井上 裕康

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/11 11:25
 
アバター
研究者氏名
井上 裕康
 
イノウエ ヒロヤス
URL
http://www.nara-wu.ac.jp/life/food/foodchem/index.html
所属
奈良女子大学
部署
生活環境科学系
職名
教授
学位
医学博士(大阪大学), 医科学修士(大阪大学)
その他の所属
奈良女子大学奈良女子大学奈良女子大学

プロフィール

googlescholar
http://scholar.google.com/citations?user=ouMvz60AAAAJ&hl=en

Researchgate
https://www.researchgate.net/profile/Hiroyasu_Inoue/

facebook
https://www.facebook.com/hiroyasu.inoue

研究分野

 
 

経歴

 
1986年
 - 
1987年
:日本学術振興会奨励研究員(ドクターコース)
 
1987年
 - 
1994年
:国立循環器病センター研究所生化学部酵素化学研究室研究員
 
1991年
 - 
1993年
:ダラスサウスウエスタンメディカルセンター、ケンタッキー大学医学部生化学教室
 
 
   
 
(研究留学、Professor Louis B. Hersh)
 
1994年
 - 
2004年
:国立循環器病センター研究所薬理部分子薬理研究室室長
 

学歴

 
 
 - 
1987年
大阪大学 医学研究科 生理系
 

委員歴

 
2012年4月
   
 
脂溶性ビタミン総合研究委員会  委員
 
2009年11月
 - 
2012年12月
日本脂質生化学会  幹事
 
2010年5月
 - 
2012年4月
日本家政学会  関西支部庶務幹事
 
2006年5月
   
 
日本ビタミン学会  評議員
 
2011年4月
   
 
日本肥満学会  
 

受賞

 
2011年
ICOFF2011 poster award
 
2006年
実用化のための可能性試験(FS)
 
2005年
ネスレ栄養科学会議 助成金
 
2005年
森永奉仕会賞
 
2002年
日本ビタミン学会奨励賞
 

Misc

 
Resveratrol targets in Inflammation (Invited review)
井上 裕康, Hiroyasu Inoue, Rieko Nakata
ENDOCRINE METABOLIC AND IMMUNE DISORDERS-DRUG TARGETS (EMID-DT; Bentham Science Publishers PMID:25772176   in press   2015年
The 4’-hydroxyl group of resveratrol is functionally important for direct activation of PPARα
井上 裕康, Yoshie Takizawa, Rieko Nakata, Kiyoshi Fukuhara, Hiroshi Yamashita, Hideo Kubodera, Hiroyasu Inoue
PLOS ONE   in press   2015年
Resveratrol and Cardiovascular Disease (invited review)
井上 裕康, Rieko Nakata, Hiroyasu Inoue
Current Nutrition Reports, Springer   3 163-169   2014年
The role of AMPK and PPARγ1 in exercise-induced lipoprotein lipase in skeletal muscle.
井上 裕康, Sasaki T, Nakata R, Inoue H, Shimizu M, Inoue J, Sato R.
Am J Physiol Endocrinol Metab.   306 E1085-92   2014年
健康保持増進への寄与が期待できる精油成分の機能性評価 井上裕康、中田理恵子
井上 裕康
日本食品化学研究振興財団 第19回研究成果報告書   19 32-36   2013年

書籍等出版物

 
食品因子による栄養機能制御(日本栄養・食糧学会 監修) 第14章 北海道で命名されたレスベラトロールのPPAR活性化を介した機能性
建帛社   2015年   ISBN:978-4-7679-6181-1
赤ワインの機能性成分レスベラトロールの分子標的と将来展望 赤ワインの機能性成分レスベラトロールの分子標的と将来展望 食品分析開発センターSUNATEC メールマガジン 2015年9月号  http://www.mac.or.jp/mail/150901/01.shtml
食品分析開発センターSUNATEC メールマガジン 2015年9月号   2015年   
栄養・食糧学用語辞典改訂2版
建帛社   2014年   
分子栄養学 第8章 ヒトの遺伝子
羊土社   2014年   
食品学 II 改訂第2版 第8章 微生物利用食品
南江堂   2011年   

講演・口頭発表等

 
レスベラトロールによるPPARα活性化におけるcAMPを介したフィードフォワード制御
BMB2015(第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会)   2015年   
GPR120活性化を指標とする新規食品機能評価系の検討
BMB2015(第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会)   2015年   
マウスマクロファージ様RAW264細胞の極性化におけるPPARとCOX経路の関与の検討
BMB2015(第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会)   2015年   
レスベラトロール長期摂取による抗動脈硬化作用の検討
BMB2015(第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会)   2015年   
COX-2発現抑制とPPAR活性化を指標にした辛味成分の機能性評価
第54回 日本栄養·食糧学会 近畿支部大会   2015年   

Works

 
シロイヌナズナを用いたミラクリンの分子機能の解明
2014年3月 - 2016年3月
シロイヌナズナを用いたミラクリンの大量発現
2010年4月 - 2013年3月
食品素材の機能性評価
2007年4月
植物性ポリフェノール(レスベラトロールなど)の新しい作用機構の解明と利用
2005年5月 - 2006年3月

競争的資金等の研究課題

 
生活習慣病予防を目指した食品成分の新しい作用機構解明
研究期間: 2004年   
味覚に関する分子生物学的研究
研究期間: 2006年   
生活習慣病予防をめざした遺伝子プロモーター解析
味覚に関する分子生物学的研究