井上 謙一

J-GLOBALへ         更新日: 16/07/04 12:12
 
アバター
研究者氏名
井上 謙一
所属
京都大学
部署
霊長類研究所 統合脳システム部門
職名
特定助教
学位
博士(生命科学)

プロフィール

京都大学霊長類研究所 統合脳システム部門所属。
新規遺伝子導入・操作手法の開発と、高次脳機能解析や精神・神経疾患の克服研究への応用を目指し研究を行っています。

研究分野

 
 

経歴

 
2009年10月
 - 
現在
京都大学霊長類研究所 特定助教
 
2006年4月
 - 
2009年9月
JST CREST研究員
 
2006年4月
 - 
2009年9月
東京都神経科学総合研究所 研究員
 
2001年4月
 - 
2006年3月
東北大学生命科学研究科 修士課程・博士課程
 
 
 - 
2001年3月
京都大学理学部生物科学科 学士過程
 

論文

 
Kobayashi Kenta, Kato Shigeki, Inoue Ken-ichi, Takada Masahiko, Kobayashi Kazuto, Manfredsson FP
Methods in molecular biology   1382 175-186   2016年2月   [査読有り][招待有り]
Ishida Hiroaki, Inoue Ken-ichi, Takada Masahiko, Hoshi Eiji
European Journal of Neuroscience   43(2) 258-269   2016年   [査読有り]
Ito T, Inoue K, Takada M
Neuroscience      2015年9月   [査読有り]
Inoue K, Takada M, Matsumoto M
Nature communications   6 8378   2015年9月   [査読有り]
Hiraoka M, Inoue K, Senoo H, Takada M
Anatomical record (Hoboken, N.J. : 2007)   298(3) 630-636   2015年3月   [査読有り]
Hirata Y, Miyachi S, Inoue K, Ninomiya T, Takahara D, Hoshi E, Takada M
Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991)   23(12) 2965-2975   2013年12月   [査読有り]
Miyachi S, Hirata Y, Inoue K, Lu X, Nambu A, Takada M
Neuroscience research   76(3) 141-149   2013年7月   [査読有り]
Yoshida T, Suzuki S, Iwasaki Y, Kaneko A, Saito A, Enomoto Y, Higashino A, Watanabe A, Suzuki J, Inoue K, Kuroda T, Takada M, Ito R, Ito M, Akari H
Immunology letters   154(1-2) 12-17   2013年7月   [査読有り]
Hiraoka M, Kuroda T, Inoue K, Senoo H, Takada M
Anatomical record (Hoboken, N.J. : 2007)   296(5) 726-735   2013年5月   [査読有り]
Takada M, Inoue K, Koketsu D, Kato S, Kobayashi K, Nambu A
Frontiers in neural circuits   7(SEP) 140   2013年   [査読有り]
Takahara D, Inoue K, Hirata Y, Miyachi S, Nambu A, Takada M, Hoshi E
The European journal of neuroscience   36(10) 3365-3375   2012年11月   [査読有り]
Ninomiya T, Sawamura H, Inoue K, Takada M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   32(20) 6851-6858   2012年5月   [査読有り]
Hiraoka M, Inoue K, Ninomiya T, Takada M
The British journal of ophthalmology   96(4) 597-603   2012年4月   [査読有り]
Hiraoka M, Inoue K, Kawano H, Takada M
Anatomical record (Hoboken, N.J. : 2007)   295(2) 347-354   2012年2月   [査読有り]
Ninomiya T, Sawamura H, Inoue K, Takada M
PloS one   7(12) e52115   2012年   [査読有り]
Inoue K, Koketsu D, Kato S, Kobayashi K, Nambu A, Takada M
PloS one   7(6) e39149   2012年   [査読有り]
Kato S, Kuramochi M, Takasumi K, Kobayashi K, Inoue K, Takahara D, Hitoshi S, Ikenaka K, Shimada T, Takada M, Kobayashi K
Human gene therapy   22(12) 1511-1523   2011年12月   [査読有り]
Ninomiya T, Sawamura H, Inoue K, Takada M
Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991)   21(12) 2797-2808   2011年12月   [査読有り]
Kato S, Kobayashi K, Inoue K, Kuramochi M, Okada T, Yaginuma H, Morimoto K, Shimada T, Takada M, Kobayashi K
Human gene therapy   22(2) 197-206   2011年2月   [査読有り]
Saga Y, Hirata Y, Takahara D, Inoue K, Miyachi S, Nambu A, Tanji J, Takada M, Hoshi E
The European journal of neuroscience   33(2) 285-297   2011年1月   [査読有り]

