木村 勢津

J-GLOBALへ         更新日: 17/05/15 21:12
 
アバター
研究者氏名
木村 勢津
 
キムラ セツ
eメール
kimura.setsu.mkehime-u.ac.jp
所属
愛媛大学
部署
教育学部
職名
教授

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1981年
ミラノ“ジュゼッペ・ヴェルディ”国立音楽院 音楽学部 声楽
 
 
 - 
1978年
東京藝術大学 音楽学部 声楽科
 

委員歴

 
2012年4月
 - 
現在
公益財団法人愛媛県文化振興財団  理事
 
2015年12月
 - 
2016年11月
独立行政法人日本学術振興会  科学研究費委員会
 
2014年12月
 - 
2015年11月
独立行政法人日本学術振興会  科学研究委委員会
 
2001年4月
 - 
2012年3月
(財)愛媛県文化振興財団  愛媛県県民文化会館評議委員
 
2009年9月
 - 
2011年3月
愛媛オペラ2010実行委員会
 

論文

 
初心者のための韻律法とドイツ歌曲 - ドイツ詩を歌うために -
瀬 尾 あ か ね ・ 木村勢津
愛媛大学教育実践総合センター紀要    32    2014年7月
高等教育機関におけるドイツ歌曲の歌唱指導の一環として,ドイツ詩における韻律法の基礎を教授すること提案した。入門的役割を果たす有節形式で書かれた歌曲へのアプローチ方法として,韻律と音楽の関係を考察することは,学習初心者にとって,効率的学習方法であり,ドイツ語詩の基本的な韻律法を概説した副教本を作成し,授業で活用した結果,受講生の歌唱に対する興味関心を深めたばかりでなく,ドイツ歌曲の伴奏法についても見識を深める傾向が顕著に見られた。

Misc

 
音声の倍音構造分析による発声指導の研究
愛媛大学教育実践研究指導センター紀要   9   1991年
教員養成大学音楽専攻学生の音楽学楽歴と書取能力との相関
三重大学教育学部研究紀要   45 31-44   1994年
FFT解析を補助とした初心者に対する声楽指導の研究
'96全日本電子楽器教育研究会論文集   164-178   1996年
ベル・カントにおける「声区」についての一考察 -P.F.トーズィ,G.マンチーニ,L.コッキの理論書をもとに-
愛媛大学教育学部紀要第Ⅰ部教育科学   43(1) 151-173   1996年
ロッシーニのオペラアリアにおけるアジリタに関する研究
愛媛大学教育学部紀要第Ⅰ部 教育科学   47(1) 125-143   2000年

書籍等出版物

 
学教育実践ジャーナル 第12号
木村 勢津 (担当:共著, 範囲:地域社会に貢献できる実践力の育成-地域社会と繋がりを体験する授業実践-)
2014年3月   
大学での学びを高齢者入居施設における演奏活動で実践し、施設入居者および運営者、実習に参加した学生にアンケート調査を行った結果から大学と地域社会のつながりをカリキュラムに反映させることの重要性を述べた。入居者とって、若者との触れ合いは日常の生活に潤いを与える正の指向性を示していること、とりわけ生涯学習を継続している入居者にとっては、若者との共演が正の指向性を高く示したことを述べ、学生にとっても、音楽の存在意義、人間関係の構築、社会性の修得など、実習を通じて自分自身の習熟度を知り、課題を見つけ...

講演・口頭発表等

 
音楽療法の理論と実践
木村 勢津
第49回愛媛県作業療法士会研修会   2016年6月21日   愛媛県作業療法士会
音楽療法の基礎理論と実践例を講義し、歌を身体動作を組み合わせた初歩的体験実施を行った。対象者は作業療法士、理学療法士、言語聴覚士、看護士、介護士等。
地域社会の音楽文化に貢献できる学生を育成するための実践カリキュラムの検討
木村 勢津
2014年3月   日本音楽教育学会中・四国支部
大学学部の音楽を専攻する新課程の学生が地域社会での音楽文化の推進者となるため,在学中より地域社会で生涯学習を実践している団体と関わり実習を行うカリキュラム開発の研究について発表した。

担当経験のある科目

 
 

所属学協会

 
 

Works

 
「歌いつごう日本の歌」
木村 勢津   芸術活動   2016年9月
愛媛県教育委員会からの依頼を受け、宇和島市立津島中学校の1,2年生を対象に日本歌曲を中心に演奏を行った後、歌唱指導を行った。
木村勢津 ソプラノリサイタル  私の好きな歌
木村 勢津   芸術活動   2016年8月
クラッシック音楽を老若男女、どなたにも楽しんでいただき、身近な音楽と感得していただくために、同様から現代までの日本歌曲、イギリス民謡、イタリア歌曲、ドイツリートまで対訳から楽曲解説まで演奏者が手がけ、軽妙なお喋りを交えながら100分間の演奏会を開催。
翠小学校音楽の集い
木村 勢津   芸術活動   2016年2月
伊予市立翠小学校より招聘を受け、同小学校並びに同地区の住民対象に、オペラのアリア、世界の名曲、日本の歌によるプログラムで60分の演奏会を行った。
「歌いつごう日本の歌」
木村 勢津   芸術活動   2015年12月
愛媛県教育委員会から依頼を受け、日本歌曲を中心に楽曲の解説と演奏を約40分行い、その後歌唱指導を行った。
「歌いつごう日本の歌」松山市立潮見小学校
木村 勢津   芸術活動   2015年12月
愛媛県教育委員会から依頼を受け、イタリアオペラのアリアや日本歌曲を中心に演奏を行った。

