早坂 大亮

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/01 14:44
 
アバター
研究者氏名
早坂 大亮
 
ハヤサカ ダイスケ
eメール
hayasakanara.kindai.ac.jp
URL
http://dai-michikusalab.jimdo.com/
所属
近畿大学
部署
農学部 環境管理学科
職名
講師
学位
博士(学術)(横浜国立大学)
科研費研究者番号
20583420

プロフィール

平成18年3月 横浜国立大学大学院環境情報学府 環境生命学専攻 博士課程後期 修了
平成18年4月~平成22年3月 日本工営株式会社(建設コンサルタント企業)
平成22年4月~平成22年9月 九州産業大学工学部 非常勤講師
平成22年4月~平成25年3月 独立行政法人国立環境研究所 特別研究員
平成25年4月~ 近畿大学農学部 環境管理学科 

研究分野

 
 

委員歴

 
2014年3月
 - 
現在
日本雑草学会  雑草研究 編集委員
 
2013年12月
 - 
2017年3月
国立環境研究所  環境研究総合推進費 アドバイザリーボード委員
 
2013年11月
 - 
現在
日本緑化工学会  第13期編集員会委員
 

受賞

 
2014年11月
Best Paper Award of the GEOMATE International Society "Role of a retaining wall constructed of natural stones in plant biodiversity"
 
2014年3月
公益財団法人 食品農医薬品安全性評価センター 望月喜多司記念 奨励賞
 
2014年3月
日本農薬学会 平成26年度 日本農薬学会奨励賞 「水田メソコスムにおける生物群集に及ぼす殺虫剤の影響に関する研究」
 

論文

 
Comparative ecotoxicity of imidacloprid and dinotefuran to aquatic insects in rice mesocosms.
Ecotoxicology and Environmental Safety   138 122-129   2017年4月   [査読有り]
Evaluating the dynamics of alien species (POACEAE) used for erosion control on Sakurajima volcano.
International Journal of GEOMATE   12(32) 114-120   2017年4月   [査読有り]
Impacts of invasive Iris pseudacorus L. (yellow flag) establishing in an abandoned urban pond on native semi-wetland vegetation
Hayasaka D, Fujiwara S, Uchida T
Jounrl of Integrative Agriculture   in press    2017年   [査読有り]
Contamination of the aquatic environment with neonicotinoids and its implication for ecosystems.
Frontiers in Environmental Science   4 71   2016年11月   [査読有り]
Vegetation succession on cut slopes covered with exotic grassess for erosion control, Mt. Sakurajima.
Kondo K, Uchida T, Hayasaka D, Tanaka J, Sato A, Arase T
International Journal of GEOMATE   11 2136-2142   2016年6月   [査読有り][招待有り]
Fipronil application on rice paddy fields reduces densities of common skimmer and scarlet skimmer.
Kasai A, Hayashi TI, Ohnishi K, Suzuki K, Hayasaka D, Goka K
Scientific Reports   11 23055   2016年3月   [査読有り]
Ecological significance of masonry revetments in plant biodiversity.
Uchida T, Furuno M, Minami T, Yamashita S, Uchiyama T, Arase T, Hayasaka D
International Journal of GEOMATE   9(1) 1353-1359   2015年9月   [査読有り]
Different acute toxicity of fipronil baits on invasive Linepithema humile supercolonies and some non-target ground arthropods.
Hayasaka D, Kuwayama N, Takeo A, Ishida T, Mano H, Inoue MN, Nagai T, Sanchez-Bayo F, Goka K, Sawahata T
Ecotoxicology   24(6) 1221-1228   2015年8月   [査読有り]
Ecological impacts on native ant and ground-dwelling animal communities through the Argentine ant (Linepithema humile) management in Japan.
Inoue NM, Saito-Morooka F, Suzuki K, Nomura T, Hayasaka D, Kishimoto T, Sugimaru K, Sugiyama T, Goka K
Applied Entomology and Zoology   50(3) 331-339   2015年8月   [査読有り]
Population dynamics of two sympatric sandhoppers (Trinorchestia species) in the Pacific coast of northern Tohoku after the 2011 Tohoku-oki tsunami.
Ishida T, Sawahata T, Kanaya G, Hayasaka D
CRUSTACEANA   88(5) 511-521   2015年5月   [査読有り]
Indirect effects of insecticides imidacloprid and fipronil on nitrogen dynamics in a rice paddy field.
Yada S, Eguchi S, Nakajima Y, Asada K, Hayasaka D, Goka K
Proceedings of the AGRO2014   612-619   2014年11月   [査読有り]
農生態系に対する農薬連用の脅威 -水田メソコスムによる水生昆虫類に及ぼす浸透移行型殺虫剤の影響.
早坂大亮
昆虫と自然   49(11) 7-11   2014年10月
Study of the impacts of systemin insecticides and their environmental fate in aquatic communities of paddy mesocosms.
Hayasaka D
Journal of Pesticide Science   39(3) 172-173   2014年9月   [招待有り]
岩手県の砂浜植生回復に関わる生態学的な評価と保全対策の提案.
島田直明・川西基博・早坂大亮
総合政策   16(1) 19-34   2014年9月   [査読有り]
水田メソコスムによる生物群集に及ぼす殺虫剤の影響に関する研究.
早坂 大亮
日本農薬学会誌   39(2) 108-114   2014年8月   [招待有り]
The relation between road crack vegetation and plant biodiversity in urban landscape
Uchida T, Xue JH, Hayasaka D, Arase T, Haller WT, Gettys LA
International Journal of GEOMATE   6(2) 885-891   2014年6月   [査読有り]
ピットフォールトラップにより北海道の自然海岸から採集されたクモ
須黒達巳・早坂大亮・杉原奈央子・野村拓志・山田勝雅
KISHIDAIA   103 80-81   2014年
絶滅危惧種コギシギシ(Rumex nipponicus Franch. et Savat.)の痩果形態ならびに発芽特性
與猶久恵・内田泰三・荒瀬輝夫・早坂大亮
日本緑化工学会   39 50-55   2013年9月   [査読有り]
農薬の生態リスク評価は生物多様性を守れるか? ~高次リスク評価法としてのメソコズム試験を通じて~.
五箇公一・早坂大亮
環境毒性学会誌   16(2) 21-28   2013年7月   [査読有り]
Comparison of acute toxicity of two neonicotinoid insecticides, imidacloprid and clothianidin, to five cladoceran species.
Hayasaka D, Suzuki K, Nomura T, Nishiyama M, Nagai T, Sánchez-Bayo F, Goka K.
Journal of Pesticide Science   38 44-47   2013年   [査読有り]

