海中における生分解性プラスチックの分解
水産工学   (40) 143-149   2003年
銀担持リン酸ジルコニウムセラミックス添加包装材の抗菌特性と食品保存効果について
Material Technology   21(3) 109-117   2003年
相模湾および遠州灘の海底堆積物から分離した好圧細菌の諸性状について
日本水産学会誌   69(3) 347-351   2003年
魚の鮮度に及ぼす脱水シートの効果ータラとタイの比較ー
日本調理科学会   36(4) 354-359   2003年
エチレンジアミン四酢酸鉄キレート(Fe-EDTA)の海洋細菌による分解
水環境学会誌   26(4) 231-235   2003年
Miyanishi N, Hamada N, Kobayashi T, Imada C, Watanabe E
Journal of bioscience and bioengineering   95 45-51   2003年   [査読有り]
The action modes of an extracellular beta-1,3-glucanase isolated from Bacillus clausii NM-1 on beta-1,3-glucooligosaccharides.
Miyanishi N, Matsubara Y, Hamada N, Kobayashi T, Imada C, Watanabe E
Journal of bioscience and bioengineering   96 32-37   2003年   [査読有り]
Degradation of Tributyltin by Marine Microorganismus in Sediment Collected from Tokyo Bay
Fisheries Sience (Supplement)   (68) 643-644   2002年
脱水シート放送による鮮魚の鮮度保持
日本科学工学会誌   49(12) 765-770   2002年
銀担持リン酸ジルコニウムセラミックス入りまな板の抗菌効果
Material Technology   20(3) 109-114   2002年
Molecular analysis of the gene encoding a novel chitin-binding protease from Alteromonas sp. strain 0-7 and its role in the chitinolytic system
Journal of Bacteriology   184(7), 1865-1872    2002年
銀担持リン酸ジルコニウムセラミックス入りまな板の抗菌効果
Material Technology   20(3), 109-114    2002年
Isolation and characterization of the interspecific fusants from Streptomyces obtained using a liquid regeneration method
Fisheries Science   68(2), 395-402    2002年
Isolation and characterization of tyrosinase inhibitor-producing microoganisms from marine environment
Fisheries Science   67(6), 1151-1156    2001年
辻坊 裕, 木村 悦久, 藤本 和博, 宮本 勝城, 稲森 善彦, 今田 千秋, 岡見 吉郎
日本農藝化學會誌   70(0)    1996年3月
辻坊 裕, 折越 英介, 林 美幸, 宮本 勝城, 稲森 善彦, 今田 千秋, 岡見 吉郎
日本農藝化學會誌   70(0)    1996年3月
辻坊 裕, 折越 英介, 塩谷 佳代子, 宮本 勝城, 林 美幸, 稲森 善彦, 今田 千秋, 岡見 吉郎
日本農藝化學會誌   69(0)    1995年7月
辻坊 裕, 木村 悦久, 藤本 和博, 宮本 勝城, 稲森 善彦, 今田 千秋, 岡見 吉郎
日本農藝化學會誌   69(0)    1995年7月
辻坊 裕, 宮本 勝城, 海津 嘉彦, 稲森 善彦, 今田 千秋, 岡見 吉郎
日本農藝化學會誌   69(0)    1995年7月
岡見 吉郎, 今田 千秋, 山県 民敏
醗酵工学会誌 : hakkokogaku kaishi   69(3) 163-167   1991年5月
The growth and isolation of barophilic microorganisms occur most favorably under pressurized conditions, which have hitherto been achieved by introducing a pressurized gas such as helium. However, pressurized gas often affects growth and creates a...
無気相高圧下で好圧微生物を分離、培養、保存するための新装置
発酵工学会誌   69 163-167   1991年
無気相高圧下で好圧微生物を培養、分離、保存するための新装置
発酵工学会誌   69(3)    1991年
海水の錯化容量
海洋   3 173-177   1989年
植物プランクトンで測定される海水の錯化容量
日本水産学会誌   51(2) 261-265   1985年
Solution structure of marinostatin, a natural ester-linked protein protease inhibitor
Biochemistry   44(7) 2462-2468
LuxA gene of light organ symbionts of the bioluminescent fish Acropoma japonicum (Acropomaridae) and Siphamia versicolor (Apogonidae) forms a lineage closely related to that of Photobacterium leiognathi sp. mandapamensis
M.Wada, A. Kamiya, N. Uchiyama, S. Yoshizawa, K. Kita-Tsukamoto, K. Ikejima, R. Yu, C. Imada, H. Karatani, N. Mizuno, Y. Suzuki, M. Nishida, and K. Kogure
FEMS Microbiological Letter   260 186-192

