越前功

J-GLOBALへ         更新日: 16/05/13 16:45
 
アバター
研究者氏名
越前功
eメール
iechizennii.ac.jp
URL
http://research.nii.ac.jp/~iechizen/official/index.html
所属
国立情報学研究所
職名
教授

プロフィール

1997年東京工業大学大学院修士課程修了(応用物理学専攻).同年日立製作所入社,システム開発研究所配属,情報セキュリティ技術,電子透かし技術の研究開発に従事.同研究所第7部(セキュリティシステム研究部)研究員を経て,2007年より国立情報学研究所コンテンツ科学研究系 准教授・総合研究大学院大学複合領域科学研究科情報学専攻 准教授.2014年より同研究所教授・同大学教授.2010年ドイツ・フライブルグ大学 客員教授.2011年ドイツ・マルティン・ルター大学(ハレ大学)客員教授.コンテンツセキュリティの教育研究に従事.IEEE,電子情報通信学会,情報処理学会,映像情報メディア学会各会員.博士(工学)(東京工業大学).

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
文部科学省 研究振興局 学術調査官
 
2014年4月
 - 
現在
国立情報学研究所 コンテンツ科学研究系 教授
 
2014年4月
 - 
現在
総合研究大学院大学 複合科学研究科 情報学専攻 教授
 
2011年10月
   
 
ドイツ・マルティン・ルター大学(ハレ大学) 企業情報学研究所 客員教授
 
2010年4月
   
 
ドイツ・フライブルグ大学 計算機科学・社会情報学研究所 客員教授
 
2007年4月
 - 
2014年3月
国立情報学研究所 コンテンツ科学研究系 准教授
 
2007年4月
 - 
2014年3月
総合研究大学院大学 複合科学研究科 情報学専攻 准教授
 
1997年4月
 - 
2007年3月
株式会社日立製作所 システム開発研究所
 

受賞

 
2016年3月
第12回情報セキュリティ文化賞
 
2014年10月
情報処理学会 平成26年度山下記念研究賞(指導大学院生による受賞)
 
2014年10月
第13回ドコモ・モバイル・サイエンス賞 先端技術部門優秀賞
 
2014年6月
情報処理学会 2013年度 論文賞
 
2013年10月
情報処理学会コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS2013) コンセプト論文賞(指導大学院生による受賞)
 
2013年10月
情報処理学会コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS2013) 優秀論文賞(指導大学院生による受賞)
 
2012年11月
the 7th International Workshop on Security (IWSEC12) Best Poster Award
 
2012年11月
平成24年度関東地方発明表彰 発明奨励賞
 
2012年10月
情報処理学会コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS2012) 優秀論文賞(指導大学院生による受賞)
 
2011年11月
International Workshop on Security (IWSEC) 2011 Best Poster Award
受賞者: Takayuki Yamada, Seiichi Gohshi, and Isao Echizen
 
2011年7月
情報処理学会 大会奨励賞(指導大学院生による受賞)
 
2011年6月
情報処理学会 平成22年度 長尾真記念特別賞
 
2011年3月
情報処理学会 平成22年度山下記念研究賞(指導大学院生による受賞)
 
2011年1月
One of the best papers at the 25th IFIP International Information Security Conference (IFIP SEC 2010)
 
2010年10月
情報処理学会コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS2010) 優秀デモンストレーション賞 映像盗撮防止方式における赤外カットフィルタ攻撃への対策
受賞者: 山田隆行,合志清一,越前 功
 
2010年6月
画像電子学会 画像電子技術賞
 
2010年5月
映像情報メディア学会 藤尾フロンティア賞
 
2010年3月
辻井重男セキュリティ学生論文賞・ 情報セキュリティ学生賞(指導大学院生による受賞)
 
2009年11月
Gerd Griesser Award for the best paper chosen by the program committees of the International Medical Informatics Association WG4 Security in Health Information Systems (IMIA SiHIS) 2009 Workshop on the Collaborative Meetings on Health Informatics (CoMHI)
受賞者: S. Haas, S. Wohlgemuth, I. Echizen, N. Sonehara, and G. Mueller.
 
