藤山 文乃

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/16 20:21
 
アバター
研究者氏名
藤山 文乃
 
フジヤマ フミノ
所属
同志社大学
部署
脳科学研究科
職名
一貫制博士課程教授

研究分野

 
 

経歴

 
2012年
 - 
2015年
同志社大学 教授
 

論文

 
Nonomura S, Fujiwara-Tsukamoto Y, Kajihara T, Fujiyama F, Isomura Y.
Neurosci Res.   S0168-0102(17) 30015-30019   2017年3月   [査読有り]
Unzai T, Kuramoto E, Kaneko T, Fujiyama F
Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991)   27(2) 1164-1181   2017年2月   [査読有り]
Oh YM, Karube F, Takahashi S, Kobayashi K, Takada M, Uchigashima M, Watanabe M, Nishizawa K, Kobayashi K, Fujiyama F
Brain structure & function      2016年12月   [査読有り]
Yamada K, Takahashi S, Karube F, Fujiyama F, Kobayashi K, Nishi A, Momiyama T
The journal of physiological sciences : JPS   66(6) 435-446   2016年11月   [査読有り]
Fujiyama F
Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo   68(7) 861-864   2016年7月   [査読有り]
Fujiyama F, Takahashi S, Karube F
Frontiers in neuroscience   9 6   2015年2月   [査読有り]
Fujiyama F, Nakano T, Matsuda W, Furuta T, Udagawa J, Kaneko T
Brain Structure and Function   in press(9) 4733-4740   2015年   [査読有り]
Miyazaki H, Oyama F, Inoue R, Aosaki T, Abe T, Kiyonari H, Kino Y, Kurosawa M, Shimizu J, Ogiwara I, Yamakawa K, Koshimizu Y, Fujiyama F, Kaneko T, Shimizu H, Nagatomo K, Yamada K, Shimogori T, Hattori N, Miura M, Nukina N
Nature communications   5 5525   2014年11月   [査読有り]
Oyama K, Ohara S, Sato S, Karube F, Fujiyama F, Isomura Y, Mushiake H, Iijima T, Tsutsui K
Journal of neuroscience methods   218(2) 139-147   2013年9月   [査読有り]
Koshimizu Y, Fujiyama F, Nakamura KC, Furuta T, Kaneko T
The Journal of comparative neurology   521(9) 2125-2146   2013年6月   [査読有り]

Misc

 
藤山文乃
月刊神経内科   85(5) 460‐463   2016年11月
八木沼 洋行, 松村 讓兒, 佐藤 洋一, 飯野 哲, 鶴尾 吉宏, 大和田 祐二, 藤山 文乃, 網塚 憲生
解剖学雑誌 = Acta anatomica Nipponica   91(4) 33-40   2016年9月
藤山文乃
Brain and Nerve   68(7) 0861‐0864   2016年7月
藤山文乃
臨床神経生理学   43(5) 300   2015年10月
高橋晋, 藤山文乃
Clin Neurosci   33(7) 767-771   2015年7月

書籍等出版物

 
線条体. 脳神経科学イラストレイテッド 改訂第三版
羊土社   2012年   
大脳基底核の構造(細胞構築と神経回路) Brain and Nerve
医学書院   2009年   
藤山 文乃, 京都大学大学院医学研究科
[藤山文乃]   2008年   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2014年 - 2018年    代表者: 藤山 文乃
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 藤山 文乃
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 藤山 文乃
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 藤山 文乃
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 松田 和郎
黒質線条体路においては、単一のドーパミン細胞の軸索は線条体以外にほとんど投射せず、線条体のみに広範囲かつ高密度に分布していることが分かった。また、μオピオイド受容体との二重染色により、多少の指向性はあるものの、単一ドーパミン細胞の軸索は線条体のストリオソーム(パッチ)とマトリックスのコンパートメントに同時に送られることも明らかにされた。以上のことは、パーキンソン病における黒質ドーパミン細胞の脆弱性と予備力という二面性が説明される。すなわち、パーキンソン病ではドーパミン細胞の7割以上が脱落し...