細田 千尋

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/20 14:10
 
アバター
研究者氏名
細田 千尋
ハンドル
chihiro
eメール
chihirohosodamarler.c.u-tokyo.ac.jp
所属
東京大学大学院総合文化研究科
職名
研究員
学位
医学博士
その他の所属
独)科学技術振興機構独立行政法人国立精神・神経医療研究センター東京医科歯科大学

研究分野

 
 

経歴

 
2014年10月
 - 
現在
独)科学技術振興機構 さきがけ研究者
 
2014年4月
 - 
現在
東京大学大学院総合文化研究科 生命環境科学系・認知行動科学
 
2014年1月
 - 
2014年9月
国立精神神経医療研究センター 神経研究所疾病研究第七部 / 脳病態統合イメージングセンター 先進脳画像研究部
 
2012年1月
 - 
2013年12月
ATR 研究員
 
2010年4月
 - 
2011年12月
国立精神・神経医療センター神経研究所疾病研究第七部1、東京医科歯科大学脳神経機能外科学2 流動研究員1  非常勤講師2
 

受賞

 
2014年6月
International symposium Adolescent brain & mind and self regulation Young investigators Award
 
2013年8月
包括脳ワークショップ 若手優秀発表賞
 
2012年9月
成茂神経科学 成茂神経科学賞
 
2012年3月
NPO法人 ニューロクリアティブ研究所 創造性研究奨励賞
 
2010年2月
脳統合機能研究センター 第二回脳統合機能研究センター若手インスパイアシンポジウム ポスター賞
 

論文

 
能力獲得に伴う脳可塑的変化の検討—多次元イメージング法による可視化
細田 千尋
精神科      2015年7月   [査読有り]
Dynamic neural network reorganization associated with second language vocabulary acquisition: a multimodal imaging study
Chihiro Hosoda, Kanji Tanaka, Tadashi Nariai, Manabu Honda, Takashi Hanakawa
Journal of Neuroscience   33(34) 13663-13762   2013年8月   [査読有り]
PET molecular imaging to investigate the higher brain dysfunction in patients with neurotrauma
Nariai T, Inaji M, Tanaka Y, Hiura M, Hosoda C, Ishii K, Ohno K
Acta Neurochirurugica      2012年   [査読有り]
Neural mechanisms of language switch
Chihiro Hosoda, Takashi Hanakawa, Tadashi Nariai, Kikuo Ohno, Manabu Honda
Journal of Neurolinguistics   25 44-61   2012年   [査読有り]
Correlation between Focal Brain Metabolism and Higher Brain Function in Patients with Moyamoya Disease
細田 千尋、成相直、石井賢二、石綿喜一、大野喜久郎
Int J Stroke      2010年5月   [査読有り]