2009年10月
情報処理学会コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS2009) 優秀デモンストレーション賞 生体とデバイスの感度の違いを利用した映像の盗撮防止システム
受賞者: 山田隆行,合志清一,越前功
 

論文

 
Evaluation of matching accuracy of template-matching using a steganography algorithm
H. Ishizuka, K. Sakurai, I. Echizen, and K. Iwamura
International Workshop on Information and Communication Security (WICS2015), Proc. of the Third International Symposium on Computing and Networking (CANDAR15), 6 pages      2015年12月   [査読有り]
Voice liveness detection for speaker verification based on a tandem single/double-channel pop noise detector
S. Shiota, F. Villavicencio, J. Yamagishi, N. Ono, I. Echizen, and Tomoko Matsui
Proc. of the Speaker and Language Recognition Workshop (Odyssey 2016)      2016年6月   [査読有り]
Tradeoff between the price of distributing a database and its collusion resistance based on concatenated codes
T. Bui, T. Nguyen, N. Sonehara, and I. Echizen
Proc. of the 15th International Conference on Algorithms and Architectures for Parallel Processing (ICA3PP 2015), 8 pages      2015年11月   [査読有り]
Error-Correcting Codes as Source for Decoding Ambiguity
S. Wohlgemuth, K. Takaragi, and I. Echizen
Proc. of the Conference: Multikonferenz Wirtschaftsinformatik (MKWI) 2016      2016年3月   [査読有り]
Paraphrase Detection Based on Identical Phrase and Similar Word Matching
H.-Q. Nguyen-Son, Y. Miyao, I. Echizen
Proc. of the 29th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation (PACLIC 29), 10 pages      2015年10月   [査読有り]
Privacy-preserving sound to degrade automatic speaker verification performance
Kei Hashimoto, Junichi Yamagishi, and Isao Echizen
Proceedings of 2016 IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP 2016)   5500-5504   2016年3月   [査読有り]
Discriminating between Computer-Generated Facial Images and Natural Ones Using Smoothness Property and Local Entropy
H. Nguyen, H-Q. Nguyen-Son, T. Nguyen, and I. Echizen
Proc. of the 14th International Workshop on Digital-Forensics and Watermarking (IWDW 2015), LNCS, 12 pages, Springer      2015年10月   [査読有り]
前景部の穴埋めと相対強度比を用いた難 視性パターンの前景耐性及 び抽出率の改善
金田北洋,乾 智貴,岩村惠市,越前 功
画像電子学会誌   45(1) 71-83   2016年1月   [査読有り]
Audio Watermarking Using Different Wavelet Filters
T. Ito, H. Kang, K. Iwamura, K. Kaneda, and I. Echizen
Proc. of the 14th International Workshop on Digital-Forensics and Watermarking (IWDW 2015), LNCS, 9 pages, Springer      2015年10月   [査読有り]
Voice liveness detection algorithms based on pop noise caused by human breath for automatic speaker verification
S. Shiota, F. Villavicencio, J. Yamagishi, N. Ono, I. Echizen, and T. Matsui
Proc. the Interspeech 2015, 5 pages      2015年9月   [査読有り]
Surveillance Camera System Balancing Privacy Protection and Effective Surveillance Image Use
K. Kobayashi, M. Inamura, K. Kaneda, K. Iwamura, and and I. Echizen
Proc. of the 12th International Conference on e-Business (ICE-B 2015), pp. 41-28      2015年7月   [査読有り]
A Rule-Based Approach for Detecting Location Leaks of Short Text Messages
H-Q. Nguyen-Son, M-T. Tran, H. Yoshiura, N. Sonehara, and I. Echizen
Workshop on Privacy by Transparency in Data-Centric Services (PTDCS2015), Proc. of the 18th International Conference on Business Information Systems (BIS2015), Lecture Notes in Business Information Processing (LNBIP), no. 228, Springer, 12 pages      2015年6月   [査読有り]
De-Anonymising Social Network Posts by Linking with R?sum?
Y. Ogawa, E. Hashimoto, M. Ichino, I. Echizen, and H. Yoshiura
Workshop on Privacy by Transparency in Data-Centric Services (PTDCS2015), Proc. of the 18th International Conference on Business Information Systems (BIS2015), Lecture Notes in Business Information Processing (LNBIP), no. 228, Springer, 12 pages      2015年6月   [査読有り]
Error-Correcting Codes as Source for Decoding Ambiguity
A. Dabrowski, I. Echizen, and E. Weippl
Proc. of the Second Language-Theoretic Security Workshop (LangSec2015) at the IEEE Security & Privacy Symposium      2015年5月   [査読有り]
Chaotic Chebyshev polynomials based remote user authentication scheme in client-server environment
T. Truong, M. Tran, A. Duong and I. Echizen
Proc. the IFIP TC-11 International Conference on ICT Systems Security and Privacy Protection (IFIP SEC 2015), to be published in the IFIP AICT series      2015年5月   [査読有り]
An Educational System to Help Students Assess Website Features and Identify High-risk Website
T. Kajiyama and I. Echizen
Interactive Technology and Smart Education   12    2015年4月   [査読有り]
Efficient authentication, traitor detection and privacy-preserving for the most common queries in two-tiered wireless sensor networks
T. Bui, T. Nguyen, N. Sonehara, and I. Echizen
Proc. of the 29th IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA-2015)      2015年3月   [査読有り]
安全性と利便性の制御が可能な顔画像の匿名化方式
村木友哉,内田貴之,市野正嗣,越前 功,吉浦 裕
日本セキュリティ・マネジメント学会誌   28(3)    2015年1月   [査読有り]
Anonymizing Personal Text Messages Posted in Online Social Networks and Detecting Disclosures of Personal Information
H-Q. Nguyen-Son, A-T. Hoang, M-T. Tran, H. Yoshiura, N. Sonehara, and I. Echizen
IEICE Trans. on Information & Systems   E97-D(1)    2015年1月   [査読有り]
IR Hiding: Use of Specular Reflection for Short-Wavelength-Pass-Filter Detection to Prevent Re-recording of Screen Images
I. Echizen, T. Yamada, S. Gohshi
Transactions on Data Hiding and Multimedia Security   10    2015年   [査読有り]