競争的資金等の研究課題

 
17,18世紀を中心とするイタリア声楽曲演奏法の研究
歌唱指導法に関する研究
介護者の生涯学習に関する研究
代表者: 木村 勢津

社会貢献活動

 
アウトリーチ活動
【企画, 運営参加・支援】  AN DIE MUSIK愛媛  (愛媛県立しげのぶ特別支援学校)  2017年11月25日
障害をもち、演奏会場に出向くことが困難な児童・生徒に質の高いプロの生の演奏を間近に体験していただき、その醍醐味を味わっていただくことを目的とし、新進気鋭のチェリスト横坂源氏を迎え約45分の演奏会を企画・運営した。運営に当たっては、演奏家による開設、楽器に触れたり、質問コーナーを設けるなどクラシックがより身近に感じられるうよう配慮した。
AN DIE MUSIK 愛媛第17回定期公演
【企画, 運営参加・支援】  AN DIE MUSIK愛媛  ダイパックブラス クィンテット  (いよてつ高島屋ローズホール)  2017年5月8日
日本の第1線で活躍する若手の演奏者による金管五重奏の夕べを企画・運営した。
演奏者は、篠崎孝、林辰則(Tp)、高橋将純(Hr)、辻姫子(Tb)、川波浩一(Tub)
アウトリーチ活動
【企画, 運営参加・支援】  AN DIE MUSIK愛媛  ワークショップ  (松山市立南中学校)  2017年5月7日
松山市内および近郊の中学生70余名の参加者を対象に金管五重奏ダイパックのメンバー(篠崎孝、林辰則(Tp)、高橋将純(Hr)、辻姫子(Tb)、川浪浩一(Tub))により、金管楽器の奏法の基本の講習会を開催。また、メンバーによるミニコンサートを行い、質の高い生の演奏に触れる機会を提供した。
AN DIE MUSIK 愛媛第16回定期公演
【企画, 運営参加・支援】  AN DIE MUSIK愛媛  辻本玲チェロリサイタル with 永野光太郎  (いよてつ高島屋ローズホール)  2017年2月13日
世界的に活躍する若手チェリスト辻本玲によりバッハからビラロボスまで、ストラディバリウスで奏でるチェロの世界を企画、運営した。
アウトリーチ活動
【企画, 運営参加・支援】  AN DIE MUSIK愛媛  (四国がんセンター)  2017年2月12日
四国がんセンター入院患者、そのご家族、職員を対象に世界で活躍するチェリスト辻本玲氏とピアニスト永野光太郎氏に約1時間の演奏会を企画、運営した。
アウトリーチ活動
【企画, 運営参加・支援】  AN DIE MUSIK愛媛  あかちゃんと一緒にクラシック  (シアターねこ)  2016年11月26日 - 2016年11月28日
未就学の子どもと未就学の子どもをもつお母さんやお父さんを対象に、周囲に気兼ねなく、安価で質の高い生演奏を聴いていただくことを目的にチェロの演奏会を企画し運営を行った。
第2回 しまの音楽会
【企画, 運営参加・支援】  しまのテーブル&AN DIE MUSIK愛媛  第2回 しまの音楽会  (興居島 旧泊小学校)  2016年11月23日
興居島の住人と音楽家の交流を目的とし、ドイツ・ケルン放送交響楽団のコンサートマスター荻原尚子氏とピアニスト諸田由里子氏による演奏会を開催、楽曲解説や軽妙なお喋り、また演奏会終了後の交流会等を企画・運営した。
AN DIE MUSIK愛媛 定期公演第15回
【企画, 運営参加・支援】  AN DIE MUSIK愛媛  萩原尚子&諸田由里子デュオリサイタル  (いよてつ高島屋ローズホール)  2016年11月22日
ドイツ・ケルンWDR放送交響楽団のコンサートマスター荻原尚子氏と国内外でソロ、アンサンブル活動を行っている諸田由里子氏ソナタの夕べを企画、運営した。
教材研究プロフェッショナル講座「範唱を考える」
【講師】  愛媛大学教育学部  (愛媛大学教育学部 大演奏室)  2016年7月2日
愛媛県内の小・中学校教員を対象に範唱の有効な活用方法を講義し、実技指導を行った。
第22回愛媛合唱アンサンブルコンテスト&フェスティバル審査員
【その他】  全日本合唱連盟愛媛県支部  (松前町立文化会館)  2016年1月24日
第22回愛媛合唱アンサンブルコンテストの審査員を務めた。