書籍等出版物

 
Susceptibility of sandy beach flora to the Great East Japan Earthquake and Tsunami in nothern Tohoku, Japan
Hayasaka D, Yamada K, Uchida T (担当:分担執筆, 範囲:in Urabe J, Nakashizuka T (eds). Ecological impacts of tsunamis on coastal ecosystems: lessons from the Great East Japan Earthquake)
Springer   2016年11月   ISBN:978-4-431-56446-1
海岸砂丘植生に及ぼす津波のインパクト
日本生態学会東北地区会編 (担当:共著, 範囲:生態学から見た東日本大震災 -自然が語る震災の意味-.pp98-104)
文一総合出版.東京   2016年3月   
Dynamics of exotic grass cover plants on slopes.
Uchida T, Tanaka J, Kondo K, Hayasaka D, Tomoguchi Y, Arase T, Okano T (担当:分担執筆, 範囲:In Hossain Z, Horpibulsuk S (eds). Geotechnique, Construction Material and Environment.)
The GEOMATE International Society   2016年12月   ISBN:978-4-9965958-6-9
The species composition of buried seeds of seashore vegetation disturbed by the Great East Japan Earthquake and Tsunami in nothern Tohoku, Japan
Kawanishi M, Hayasaka D, Shimada N (担当:分担執筆, 範囲:in Urabe J, Nakashizuka T (eds). Ecological impacts of tsunamis on coastal ecosystems: lessons from the Great East Japan Earthquake)
Springer   2016年   
Succession of exotic grasses used as cover plants for erosion control on cut slopes, Mt. Sakurajima. Hossain Z, Kaneko S (eds.), Science Engineering & Environment, pp.501-506
Kondo K, Uchida T, Hayasaka D, Tanaka J, Sato A, Arase T (担当:共著)
The GEOMATE International Society, Mie, Japan, 649pp. (ISBN: 978-4-9905958-5-2 C3051)   2015年9月   
Role of a retaining wall constructed of natural stones in plant biodiversity. In Hossain Z, Hossain S (eds.) Geotechnique, Conservation Materials & Environment vol.4, pp.432-437.
Uchida T, Furuno M, Minami T, Yamashita S, Uchiyama T, Arase T, Hayasaka D (担当:共著)
The GEOMATE International Society, Japan, 590pp. (ISBN:978-4-9905958-3-8 C3051)   2014年9月   
Role of curbside crack of road in urban biodiversity. Hossain Z, Hossain S (eds.), Geotechnique, Construction Materials & Environment vol.3, pp.427-432
Uchida T, Huan XJ, Hayasaka D, Arase T, Haller WT, Gettys LA. (担当:共著)
The GEOMATE International Society, Mie, Japan. 733pp. (ISBN: 978-4-9905-9580-1 C3051)   2013年   

競争的資金等の研究課題

 
農薬によるトンボ類生態影響実態の科学的解明および対策
環境省: 環境研究総合推進費
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 五箇 公一
セアカゴケグモに代表されるゴケグモ属クモ類卵塊の熱耐性に関する研究
東亜建設工業: 受託研究
研究期間: 2017年8月 - 2018年3月    代表者: 早坂 大亮
アルゼンチンアリの根絶に向けた緑地管理技術の探索
文部科学省: 平成28年度科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 澤畠 拓夫
特定外来生物ゴケグモ属クモ類の根絶に向けた生態毒性学的研究
農薬工業会: 2016年度農薬の有用性・安全性に関する研究、教育活動支援奨励金
研究期間: 2016年9月 - 2017年3月    代表者: 早坂 大亮
作用機序の異なるネオニコチノイド系農薬に対する水田生物多様性の応答メカニズム解明
近畿大学農学部: 平成27年度農学部特別研究費
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 早坂 大亮
津波に対する沿岸生態系のレジリエンスモデルの構築 -生物多様性に配慮した沿岸域環境保全管理に向けて
三井物産環境基金: 2011年度東日本大震災研究助成
研究期間: 2011年7月 - 2014年3月    代表者: 早坂 大亮
津波による海浜植生への生態影響と回復性評価
国立環境研究所: 平成23年度生物センタープロジェクト-震災対応センター型
研究期間: 2011年12月 - 2012年3月    代表者: 早坂 大亮
津波に対する海浜植生の維持・回復機構の解明 -スマトラ沖大津波を事例として-
日本科学協会: 平成23年度笹川科学研究助成
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 早坂 大亮