長坂 征治

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/23 17:31
 
アバター
研究者氏名
長坂 征治
 
ナガサカ セイジ
URL
http://www.toyo.ac.jp/site/dlsc/
所属
東洋大学
部署
生命科学部
職名
教授
学位
博士(農学)(東京大学)
科研費研究者番号
60534013

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
東洋大学 生命科学部 教授
 
2009年4月
 - 
2013年3月
東洋大学 生命科学部 准教授
 
2007年4月
 - 
2009年3月
東京大学 農学生命科学研究科 応用生命化学専攻 博士研究員
 
2003年4月
 - 
2007年3月
東京大学大学院 農学生命科学研究科 農学国際専攻 博士研究員(CREST研究員)
 

論文

 
Chisato Kataoka, Kousuke Nakahara, Kaori Shimizu, Shinsuke Kowase, Seiji Nagasaka, Seiji Nagasaka, Seiji Nagasaka, Shinsuke Ifuku, Shosaku Kashiwada, Shosaku Kashiwada, Shosaku Kashiwada, Shosaku Kashiwada
Journal of Applied Toxicology   37 408-416   2017年4月
Copyright © 2016 John Wiley & Sons, Ltd.To investigate the effects of salinity on the behavior and toxicity of functionalized single-walled carbon nanotubes (SWCNTs), which are chemical modified nanotube to increase dispersibility, medaka embryos ...
SUZUKI Motofumi, NOZOYE Tomoko, NOZOYE Tomoko, NAGASAKA Seiji, NAKANISHI Hiromi, NISHIZAWA Naoko K., MORI Satoshi
Soil Science and Plant Nutrition   62(5/6) 481‐488-488   2016年10月
© 2016 Japanese Society of Soil Science and Plant Nutrition.To acquire iron (Fe), graminaceous plants secrete mugineic acid family phytosiderophores (MAs) from their roots into the rhizosphere. MAs are biosynthesized from methionine via nicotianam...
Nozoye T, Nagasaka S, Kobayashi T, Sato Y, Uozumi N, Nakanish H, Nishizawa NK
The Journal of biological chemistry      2015年10月   [査読有り]
Chisato Kataoka, Chisato Kataoka, Tadashi Ariyoshi, Hideo Kawaguchi, Seiji Nagasaka, Seiji Nagasaka, Shosaku Kashiwada, Shosaku Kashiwada
Environmental Science: Nano   2 94-103   2015年2月
© The Royal Society of Chemistry 2015.To investigate the effects of salinity on the toxicity of silver nanocolloids (SNCs, 28.4 nm in diameter) in aquatic environments (freshwater, brackish water, and seawater), we exposed 15 medaka eggs in tripli...
NAKANISHI Hiromi, TANAKA Houdo, TAKEDA Kouki, TANOI Keitaro, HIROSE Atsushi, NAGASAKA Seiji, YAMAKAWA Takashi, MORI Satoshi
Soil science and plant nutrition   60(6) 801-808   2014年12月
Radioactivity levels of cesium (Cs)-134 and ^<137>Cs in bamboo [Phyllostachys reticulata (Rupr) K. Koch] sprouts grown from April to June 2011 over a wide area (including Fukushima Prefecture) were elevated (max. 3100 Bq kg^<-1> fresh weight) afte...

