深作 亮也

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/11 10:30
 
アバター
研究者氏名
深作 亮也
eメール
fukasakurs.tus.ac.jp
所属
東京理科大学
部署
理学部第一部
職名
助教
学位
博士(東京理科大学)

プロフィール

数式処理・計算機代数の研究をしています。現在は実数領域における限量記号消去の効率化に取り組んでいます。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年3月
 - 
現在
東京理科大学 助教
 
2015年5月
 - 
2016年3月
国立情報学研究所 リサーチアシスタント
 

委員歴

 
2015年8月
 - 
2016年7月
The International Symposium on Symbolic and Algebraic Computation (ISSAC) 2016  Poster Presentation Committee
 

受賞

 
2017年7月
日本数式処理学会 奨励賞 根基イデアルに対するエルミート二次形式について
 

論文

 
On Multivariate Hermitian Quadratic Forms
Ryoya Fukasaku, Hidenao Iwane
23rd Conference on Applications of Computer Algebra (ACA 2017)      2017年7月   [査読有り]
不等式制約をもつ論理式に対する包括的グレブナー基底系を利用した限量記号消去の出力の効率化
岩根秀直, 深作亮也, 佐藤洋祐
数式処理   23(2) 120-123   2017年5月
包括的グレブナー基底系を利用した限量子消去における包括的グレブナー基底系計算
深作 亮也, 岩根 秀直, 佐藤洋祐
数式処理   23(2) 116-119   2017年5月
飽和イデアル計算なしのCGS-QE
深作 亮也, 岩根 秀直, 佐藤洋祐
京都大学数理解析研究所講究録   2019 113-123   2017年4月
不等式制約をもつ論理式に対する包括的グレブナー基底系を利用した限量記号消去の出力の簡単化
岩根秀直, 深作亮也, 佐藤洋祐
京都大学数理解析研究所講究録   2019 124-142   2017年4月

講演・口頭発表等

 
根基イデアルに対するエルミート二次形式について
深作 亮也
日本数式処理学会 第26回大会   2017年6月   
On Simple Representation of Locally Closed Sets
Yosuke Sato, Ryoya Fukasaku, Katsusuke Nabeshima
Asian Technology Conference in Mathematics (ATCM 2016)   2016年12月   
深い言語処理と高速な数式処理の接合による数学問題の自動解答
松崎拓也、伊藤巧、外川拓真、深作亮也、岩根秀直、穴井宏和、横山和弘、新井紀子
ロボットは東大に入れるか2016成果報告会   2016年11月   
飽和イデアル計算なしのCGS-QE
深作亮也, 岩根秀直, 佐藤洋祐
平成28年度RIMS 共同研究「数式処理の新たな発展」   2016年9月   
On the Implementation of CGS Real QE
Ryoya Fukasaku, Hidenao Iwane, Yosuke Sato
The 5th International Congress on Mathematical Software (ICMS 2016)   2016年7月   

担当経験のある科目

 
 

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
包括的グレブナー基底系による限量子消去の効率化
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(若手研究(B))
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 深作 亮也