深川大路

J-GLOBALへ         更新日: 14/11/09 12:48
 
アバター
研究者氏名
深川大路
所属
同志社大学
部署
文化情報学部
職名
助教
学位
博士(情報学)

経歴

 
2010年4月
 - 
現在
同志社大学 文化情報学部 助教
 
2006年4月
 - 
2010年3月
国立情報学研究所 コンテンツ科学研究系 プロジェクト研究員(2007年4月より特任研究員に名称変更)
 
2003年4月
 - 
2006年3月
京都大学大学院 情報学研究科 知能情報学専攻 博士後期課程
 
2001年4月
 - 
2003年3月
京都大学大学院 情報学研究科 知能情報学専攻 修士課程
 
1997年4月
 - 
2001年3月
京都大学工学部 情報学科
 

研究分野

 
 

論文

 
Tatsuya Akutsu, Takeyuki Tamura, Daiji Fukagawa, Atsuhiro Takasu
J. Discrete Algorithms   25 79-93   2014年3月   [査読有り]
Tatsuya Akutsu, Daiji Fukagawa, Magnús M. Halldórsson, Atsuhiro Takasu, Keisuke Tanaka
Theor. Comput. Sci.   470 10-22   2013年1月   [査読有り]
T. Mori, T. Tamura, D. Fukagawa, A. Takasu, E. Tomita and T. Akutsu
Journal of Computational Biology   19(10) 1089-1104   2012年10月   [査読有り]
Tatsuya Akutsu, Daiji Fukagawa, Jesper Jansson, and Kunihiko Sadakane
Discrete Applied Mathematics   160(10-11) 1416-1428   2012年7月   [査読有り]
(Preliminary version has appeared in CPM 2005)
Hisashi Kurasawa, Daiji Fukagawa, Atsuhiro Takasu, Jun Adachi
IEICE Transactions on Information and Systems   E94-D(3) 504-514   2011年3月   [査読有り]
Tatsuya Akutsu, Daiji Fukagawa, Atsuhiro Takasu, Takeyuki Tamura
Theoretical Computer Science   412(4-5) 352-364   2011年2月   [査読有り]
Daiji Fukagawa, Takeyuki Tamura, Atsuhiro Takasu, Etsuji Tomita, Tatsuya Akutsu
BMC Bioinformatics   12(suppl.1) S13   2011年2月   [査読有り]
Tatsuya Akutsu, Daiji Fukagawa and Akutsu Takasu
Algorithmica   57(2) 325-348   2010年6月   [査読有り]
Hisashi Kurasawa, Daiji Fukagawa, Atsuhiro Takasu, and Jun Adachi
IEICE Trans. Inf. & Syst.   E93-D(6) 1422-1432   2010年6月   [査読有り]
Akiko Aizawa, Atsuhiro Takasu, Daiji Fukagawa, Masao Takaku, and Jun Adachi
Progress in informatics   (6) 41-47   2009年3月   [査読有り]
Tatsuya Akutsu, Daiji Fukagawa, and Atsuhiro Takasu
Information Processing Letters   109(2) 165-170   2008年12月   [査読有り]
Daiji Fukagawa and Tatsuya Akutsu
International Journal of Foundations of Computer Science   17(3) 703-729   2006年6月   [査読有り]
Daiji Fukagawa and Tatsuya Akutsu
Information Processing Letters   93(1) 7-12   2005年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Efficient Exponential Time Algorithms for Edit Distance between Unordered Trees
Tatsuya Akutsu, Takeyuki Tamura, Daiji Fukagawa, and Atsuhiro Takasu
23rd Annual Symposium on Combinatorial Pattern Matching (CPM 2012)   2012年7月   
A. Takasu, D. Fukagawa and T. Akutsu
Proc. 20th International Conference on Pattern Recognition (ICPR 2010)   2010年8月   
pp. 1056-1059
Hisashi Kurasawa, Daiji Fukagawa, Atsuhiro Takasu, Jun Adachi
Proc. 21st International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2010)   2010年8月   
Lecture Notes in Computer Science 6262, pp. 141-148
Atsuhiro Takasu, Daiji Fukagawa, Tatsuya Akutsu
Proc. 12th International Conference on Discovery Science (DS 2009)   2009年10月   
Lecture Notes in Computer Science 5808, pp. 449-456
Daiji Fukagawa, Tatsuya Akutsu, Atsuhiro Takasu
Proc. 16th String Processing and Information Retrieval Symposium (SPIRE 2009)   2009年8月   
Lecture Notes in Computer Science 5721, pp. 7-17

Misc

 
Tomoya Mori, Takeyuki Tamura, Daiji Fukagawa, Atsuhiro Takasu, Etsuji Tomita, Tatsuya Akutsu
情報処理学会研究報告. BIO, バイオ情報学   2011(3) 1-6   2011年9月
Tree structures are suitable for representing biological objects such as RNA secondary structures so that it is important in computational biology to compare tree structures. Though there are various metrics proposed for computing similarity betwe...
倉沢 央, 深川 大路, 高須 淳宏, 安達 淳
情報科学技術フォーラム講演論文集   9(2) 109-110   2010年8月
深川 大路, 田村 武幸, 高須 淳宏, 富田 悦次, 阿久津 達也
人工知能基本問題研究会   78(0) 71-76   2010年7月
KURASAWA Hisashi, FUKAGAWA Daiji, TAKASU Atsuhiro, ADACHI Jun
IEICE transactions on information and systems   E93-D(6) 1422-1432   2010年6月
When developing an index for a similarity search in metric spaces, how to divide the space for effective search pruning is a fundamental issue. We present Maximal Metric Margin Partitioning (MMMP), a partitioning scheme for similarity search index...

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 深川大路
本研究は、本構造によって表現され得る様々なデータを対象とする近似パターン照合や類似度計算の効率化を目指す。目標達成へのアプローチとして主に分離散アルゴリスムと計算量理論の観点から研究を進め、木構造データの類似度検索に関する既存の諸技術に関する知見を掘り下げるとともに、申請者等のにれまでの研究成果を発展さる。平成21年度は、研究計画の初年度として、(1)「XMLに対する高速類似検索アルゴリズムの開発」と(2)「XMLに対して有効な類似度学習手法の理論構築」に取り組んだ。XMLは非常に広い範囲...