書籍等出版物

 
脳機能イメージング。In 図説脳神経外科新シリーズ。前頭葉頭頂葉
細田 千尋、成相直、大林茂
メジカルビュー社   2010年   

講演・口頭発表等

 
Development of temporal cortex can predict L2 listening learning success
Hosoda, C., Hamada, M., Maeshima, H., Nonaka,Y., Okanoya,K.
World Congress of Neurology   2017年9月17日   
脳情報とAIを用いて個別的教育に応用するー英語やプログラミングは能力差の背景に脳基盤差があるー [招待有り]
細田 千尋
感性工学会   2017年9月13日   
サンデージャーナル出演 お稽古と脳
細田 千尋
2017年8月21日   
Predictor of second language learning success: The development of temporal cortex and the goal orientation
Hosoda, C., Hamada, M., Maeshima, H. ,Nonaka,Y., Okanoya,K.,
Organization for Human Brain Mapping   2017年6月   
脳構造差が予測する英語能力の差とプログラミング能力の差
細田 千尋
学研教育セミナー   2017年4月20日   
脳情報とITの融合による教育効果向上への試み -脳情報の教育における有用性-
細田 千尋
第14回情報科学技術フォーラム   2015年9月15日   
TBS未来の起源 出演
細田 千尋
2015年7月   
redictor of second language learning success: The development of temporal cortex and the goal orientation
, C., Hamada, M., Maeshima, H. ,Nonaka,Y., Okanoya,K.,
2015年6月   
he neural substrate of goal-directed persistence
細田 千尋
Stanforad school of Medicine MRIseminor   2015年6月   
あなたと考えるあたらしい科学とくらし」~脳科学~
細田 千尋
2015年5月31日   
Dynamic neural network reorganization associated with improvement.
Chihiro Hosoda1,2, Kazuo Okanoya1, Manabu Honda, Rieko Osu, Takashi Hanak
Society for Neuroscienc   2014年8月   
目標達成できる人と三日坊主の神経基盤差
細田 千尋
Neuro2013   2013年6月   
The more or less ability, The more or less brain structure
Chihiro Hosoda, Kanji Tanaka, Manabu Honda, Takashi Hanakawa,
Society for Neuroscience   2012年   
White matter integrity reflects proficiency in second language.
Society for Neuroscience   2011年   
Correlation between cortico-subcortical gray matter volume or White matter intensity and proficiency in second language
Chihiro Hosoda, Takashi Hanakawa, Satoshi Tanaka, Tadashi Nariai, Kikuo Ohno, Manabu Honda
16th Annual Meeting of the Organization for human brain Mapping.   2010年6月   
第一言語と第二言語の音韻切り替えのメカニズム
細田千尋、花川隆、成相直、大野喜久郎、本田学
第30回国立精神神経センター神経研究所 研究発表会   2010年3月   
多次元イメージングによるバイリンガル研究
細田千尋 花川隆 田中悟史 本田学
第2回脳統合機能研究センター(CBIR)インスパイアシンポジウム   2010年2月   
Correlation between cortico-subcortical gray matter volume and proficiency in second language
細田千尋 花川隆 田中悟史 本田学
第32回日本神経科学大会   2009年9月   
第一言語と第二言語の音韻切り替えのメカニズム
細田千尋、花川隆、成相直、大野喜久郎、本田学
第38回日本臨床神経生理学会   2008年11月   
Substrates of switching of phonology between the first and second languages
Hosoda C, Hanakawa T, Nariai T, Ohno K, Honda M
14th Annual Meeting of the Organization for human brain Mapping   2008年6月   
系列指運動課題セット間の切り替え時の脳活動
細田千尋 花川隆 本田学
第2回生理学研究所motor contol研究会   2008年5月   
Substrates of switching of phonology between the first and second languages
細田千尋 花川隆 本田学
第31回日本神経科学大会   2008年   
Correlation between Focal Brain Metabolism and Higher Brain Function in Patients with Moyamoya Disease –Comparison of before with after operation
Hosoda ,C. , Nariai, T., Momose,T., Maehara, T.,Ohono,K
13th Annual Meeting of the Organization for human brain Mapping,   2007年6月   
もやもや病患者の高次脳機能障害と局所脳代謝異常との関連性—血行再建術による変化の検討
細田 千尋
第46回小児神経学会総会   2007年5月   
難治性側頭葉てんかん患者の高次脳機能障害とFMZ受容体との関連性
細田千尋、成相直、前原健寿、石井賢二、石渡喜一、大野喜久郎
第30回てんかん外科学会   2006年10月   
Correlation among focal cerebral metabolism, neuronal integrity and higher brain function in patients with temporal lobe epilepsy. –a PET study-.
Hosoda ,C. , Nariai, T., Momose,T., Maehara, T.,Ohono,K
12th Annual Meeting of the Organization for human brain Mapping   2006年6月   
もやもや病患者の高次脳機能障害と局所脳代謝異常との関連性
細田千尋、成相直、松島善治、石井賢二、石渡喜一、大野喜久郎
第64回脳神経外科総会   2005年10月   
もやもや病患者の局所脳代謝異常
細田千尋、成相直、松島善治、石井賢二、石渡喜一、大野喜久郎
第47回日本小児神経学会総会   2005年5月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
プログラミング能力の神経基盤解明
文部科学省: 科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 細田 千尋
生体情報フィードバックを利用したテーラーメードオンライン教育法開発
独)科学技術振興機構: さきがけ
研究期間: 2014年11月 - 2018年3月    代表者: 細田 千尋
努力継続力の神経基盤解明と努力継続力を強化する手法の開発
文部科学省: 科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 細田 千尋
目標達成のための長期自己制御力獲得支援法開発
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 細田 千尋
茂木神経科学研究助成
成茂神経科学: 
研究期間: 2012年6月 - 2013年3月    代表者: 細田 千尋

特許

 
特許5804663 : 「性向判別装置 タスク実行支援装置 性向判別コンピュータプログラムおよびタスク事項支援コンピュータプログラム
細田 千尋(代表発明者)
特願WO2014088073 : TENDENCY DISCRIMINATION DEVICE, TASK EXECUTION ASSISTING DEVICE, TENDENCY DISCRIMINATION COMPUTER PROGRAM AND TASK EXECUTION ASSISTING COMPUTER PROGRAM
Chihiro Hosoda