平川秀幸

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/05 15:47
 
アバター
研究者氏名
平川秀幸
URL
http://hideyukihirakawa.com/
所属
大阪大学
部署
COデザインセンター
職名
教授
学位
博士(学術)
その他の所属
データビリティフロンティア機構

研究分野

 
 

経歴

 
2016年7月
 - 
現在
大阪大学 COデザインセンター 教授
 
2013年11月
 - 
2016年6月
大阪大学 コミュニケーションデザイン・センター 教授
 
2006年4月
 - 
2013年10月
大阪大学 コミュニケーションデザイン・センター 准教授
 
2004年4月
 - 
2006年3月
京都女子大学 現代社会学部 助教授
 
2000年4月
 - 
2004年3月
京都女子大学 現代社会学部 講師
 

論文

 
避難と不安の正当性 : 科学技術社会論からの考察
平川秀幸
法律時報   89(8) 71-76   2017年7月   [招待有り]
子ども・被災者支援法の「意義」を掘り起こす ― リスクガバナンスのデュープロセスともう一つの権利侵害
平川秀幸
科学   87(3) 263-270   2017年2月   [招待有り]
3・11後の科学と民主主義 : 「子ども・被災者支援法」をめぐる混乱から考える
平川秀幸
アステイオン(特集「科学論の挑戦」)   85 76-93   2016年11月   [招待有り]
「専門知の民主化/民主政の専門化」モデルと3・11複合災害後の日本
平川秀幸
社会思想史研究〈特集〉社会思想としての科学   38 43-65   2014年9月   [招待有り]
科学的助言のパラダイム・シフト──責任あるイノベーション,ポスト・ノーマルサイエンス,エコシステム
平川秀幸
科学   84(2) 195-201   2014年1月   [招待有り]
平川秀幸
現代思想   38(7) 172-177   2011年5月   [招待有り]
リスクガバナンスにおける「専門性の民主化」と「民主制の専門化」の諸問題―「良きリスクガバナンス」のための理論的検討―」
平川秀幸
国際基督教大学      2008年3月   [査読有り]
八木絵香・平川秀幸
科学技術コミュニケーション   (4) 56-68   2008年   [査読有り]
平川 秀幸, 水野 玲子, 新居 照和
科学技術社会論研究   (2) 95-107   2003年10月
平川 秀幸
バイオサイエンスとインダストリー = Bioscience & industry   60(5) 53-56   2002年5月
Social Epistemology as Risk Management of Technoscience: The Rationale and a Model of Democratization of Science
Hideyuki Hirakawa
Social Epistemology   13(3) 257-262   1999年   [招待有り]
Hideyuki Hirakawa
On-Line Archive of the Proceedings of the 20th World Congress of Philosophy      1998年
平川 秀幸
科学基礎論研究   88 59-65   1997年   [査読有り]
ガストン・バシュラールにおける科学・宇宙・人間―バシュラールの科学論における実在・真理・合理性の概念についての一考察
平川秀幸
国際基督教大学      1994年6月   [査読有り]

Misc

 
BSEリスク評価との比較から見える再稼働問題の重要論点
平川秀幸
科学   84(9) 940-941   2014年9月   [依頼有り]
いかにして科学を生の言葉の営みのなかに取り戻せるか
平川秀幸
現代と親鸞   27 35-78   2013年12月   [依頼有り]
エネルギー問題における公共的討議はいかにして可能か
平川秀幸
人間会議2012年夏号      2012年6月   [依頼有り]
平川秀幸
Communication-Design   2 48-55   2009年
平川秀幸
公衆衛生   72(11) 883-886   2008年11月   [依頼有り]
平川 秀幸
生産と技術   59(3) 83-85   2007年
村上 陽一郎, 平川 秀幸
現代思想   29(10) 34-45   2001年8月
金森 修, 平川 秀幸, 藤垣 裕子
年次学術大会講演要旨集   13 380-385   1998年10月
平川 秀幸, 村上 陽一郎
パリティ   13(7) 4-7   1998年7月