書籍等出版物

 
ウイルスベクターを用いた神経回路への機能介入法
井上謙一、高田昌彦 (担当:分担執筆, 範囲:757-761)
中外医学社. Clinical Neuroscience 32:, 「脳のゆらぎ・同期・オシレーション」   2014年7月   
Organization of Two Cortico–Basal Ganglia Loop Circuits That Arise from Distinct Sectors of the Monkey Dorsal Premotor Cortex.
Takada M, Hoshi E, Saga Y, Inoue K, Miyachi S, Hatanaka N, Inase M, Nambu A (担当:分担執筆, 範囲:103-116)
Basal Ganglia - An Integrative View. (ed. Fernando A. Barrios and Clemens Bauer) InTech   2013年1月   
Vectors for highly efficient and neuron-specific retrograde gene transfer for gene therapy of neurological diseases.
Kato S, Kobayashi K, Inoue K, Takada M, Kobayashi K (担当:分担執筆, 範囲:387-398)
Gene Therapy-Tools and Potential Applications. (ed. Francisco Martin Molina) InTech   2013年2月   
Highly efficient retrograde gene transfer for genetic treatment of neurological diseases.
Kato S, Kuramochi M, Kobayashi K, Inoue K, Takada M, Kobayashi K. (担当:分担執筆, 範囲:371-380)
Viral Gene Ther. (ed.Ke Xu) InTech   2011年7月   
狂犬病ウイルスによる多シナプス性神経路の解析法
高田昌彦、井上謙一、宮地重弘 (担当:分担執筆, 範囲:221-230)
医学書院、Brain and Nerve, 62:3,「特集 神経回路解析法の最近の進歩」   2010年3月   
高次脳機能の解明と精神・神経疾患の克服のためのサルモデル
高田昌彦、井上謙一 (担当:分担執筆, 範囲:53-58)
医学書院、生体の科学,61:1,「特集 脳科学のモデル実験動物」   2010年1月   
Prevention of calbindin recruitment into nigral dopamine neurons from MPTP-induced degeneration in Macaca fascicularis.
Takada M, Inoue K, Miyachi S, Okado H, Nambu A. (担当:分担執筆, 範囲:377-386)
Springer, The Basal Ganglia IX   2009年9月   
サル類モデル
高田昌彦、井上謙一 (担当:分担執筆, 範囲:78-87)
アドスリー、老化・老年病研究のための動物実験ガイドブック 日本基礎老化学会編   2008年10月   
光計測法による神経回路の機能的解剖
広瀬秀顕、井上謙一、一條宏、小金澤紀子、大場健嗣、大原慎也、筧慎治、飯島敏夫 (担当:分担執筆, 範囲:265-271)
電子情報通信学会誌、87:4,「小特集 最大のフロンティア「脳」の解明に挑む―神経生理計測と神経科学―」   2004年4月   

講演・口頭発表等

 
Manipulation of primate neural networks by means of modified viral vectors. [招待有り]
Ken-ichi Inoue
5th NIPS-CIN Joint Symposium   2015年11月5日   
Manipulation of primate neural networks by means of modified viral vectors. [招待有り]
Inoue K, Takada M
第120回 日本解剖学会総会・全国学術集会、第92回 日本生理学会大会 合同大会   2015年3月23日   
神経路選択的な遺伝子導入による神経ネットワークの機能操作 [招待有り]
井上 謙一
生理研シンポジウム・グローバルネットワークによる脳情報処理   2014年1月1日   
霊長類脳研究に資する遺伝子導入技術の開発 [招待有り]
井上 謙一
「霊長類認知ゲノミクス」キックオフワークショップ   2013年10月1日   
Manipulation of primate neuronal circuits by the use of modified lentiviral vector with enhanced retrograde transport. [招待有り]
井上 謙一
生理研ミニ国際シンポジウムFrontiers in Neural Control of Actions   2013年6月17日   
神経路選択的な遺伝子導入による神経ネットワークの機能操作 [招待有り]
井上 謙一
第9回ナショナルバイオリソースプログラム「ニホンザル」公開シンポジウム   2012年11月9日   ナショナルバイオリソースプログラム「ニホンザル」
ウィルスベクターを用いた霊長類神経系への高効率な遺伝子導入手法の開発とその応用
井上 謙一
第13回予防衛生協会セミナー   2009年12月   予防衛生協会

特許

 
特開2006-81509 : 神経回路選択的な外来遺伝子導入ベクターの製造方法
井上謙一、大原慎也、森本金次郎、倉根一郎、筧慎治、飯島敏夫