Misc

 
“プライバシーバイザー”
越前功
第28回国際メガネ展(IOFT2015),展示      2015年10月
“SNS写真データにおけるプライバシー保護 -コミュニティに基づく被写体情報の保護と活用-”
町田史門, 越前功
統計と情報の専門誌「エストレーラ」5月号      2016年5月
“PrivacyVisor,” The Network People, Cables, Data Streams (permanent exhibition)
Isao Echizen
German Museum of Technology (Deutsches Technikmuseum), Berlin, (September 2015) 展示      2015年9月
“PrivacyVisor,” A-T-T-E-N-T-I-O-N (exhibition)
Isao Echizen
Biennale Internationale Design Saint-Etienne 2015, Saint-Etienne, 展示      2015年5月
カメラの写りこみによるプライバシーを防止する技術
越前 功
画像ラボ      2015年3月
情報ハイディングの新たな広がり
越前 功,新見道治,西村 明
電子情報通信学会誌   97(9) 788-792   2014年9月
マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメントの研究最前線
越前 功,馬場口 登
電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ誌   16(3) 9-10   2011年11月
人間とデバイスの感度の違いを利用したディスプレイ盗撮防止装置
越前功
月刊コピライト 2011年10月号,5 pages      2011年10月
ディジタルとフィジカルの垣根を越えて -アナログホール問題を克服する不正コピー防止技術の研究-
越前功
情報処理, vol. 52, no. 8, pp. 1010      2011年8月
人間とデバイスの感度の違いを利用した映像盗撮防止について
越前 功
画像ラボ   2011(5)    2011年5月

書籍等出版物

 
Int. Workshop on Resilience and IT-Risk in Social Infrastructures (RISI) 2014. ARES 2013
I. Echizen, S. Sackmann and S. Wohlgemuth (eds.)
IEEE Computer Society   2014年8月   
カメラの写り込みによるプライバシー侵害防止技術
越前 功
NTS出版   2014年6月   
カメラによる映り込みを防止するプライバシー保護技術
越前 功
NTS出版   2014年3月   
Proceedings of the Ninth International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing (IIHMSP2013)
I. Echizen, J-S. Pan, and L. Jain (eds.)
IEEE Computer society   2013年10月   
Int. Workshop on Resilience and IT-Risk in Social Infrastructures (RISI) 2013. ARES 2013
I. Echizen, S. Sackmann and S. Wohlgemuth (eds.)
IEEE Computer Society   2013年8月   
A Fast and Low-Distortion Capacity Adaptive Synchronized Acoustic-to-Acoustic Steganography Scheme
X. Huang, Y. Abe, and I. Echizen
Springer   2013年   
Int. Workshop on Resilience and IT-Risk in Social Infrastructures (RISI) 2013
I. Echizen, S. Sackmann and S. Wohlgemuth (eds.)
IEEE Computer Society   2012年8月   
Proceedings of the International Workshop on Resilience and IT-Risk in Social Infrastructures (RISI) 2012. ARES 2012
I. Echizen, S. Sackmann and S. Wohlgemuth (eds.)
IEEE Computer Society   2012年8月   
Proceedings of the International Workshop on Resilience and ICT for Secure Open Cities (ReISOC) 2011. IEEE CPSCom 2011
I. Echizen, G. Mueller, S. Sackmann, N. Sonehara, A. Tjoa, and S. Wohlgemuth (eds.)
IEEE Computer Society   2011年10月   
“情報ハイディング(第7章)”,未来をつなぐ デジタルシリーズ:情報セキュリティの基礎(佐々木良一(監修))
越前功
共立出版   2011年8月   