Misc

 
柴田雄次, 山田勝久, 今田千秋, 寺原猛, 小林武志
マリンバイオテクノロジー学会大会講演要旨集   15th 65   2013年6月
寺原猛, 山口貴大, 山田勝久, 小林武志, 今田千秋
マリンバイオテクノロジー学会大会講演要旨集   15th 62   2013年6月
今田千秋, 山口(櫻庭)清香, 山田勝久, 寺原猛, 池田吉用, 長岡寛
マリンバイオテクノロジー学会大会講演要旨集   15th 107   2013年6月
春成円十朗, 今田千秋, 五十嵐康弘, 寺原猛, 小林武志
マリンバイオテクノロジー学会大会講演要旨集   15th 91   2013年6月
渡邉恵三, 今田千秋, 小林武志, 寺原猛
マリンバイオテクノロジー学会大会講演要旨集   15th 92   2013年6月
伊藤英里奈, 小林武志, 寺原猛, 今田千秋, 亀井加恵子, 都亨基
日本水産学会大会講演要旨集   2013 221   2013年3月
高安那津季, 鈴木誠治, 今田千秋, 小林武志, 寺原猛
日本水産学会大会講演要旨集   2013 193   2013年3月
杉座恒, 小林武志, 遠藤雅人, 寺原猛, 今田千秋
日本水産学会大会講演要旨集   2013 158   2013年3月
海洋微生物の話(1)
食品と容器   41(3) 86-92   2000年
海洋微生物の話(2)
食品と容器   41(3) 138-143   2000年

書籍等出版物

 
プロテアーゼインヒビター (海洋細菌由来の生理活性物質)
海洋生物の探索と利用   1986年   
海洋微生物由来プロテアーゼインヒビター
マリンバイオ   1989年   
酵素インヒビター
海洋微生物の生物活性物質   1990年   
プロテアーゼインヒビター
シーエムシー刊   1986年   
海洋微生物由来プロテアーゼインヒビター
シーエムシー刊   1989年   

講演・口頭発表等

 
生物学的手法による海水の錯化容量の測定
日本水産学会   1982年   
海洋細菌の生産するプロテアーゼインヒビター、1.生産菌の分離と諸性状
日本水産学会   1982年   
沿岸海域における懸濁態タンパク質の分解と酵素活性
日本水産学会   1982年   
南極海域の細菌相について
第7回極域生物シンポジウム   1984年   
海洋細菌の生産するプロテアーゼインヒビター、2.インヒビターMarinostatinの精製及び諸性質
日本水産学会   1985年   

Works

 
南極海海洋生態系およびその生物資源に関する生物学的研究
1983年
海洋微生物の生産する特異酵素および生理活性物質に関する研究
1993年
ポリペプチド同族体マリノスタチン
1986年
糖タンパク質モナスタチン
1986年
親規生理活性物質TA-3037及びその製造法
1991年

競争的資金等の研究課題

 
新しい有用生理活性物質を生産する海洋微生物の探索
バイオテクノロジー先端技術開発研究
人間活動に有用な生理活性物質を生産する微生物を海洋環境から探索する
微生物の持つ潜在二次代謝系の発現と物質生産
微生物の遺伝子組み換えと物質代謝
遺伝子科学研究
微生物の遺伝子を組みかえることによって新規な代謝産物を得る
難分解性産業廃棄物の海洋微生物による分解
海洋利用・生態系研究開発
エチレンジアミン四酢酸など難分解性の産業廃棄物を海洋微生物を用いて分解除去する
微生物の群集組成解析
海洋調査技術開発
自然界特に海洋環境中に生息する微生物についてメタゲノムおよび生菌数から群集組成を解析する

特許

 
キレート剤分解菌およびそれを用いたキレート剤汚染の処理剤
特願2002-278411
植物系廃棄物分解微生物、該微生物を含む植物系廃棄物処理剤および該微生物を用いた植物系廃棄物処理方法
特願2002-331602
光る生餌とこの生餌に共生又は付着させる発光細菌の培養方法
特願2002-284785
トリブチルスズ化合物の測定方法
特願2003-093782
酵素を組み合わせたアグマチンの電気化学的測定法
特願2003-019086