銅谷賢治

J-GLOBALへ         更新日: 13/09/30 18:58
 
アバター
研究者氏名
銅谷賢治
 
ドウヤ ケンジ
URL
https://groups.oist.jp/ncu
所属
沖縄科学技術大学院大学
部署
神経計算ユニット
職名
教授、副プローボースト(研究担当)
学位
博士(東京大学)
その他の所属
奈良先端科学技術大学院大学京都大学

プロフィール

triathlete and computational neuroscientist

研究分野

 
 

経歴

 
2011年11月
 - 
現在
沖縄科学技術大学院大学 神経計算ユニット 教授、副プロボースト(研究担当)
 

受賞

 
2007年
ブレインサイエンス振興財団 第21回塚原仲晃記念賞
 

Misc

 
Doya K, Shadlen MN
Current opinion in neurobiology   22 911-913   2012年12月   [査読有り]
Ishii S, Diesmann M, Doya K
Neural networks : the official journal of the International Neural Network Society   24 917   2011年11月   [査読有り]
Doya K
Nature   466 535   2010年7月   [査読有り]
Doya K
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   106 11429-11430   2009年7月   [査読有り]

書籍等出版物

 
銅谷賢治, 石井信(情報学), PougetAlexandre, RaoRajeshP.N.
MIT Press   2011年   ISBN:9780262516013
けいはんな社会的知能発生学研究会, 瀬名 秀明, 浅田 稔, 銅谷 賢治, 谷 淳, 茂木 健一郎, 開 一夫, 中島 秀之, 石黒 浩, 國吉 康夫, 柴田 智広 (担当:共著)
講談社   2004年12月   ISBN:4062574616
朝倉書店   2002年3月   ISBN:4254101791
今水寛, 銅谷賢治, 二見亮弘, 田辺敬貴, 小椋たみ子, 斉藤智, 山鳥重, 大津由紀雄
岩波書店   2001年   ISBN:4000067834
銅谷 賢治, 市橋 秀友, 徳永 隆治, 松葉 育雄, 林 勲, 合原 一幸 (担当:共著)
オーム社   1993年1月   ISBN:4274129179

