戎崎俊一

J-GLOBALへ         更新日: 11/04/22 18:11
 
アバター
研究者氏名
戎崎俊一
URL
http://atlas.riken.jp/
所属
独立行政法人理化学研究所 基幹研究所
部署
戎崎計算宇宙物理研究室
職名
主任研究員
学位
理学博士

プロフィール

昭和33年11月15日、山口県下関生まれ。
昭和56年3月、大阪大学理学部物理学科卒業。
昭和58年3月、東京大学大学院理学系研究科天文学専攻修士課程修了。理学修士を取得。
昭和61年3月、東京大学大学院理学系研究科天文学専攻博士課程修了。理学博士を取得。

研究経歴
昭和58年3月〜昭和61年3月:X線バーストの理論的研究
昭和61年11月〜昭和63年5月:超新星爆発における物質混合の研究
平成元年6月〜平成3年12月:重力多体問題専用計算機の開発、銀河力学
平成7年8月〜現在:分子動力学専用計算機の開発、計算機を使った教育活動の研究
平成8年11月〜平成12年11月:世界最速分子動力学専用計算機の開発

研究分野

 
 

経歴

 
2008年4月
 - 
現在
理化学研究所 基幹研究所 戎崎計算宇宙物理研究室 主任研究員
 
2003年10月
 - 
2008年3月
理化学研究所 中央研究所 計算宇宙物理研究室 主任研究員
 
1999年4月
 - 
2003年9月
理化学研究所 情報基盤研究部 部長
 
1995年8月
 - 
1999年3月
理化学研究所 計算科学研究室 主任研究員
 
1991年12月
 - 
1995年7月
東京大学 教養学部 助教授
 
1989年6月
 - 
1991年11月
東京大学 教養学部 助手
 
1988年5月
 - 
1989年5月
神戸大学大学院 自然科学研究科 助手
 
1986年11月
 - 
1988年4月
The National Research Council, USA Resident Research Associate
 

論文

 
Arai N, Yasuoka K, Koishi T, Ebisuzaki T
ACS nano   4 5905-5913   2010年10月   [査読有り]
Formation of nuclear "pasta" in supernovae.
Watanabe G, Sonoda H, Maruyama T, Sato K, Yasuoka K, Ebisuzaki T
Physical review letters   103 121101   2009年9月   [査読有り]
Koishi T, Yasuoka K, Fujikawa S, Ebisuzaki T, Zeng XC
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   106 8435-8440   2009年5月   [査読有り]
Matsubara H, Ebisuzaki T, Yasuoka K
The Journal of chemical physics   130(10) 104705   2009年3月   [査読有り]
Koike K, Matsuyama T, Ebisuzaki T
The FEBS journal   275(8) 1608-1616   2008年4月   [査読有り]

