藤田 研二郎

J-GLOBALへ         更新日: 17/05/11 17:41
 
アバター
研究者氏名
藤田 研二郎
所属
立命館大学
部署
衣笠総合研究機構
職名
専門研究員
学位
博士(社会学,東京大学)
科研費研究者番号
60802105

プロフィール

・環境政策決定・実施過程における行政とNGO・NPOのセクター横断的連携
・生物多様性関連政策に向けたNGO・NPOの政策提言活動
・ニュージーランドにおける新自由主義的行財政改革と環境政策

研究分野

 
 

学歴

 
2013年4月
 - 
2017年3月
東京大学 大学院人文社会系研究科 社会文化研究専攻 博士課程
 
2011年4月
 - 
2013年3月
東京大学 大学院人文社会系研究科 社会文化研究専攻 修士課程
 
2007年4月
 - 
2011年3月
東京大学 文学部 行動文化学科
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
立命館大学 衣笠総合研究機構 専門研究員
 
2013年4月
 - 
2016年3月
日本学術振興会 特別研究員-DC1
 

論文

 
生物多様性条約に向けた政策提言型NGOネットワーク組織の連携戦略と帰結
藤田研二郎
関東社会学会『年報社会学論集』   29 21-32   2016年7月   [査読有り]
環境保全のクレイム申し立てと経路依存性――オオクチバス問題の論争過程を事例に
藤田研二郎
科学社会学会『年報科学・技術・社会』   24 57-83   2015年6月   [査読有り]
藤田研二郎
上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究科『AGLOS Special Issue』   1-21   2015年3月   [査読有り]
藤田研二郎・富永京子・原田峻
ソシオロゴス編集委員会『書評ソシオロゴス』   10 1-26   2014年12月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Comparative Analysis of Cross-Sectoral Coalitions between Environmental NGOs and Government for Advocacy toward the Convention on Biological Diversity
藤田研二郎
臺灣社會學會2016年年會   2016年11月27日   
環境政策上のNGO・NPOの位置づけをめぐる歴史的検討
藤田研二郎
関東社会学会第64回大会   2016年6月5日   
生物多様性政策に向けた提言運動の戦略と帰結
藤田研二郎
環境社会学会第52回大会   2015年10月31日   
Movement Coalitions for Policy Proposals to Global Environmental Issues
藤田研二郎
Society for the Study of Social Problems 65th Annual Meeting   2015年8月22日   
マルチ・イシューな環境運動における連携形成
藤田研二郎
日本社会学会第87回大会   2014年11月23日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
生物多様性条約への政策提言に向けた環境NGOと行政機関のセクター横断的連携に関する研究
松下幸之助記念財団: 研究助成
研究期間: 2016年10月 - 2017年9月    代表者: 藤田研二郎
問題の定義をめぐる対立・連携ネットワークに関する構築主義的研究―外来魚問題から―
科学研究費補助金: 特別研究員奨励費
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 藤田研二郎

その他

 
2015年6月   専門社会調査士(第A-000427号,社会調査協会)