論文

 
Nakano T, Yoshimoto J, Doya K
Frontiers in computational neuroscience   7 119   2013年9月   [査読有り]
Elfwing S, Uchibe E, Doya K
Frontiers in neurorobotics   7 3   2013年   [査読有り]
Kinjo K, Uchibe E, Doya K
Frontiers in neurorobotics   7 7   2013年   [査読有り]
Miyazaki KW, Miyazaki K, Doya K
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   32 10451-10457   2012年8月   [査読有り]
Funamizu A, Ito M, Doya K, Kanzaki R, Takahashi H
The European journal of neuroscience   35 1180-1189   2012年4月   [査読有り]
Sugimoto N, Haruno M, Doya K, Kawato M
Neural computation   24 577-606   2012年3月   [査読有り]
Pammi VS, Miyapuram KP, Ahmed, Samejima K, Bapi RS, Doya K
NeuroImage   59 1180-1189   2012年1月   [査読有り]
Miyazaki K, Miyazaki KW, Doya K
Molecular neurobiology      2012年1月   [査読有り]
[Effects of serotonin on delay discounting for rewards--an application for understanding of pathophysiology in psychiatric disorders].
Okamoto Y, Okada G, Shishida K, Fukumoto T, Machino A, Yamashita H, Tanaka SC, Doya K, Yamawaki S
Seishin shinkeigaku zasshi = Psychiatria et neurologia Japonica   114 108-114   2012年   [査読有り]
Demoto Y, Okada G, Okamoto Y, Kunisato Y, Aoyama S, Onoda K, Munakata A, Nomura M, Tanaka SC, Schweighofer N, Doya K, Yamawaki S
Neuropsychobiology   65(2) 55-64   2012年   [査読有り]
Onoda K, Okamoto Y, Kunisato Y, Aoyama S, Shishida K, Okada G, Tanaka SC, Schweighofer N, Yamaguchi S, Doya K, Yamawaki S
Experimental brain research. Experimentelle Hirnforschung. Experimentation cerebrale   212(4) 593-601   2011年8月   [査読有り]
Ito M, Doya K
Current opinion in neurobiology   21(3) 368-373   2011年6月   [査読有り]
Miyazaki KW, Miyazaki K, Doya K
The European journal of neuroscience   33 153-160   2011年1月   [査読有り]
Miyazaki K, Miyazaki KW, Doya K
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   31(2) 469-479   2011年1月   [査読有り]
Fermin A, Yoshida T, Ito M, Yoshimoto J, Doya K
Journal of motor behavior   42 371-379   2010年11月   [査読有り]
Klein M, Kamp H, Palm G, Doya K
Neural networks : the official journal of the International Neural Network Society   23(5) 592-606   2010年6月   [査読有り]
Morimura T, Uchibe E, Yoshimoto J, Peters J, Doya K
Neural computation   22(2) 342-376   2010年2月   [査読有り]
Nakano T, Doi T, Yoshimoto J, Doya K
PLoS computational biology   6 e1000670   2010年2月   [査読有り]
Tanaka SC, Shishida K, Schweighofer N, Okamoto Y, Yamawaki S, Doya K
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   29 15669-15674   2009年12月   [査読有り]
Ito M, Shirao T, Doya K, Sekino Y
Neuroscience research   64(4) 397-402   2009年8月   [査読有り]
Ito M, Doya K
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   29 9861-9874   2009年8月   [査読有り]
Fujiwara Y, Yamashita O, Kawawaki D, Doya K, Kawato M, Toyama K, Sato MA
NeuroImage   45 393-409   2009年4月   [査読有り]
Uchibe E, Doya K
Neural networks : the official journal of the International Neural Network Society   21(10) 1447-1455   2008年12月   [査読有り]
Bissmarck F, Nakahara H, Doya K, Hikosaka O
Journal of cognitive neuroscience   20 1966-1979   2008年11月   [査読有り]
[Mathematical models of decision making and learning].
Ito M, Doya K
Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo   60 791-798   2008年7月   [査読有り]
大塚誠, 吉本潤一郎, 銅谷賢治
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   108(101) 91-96   2008年6月
本研究では,状態数が大きいマルコフ決定過程(MDP)問題を扱うことができる自由エネルギーを用いた強化学習手法をdigit floorタスクという部分観測マルコフ決定過程(POMDP)問題に適用することにより,状態がネットワーク中の隠れ層の発火パターンに,報酬に依存した形で集団符号化されることを示す.また,このタスク依存な集団符号化が,入力ノイズや隠れ層のサイズの変化に対してロバストであることも示す.
Doya K
Nature neuroscience   11(4) 410-416   2008年4月   [査読有り]
Schweighofer N, Bertin M, Shishida K, Okamoto Y, Tanaka SC, Yamawaki S, Doya K
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   28 4528-4532   2008年4月   [査読有り]
銅谷 賢治
計測と制御 = Journal of the Society of Instrument and Control Engineers   47(1) 69-73   2008年1月
佐藤尚, 内部英治, 銅谷賢治
情報処理学会論文誌. 数理モデル化と応用   48(19) 55-67   2007年12月
コミュニケーションの原型は,個体が環境や他の個体との相互作用において,報酬の獲得や適応度の向上に寄与する形で発現したと考えられる.本研究では,報酬最大化を目的とする強化学習エージェントが,余剰な行動と感覚の自由度をコミュニケーショのために使うことを学習できるための条件を,2個体が互いに相手の縄張りに入ると報酬を得るが衝突すると罰を受けるというゲームにより検証した.このゲームでは,コミュニケーションと協調行動のそれぞれが必須ではないが,発光行動を使えるエージェント間では,互いにその光を信号と...
内部 英治, 銅谷 賢治
日本神経回路学会誌 = The Brain & neural networks   14(4) 293-304   2007年12月
近年の人工ニューラルネットや機械学習の発展により, 学習能力を持った様々なロボットや人工エージェントなどが開発されている. しかしロボットに目的の行動をうまく学習させるためには (1) メタパラメータ, (2) 報酬関数, (3) 状態表現, (4) 学習アルゴリズムの選択, といった問題を注意深く設計しなければならない. 多くの人工システムでは, それらは設計者が試行錯誤を通して設定していたが, 人間やそれ以外の動物は多様に変化する環境下でも新しい行動を次々と学習している. このようなメ...
