中澤 文男

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/23 14:00
 
アバター
研究者氏名
中澤 文男
 
ナカザワ フミオ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/80432178.ja.html
所属
国立極地研究所
部署
研究教育系気水圏研究グループ/アイスコア研究センター
職名
助教
学位
博士(理学)(名古屋大学)

プロフィール

最近の研究は、氷河に含まれる花粉に着目しています(意外とたくさん見つかります)。氷河の中で長期間冷凍保存された花粉1粒ずつをDNA分析し、取得した遺伝情報を利用して、植生変遷、古気候・古環境変動の研究に新しい切り口で取り組んでいます。氷河に含まれる花粉は、世界的には未だほとんど注目されていませんが、誰よりも先に人と違うことをするのは楽しいと思っています。

2013/4/26 氷河中の花粉DNA分析に関する論文 (Nakazawa et al., 2013, ERL)の紹介記事がenvironmentalresearchwebに掲載されました。
http://environmentalresearchweb.org/cws/article/news/53194

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
情報・システム研究機構 国立極地研究所 研究教育系 助教
 
2006年10月
 - 
2016年3月
情報・システム研究機構 新領域融合研究センター 融合プロジェクト特任研究員
 
2006年11月
 - 
2008年3月
文科省 第48次日本南極地域観測越冬隊員 併任
 
2005年4月
 - 
2006年9月
信州大学 信州大学奨励研究員
 

委員歴

 
2016年10月
 - 
現在
日本雪氷学会 極地雪氷分科会  企画幹事
 
2010年4月
 - 
2015年4月
日本雪氷学会 関東以西支部  理事
 
2010年10月
 - 
2014年3月
日本雪氷学会 雪氷用語辞典編集委員会  編集委員
 
2009年10月
 - 
2013年9月
日本雪氷学会 雪氷化学分科会  幹事
 
2008年10月
 - 
2012年9月
日本雪氷学会 氷河情報センター  庶務幹事
 
2004年10月
 - 
2006年9月
日本雪氷学会 氷河情報センター  広報幹事
 

受賞

 
2008年9月
雪氷研究大会優秀発表賞
 
2006年1月
中谷宇吉郎科学奨励賞
 

論文

 
Species identification of Pinus pollen found in Belukha glacier, Russian Altai Mountains, using a whole-genome amplification method
Nakazawa, F., Y. Suyama, S. Imura, and H. Motoyama
in preparation      [査読有り]
Dome Fuji Ice Core Project Members: Kawamura K, Abe-Ouchi A, Motoyama H, Ageta Y, Aoki S, Azuma N, Fujii Y, Fujita K, Fujita S, Fukui K, Furukawa T, Furusaki A, Goto-Azuma K, Greve R, Hirabayashi M, Hondoh T, Hori A, Horikawa S, Horiuchi K, Igarashi M, Iizuka Y, Kameda T, Kanda H, Kohno M, Kuramoto T, Matsushi Y, Miyahara M, Miyake T, Miyamoto A, Nagashima Y, Nakayama Y, Nakazawa T, Nakazawa F, Nishio F, Obinata I, Ohgaito R, Oka A, Okuno J, Okuyama J, Oyabu I, Parrenin F, Pattyn F, Saito F, Saito T, Saito T, Sakurai T, Sasa K, Seddik H, Shibata Y, Shinbori K, Suzuki K, Suzuki T, Takahashi A, Takahashi K, Takahashi S, Takata M, Tanaka Y, Uemura R, Watanabe G, Watanabe O, Yamasaki T, Yokoyama K, Yoshimori M, Yoshimoto T (64 authors)
Science Advances   3(2) e1600446   2017年2月   [査読有り]
T. Shirakawa, T. Kadota, A. Fedorov, P. Konstantinov, T. Suzuki, H. Yabuki, F. Nakazawa, S. Tanaka, M. Miyairi, Y. Fujisawa, N. Takeuchi, R. Kusaka, S. Takahashi, H. Enomoto and T. Ohata
Bulletin of Glaciological Research   34 33-40   2016年8月   [査読有り]
Nakazawa, F., M. Uchida, M. Kondo, T. Kadota, T. Shirakawa, H. Enomoto, A. Fedorov, Y. Fujisawa, P. Konstantinov, R. Kusaka, M. Miyairi, T. Ohata, and H. Yabuki
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research B   361 574-579   2015年   [査読有り]
Nakazawa, F., K. Konya, T. Kadota, and T. Ohata
