池田千登勢

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/29 18:49
 
アバター
研究者氏名
池田千登勢
 
イケダ チトセ
通称等の別名
Chitose Ikeda
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/40434063.ja.html
所属
東洋大学
部署
ライフデザイン学部
職名
准教授
学位
経営学修士(MBA)(London Business School)
科研費研究者番号
40434063

プロフィール

東洋大学ライフデザイン学部人間環境デザイン学科准教授。ロンドン大学経営学修士(MBA)。1987年千葉大学工学部工業意匠学科卒業後、(株)NECデザインセンターにプロダクトデザイナーとして勤務(1987-2006)し、情報機器の開発、海外宣伝戦略、デザイン産学共同プロジェクト、ユニバーサルデザイン製品開発などを担当した。2006年より東洋大に勤務。現在は学科のプロダクトデザインコース教員として「福祉事業所における魅力的な商品開発手法」、「方向感覚と地図表現」、「色彩を用いたアートセラピー手法」等を研究テーマとしている。

研究分野

 
 

経歴

 
2014年
   
 
東洋大学 准教授
 
1987年4月
 - 
2006年3月
株式会社 NECデザイン
 

学歴

 
 
   
 
London Business School (ロンドン大学経営学大学院)  
 
 
   
 
千葉大学工学部工業意匠学科  
 

論文

 
那覇市における障害者就労移行支援事業の 好事例研究
池田千登勢
ライフデザイン学研究   12    2017年3月   [査読有り]
A Study on the Method of Product Development Management at Vocational Aid Centers
池田千登勢
International Journal of Affective Engineering      2015年12月   [査読有り]
池田 千登勢
日本感性工学会論文誌   14(1) 135-143   2015年   [査読有り]
A person who is struck by deep grief due to the loss of, or unwanted separation from, his/her family, spouse or the one he/she loves is believed to take a long and gradual recovery process from the state of severe mental suffering. This study cond...
Study on Color Art Therapy Techniques -An examination of techniques which allow elderly patients with severe dementia and motor impairment of the hands to express themselves to the same extent as healthy people-
池田千登勢
International Conference on Kansei Engineering and Emotion Research 2014      2014年6月   [査読有り]
池田 千登勢, 高山 靖子, 古瀬 敏
日本感性工学会論文誌   13(1) 17-26   2014年   [査読有り]
Design management methods have recently become crucial not only for corporations but also for Vocational Aid Centers(VACs)for attractive product development. Because of the recent enactment of the Services and Support for Persons with Disabilities...

Misc

 
池田 千登勢, 井上 治代, 菊地 章太
ライフデザイン学研究   (7) 383-386   2011年
池田 千登勢
デザイン学研究. 特集号   13(1) 7-10   2005年7月
平野 和彦, 若林 和男, 野村 昌敏, 池田 千登勢
映像情報メディア学会誌 : 映像情報メディア   58(10) 1360-1363   2004年10月

書籍等出版物

 
ライフデザイン学入門
池田 千登勢、内田 雄造 内田 祥士 櫻井 義夫 繁成 剛 高橋 儀平 米田 郁夫 北 真吾 高橋 良至 名取 発 水村 容子 神吉 優美 奥村 和正
誠信書房   2005年4月   
ユニバーサルデザインハンドブック (邦訳)
池田 千登勢、日本語監修梶本久男
丸善   2003年9月   
Universal Design Handbook(米)
池田 千登勢、高柳典子
McGrow-Hill社   2001年6月   
Universal Design Handbook(米)
池田 千登勢、高柳典子
McGrow-Hill社   2001年6月   

講演・口頭発表等

 
ユニバーサルデザインの取り組み
池田 千登勢、平野和彦 野村昌敏
日本人間工学会第11回システム連合大会   2003年3月   
NEC'S UD Educational Programs and Product Development Process -Based on The Result of The University- Corporation Collaboration Project
池田 千登勢、平野和彦 野村昌敏
International Conference for Universal Design, Yokohama, Japan, 2002(審査つき)   2002年12月   
情報とユニバーサルデザイン 企業の取り組み
池田 千登勢
電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ大会 パネル発表   2001年9月   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費 若手研究(スタートアップ)
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 池田千登勢
18年度の研究結果では、地図のデザイン表現方法によって、理解しやすい場合は移動が円滑になり、理解しにくい場合は移動が困難になるということが確認できた。19年度は、具体的な地図のデザイン表現方法の違いによって空間を移動する際の分かりやすさにどのような違いがあるかを検証した。1:多階層空間の表現方法、地図中のランドマークの表現方法、色彩要素、地図上の文字回転、方位などを変化させた新しいデザインの地図を25種類作成した。2:渋谷駅構内、渋谷駅周辺街路、武蔵野市の住宅地、東工大大岡山キャンパスにお...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 池田 千登勢
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 高山 靖子
23年度は食品にターゲットを絞って調査を実施し、24年度はこの調査内容を分析して論文にまとめ、国際会議DRS2012(タイ), KEER2012(台湾)において口頭発表を行った。このうち、KEER2012の内容は、Kansei Engineering International Journal Vol.12 No.2に採録が決定している。さらに調査を進めるうちに、5か年計画とは別に日本セルプ協会がデザイン支援活動を行っていたことが判明したため、実施したセルプ協会と受けた作業所に対して調査を...

その他

 
2003年
多様なユーザを対象としたPCの操作性に関するリサーチ
NECグループ内発表 企画から実施、発表まで担当
2004年
英国ロンドンビジネススクール産学共同研究 *国際企業の文化支援活動 *国際企業のコーポレートコミュニケーション戦略
NECグループ内発表 英国ロンドンビジネススクールにて発表
2001年
CEATEC2001「誰もが使いやすいIT社会をめざして」-米国リハビリテーション法508条の影響と日本の取り組み-
CEATEC2001ユニバーサルデザインセミナー
2001年
日経UD 2002年版 ユニバーサルデザイン最先端企業徹底研究「NECの取り組み」
日経事業出版社 P.40-41
2001年
日経UD 2002年版 ユニバーサルデザイン最先端企業徹底研究 座談会 米国のUD新潮流 508条を恐れず世界をリードする「きっかけ」に
日経事業出版社 P.57-62