Tanaka SC, Schweighofer N, Asahi S, Shishida K, Okamoto Y, Yamawaki S, Doya K
PloS one   2 e1333   2007年12月   [査読有り]
Bertin M, Schweighofer N, Doya K
Neural networks : the official journal of the International Neural Network Society   20(6) 668-675   2007年8月   [査読有り]
Corrado G, Doya K
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   27 8178-8180   2007年8月   [査読有り]
Schweighofer N, Tanaka SC, Doya K
Annals of the New York Academy of Sciences   1104 289-300   2007年5月   [査読有り]
Samejima K, Doya K
Annals of the New York Academy of Sciences   1104 213-228   2007年5月   [査読有り]
Doya K
HFSP journal   1 30-40   2007年5月   [査読有り]
Balleine BW, Doya K, O'Doherty J, Sakagami M
Annals of the New York Academy of Sciences   1104 xi-xv   2007年5月   [査読有り]
Morimoto J, Doya K
Neural computation   19(3) 730-756   2007年3月   [査読有り]
Ogasawara H, Doi T, Doya K, Kawato M
PLoS computational biology   3 e179   2007年1月   [査読有り]
Tanaka SC, Samejima K, Okada G, Ueda K, Okamoto Y, Yamawaki S, Doya K
Neural networks : the official journal of the International Neural Network Society   19(8) 1233-1241   2006年10月   [査読有り]
Daw ND, Doya K
Current opinion in neurobiology   16 199-204   2006年4月   [査読有り]
Kawawaki D, Shibata T, Goda N, Doya K, Kawato M
Neuroscience research   54(2) 112-123   2006年2月   [査読有り]
Samejima K, Ueda Y, Doya K, Kimura M
Science (New York, N.Y.)   310(5752) 1337-1340   2005年11月   [査読有り]
石井信, 銅谷賢治
電子情報通信学会誌   88(10) 804-810   2005年10月
動物の行動系列学習のモデルから発展してきた強化学習に関して, 価値ベースの学習法と方策ベースの学習法の枠組みの基礎を解説する.その後で, 2足歩行学習への応用, マルチエージェントロボットへの応用, 更には神経生理学モデルとの関連について概観する.
吉本 潤一郎, 銅谷 賢治, 石井 信
計測と制御 = Journal of the Society of Instrument and Control Engineers   44(5) 313-318   2005年5月
Morimoto J, Doya K
Neural computation   17(2) 335-359   2005年2月   [査読有り]
松原崇充, 森本淳, 中西淳, 佐藤雅昭, 銅谷賢治
電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-パターン処理   88(1) 53-65   2005年1月
本論文では,2足歩行運動などの周期運動を強化学習の枠組みを用いて獲得する方法について検討する.一般に,多自由度の制御対象において強化学習を用いて行動則を獲得することは困難であり,目的とする運動課題に適した学習の枠組みが必要となる.そこで本論文では,内部状態とダイナミックスをもつ行動則として「動的行動則」を提案し,その学習方法について検討する.2足歩行運動などの周期運動を学習によって獲得する場合,行動則が内部にダイナミックスをもつことで制御対象との力学的な引込みを用いることができる.また,行...
Sato MA, Yoshioka T, Kajihara S, Toyama K, Goda N, Doya K, Kawato M
NeuroImage   23 806-826   2004年11月   [査読有り]
Tanaka SC, Doya K, Okada G, Ueda K, Okamoto Y, Yamawaki S
Nature neuroscience   7(8) 887-893   2004年8月   [査読有り]
Miyamoto H, Morimoto J, Doya K, Kawato M
Neural networks : the official journal of the International Neural Network Society   17(3) 299-305   2004年4月   [査読有り]
Schweighofer N, Doya K, Kuroda S
Brain research. Brain research reviews   44 103-116   2004年3月   [査読有り]
Schweighofer N, Doya K, Fukai H, Chiron JV, Furukawa T, Kawato M
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   101(13) 4655-4660   2004年3月   [査読有り]
Haruno M, Kuroda T, Doya K, Toyama K, Kimura M, Samejima K, Imamizu H, Kawato M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   24 1660-1665   2004年2月   [査読有り]
Samejima K, Doya K, Kawato M
Neural networks : the official journal of the International Neural Network Society   16(7) 985-994   2003年9月   [査読有り]
Wolpert DM, Doya K, Kawato M
Philosophical transactions of the Royal Society of London. Series B, Biological sciences   358 593-602   2003年3月   [査読有り]
Schweighofer N, Doya K
Neural networks : the official journal of the International Neural Network Society   16(1) 5-9   2003年1月   [査読有り]
Doya K, Samejima K, Katagiri K, Kawato M
Neural computation   14(6) 1347-1369   2002年6月   [査読有り]
Doya K
Neural networks : the official journal of the International Neural Network Society   15(4/6) 495-506   2002年6月   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2011年10月 - 2016年3月    代表者: 銅谷賢治
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2011年10月 - 2016年3月    代表者: 銅谷賢治
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2005年 - 2009年    代表者: 丹治順
脳生理学者と神経心理学者、脳の計算論学者の連携による研究を行い、相補的研究により行動の認知的制御メカニズムの理解を推進した。霊長類を対象とした生理学的実験研究、健常者及び脳に障害を有する患者を対象とする神経心理学的研究、及び脳の計算論に基づく理論的研究を有機的に統合させながら遂行した。統合的研究アプローチによって外界事象の認知情報と脳内の記憶情報に依拠して多彩に行われる行動の制御機構を明らかにした。
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2004年 - 2010年    代表者: 丹治順
脳機能理解を全体的視点から統合的に進めるために、脳研究を多面的に推進するのみならず次元の異なる研究の連携を進め、統合的脳研究の育成と展開をはかる活動を総括班主導のもとに行った。支援班は、統合的脳研究を支援するために必要なバイオリソースの開発と供給、及び脳計測に関する新技術開発の支援を実現した。他方計画研究では統合的アプローチによる脳研究を先導的に遂行し、多分野集約的な公募研究とともに成果を挙げた。