髙﨑 茂

J-GLOBALへ         更新日: 15/04/13 18:09
 
アバター
研究者氏名
髙﨑 茂
 
タカサキ シゲル
所属
東洋大学
部署
生命科学部
職名
教授
科研費研究者番号
40415211

論文

 
Sequence analyses of oncogenic and tumor suppressive miRNAs in cancers
髙﨑 茂
JJ Cancer Sci Res   1(1) 6-15   2015年3月   [査読有り]
Efficient Methods for Selecting siRNA Sequences by Using the Average Silencing Probability and a Hidden Markov Model
髙﨑 茂
Journal of Computer Sciences & Systems Biology   7 45-53   2014年1月   [査読有り]
ショウジョバエの胚発生におけるmiRNAの役割
髙﨑 茂
2(2) 1000122   2013年12月   [査読有り]
マイクロRNA(miRNA)がショウジョバエの胚発生で重要な制御の役割をしていることをゲノム上から調査検討したもの。
Using decision tree learning to predict the responsiveness of hepatitis C patients to drug treatment
高崎 茂
FEBS Open Bio   2 98-102   2012年4月
日本で一番患者数の多いC型肝炎に対する治療薬の効き具合が患者の遺伝子型によって大きくことなることから、薬を使う前に薬の効きやすさを予測できる手法を考案し、報告している。
Japanese Alzheimer's Disease and other Complex Disorders Diagnosis Based on Mitochondrial SNP Haplogroups
高崎 茂
Int. Journal of Alzheimer's Disease   doi: 10. 1155/2012/245038 1-18   2012年4月
ミトコンドリアDNAの一塩基多形(SNP)とアルツハイマー病との関係を分析して、特定のハプロタイプがこの疾患と関係していることを報告している。更に、事前にこのハプロタイプを調べることで、本疾患への罹りやすさを予測できることから、予防医療として活用できることを報告している。

書籍等出版物

 
Roles of miRNAs in cancers and development
髙﨑 茂 (担当:分担執筆, 範囲:RNA Interference Challenges and Therapeutic Opportunities Methods in Molecular Biology 1218)
Humana Press Inc.   2014年12月   
C型肝炎に対する薬効の効果的な予測法
髙﨑 茂
2013年11月   
患者数の非常に多いC型肝炎の薬効と核DNAの一塩基多形(SNP)情報との関係を調べ、SNP情報から各個人にとってC型肝炎の薬がどの位効果的に効くのかを予測していく方法
Roles of miRNAs in early embryonic development of Drosophila melanogaster
高崎 茂
Nova Science Publishers, Inc.   2013年4月   
Drosophila melanogasterの胚発生におけるmiRNAの役割についてまとめたもの。
Methods for Selecting Effective siRNA Target Sequences Using a Variety of Statistical and Analytical techniq
高崎 茂
Methods in Molecular Biology 942   2012年9月   
生物学の実験に欠かすことのできない方法として定着している遺伝子発現の制御方法であるsiRNA法に関する配列の抽出法について今まで報告したものをもとにまとめている。
Mechanisms in Parkinson's Disease Model and Treatments
高崎 茂
INTECH   2012年2月   
日本人のパーキンソン病患者のミトコンドリアDNAのスニップを調べて、特徴のあるハプロタイプを示すことからパーキンソン病の初期の診断に使用できることを示している。