Misc

 
鈴木 基史, 野副 朋子, 長坂 征治, 西澤 直子, 森 敏
日本土壌肥料学会講演要旨集   (61)    2015年9月
鈴木基史, 野副朋子, 野副朋子, 長坂征治, 西澤直子, 西澤直子, 森敏
日本土壌肥料学会講演要旨集   61 66   2015年9月
大澤実, 五十嵐昭, 長坂征治
日本作物学会講演会要旨集   240th 47   2015年8月
川瀬俊悟, 神山明穂, 高橋祐樹, 長坂征治
日本農芸化学会大会講演要旨集(Web)   2015 2C31P02 (WEB ONLY)   2015年3月
古賀悠介, 新井菜月, 長坂征治
日本農芸化学会大会講演要旨集(Web)   2015 2D23P09 (WEB ONLY)   2015年3月
小林高範, 小林高範, 長坂征治, 瀬野浦武志, 板井玲子, 中西啓仁, 西澤直子
日本植物生理学会年会要旨集   55th 200   2014年3月
清水和哉, 金沢彩子, 藤野祐太朗, 仲亀雄哉, 有吉理, 片岡知里, 竹井弘之, 廣津直樹, 杉浦則夫, 内海真生, 岩見徳雄, 長坂征治, 柏田祥策
日本水処理生物学会誌 別巻   (33) 90   2013年10月
小林 高範, 長坂 征治, 瀬野浦 武志, 板井 玲子, 中西 啓仁, 西澤 直子
日本土壌肥料学会講演要旨集   (59)    2013年9月
小林高範, 長坂征治, 瀬野浦武志, 板井玲子, 中西啓仁, 西澤直子
日本土壌肥料学会講演要旨集   59 72   2013年9月
清水 和哉, 金沢 彩子, 仲亀 雄哉, 有吉 理, 片岡 知里, 長坂 征治, 竹井 弘之, 岩見 徳雄, 杉浦 則夫, 柏田 祥策
日本水処理生物学会誌. 別巻 = Journal Japan Biological Society of Water and Waste   (32)    2012年10月
小林高範, 長坂征治, 瀬野浦武志, 板井玲子, 中西啓仁, 西澤直子
日本鉄バイオサイエンス学会学術集会プログラム・抄録集   37th 42   2013年8月
瀬川俊, 井村祐己, 長坂征治, 松永俊朗, 吉村悦郎
分析化学討論会講演要旨集   73rd 117   2013年5月
野副 朋子, 長坂 征治, 小林 高範, 高橋 美智子, 佐藤 陽子, 佐藤 祐樹, 魚住 信之, 中西 啓仁, 西澤 直子
日本土壌肥料学会講演要旨集   (57)    2011年8月
松山 倫也, 笹本 博彦, 鈴木 基史, 菊地 弘泰, 長坂 征治, 森 敏
日本土壌肥料学会講演要旨集   (57)    2011年8月
仲亀雄哉, 丹羽拓人, 竹井弘之, 長坂征治, 柏田祥策
日本水環境学会年会講演集   46th 91   2012年3月
長澤寛道, 笠島大貴, 遠藤博寿, 長坂征治
東京大学低温センター年報   (2) 48-49   2011年10月
松山倫也, 笹本博彦, 鈴木基史, 菊地弘泰, 長坂征治, 森敏
日本土壌肥料学会講演要旨集   57 94   2011年8月
野副朋子, 長坂征治, 小林高範, 高橋美智子, 佐藤陽子, 佐藤祐樹, 魚住信之, 中西啓仁, 西澤直子
日本土壌肥料学会講演要旨集   57 71   2011年8月
野副朋子, 長坂征治, 小林高範, 高橋美智子, 佐藤祐樹, 佐藤陽子, 魚住信之, 中西啓仁, 西澤直子
日本鉄バイオサイエンス学会学術集会プログラム・抄録集   35th 41   2011年8月
吉村航, 長坂征治, 安保充, 吉村悦郎
日本農芸化学会大会講演要旨集   2011 303   2011年3月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 長坂 征治
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 柏田 祥策
(1)活性汚泥への影響:下水処理場から採取した活性汚泥およびOECDに指定の人工排水に銀ナノコロイド(SNC)を最大終濃度1mg/Lとなるように添加したところ,処理能の阻害はみられなかった。しかし,SNC由来の銀イオンのみの影響を解析したところ処理能の阻害がみられ,処理能阻害は銀イオンによるものと強く推測された。(2)水生植物への影響:イネの発芽中に銀ナノコロイドを処理して発芽率を調べた結果,SNC濃度10mg/Lまで正常に発芽した。次にイネを発芽させた後,SNCを含む水耕液で5週間栽培し...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 長坂 征治
海洋性の単細胞藻類である円石藻は,細胞表面に炭酸カルシウムを主成分とした円石(ココリス)を形成する.このココリス形成に関わる遺伝子として,培養液中のカルシウム濃度の変化に伴い円石藻細胞内で発現量の変化する遺伝子群を単離した.この中には,糖の生合成関連遺伝子と相同性の高いものも含まれていた.これらの遺伝子の機能解析のために形質転換系の確立を試み,遺伝子の細胞への導入までは成功したが,導入された遺伝子の過剰発現は確認できなかった.