赤阪辰太郎

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/15 19:33
 
アバター
研究者氏名
赤阪辰太郎
eメール
shintaro_akasakahotmail.com
所属
大阪大学大学院
部署
人間科学研究科
学位
修士(人間科学)(大阪大学大学院人間科学研究科), 学士(文学)(大阪大学文学部)
その他の所属
独立行政法人日本学術振興会

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
日本学術振興会特別研究員(DC1)
 

学歴

 
2015年4月
 - 
現在
大阪大学大学院 人間科学研究科 博士後期課程 人間科学専攻 基礎人間科学講座(現代思想)
 
2013年4月
 - 
2015年3月
大阪大学大学院 人間科学研究科 博士前期課程 人間科学専攻 基礎人間科学講座(現代思想)
 
2009年4月
 - 
2013年3月
大阪大学 文学部 人文学科 倫理学専修
 

論文

 
Du statut d'autrui dans la troisième partie de L'être et le néant
赤阪辰太郎
中部哲学会年報   (48) 26-36   2017年6月   [査読有り]
理想と現実の彼方にある倫理――サルトル『文学とは何か』における承認論の意義
赤阪辰太郎
フランス哲学・思想研究   (21) 194-205   2016年9月   [査読有り]
新たな仕方で世界を描くこと―前期サルトルの哲学的企図についての試論
赤阪辰太郎
年報人間科学   (37) 87-103   2016年3月   [査読有り]
赤阪辰太郎
メルロ=ポンティ研究   (19) 45-57   2015年9月   [査読有り]
A Deleuzian Reading of La nausée
赤阪辰太郎
ドゥルーズ哲学思想研究報告書(大阪大学大学院人間科学研究科人間科学専攻先端人間科学講座 生命と社会システム)   6-13   2015年3月
J.- P. サルトルにおける文学的経験の現象学
赤阪辰太郎
修士論文(大阪大学)      2015年3月   [査読有り]

Misc

 
赤阪辰太郎
フランス哲学・思想研究   (21) 274-277   2016年9月   [依頼有り]
(翻訳)集団‐同一化の現象学的理論
アレッサンドロ・サリーチェ[著], 赤阪辰太郎[訳]
現象学年報   (31) 35-46   2015年11月   [依頼有り]
(翻訳)精神としてのヨーロッパを超えた世界:超越論的先入見と現象学
ニコラス・スミス[著], 赤阪辰太郎, 稲原美苗, 豊島史彬[訳]
現象学年報   (30) 31-48   2014年11月   [依頼有り]
(書評)Renaud Barbaras, Sartre. Désir et liberté
赤阪辰太郎
年報人間科学   (35) 167-171   2014年3月

講演・口頭発表等

 
Dialectique, corps et langage. Jean Wahl et la question de l’émotion
赤阪辰太郎
11e séminaire annuel 2017 - Phénoménologie de l'émotion à l'Université de Liège   2017年4月26日   
La pensée de l’événement chez Sartre
赤阪辰太郎
The 5th International Student Workshop of Erasmus Mundus EuroPhilosophy   2016年7月10日   
Du statut d’autrui dans l’épreuve du regard chez Sartre
赤阪辰太郎
The 2nd Workshop on the Philosophy : Osaka University-Université de Louvain-La-Neuve   2015年11月13日   
初期サルトルにおける他者経験の直接性について
赤阪辰太郎
2015年中部哲学会大会   2015年9月26日   
間接的な他者への通路―初期サルトルにおける
赤阪辰太郎
日仏哲学会2015年秋季研究大会   2015年9月12日   
赤阪辰太郎
日本サルトル学会第35回研究例会『サルトル読本』出版記念シンポジウム   2015年7月18日   
不在の他者とのコンタクト――初期サルトルにおける
赤阪辰太郎
UTCP若手研究者ワークショップ「サルトルと共生の哲学」   2015年1月   
サルトルを読むメルロ=ポンティ――『文学とは何か』をめぐって
赤阪辰太郎
メルロ=ポンティ・サークル第20回大会   2014年9月   
Experience in the World without Others : A Deleuzian Reading of Nausea
赤阪辰太郎
The 2nd International Deleuze Studies in Asia Conference   2014年6月   
Identification or Sympathy? : Sartrean Reception Theory
赤阪辰太郎
Laboratory of Thinking : The International Conference at Osaka University   2014年3月   
読書における共感と距離――『文学とは何か』を中心として
赤阪辰太郎
日本サルトル学会第31回研究例会   2013年12月   
世界経験と創造―『文学とは何か』における読者の自由
赤阪辰太郎
日仏哲学会2013年秋季研究大会   2013年9月   

受賞

 
2015年
日本学生支援機構 第一種奨学金 返還全額免除
 

競争的資金等の研究課題

 
J.-P.サルトルにおける読書経験論の生成と発展
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 赤阪辰太郎