Environmental Earth Sciences   74(3) 1851-1859   2015年5月   [査読有り]
藤田秀二, 福井幸太郎, 中澤文男, 榎本浩之, 杉山慎
南極資料   59(1) 87-161   2015年3月   [査読有り]
藤田秀二, 福井幸太郎, 中澤文男, 榎本浩之, 杉山慎, 藤井理行, 藤田耕史, 古川晶雄, 原圭一郎, 保科優, 五十嵐誠, 飯塚芳徳, 伊村智, 本山秀明, スーディクスィルヴィアン, 植村立
南極資料   58(3) 352-392   2014年12月   [査読有り]
Hara, K., F. Nakazawa, S. Fujita, K. Fukui, H. Enomoto, and S. Sugiyama
Atmos. Chem. Phys.   14 10211-10230   2014年   [査読有り]
Hoshina, Y., K. Fujita, F. Nakazawa, Y. Iizuka, T. Miyake, M. Hirabayashi, T. Kuramoto, S. Fujita, and H. Motoyama
Journal of Geophysical Research - Atmospheres   119 274-283   2014年1月   [査読有り]
Konya, K., T. Kadota, F. Nakazawa, G. Davaa, K. Purevdagva, H. Yabuki, and T. Ohata
Bulletin of Glaciological Research   31 9-18   2013年   [査読有り]
Nakazawa F., T. Segawa, S. Kohshima, L. Gyenden, T. Fujiki, and K. Toeb
Bulletin of Glaciological Research   31 1-7   2013年   [査読有り]
Nakazawa, F., J. Uetake, Y. Suyama, R. Kaneko, N. Takeuchi, K. Fujita, H. Motoyama, S. Imura, and H. Kanda
Environmental Research Letters   8 14032   2013年2月   [査読有り]
Fujita, S., P. Holmlund, K. Matsuoka, H. Enomoto, K. Fukui, F. Nakazawa, S Sugiyama, and S. Surdyk
The Cryosphere   6 1203-1219   2012年10月   [査読有り]
Nakazawa, F., K. Konya, T. Kadota, and T. Ohata
Environmental Research Letters   7 35402   2012年9月   [査読有り]
Sugiyama, S., H. Enomoto, S. Fujita, K. Fukui, F. Nakazawa, P. Holmlund, and S. Surdyk
Journal of Glaciology   58(209) 529-539   2012年6月   [査読有り]
Fujita, S., H. Enomoto, K. Fukui, Y. Iizuka, H. Motoyama, F. Nakazawa, S. Sugiyama, and S. Surdyk
The Cryosphere Discuss   6 1-35   2012年3月   [査読有り]
Iizuka, Y., A. Tsuchimoto, Y. Hoshina, T. Sakurai, M. Hansson, T. Karlin, K. Fujita, F. Nakazawa, H. Motoyama, and S. Fujita
Journal of Geophysical Research   117 D04308   2012年2月   [査読有り]
Han Y., Y. Huh, S. Hong, S. D. Hur, H. Motoyama, S. Fujita, F. Nakazawa, and K. Fukui
Bulletin of the Korean Chemical Society   32(12) 4258-4264   2011年12月   [査読有り]
Fujita S., P. Holmlund, I. Andersson, I. Brown, H. Enomoto, Y. Fujii, K. Fujita, K. Fukui, T. Furukawa, M. Hansson, K. Hara, Y. Hoshina, M. Igarashi, Y. Iizuka, S. Imura, S. Ingvander, T. Karlin, H. Motoyama, F. Nakazawa, H. Oerter, L. E. Sj?berg, S. Sugiyama, S. Surdyk, J. Str?m, R. Uemura, and F. Wilhelms
The Cryosphere   5 1057-1081   2011年11月   [査読有り]
Uetake, J., S. Kohshima, F. Nakazawa, N. Takeuchi, K. Fujita, T. Miyake, H. Narita, V. Aizen, and M. Nakawo
Journal of Geophysical Research   116 G01019   2011年2月   [査読有り]
Nakazawa F., T. Miyake, K. Fujita, N. Takeuchi, J. Uetake, T. Fujiki, V. Aizen and M. Nakawo
Arctic, Antarctic, and Alpine Research   43(1) 66-72   2011年2月   [査読有り]
