渡邉 英嗣

J-GLOBALへ         更新日: 16/09/16 15:56
 
アバター
研究者氏名
渡邉 英嗣
 
ワタナベ エイジ
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/50722550.ja.html
所属
国立研究開発法人 海洋研究開発機構
部署
北極環境変動総合研究センター
職名
研究員
学位
博士(理学)
科研費研究者番号
50722550
ORCID ID
0000-0002-7959-749X

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
海洋研究開発機構  北極環境変動総合研究センター  研究員
 
2014年4月
 - 
2015年3月
海洋研究開発機構  地球環境観測研究開発センター  研究員
 
2011年1月
 - 
2014年3月
海洋研究開発機構  地球環境変動領域  ポストドクトラル研究員
 
2008年7月
 - 
2010年12月
アラスカ大学フェアバンクス校  国際北極圏研究センター  特任研究員
 
2008年4月
 - 
2008年6月
東京大学  気候システム研究センター  特任研究員
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2008年3月
東京大学大学院 理学系研究科 地球惑星科学専攻 博士課程
 
2002年4月
 - 
2004年3月
東京大学大学院 理学系研究科 地球惑星科学専攻 修士課程
 
2000年4月
 - 
2002年3月
東京大学 理学部 地球惑星物理学科
 
1998年4月
 - 
2000年3月
東京大学 教養学部 理科一類
 

委員歴

 
2013年4月
 - 
2015年4月
北極環境研究コンソーシアム  長期構想作成ワーキンググループ
 

論文

 
Wind-driven interannual variability of sea ice algal production in the western Arctic Chukchi Borderland
Watanabe, E., J. Onodera, N. Harada, M. N. Aita, A. Ishida, and M. J. Kishi
Biogeosciences      2015年   [査読有り]
Enhanced role of eddies in the Arctic marine biological pump
Watanabe, E., J. Onodera, N. Harada, M. C. Honda, K. Kimoto, T. Kikuchi, S. Nishino, K. Matsuno, A. Yamaguchi, A. Ishida, and M. J. Kishi
Nature Communications      2014年   [査読有り]
Linkages among halocline variability, shelf-basin interaction, and wind regimes in the Beaufort Sea demonstrated in pan-Arctic Ocean modeling framework
Watanabe, E.
Ocean Modelling      2013年   [査読有り]
How does Arctic summer wind modulate sea ice-ocean heat balance in the Canada Basin?
Watanabe, E. and M. Ogi
Geophysical Research Letter      2013年   [査読有り]
Western Arctic primary productivity regulated by shelf-break warm eddies
Watanabe, E., M. J. Kishi, A. Ishida, and M. N. Aita
Journal of Oceanography      2012年   [査読有り]
Beaufort shelf break eddies and shelf-basin exchange of Pacific summer water in the western Arctic Ocean detected by satellite and modeling analyses
Watanabe, E.
Journal of Geophysical Research      2011年   [査読有り]
Pacific water transport in the western Arctic Ocean simulated by an eddy-resolving coupled sea ice-ocean model
Watanabe, E., and H. Hasumi
Journal of Physical Oceanography      2009年   [査読有り]
Arctic dipole anomaly and its contribution to sea ice export from the Arctic Ocean in the 20th century
Watanabe, E., J. Wang, A. Sumi, and H. Hasumi
Geophysical Research Letter      2006年   [査読有り]
Arctic sea ice response to wind stress variations
Watanabe, E., and H. Hasumi
Journal of Geophysical Research      2005年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
北極海環境変動における中規模渦の役割 [招待有り]
渡邉 英嗣
日本海洋学会秋季大会   2016年   
How does Arctic summer wind modulate ocean heat budget in sea ice reduction zone ? [招待有り]
Watanabe, E., and M. Ogi
Third International Symposium on the Arctic Research (ISAR-3)   2013年   
Arctic modeling study on bio-physical hot spots along the pathway of Pacific water [招待有り]
Watanabe, E.
Gordon Research Conference on Polar Marine Science   2013年   
Biological hot spots emerging along the pathway of Pacific summer water in the western Beaufort Sea [招待有り]
Watanabe, E., M. J. Kishi, A. Ishida, M. N. Aita, and T. Terui
PICES Annual Meeting   2012年   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2015年 - 2018年    代表者: 小野寺 丈尚太郎
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 渡邉 英嗣
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(S))
研究期間: 2010年 - 2014年    代表者: 原田 尚美