福島 康裕

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/13 21:01
 
アバター
研究者氏名
福島 康裕
 
フクシマ ヤスヒロ
eメール
fukusis.che.tohoku.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/40345096.ja.html
所属
東北大学
部署
工学研究科
職名
准教授

研究分野

 
 

経歴

 
2014年8月
 - 
現在
東北大学大学院工学研究科 化学工学専攻 准教授
 
2010年2月
 - 
2014年7月
国立成功大学(台湾) 環境工程学系 副教授
 
2004年8月
 - 
2010年1月
国立成功大学(台湾) 環境工程学系 助理教授
 
2002年4月
 - 
2004年7月
東京大学大学院工学系研究科 化学システム工学専攻 助手
 

学歴

 
1999年4月
 - 
2002年3月
The University of Tokyo Department of Chemical System Engineering Doctor
 
1997年4月
 - 
1999年3月
The University of Tokyo Department of Chemical System Engineering Master
 
1993年4月
 - 
1997年3月
The University of Tokyo Department of Chemical System Engineering Undergraduate
 

委員歴

 
2016年1月
 - 
2016年10月
エコバランス国際会議実行委員会(委員)
 
2014年1月
 - 
2014年10月
エコバランス国際会議実行委員会(副委員長)
 
2012年1月
 - 
2012年11月
エコバランス国際会議実行委員会(委員)
 
2010年1月
 - 
2010年11月
エコバランス国際会議実行委員会(委員)
 

論文

 
Diagnosing chlorine industrial metabolism by evaluating the potential of chlorine recovery from polyvinyl chloride wastes- a case study in Japan
Kumagai S., Lu J.-Q., Fukushima Y., Ohno H., Kameda T., Yoshioka T.
Resource, Conservation & Recycling      [査読有り]
Nakatani J., Tahara K., Nakajima K., Daigo I., Kurishima H., Kudoh Y., Matsubae K., Fukushima Y., Ihara T., Kikuchi Y., Nishijima A., Moriguchi Y.
Omega, The International Journal of Management Science      [査読有り]
Kikuchi Y.; Ouchida K.; Kanematsu Y.; Ohara S.; Fukushima Y.
Journal of Chemical Engineering of Japan   50(4) 297-308   2017年   [査読有り]
Ohno H.; Fukushima Y.; Matsubae K.; Nakajima K.; Nagasaka T.
ISIJ International   57(1) 193-199   2017年   [査読有り]
Fukushima Y.; Ishimura G.; Komasinski A.; Omoto R.; Managi S.
International Journal of Sustainability in Higher Education   18(2) 263-276   2017年   [査読有り]
Ouchida K.; Fukushima Y.; Ohara S.; Sugimoto A.; Hirao M.; Kikuchi Y.
AIChE Journal   63(2) 560-581   2017年   [査読有り]
Ohno H.; Matsubae K.; Nakajima K.; Nansai K. Fukushima Y.; Nagasaka T.
Journal of Economic Structures   5(28)    2016年   [査読有り]
Kato T.; Ohara S.; Fukushima Y.; Sugimoto A.; Masuda T.; Yasuhara T.; Yamagishi H.
Journal of Biosciences and Bioengineering   122(1) 58-63   2016年   [査読有り]
Teah, H.Y.; Fukushima, Y.; Onuki, M.
Sustainability   7(9) 12386-12401   2015年   [査読有り]