Misc

 
Tomoaki Ishiyama, Junichiro Makino, Toshikazu Ebisuzaki
   2010年6月
Earth-mass dark matter microhalos with size of ~100 AUs are the first
structures formed in the universe, if the dark matter of the Universe are made
of neutralino. Here, we report the results of ultra-high-resolution simulations
of the formation a...
川村 静児, 安東 正樹, 瀬戸 直樹, 佐藤 修一, 中村 卓史, 坪野 公夫, 高島 健, 船木 一幸, 沼田 健司, 神田 展行, 田中 貴浩, 井岡 邦仁, 青柳 巧介, 我妻 一博, 浅田 秀樹, 麻生 洋一, 新井 宏二, 新谷 昌人, 池上 健, 石川 毅彦, 石崎 秀晴, 石徹白 晃治, 石原 秀樹, 和泉 究, 市來 淨與, 伊東 宏之, 伊藤 洋介, 井上 開輝, 上田 暁俊, 植田 憲一, 歌島 昌由, 江尻 悠美子, 榎 基宏, 戎崎 俊一, 江里口 良治, 大石 奈緒子, 大河 正志, 大橋 正健, 大原 謙一, 大渕 喜之, 岡田 健志, 岡田 則夫, 河島 信樹, 川添 史子, 河野 功, 木内 建太, 岸本 直子, 國中 均, 國森 裕生, 黒田 和明, 小泉 宏之, 洪 鋒雷, 郡和 範, 穀山 渉, 苔山 圭以子, 古在 由秀, 小嶌 康史, 固武 慶, 小林 史歩, 西條 統之, 齊藤 遼, 坂井 真一郎, 阪上 雅昭, 阪田 紫帆里, 佐合 紀親, 佐々木 節, 佐藤 孝, 柴田 大, 真貝 寿明, 杉山 直, 鈴木 理恵子, 諏訪 雄大, 宗宮 健太郎, 祖谷 元, 高野 忠, 高橋 走, 高橋 慶太郎, 高橋 忠幸, 高橋 弘毅, 高橋 史宜, 高橋 龍一, 高橋 竜太郎, 高森 昭光, 田越 秀行, 田代 寛之, 谷口 敬介, 樽家 篤史, 千葉 剛, 辻川 信二, 常定 芳基, 豊嶋 守生, 鳥居 泰男, 内藤 勲夫, 中尾 憲一, 中澤 知洋, 中須賀 真一, 中野 寛之, 長野 重夫, 中村 康二, 中村 真大, 中山 宜典, 西澤 篤志, 西田 恵里奈, 西山 和孝, 丹羽 佳人, 能見 大河, 橋本 樹明, 端山 和大, 原田 知広, 疋田 渉, 姫本 宣朗, 平林 久, 平松 尚志, 福嶋 美津広, 藤田 龍一, 藤本 眞克, 二間瀬 敏史, 細川 瑞彦, 堀澤 秀之, 前田 恵一, 松原 英雄, 蓑 泰志, 宮川 治, 宮本 雲平, 三代木 伸二, 向山 信治, 武者 満, 森澤 理之, 森本 睦子, 森脇 成典, 八木 絢外, 山川 宏, 山崎 利孝, 山元 一広, 柳 哲文, 横山 順一, 吉田 至順, 吉野 泰造, 若林 野花
日本物理学会講演概要集   65(1)    2010年3月
川村 静児, 安東 正樹, 瀬戸 直樹, 佐藤 修一, 中村 卓史, 坪野 公夫, 船木 一幸, 沼田 健司, 神田 展行, 田中 貴浩, 井岡 邦仁, 高島 健, 青柳 巧介, 我妻 一博, 浅田 秀樹, 麻生 洋一, 新井 宏二, 新谷 昌人, 池上 健, 石川 毅彦, 石崎 秀晴, 石徹白 晃治, 石原 秀樹, 市来 浄與, 伊東 宏之, 伊藤 洋介, 井上 開輝, 上田 暁俊, 植田 憲一, 歌島 昌由, 江尻 悠美子, 榎 基宏, 戎崎 俊一, 江里口 良治, 大石 奈緒子, 大河 正志, 大橋 正健, 大原 謙一, 大渕 喜之, 岡田 則夫, 小野里 光司, 河島 信樹, 川添 史子, 河野 功, 木内 建太, 岸本 直子, 國中 均, 國森 裕生, 黒田 和明, 小泉 宏之, 洪鋒 雷, 郡 和範, 穀山 渉, 苔山 圭以子, 古在 由秀, 小嶌 康史, 固 武慶, 小林 史歩, 西條 統之, 齊藤 遼, 坂井 真一郎, 阪上 雅昭, 阪田 紫帆里, 佐合 紀親, 佐々木 節, 佐藤 孝, 柴田 大, 真貝 寿明, 杉山 直, 鈴木 理恵子, 諏訪 雄大, 宗宮 健太郎, 祖谷 元, 高野 忠, 高橋 