Okamoto, S., K. Fujita, H. Narita, J. Uetake, N. Takeuchi, T. Miyake, F. Nakazawa, V. B. Aizen, S. A. Nikitin, and M. Nakawo
Journal of Geophysical Research   116(D2) D02110   2011年1月   [査読有り]
Sugiyama, S., H. Enomoto, S. Fujita, K. Fukui, F. Nakazawa, and P. Holmlund
Annals of Glaciology   51(55) 9-15   2010年   [査読有り]
Takeuchi, N., T. Miyake, F. Nakazawa, H. Narita, K. Fujita, A. Sakai, M. Nakawo, Y. Fujii, K. Duan, and T. Yao
Environmental Research Letters   4 45207   2009年   [査読有り]
Takeuchi, N., K. Fujita, F. Nakazawa, M. Nakawo, and B. Rana
Bulletin of Glaciological Research   27 25-35   2009年   [査読有り]
Nakazawa, F., and K. Suzuki
Bulletin of Glaciological Research   25 1-7   2008年   [査読有り]
Nakazawa, F., and K. Fujita
Annals of Glaciology   43 167-171   2006年   [査読有り]
Miyake, T., F. Nakazawa, H. Sakugawa, N. Takeuchi, T. Fujiki, K. Ohta, and M. Nakawo
Annals of Glaciology   43 142-147   2006年   [査読有り]
Uetake, J., S. Kohshima, F. Nakazawa, K. Suzuki, M. Kohno, T. Kameda, S. Arkhipov, and Y. Fujii
Annals of Glaciology   43 70-78   2006年   [査読有り]
Nakazawa, F., K. Fujita, N. Takeuchi, T. Fujiki, J. Uetake, V. Aizen, and M. Nakawo
Journal of Glaciology   51(174)    2005年   [査読有り]
Nakazawa, F., K. Ohta, N. Harada, K. Fujita, and M. Nakawo
Bulletin of Glaciological Research   22 69-74   2005年   [査読有り]
Miyake, T., F. Nakazawa, M. Kohno, J. Uetake, K. Suzuki, T. Kameda, Y. Fujii, M. Nakawo, and K. Ohta
Bulletin of Glaciological Research   22 81-87   2005年   [査読有り]
Nakazawa, F., K. Fujita, J. Uetake, M. Kohno, T. Fujiki, S. M. Arkhipov, T. Kameda, K. Suzuki, and Y. Fujii
Journal of Geophysical Research   109 F04001   2004年   [査読有り]
Kameda, T., Y. Fujii, K. Suzuki, M. Kohno, F. Nakazawa, J. Uetake, L. M. Savatyugin, S. M. Arkhipov, I. A. Ponomarev, and N. N. Mikhailov
Bulletin of Glaciological Research   21 65-69   2004年   [査読有り]
Yamada, T., N. Naito, S. Kohshima, H. Fushimi, F. Nakazawa, T. Segawa, J. Uetake, R. Suzuki, N. Sato, Karma, I. K. Chhetri, L. Gyenden, H. Yabuki, and K. Chikita
Bulletin of Glaciological Research   21 79-90   2004年   [査読有り]
Suzuki, K., T. Kameda, Y. Fujii, M. Kohno, F. Nakazawa, and J. Uetake
Polar Meteorology and Glaciology   16 140-148   2002年   [査読有り]
Fujii, Y., T. Kameda, F. Nishio, K. Suzuki, M. Kohno, F. Nakazawa, J. Uetake, L. M. Savatyugin, S. M. Arkhipov, I. A. Ponomarev, and N. N. Mikhailov
Bulletin of Glaciological Research   19 53-58   2002年   [査読有り]
Fujita, K., F. Nakazawa, and B. Rana
Bulletin of Glaciological Research   18 31-35   2001年   [査読有り]
Fujita, K., F. Nakazawa, N. Takeuchi, M. Nakawo, B. Rana, N. Azuma, and Y. Fujii
Memoirs of National Institute of Polar Research   56 59-66   2000年   [査読有り]

