藤井智久

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/22 09:56
 
アバター
研究者氏名
藤井智久
eメール
tomofujiaffrc.go.jp
所属
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
部署
九州沖縄農業研究センター 生産環境研究領域 虫害グループ
学位
博士(理学)(九州大学)

プロフィール

ボルネオ島のジャングルにて昆虫の不思議な生態に魅せられ、虫が持つ引力が強すぎたため、周囲の人にずっと昆虫の研究をやりたいと、言い続けて大学・大学院へと進みました。そこでは、植物に「こぶ」を作るタマバエと寄生蜂に着目し、こぶを巡る仁義なき戦いにおいて、両者の関係性、なぜ戦うのか、その背景を明らかにしようと研究に取り組んできました。
 学位をとり、農研機構に来ると、コメを巡り、ウンカとヒトの長きにわたる戦いにいきなり参戦することに。ここでは、ウンカが農薬に強くなった時、彼らが得たもの、そして、犠牲にしたものを日々の実験と調査を通して、一つ一つ明らかにしてます。ゆくゆくは、ヒトが作り出した「害虫」がどうやって急速な進化を起こすのか?そのメカニズムを明らかにしたい! と思ってます。
 さて、21世紀のキーワード「持続可能性」を考えたとき、ヒトがウンカからコメを守るためにはどうすればいいのか? ヒト・農薬・ウンカ・コメの複雑な繋がりとその結び目を一つずつ解きながら、この答を見つけられればと思います。
 

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
農研機構 九州沖縄農業研究センター 生産環境研究領域 虫害グループ 任期付研究員
 
2015年10月
 - 
2017年3月
農研機構 九州沖縄農業研究センター 生産環境研究領域 虫害グループ 契約研究員
 
2015年4月
 - 
2015年9月
九州大学 比較社会文化研究院 特別研究者
 

学歴

 
2012年4月
 - 
2015年3月
九州大学 比較社会文化学府 国際社会文化専攻 博士後期課程
 
2010年4月
 - 
2012年3月
九州大学 比較社会文化学府 国際社会文化専攻 修士課程
 
2006年4月
 - 
2010年3月
鹿児島大学 理学部 地球環境科学科
 

受賞

 
2016年11月
The Society of Population Ecology Excellent Poster Award
 

論文

 
Geographical and annual variations in the proportion of extended diapausing individuals of Illiciomyia yukawai (Diptera: Cecidomyiidae), with reference to an adaptive significance of its bimodal emergence patterns
Entomological Science   19(3) 275-289   2016年7月   [査読有り]
Lower development threshold temperatures and thermal constants for four species of Asphondylia (Diptera: Cecidomyiidae) in Japan and their larval developmental delay caused by heat stress
Applied Entomology and Zoology   51 71-80   2016年2月   [査読有り]
シロスジアツバBertula spacoalis (Walkar)とアブラムシ類の珍しい関係性
藤井智久
Pulex   94 677-678   2015年12月
ツマグロカマキリモドキ Austroclimaciella quadrituberculataの九州大学伊都キャンパスにおける採集記録
藤井智久
Pulex   93 647-649   2014年12月
An endoparasitoid avoids hyperparasitism by manipulating immobile host herbivore to modify plant morphology
PLoS ONE   9 e102508   2014年7月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Relationships between life history traits and insecticide resistance against imidacloprid in the brown planthopper, Nilaparvata lugens
藤井智久・真田幸代・松村正哉
個体群生態学会第32回大会 北海道   2016年11月   
Mode of inheritance resistance to imidacloprid in the brown planthopper, Nilaparvata lugens.
XV International Congress of Entomology. Orlando, FL, USA.   2016年9月   
Reduction of clothianidin and thiamethoxam susceptibilities under selection pressure by imidacloprid in the brown planthopper Nilaparvata lugens
XXV International Congress of Entomology. Orlando, FL, USA   2016年9月   
A koinobiont parasitoid manipulates its host cecidomyiid to modify gall morphology to avoid hyperparasitism
XXIV International Congress of Entomology. Tegu, Korea.   2012年8月   
Does an endoparasitoid manipulate the host insect to modify plant morphology against hyperparasitism?
Japan – Netherlands Seminar on Parasitoid Biology. Tokyo, Japan   2010年8月