走, 高橋 慶太郎, 高橋 忠幸, 高橋 弘毅, 高橋 史宜, 高橋 龍一, 高橋 竜太郎, 高森 昭光, 田越 秀行, 田代 寛之, 谷口 敬介, 樽家 篤史, 千葉 剛, 辻川 信二, 常定 芳基, 豊嶋 守生, 鳥居 泰男, 内藤 勲夫, 中尾 憲一, 中澤 知洋, 中須賀 真一, 中野 寛之, 長野 重夫, 中村 康ニ, 中山 宜典, 西澤 篤志, 西田 恵里奈, 西山 和孝, 丹羽 佳人, 能見 大河, 橋本 樹明, 端山 和大, 原田 知広, 疋田 渉, 姫本 宣朗, 平林 久, 平松 尚志, 福嶋 美津広, 藤田 龍一, 藤本 眞克, 二間瀬 敏史, 細川 瑞彦, 堀澤 秀之, 前田 恵一, 松原 英雄, 蓑 泰志, 宮川 治, 三代木 伸二, 向山 信治, 武者 満, 森澤 理之, 森本 睦子, 森脇 成典, 八木 絢外, 山川 宏, 山崎 利孝, 山元 一広, 柳 哲文, 横山 順一, 吉田 至順, 吉野 泰造, 若林 野花
日本物理学会講演概要集   64(2)    2009年8月
Gentaro Watanabe, Hidetaka Sonoda, Toshiki Maruyama, Katsuhiko Sato, Kenji Yasuoka, Toshikazu Ebisuzaki
Phys.Rev.Lett.103:121101,2009      2009年4月
In supernova cores, nuclear "pasta" phases such as triangular lattice of
rod-like nuclei and layered structure of slab-like nuclei are considered to
exist. However, it is still unclear whether or not they are actually formed in
collapsing supernov...
川村 静児, 安東 正樹, 瀬戸 直樹, 佐藤 修一, 船木 一幸, 神田 展行, 中村 卓史, 坪野 公夫, 沼田 健司, 田中 貴浩, 井岡 邦仁, 高島 健, 新谷 昌人, 坂井 真一郎, 中澤 知洋, 長野 重夫, 武者 満, 森脇 成典, 青柳 巧介, 我妻 一博, 浅田 秀樹, 麻生 洋一, 新井 宏二, 池上 健, 石川 毅彦, 石崎 秀晴, 石徹 白晃治, 石原 秀樹, 市來 淨與, 伊東 宏之, 伊藤 洋介, 井上 開輝, 上田 暁俊, 植田 憲一, 歌島 昌由, 江尻 悠美子, 榎 基宏, 戎崎 俊一, 江里口 良治, 大石 奈緒子, 大河 正志, 大橋 正健, 大原 謙一, 大渕 喜之, 岡田 則夫, 小野里 光司, 河島 信樹, 川添 史子, 雁津 克彦, 木内 建太, 岸本 直子, 工藤 秀明, 國中 均, 國森 裕生, 黒田 和明, 小泉 宏之, 洪 鋒雷, 郡 和範, 穀山 渉, 苔山 圭以子, 古在 由秀, 小嶌 康史, 固武 慶, 小林 史歩, 西條 統之, 阪上 雅昭, 阪田 紫帆里, 佐合 紀親, 佐々木 節, 佐藤 孝, 柴田 大, 真貝 寿明, 杉山 直, 鈴木 理恵子, 諏訪 雄大, 宗宮 健太郎, 祖谷 元, 高野 忠, 高橋 走, 高橋 慶太郎, 高橋 忠幸, 高橋 弘毅, 高橋 史宜, 高橋 龍一, 高橋 竜太郎, 高森 昭光, 田越 秀行, 田代 寛之, 谷口 敬介, 樽家 篤史, 千葉 剛, 辻川 信二, 常定 芳基, 豊嶋 守生, 鳥居 泰男, 内藤 勲夫, 中尾 憲一, 中須賀 真一, 中野 寛之, 中村 康二, 中山 宜典, 西澤 篤志, 西田 恵里奈, 西山 和孝, 丹羽 佳人, 能見 大河, 橋本 樹明, 端山 和大, 原田 知広, 疋田 渉, 姫本 宣朗, 平林 久, 平松 尚志, 福嶋 美津広, 藤田 龍一, 藤本 眞克, 二間瀬 敏史, 細川 瑞彦, 堀澤 秀之, 前田 恵一, 松原 英雄, 蓑 泰志, 宮川 治, 三代木 伸二, 向山 信治, 森岡 友子, 森澤 理之, 森本 睦子, 柳 哲文, 山川 宏, 山崎 利孝, 山元 一広, 横山 順一, 吉田 至順, 吉野 泰造, 若林 野花
日本物理学会講演概要集   64(1)    2009年3月