書籍等出版物

 
改訂版・公共哲学(放送大学大学院教材)
山岡龍一・齋藤純一編著 (担当:分担執筆, 範囲:「公共的問題としての科学技術(第13章)」,「科学技術の公共的問題にどう取り組むか ― 民主性と専門性の対立を超えて(第14章)」)
放送大学教育振興会   2017年3月   
ポスト冷戦時代の科学/技術(岩波講座「現代」第2巻)
中島秀人編 (担当:分担執筆, 範囲:科学/技術への民主的参加の条件)
岩波書店   2017年2月   
Lessons From Fukushima Japanese Case Studies on Science, Technology and Society
Yuko Fujigaki ed. (担当:共著, 範囲:Chapter 4: Hirakawa, Hideyuki and Shirabe, Masashi, "Rhetorical Marginalization of Science and Democracy: Politics in Risk Discourse on Radioactive Risks in Japan")
Springer   2015年3月   
談 100号記念選集
公益財団法人たばこ総合研究センター編 (担当:分担執筆, 範囲:科学における「公共性」をいかにしてつくり出すか……統治者視点/当事者視点の相克)
水曜社   2014年11月   
科学者に委ねてはいけないこと―科学から「生」をとりもどす
尾内隆之・調麻佐志編 (担当:分担執筆, 範囲:信頼に値する専門知システムはいかにして可能か──「専門知の民主化/民主政の専門化」という回路)
岩波書店   2013年9月   ISBN:4000052187
ポスト3・11の科学と政治
中村征樹(編) (担当:分担執筆, 範囲:「原子力事故の「途方もなさ」をいかに理解するか――ハンナ・アーレントの近代批判を導きとして」)
ナカニシヤ出版   2013年1月   ISBN:4779507227
もうダマされないための「科学」講義
菊池 誠 (著), 松永 和紀 (著), 伊勢田 哲治 (著), 平川 秀幸 (著), 片瀬 久美子 (著), 飯田 泰之 (編集), SYNODOS (編集) (担当:分担執筆, 範囲:「3・11以降の科学技術コミュニケーションの課題―日本版『信頼の危機』とその応答」)
2011年9月   ISBN:4334036449
平川 秀幸, 土田 昭司, 土屋 智子 (担当:分担執筆, 範囲:「第1講 リスクガバナンスの考え方―リスクコミュニケーションを中心に」および「第2講 個人・組織・社会の協働のための『参加型手法』」)
大阪大学出版会   2011年3月   ISBN:4872592840
平川 秀幸
日本放送出版協会   2010年9月   ISBN:4140883286
アクセス公共学
山脇直司・押村高編 (担当:分担執筆, 範囲:第10章「科学技術のガバナンス―その公共的討議の歴史と『専門性の民主化/民主制の専門化』」)
日本経済評論社   2010年9月   ISBN:4818821314
ブルーノ ラトゥール (担当:共訳)
産業図書   2007年4月   ISBN:4782801467
科学技術ガバナンス
城山英明 (担当:分担執筆, 範囲:「リスクガバナンス―コミュニケーションの観点から」)
東信堂   2007年   ISBN:4887137893
現代社会論―当面する課題
加茂直樹・小波秀雄・初瀬龍平編 (担当:分担執筆, 範囲:「遺伝子組換え作物のリスクの諸相」)
世界思想社   2006年   
科学技術社会論の技法
藤垣裕子編 (担当:分担執筆, 範囲:「遺伝子組換え食品規制のリスクガバナンス」)
東京大学出版会   2005年   
科学技術倫理を学ぶ人のために
新田孝彦・蔵田伸雄・石原孝二編 (担当:分担執筆, 範囲:「サイエンスショップ:市民社会をエンパワーする専門性」)
世界思想社   2005年   
調 麻佐志, 藤垣 裕子, 平川 秀幸, 富沢 宏之, 林 隆之, 牧野 淳一郎 (担当:分担執筆, 範囲:「科学計量学と科学論:STSとの接点」)
丸善   2004年3月   ISBN:4621073990
調 麻佐志, 平川 秀幸, 塚原 東吾, 矢部 史郎, 川崎 勝, 瀬名 秀明, 菊池 聡 (担当:分担執筆, 範囲:「科学リテラシーって何だろう―科学技術情報との付きあい方」および「遺伝子組換え作物は飢餓から世界を救えるか―南北問題からみた遺伝子組換え作物」)
北樹出版   2003年3月   ISBN:489384881X
公共のための科学技術
小林傳司編著 (担当:分担執筆, 範囲:「リスクの政治学―遺伝子組換え作物論争のフレーミング分析」および「専門家と非専門家の協働: サイエンスショップの可能性」)
玉川大学出版部   2002年11月   ISBN:4472402742
科学論の現在
金森修・中島秀人編著 (担当:分担執筆, 範囲:実験室の人類学―実践としての科学と懐疑主義批判)
勁草書房   2002年4月   ISBN:4326101393
ハリー コリンズ, トレヴァー ピンチ (担当:共訳)
化学同人   2001年5月   ISBN:4759808728

