内藤智之

J-GLOBALへ         更新日: 15/09/30 15:48
 
アバター
研究者氏名
内藤智之
eメール
naitovision.hss.osaka-u.ac.jp
URL
https://sites.google.com/site/naitotomoyuki/re-vision-japanese
所属
大阪大学
部署
大学院医学系研究科
職名
講師
学位
博士(文学)(京都大学)

プロフィール

興味: 視覚の高次機能; 初期視覚情報処理
研究手法: 網膜、外側膝状体、一次視覚野ニューロンの単一細胞外記録法; 相互相関解析; 逆相関法を用いた受容野解析; 心理物理実験; 心理物理的逆相関法
最近は神経美学研究に取り組んでいます。

研究分野

 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
大阪大学 医学(系)研究科(研究院) 講師
 
2007年4月
 - 
2015年3月
大阪大学 医学(系)研究科(研究院) 助教
 
2005年5月
 - 
2007年3月
大阪大学 医学系研究科 助手
 
2003年4月
 - 
2005年4月
学術振興会 特別研究員PD
 

受賞

 
2015年9月
大阪大学 若手研究フォーラム プレゼンテーション賞(口頭)
 
2014年5月
大阪大学 大阪大学総長奨励賞
 
2008年12月
大阪大学 共通教育賞(2回目)
 
2008年5月
大阪大学 共通教育賞
 
1998年3月
第6回国際誘発電位シンポジウム 若手研究奨励賞
 

論文

 
Naito T, Suematsu N, Matsumoto E, Sato H.
Journal of Vision   14(13) 1-12   2014年11月   [査読有り]
内藤智之
認知科学   21(3) 396-406   2014年9月   [査読有り]
Naito T, Kasamatsu T, Sato H
The European journal of neuroscience   39 934-945   2014年3月   [査読有り]
Suematsu N, Naito T, Miyoshi T, Sawai H, Sato H
Frontiers in systems neuroscience   7(103)    2013年12月   [査読有り]
Naito T, Okamoto M, Sadakane O, Shimegi S, Osaki H, Hara SI, Kimura A, Ishikawa A, Suematsu N, Sato H
Neuroscience research   77(3) 143-154   2013年9月   [査読有り]
Suematsu N, Naito T, Sato H
Neural networks : the official journal of the International Neural Network Society   35 10-20   2012年11月   [査読有り]
Osaki H, Naito T, Sadakane O, Okamoto M, Sato H
The European journal of neuroscience   33 923-932   2011年3月   [査読有り]
Naito T, Sato H, Osaka N
Vision research   50(18) 1862-1866   2010年8月   [査読有り]
Watakabe A, Komatsu Y, Sadakane O, Shimegi S, Takahata T, Higo N, Tochitani S, Hashikawa T, Naito T, Osaki H, Sakamoto H, Okamoto M, Ishikawa A, Hara S, Akasaki T, Sato H, Yamamori T
Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991)   19(8) 1915-1928   2009年8月   [査読有り]
Okamoto M, Naito T, Sadakane O, Osaki H, Sato H
The European journal of neuroscience   29 1035-1046   2009年3月   [査読有り]
Naito T, Sadakane O, Okamoto M, Sato H
Neuroscience   149 962-975   2007年11月   [査読有り]
Sadakane O, Ozeki H, Naito T, Akasaki T, Kasamatsu T, Sato H
The European journal of neuroscience   23 1633-1642   2006年3月   [査読有り]
Ozeki H, Sadakane O, Akasaki T, Naito T, Shimegi S, Sato H
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   24 1428-1438   2004年2月   [査読有り]
内藤智之 苧阪直行
生理心理学と精神生理学   20(3) 215-224   2002年12月   [査読有り]
Naito T, Kaneoke Y, Osaka N, Kakigi R
Brain research   865 221-226   2000年5月   [査読有り]
Lam K, Kaneoke Y, Gunji A, Yamasaki H, Matsumoto E, Naito T, Kakigi R
Neuroscience   97 1-10   2000年1月   [査読有り]

Misc

 
芸術に対する感性の共通性と個人差
内藤智之
VISION   27(1) 4-6   2015年1月   [依頼有り]
Effects of first-order color statistics on painterly-rendering effect of visual images.
Kitaguchi M, Wakabayashi, M, Sato H, Naito T.
信学技報   114(278) 9-13   2014年10月
内藤 智之
日本神経回路学会誌 = The Brain & neural networks   7(1) 36-37   2000年3月

書籍等出版物

 
松本 絵理子
培風館   2011年11月   ISBN:4563052280
文光堂   2010年4月   ISBN:4830655356
苧阪 直行
共立出版   2000年7月   ISBN:4320094352
インゴ レンチュラー
新曜社   2000年6月   ISBN:4788507242

講演・口頭発表等

 
Cross-correlation study of network dynamics in the cat primary visual cortex
Tomoyuki Naito
Society for Neuroscience 2003   2003年11月   
Attentional asymmetry between upper and lower visual field revealed by visual evoked potentials
Tomoyuki Naito
Internatinal Evoked Potentials Sinposyum 6th   1998年3月   
感覚・行動バインディングの精度と周辺視野情報の関係
内藤智之
重点領域研究「人 工現実感」97年度第一会全体会議   1997年7月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
Neuroaesthetics: Joint-Research of Neuroaesthetics
大和日英基金: 奨励助成
研究期間: 2015年1月 - 2015年2月    代表者: 内藤智之
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 内藤 智之
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 内藤智之
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 苧阪直行
前頭前野を中心に,機能的磁気共鳴画像法(fMRI)と経頭蓋磁気刺激法(TMS)を用いて,情動脳とワーキングメモリのかかわりを検討した。ワーキングメモリの個人差をリーディングスパンテストによって測定し,その評価値によってハイパーフォーマーとローパーフォーマーに分け検討した。
行動実験とfMRIを用いた実験の結果(信号変化率の解析),中央実行系はワーキングメモリのコントロールに注意の制御系として重要な役割をもっていることが判明した。とくに,情動的にpositiveな感情を喚起する文は情動的にn...

学歴

 
1996年4月
 - 
2001年3月
京都大学 文学研究科 
 
1991年4月
 - 
1995年3月
京都大学 教育学部