書籍等出版物

 
青木 一平, 戎崎 俊一
ポプラ社   2004年1月   ISBN:4591079805
戎崎 俊一
ポプラ社   2003年5月   ISBN:4591075117
戎崎 俊一
ポプラ社   2003年5月   ISBN:4591075125
戎崎 俊一
ポプラ社   2003年5月   ISBN:4591075133
戎崎 俊一
ポプラ社   2003年5月   ISBN:4591075141

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 佐藤毅彦
平成17年度に引き続き、星座カメラi-CANを米国ニューメキシコ州(アパッチポイント天文台)、スペイン・カナリー諸島(ブラッドフォード望遠鏡施設)、米国ハワイ州(国立天文台すばる望遠鏡)に設置した。これにより、海外6サイト、国内1サイトのネットワークが完成した。特にスペイン・サイトの設置は、日本の早朝に夜空の観察を可能とし、学校の授業での利用に対する制限を大幅に緩和した。また、ハワイ・サイトは、子どもたちが帰宅した後、自宅から星空を見るのに便利である。授業後の感想に大変多い「家へ帰ったら、...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2002年 - 2003年    代表者: 清水裕彦
EUSO望遠鏡では直径2.5mの両面フレネルレンズ2枚を用いた光学系で、その焦点面は曲面で視野角60゜の領域で0.1゜の角度分解能が得られる。0.1゜に対応する焦点面上の距離はおよそ4mmでこれをマルチアノード光電子増倍管で覆う。
本研究においてはマクロセルと呼んでいる光電子増倍管36本からなる焦点面検出器モジュールを開発と評価を行う。市販されている8×8ピクセルのマルチアノード光電子増倍管が候補にあげられていたが、その有感領域は中心部に集まっており、EUSOの焦点面検出器のように並べて面...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1996年 - 1997年    代表者: 松岡勝
本研究の目指すものは、超広視野光学望遠鏡システムの基礎開発を行うことである。この装置を使った科学的な意義は、短時間で変動する天体・天体現象を連続的にモニタ-観測をして予測のできない天体現象を捉えることである。この研究で鍵となるのは「広視野望遠鏡」と「画像デ-タの連続短時間読出し」の2点である。このため、本研究では(1)「広視野望遠鏡」ユニットを設計・製作し、(2)市販のCCDを焦点面にセットした試験観測を実行した。
5度の視野をもつ望遠鏡は、通常の天文学用としては考えられない大きな視野であ...
文部科学省: 科学研究費補助金(国際学術研究)
研究期間: 1993年 - 1993年    代表者: 蜂巣泉
日本側では現在、科学研究費特別推進研究のもとで重力多体問題専用計算機を製作中である。この共同研究の目的は、その専用機用のソフトウエアを英国側の研究者と共同開発することにある。今年度行なった研究の実績は以下のようになる。
1.現在テラフロップス・マシンに使うチップとソフトウエアのテスト用に持っているテストボ-ドをもとに、新たなボ-ド(HARP-3と略称)を泰地・蜂巣が中心になって設計した。これを使うことで、英国側のAarsethがケンブリッジに居ながらにして、テラフロップス用のソフトウエアを...
文部科学省: 科学研究費補助金(特別推進研究)
研究期間: 1992年 - 1996年    代表者: 杉本大一郎
今年度は、昨年度に続いて重力多体計算機GRAPE-4を用いて球状星団、銀河団等のシミュレ-ションを行った。また、より高速のホスト計算機に接続するための新しいインタ-フェ-スボ-ドの開発を行なった。この、新しいインタ-フェ-スボ-ドによって最近のワ-クステ-ションやパ-ソナルコンピュ-タで広く採用されているPCIバスにGRAPE-4を接続できるようになった。この新しいインタ-フェ-ス用のホスト計算機として働くワ-クステ-ションを2台、また、結果の保存用の高速・大容量テ-プ装置を1台それぞれ購...