三島 隆


三島 隆

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/15 11:01
 
アバター
研究者氏名
三島 隆
 
ミシマ タカシ
eメール
mishimabio.mie-u.ac.jp
URL
http://www.mie-u.ac.jp/innovation/
所属
三重大学
部署
地域イノベーション学研究科
職名
准教授
学位
学術博士(三重大学)
Twitter ID
g4mishit
ORCID ID
0000-0002-4717-3975

プロフィール

よろしくお願いいたします。

研究分野

 
 

経歴

 
2011年
 - 
2008年
三重大学 大学院・イノベーション学研究科 准教授
 
1999年
 - 
2002年
三重大学 助手
 

学歴

 
 
 - 
1999年
三重大学 生物資源研究科 生物機能応用科学
 

論文

 
Kondo M, Shimizu K, Jayanegara A, Mishima T, Matsui H, Karita S, Goto M, Fujihara T
Journal of the science of food and agriculture   96(4) 1175-1180   2015年4月   [査読有り]
Yasukiyo Yoshioka, Etsuko Harada, Danyao Ge, Kunio Imai, Hirotaka Katsuzaki, Takashi Mishima, Esteban C. Gabazza, Hitoshi Ashida
Journal of Functional Foods   33 268   2017年6月   [査読有り]
Saeko Tada-Oikawa, Gaku Ichihara, Yuka Suzuki, Kiyora Izuoka, Wenting Wu, Yoshiji Yamada, Takashi Mishima, Sahoko Ichihara, Sahoko Ichihara
Toxicology Reports   2 692-701   2015年1月
© 2015 The Authors. Zinc oxide (ZnO) nanoparticles have been widely used in industry, cosmetics, and biomedicine. Recent studies suggested that these nanoparticles could have a major impact on the cardiovascular system. Endothelial progenitor cell...
Wachi S, Kanmani P, Tomosada Y, Kobayashi H, Yuri T, Egusa S, Shimazu T, Suda Y, Aso H, Sugawara M, Saito T, Mishima T, Villena J, Kitazawa H
Molecular nutrition & food research   58(10) 2080-2093   2014年10月   [査読有り]
Santoso Budi, Sakakura Kotatsu, Naito Hitoshi, Ohmi Masaharu, Nishimura Yoshihiko, Uchiyama Tomohiro, Itaya Akemi, Hisamatsu Makoto, Ehara Hiroshi, Mishima Takashi
Journal of Applied Glycoscience   62(2) 73-80   2015年
In this study, we extracted sago starch from sago pith waste (SPW) using a micro powder mill. The objectives were to recover the starch from the SPW and to understand the effects of micro powder milling on the physicochemical properties of micro-p...

Misc

 
大西はるか, 三島隆, 吉松隆夫
水産増殖   64(4) 425   2016年12月
張丹若, 江草信太郎, 三島隆
応用糖質科学   6(3) 49   2016年8月
菅野友美, 森田恭徳, 三島隆, 玉置真司, 山田哲也
日本食品科学工学会誌   63(8) 347‐350-350   2016年8月
<p>小麦澱粉を200℃で乾熱処理し,その分子構造的性質を調べた.その結果,乾熱処理により澱粉粒内の澱粉分子は分解され,乾熱時間の増加にともない低分子化がみられた.0.5時間処理まではアミロースとアミロペクチンの一部が分解された.1.0時間処理では,さらに大部分のアミロースとアミロペクチン両方の低分子化が起こることがわかった.この分解は非結晶領域で起こると推察され,アミロペクチンはクラスター単位で分解していることが示唆された.</p>
菅野 友美, 森田 恭徳, 三島 隆, 玉置 真司, 山田 哲也
日本食品科学工学会誌 = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology   63(8) 347-350   2016年8月
由里俊人, 江草信太郎, 菅原誠, 北澤春樹, 三島隆
日本応用糖質科学会中部支部総会・講演会   63rd 1   2015年

Works

 
西太平洋における Metroxylon' の全態とデンプン・糖生産
2001年
キャッサバデンプンの解析
2001年

競争的資金等の研究課題

 
高分子多糖の機能解析
糖質の分析
農産物の分析
研究期間: 2000年   
分析