書籍等出版物

 
新版 雪氷辞典
日本雪氷学会編 (担当:編者)
古今書院   2014年3月   

講演・口頭発表等

 
東グリーンランド深層氷床掘削プロジェクト(EGRIP)キャンプにおける2016年ピット観測から明らかになった近年の堆積量の変動
中澤文男, 永塚尚子, 東久美子, Dorthe Dahl-Jensen, Jørgen Peder Steffensen
JpGU-AGU Joint Meeting 2017   2017年5月24日   
中澤 文男
極域における最新の研究テーマとその成果   2016年12月7日   たちかわ市民交流大学
ロシアの氷河中に保存されていた 470 年前のマ ツ属花粉の DNA 分析
中澤文男, 陶山佳久, 伊村 智, 本山秀明, 竹内 望, 藤田耕史, 植竹淳
第7回極域科学シンポジウム   2016年12月2日   
ベルーハ氷河に含まれていた470年前のマツ属花粉のDNA分析
中澤文男, 陶山佳久, 伊村智, 本山秀明, 竹内望, 藤田耕史, 植竹淳
雪氷研究大会(2016・名古屋)   2016年9月30日   
東グリーンランド深層氷床掘削プロジェクト(EGRIP)における2016年の現地観測
中澤文男, 永塚尚子, 東久美子, 塚川佳美
雪氷研究大会(2016・名古屋)   2016年9月29日   
アイスコアに含まれる花粉を利用した植物種の古代ゲノム解析の可能性
中澤文男, 陶山佳久, 伊村智, 本山秀明
日本地球惑星科学連合2016年大会   2016年5月25日   
DNA分析によるロシア・アルタイ山脈ベルーハ氷河中のマ ツ属花粉の種同定
中澤文男, 陶山佳久, 伊村智, 本山秀明
第6回極域科学シンポジウム   2015年11月19日   
南極雪試料中の花粉DNA分析
中澤文男, 陶山佳久, 伊村智, 本山秀明
雪氷研究大会(2015・松本)   2015年9月14日   
全ゲノム増幅法を用いたベルーハ氷河(アルタイ山脈・ロシア)中のマツ属花粉の種同定
中澤文男, 陶山佳久, 伊村智, 本山秀明
雪氷研究大会(2015・松本)   2015年9月14日   
南極へ輸送されるバイオエアロゾル [招待有り]
中澤 文男
日本進化学会第17回大会   2015年8月21日   

競争的資金等の研究課題

 
氷河掘削試料中の花粉DNA解読とその遺伝情報を用いた中央アジア半乾燥域の環境復元
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 中澤文男
地下氷コア解析によるアラスカ永久凍土域の環境動態解明-氷床コア研究法を応用して-
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 大野浩
アイスコアに含まれる花粉1粒ずつの遺伝情報を利用した古環境復元
日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 中澤文男
山岳氷河の掘削試料から得られた樹木花粉のDNA分析による古森林遺伝学的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(A)
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月    代表者: 陶山佳久
寒冷環境における好気性酸素非発生型光合成細菌群集の定性・定量的解析
新領域融合研究センター: 融合研究シーズ探索提案
研究期間: 2011年11月 - 2012年3月    代表者: 中澤文男
南極に飛来する花粉の起源推定を目的とした花粉1粒ずつのDNA分析
日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 中澤文男
樹木の花粉化石DNA情報を利用した森林分布変遷史の解析
日本学術振興会: 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 陶山佳久
氷河・氷床中の花粉1粒ずつのDNA分析-遺伝情報を利用した古環境復元をめざして-
住友財団: 環境研究助成
研究期間: 2009年11月 - 2011年5月    代表者: 中澤文男
南極氷床内陸表層部の層位形成の物理機構とその電波リモートセンシング
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(A)
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 藤田秀二

その他

 
海外フィールド調査歴

2016年06月-07月 東グリーンランド 積雪調査
         (東グリーンランド深層氷床掘削プロジェクト(EGRIP)に参加)
2013年07月-08月 ロシア・東シベリア スンタルハヤタ氷河調査
2006年11月-2008年03月  第48次南極地域観測隊(越冬隊)参加
2002年08月-10月 ブータン・ヒマラヤ ルナナ地方 氷河・氷河湖調査
2001年07月    ロシア・アルタイ ソフィスキー氷河調査
1999年09月-10月 ネパール・ヒマラヤ ヒドゥンバレー リッカサンバ氷河調査
1998年10月    ネパール・ヒマラヤ ショロン地方 AX010氷河調査
1998年09月-10月 ネパール・ヒマラヤ ヒドゥンバレー リッカサンバ氷河調査
1997年10月-11月 ネパール・ヒマラヤ ショロン地方 AX010氷河調査