講演・口頭発表等

 
“PrivacyVisor: method for preventing privacy invasion through face recognition from camera images,”
I. Echizen
2nd International Conference on Wireless Communication and Sensor Network (WCSN 2015)   2015年12月12日   
“現実とバーチャルの境界で情報を制御する:メディアセキュリティ・プライバシーのこれから”
越前功
東京大学学部横断型カリキュラム メディア・コンテンツ特別講義2   2015年11月13日   
“正規化順位法を用いたSNSにおけるプライバシー侵害情報分類表の評価”
橋本 佳,山岸順一,越前 功
信学技報, vol. 115 , no. 146, pp. 79-84   2015年7月   
“話者照合のためのポップノイズの周波数特性を考慮した声の生体検知”
塩田さやか,Fernando Villaviencio,山岸順一,小野順貴,越前 功,松井知子
信学技報, vol. 115 , no. 146, pp. 73-78   2015年7月   
“話者照合のための声の生体検知の検討,”
塩田さやか, 山岸順一, 小野順貴, 越前 功, 松井 知子
日本音響学会春季大会, pp.75–78   2015年3月   
サイバー/フィジカル境界におけるセキュリティ・プライバシー保護技術の研究 [招待有り]
越前 功
第7回国際ワークショップ 「社会イノベーションを誘発する情報・システム」   2015年2月17日   
A System for Anonymizing Personal Text Messages Posted in Online Social Networks and for Detecting Disclosures
N. Quoc and I. Echizen
The 7th International Workshop on Information Systems for Social Innovation 2015, Poster   2015年2月   
Robust Fingerprinting Codes for Database using Non-Adaptive Group Testing
T. Bui, B. Nguyen, T. Nguyen, N. Sonehara, and I. Echizen
The 7th International Workshop on Information Systems for Social Innovation 2015, Poster   2015年2月   
Security and privacy challenges at border between cyber and physical worlds [招待有り]
I. Echizen
IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing & Communication Systems (ISPACS 2014)   2014年12月3日   
プライバシーバイザー
越前 功
さばえものづくり博覧会2014,展示   2014年10月   
プライバシーバイザー
越前 功
第27回国際メガネ展(IOFT2014),展示   2014年10月   
Security and privacy challenges at border between cyber and physical worlds [招待有り]
I. Echizen
The Tenth International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing (IIH-MSP 2014),   2014年8月28日   
正規化順位法を用いたSNSにおけるプライバシー侵害情報分類表の評価
町田史門,梶山朋子,嶋田 茂,越前 功
信学技報, EMM2014-23, pp. 145-148   2014年7月   
読者の印象を反映させた書籍表紙画像生成のための色彩と象徴物の抽出
蒔野充裕,梶山朋子,大内紀知,越前 功
信学技報, HCS2014-10, pp. 89-94   2014年5月   
プライバシー保護と犯罪防止を両立する監視カメラシステム
小林健人,岩村恵市,越前 功
信学技報, EMM2013-103, pp. 21-26   2014年3月   
センシティブデータの漏洩検知による適応的な公開範囲設定システムのプロトタイプ実装
町田史門,梶山朋子,嶋田 茂,越前 功
信学技報, EMM2013-108, pp. 51-56   2014年3月   
署名継承と編集制御を同時に実現可能なコンテンツ保護方式
古賀克磨,岩村恵市,稲村勝樹,越前 功
信学技報, EMM2013-111, pp. 69-74   2014年3月   
難視性パターンの数式表現とその評価
川端健太,金田北洋,岩村惠市,越前 功
信学技報, EMM2013-116, pp. 99-104   2014年3月   
カメラを利用した難視性パターンからの情報抽出方法の提案と評価
小田俊輔,金田北洋,岩村惠市,越前 功
信学技報, EMM2013-117, pp. 105-119   2014年3月   
Privacy visor: Wearable device that transmits invisible noise signals for preventing face recognition from camera images [招待有り]
International Workshop on Security 2013 (IWSEC 2013)   2013年11月18日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
生体情報の写りこみを防止するバイオメトリックジャマーの研究
科学研究費補助金: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 越前功
個人の意思反映となりすまし検知を実現するマルチメディア保護活用基盤
科学研究費補助金: 基盤研究(A)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 越前功
声の生体検知を用いたセキュアな話者照合システムの実現
科学研究費補助金: 基盤研究(B)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 山岸順一
可視光反射・吸収特性を利用したプライバシーバイザーの研究 研究課題
科学研究費補助金: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 越前功
アナログホールを克服する不正コピー防止技術の研究
科学研究費補助金: 基盤研究(B)
研究期間: 2012年5月 - 2015年3月    代表者: 越前功

委員歴

 
2015年12月
   
 
International Conference on Provable Security (ProvSec 2015)  Organizing committee member
 
2015年10月
   
 
the 14th International Workshop on Digital-Forensics and Watermarking (IWDW2015), Tokyo, Japan  Organizing chair
 
2015年9月
   
 
the 11th IEEE International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing (IIHMSP2015), Adelaide, Australia  Program chair
 
2015年8月
   
 
the 5th International Workshop on Resilience and ICT for Secure Open Cities (RISI2015)  Workshop chair
 
2015年6月
   
 
Workshop on Privacy by Transparency in Data-Centric Services (PTDCS2015), Poznan, Poland  Workshop organizer