委員歴

 
2017年3月
 - 
現在
文部科学省  研究振興局 長崎大学高度安全実験施設に係る監理委員会 委員
 
2014年4月
 - 
現在
文部科学省  科学技術・学術政策局人材政策課 リスクコミュニケーションのモデル形成事業推進会議 委員(主査)
 
2013年6月
 - 
現在
大阪いずみ市民生活協同組合  理事
 
2016年10月
 - 
2017年3月
文部科学省  安全・安心科学技術及び社会連携委員会 研究開発計画に係る連携検討作業部会 委員(主査)
 
2015年5月
 - 
2016年3月
文部科学省  安全・安心科学技術及び社会連携委員会 社会と科学技術イノベーションとの関係深化に関わる推進方策の検討作業部会 委員(主査代理)
 
2013年4月
 - 
2014年5月
滋賀県  原子力防災専門家会議
 
2013年4月
 - 
2014年3月
文部科学省  安全・安心科学技術及び社会連携委員会 リスクコミュニケーションの推進方策に関する検討作業部会 委員
 
2013年3月
 - 
2014年3月
文部科学省  産業連携・地域支援部会 イノベーション対話促進作業部会 委員
 
2012年4月
 - 
2015年3月
独立行政法人 科学技術振興機構 科学コミュニケーションセンター  フェロー
 
2011年6月
 - 
2015年3月
朝日新聞  論壇時評委員会委員
 
2007年7月
 - 
現在
大阪府  食の安全安心推進協議会 委員(会長代理: 2017年8月~)
 
2012年5月
 - 
2013年3月
滋賀県  原子力防災専門委員会委員
 
2003年11月
 - 
2008年3月
特定非営利活動法人・高木仁三郎市民科学基金  助成審査委員
 
2006年7月
 - 
2007年3月
(社)農林水産先端技術産業振興センター  「バイテクコミュニケーション企画会議」委員
 
2006年7月
 - 
2007年3月
大阪府  「食の安全・安心推進条例検討委員会」委員
 
2003年11月
 - 
2005年3月
NTTデータ経営研究所  「地域配慮型環境アセスメント促進事業」地域検討委員会委員
 
2004年6月
 - 
2004年10月
(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構  研究評価委員会「遺伝子組換え体の産業利用におけるリスク管理に関する研究」(中間評価)分科会委員
 
2003年11月
 - 
2004年3月
三井情報開発株式会社総合研究所  「リスクコミュニケーションを通じた安全目標の社会定着」検討委員会委員
 
2003年8月
 - 
2004年3月
(社)農林水産先端技術産業振興センター  「-市民会議-食と農の未来と遺伝子組換え農作物」企画委員
 
2002年4月
 - 
2003年3月
経済産業省  大臣官房政策企画室・製品評価技術基盤機構「社会と技術研究会」専任委員
 
2001年9月
 - 
2004年3月
経済産業省  産業構造審議会化学・バイオ部会「遺伝子組換え生物管理小委員会」臨時委員