Misc

 
菊池 康紀, 梶川 裕矢, 加藤 之貴, 窪田 光宏, 中垣 隆雄, 福島 康裕, 松方 正彦, 古山 通久
化学工学 = Chemical engineering   76(3) 154-157   2012年3月
菊池 康紀, 梶川 裕矢, 福島 康裕, 古山 通久
化学工学 = Chemical engineering   75(3) 118-125   2011年3月
菊池 康紀, 梶川 裕矢, 窪田 光宏, 古山 通久, 松方 正彦, 中垣 隆雄, 福島 康裕, 藤岡 恵子, 加藤 之貴
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2011(0) 10-10   2011年
震災に端を発したエネルギー問題により将来の日本におけるシナリオ解析に基づくシステム設計の必要性を認識することとなった。本研究では、個別のエネルギー技術のモデル化を通し、将来日本において実装可能な技術によるエネルギー需給構造を分析した。エネルギー技術の専門家へのヒアリングなども通し、将来の技術導入を予測し、現実的な解析に基づくエネルギーシステムの将来シナリオを提案する。
陳 怡靜, 菊池 康紀, 福島 康裕, 平尾 雅彦
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2011(0) 12-12   2011年
東日本大震災の後、日本のエネルギー政策やシステムが大きく変化すると予想されていて、社会における全面的な影響がある。本研究では技術導入の相互関係を考慮した新しい技術アセスメント手法を開発する。中長期的に様々な将来状況を想定し、持続可能な社会を満足する各指標によって評価を行い、需給技術の導入シナリオを構築する。
Chuang Pei-Chen, 福島 康裕
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2011(0) 16-16   2011年
Fuel-saving technologies, such as renewable fuels, vehicles with lighter materials and hybrid engines, can significantly curtail fossil resource consumption. Because petroleum products are coproduced from refineries, large-scale reduction in part ...
Wijaya Ribka, Badariah Yosiyana, 福島 康裕
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2011(0) 89-89   2011年
Management projects are under progress at peat swamp forests in Central Kalimantan, Indonesia (CK) that has been degraded intensively with the past inappropriate development. The balance between environmental conservation and economic development ...
林 虹君, 福島 康裕
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2010(0) 128-128   2010年
In 2009, Taiwanese farmers produced 1.3 million tons of rice using 255 thousand hectares of rice field. This activity provides the 23 million Taiwanese citizens with the major portion of their starch demand. At the same time, rice paddy is known a...
陳 怡靜, 福島 康裕, 菊池 康紀, 平尾 雅彦
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2010(0) 181-181   2010年
新技術を社会に導入する時は現存技術と競合・代替の相互関係があり、単一技術の評価ではなく、全体的な技術評価が必要である。本研究では将来の状況に配慮しつつ技術導入の相互関係を考慮できる、「コンポジットLCA」という新しい手法を開発した。ケーススタディとして台湾における再生可能資源による水素製造技術の導入シナリオ解析を行った。
陳 煜希, 福島 康裕
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2010(0) 96-96   2010年
Food processing waste/wastewater often has high chemical oxygen demand and high carbohydrates content. Recent advancements in energy recovery using biological technologies could potentially reduce environmental impacts and generate renewable energ...
福島 康裕
日本LCA学会誌   5(2) 286-291   2009年4月
陳 彦錡, 福島 康裕
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2009(0) 123-123   2009年
Water Footprint (WF) is an indicator of water use to discover the hidden link between consumption of a product and its associated water consumption. Using WF, it becomes possible to discuss water resource management across the boundary of nations,...
KUO Ting-Ting, 福島 康裕
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2009(0) 182-182   2009年
Starch is an important material for food, alcohol, paper, medicine etc. Among others, biomass derived energy and materials are emerging applications that gain lots of expectations, as well as serious concerns due to competition with food supply. T...
TAN Yee Shee, 福島 康裕
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2009(0) 183-183   2009年
Food processing wastewater has high chemical oxygen demand, which may adversely impact the environment if emitted without any treatment. On the other hand, the wastewater has a great potential as a source of energy, for example by digestion or by ...
小原 聡, 福島 康裕, 陳 詩評, 杉本 明, 寺島 義文, 迫田 章義
日本エネルギー学会大会講演要旨集   (17) 342-343   2008年8月
M. Koyama, S. B. Kraines, Y. Tamura, Y. Fukushima
ChemInform      2004年1月   [査読有り]
平尾 雅彦, 宮本 教一, 福島 康裕, 中村 崇
材料とプロセス : 日本鉄鋼協会講演論文集 = Current advances in materials and processes : report of the ISIJ meeting   15(4)    2002年9月
福島 康裕
化学工学   63(11)    1999年11月

書籍等出版物

 
Energy Technology Roadmaps of Japan
Yukitaka Kato, Michihisa Koyama, Yasuhiro Fukushima, Takao Nakagaki (担当:共編者)
Springer   2016年   

講演・口頭発表等

 
小原 聡, 福島 康裕, 杉本 明, 寺島 義文, 石田 哲也, 迫田 章義
日本生物工学会大会講演要旨集   2012年9月25日   

担当経験のある科目